« シーラーを使う | メイン | 金魚池の水温計 »

脱窒実験開始

メーカー特許の脱窒実験を開始しました。
キモはセルローススポンジ+水素供与体(ミツロウ)です。

セルローススポンジは変な洗剤成分とか入っていたら嫌なので
野外に水を張ったバケツに1週間くらい入れておきました。

特許の文を読むと、「セルローススポンジを水素供与体を混合し、例えば物理的に混合でもかまわない」とか
あるので、本当に混ぜ合わせただけです。

セルロース+ミツロウセルロース+ミツロウ
物理的に混ぜる物理的に混ぜる
混ざった様子混ざった様子
完成!完成!

エデニックV2を使うには理由があります。
脱窒には最適な形をしているのです。
フィルター内で発生する窒素ガスが上部に溜まりますが、このフィルターは
その空気抜きの仕組みがあるので、よく抜けてくれるのです。
脱窒が出来るようになるとシャーシャーという音で脱窒を確認することが出来ます。

さて、設置して1週間ですが、、水が少し白濁(ミツロウが原因?)している以外にはまだ
変化がありません。まあきっとまだ脱窒菌が繁殖していないのでしょう。
脱窒菌を投入してみるかなー。

もしうまくいったらそれはそれで凄いことでしょうね。
エディニックシェルトが急に売れ出すかもしれませんwwww
脱窒装置として。
問題は、、、どこで硝化しているんだ??ってことなんですが、、、
洗車スポンジのWEB見てみると、サイコロ状のスポンジの表面で硝化、内部で還元、という方法のようです。
本当かなあ?
まあ、この30cmはもうすぐベアタンク+底面+スキマーになる予定なので楽しみであります。
でも最近稚エビがいるんだよなー、リセットしたくないんですよね、、、、

硝酸塩が計測できない、っていう状況に本当になるんでしょうか??
メーカの特許は本当か?実験は続きます。乞うご期待!

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/853

 ←tb3 を tb4 に変更してください

この一覧は、次のエントリーを参照しています: 脱窒実験開始:

» 脱窒実験結果、発表!! from ふなブログ
去年の11月にセットしたメーカー特許の脱窒実験の結果です。 衝撃の結末になりました(笑) 暖かくなってきたし、ペルチェクーラー改造しようかな。 じゃあ、3... [詳しくはこちら]

» ひまわり作戦 from ふなブログ
ひまわり作戦とは http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20001203/f1045.html あたりを見てください。 「... [詳しくはこちら]

コメント

次々と実験に着手・・・好きなんですねぇ(^0^) 硝酸塩って脱窒とかさせると有害な物が出ちゃうんじゃなかったでしたっけ? そういうのは大丈夫なんでしょうか♪

こんばんは。我が家のパワーボックス55はどちらも角切スポンジをつかっていますので,今回のチャレンジ,とても興味があります。それにしてもふなさん,チャレンジャーですね。今回の脱窒計画といい,先回のスキマー計画といい今後目が離せません。

>omikeさま
はい、硫化水素とかなんか忘れましたがそっち系にいくとヤバイのです。
確実に窒素ガスが出るはずなので
どうなることやらーですね。

>シゲルさま
角切りスポンジはいい感じになると思います。
昔も使っていました。
いろんなことやるので
注目しててくださいwww

いよいよ実験開始ですか!
これはすごく興味があります。
結果報告が楽しみです!

>きんせいさま
脱窒は一歩漢字を間違うと大変なことになりますwwww

うまくいったら本当に花火ですねー

>nagi dadさま
これはアクア業界注目(?)の実験だと思っています。
特許が本物なのか?
それともいわゆるハッタリ特許なのか?のテストでもありますwww

 始めまして、omikeさんのところから、飛んできました。
『脱窒』実験注目しています。
是非成功させてください。
そしたらパクリます。←違う、参考にさせていただきます。

>サワさま
どもども成功したらパクりましょうww
広めましょうね!

おもしろい実験ですね。
ミツロウを炭素源としているのはおもしろいです。
結果を楽しみにしています。

>よしさま
どうも炭素ではなく水素のようです。
なぜかわかりませんがwww
結果は今年中に出るんでしょうか??

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)