« 稚エビコレクション | メイン | おもちゃの缶詰が!ついに! »

メーカー特許の脱窒実験用意

毎日脱窒に関する言葉をぐぐっていますか?はい、ぐぐっています。ふなです。
さて、なぜかチャームー>おまけー>スポンジー>セルロース
と適当にぐぐっていき、GEXが出願している特許公開のページにぶちあたりました。

そのあとタイホー工業でぐぐったら、倒産しているらしい。どーなったんだろう??
そのあと特許情報みても登録されていない、ん?探し方が悪いのかな??
でもまあ、本当なら凄い特許なわけですが、これって特許になるのか??
まあそれは置いといて、実験結果が本当ならすごいわけです。

WEBの中身を要約すると

本発明に用いられる水素供与体は、常温(5〜35℃)で固体の動植物油脂由来品からなり、その粒径等は特に限定するものではなく、例えば数mm程度或いはそれ以上でもよいし、1mm以下の微粒子でもよい。 この水素供与体としては、具体的には、例えばパラゴム種油、ぬかロウ、ウルシロウ、シュロ脂、ニッケイ脂、モクロウ、ヤシ油、イヌ脂、イタチ脂、牛脂、クマ脂、豚脂、馬脂、アマロウ、カーナバロウ、パームロウ、ミツロウ、綿ロウなどが使用可能である。
微生物担持体も、特にその具体的構成について限定するものではなく、例えばセルロース、ポリエステル、ポリプロピレン、ポリウレタン、活性炭、アルミナ、シリカ、ガラス等が使用可能であって、その粒径も数mm程度或いはそれ以上でもよいし、1mm以下の微粒子でもよい。その中でも多孔性(発泡体)のセルロースは、生分解性に優れた天然高分子であり、生物親和性に優れるため、最も好ましい。即ちセルロース系の微生物担持体と前記水素供与体とを組み合わせてろ過材とした場合には、水生動物への影響が現れないため、極めて好ましい組み合わせである。さらにセルロースは、通気性、吸水性が高く、焼却しても有毒ガスの発生がないといった好適な特性も有している。

つまり水素供与体とバクテリアの住みかで脱窒がおこるよ、と言っているのだ。

<実施例4> 直径50cm,容量50Lのポリバケツにセルロース担体10mm角(3M社製)1Lと1〜2mm程度の粒状のミツロウ100mlを十分に混合し、ろ過材として網状になった袋(収容体)に詰め、ポリバケツの中に投入した。そして、ポンプ(吐出能力0.2m3/Hr)を設置し、ポリバケツ内の飼育水を撹拌した。 このバケツに上水30Lとみどり亀3匹を入れて、時々えさを与えながら飼育した。
〔結果〕 実施例1〜4では、何れも6〜12ヶ月の連続飼育でも飼育水中の窒素分増加は見られず、飼育水も透明な状態であった。

ほほー、ではその実験4とやらの組み合わせでやってみよう。

結局セルロース系のスポンジ+水素供与体ならなんでもOKだ、と言っているので
一般過ぎて特許にはならんと思うけどね。
おもしろいのは みつろうだけでもだめ、セルローススポンジだけでもだめ、と言っているので
仮に特許が取れたとしても 別々に売ったら特許には引っかからないねー。
あくまでも組み合わせが特許なんです、と言っている書類だと思う。

じゃあ実験だ!!!
本当だったらすごい、GEX見直しちゃう。

セルロース系スポンジセルロース系スポンジ
ハムスター、、なんでや!ハムスター、、なんでや!
すまんなぜか、奥さんの撮った写真が混じってた、、、なんでだろう??

みつろうとスポンジみつろうとスポンジ
ミツロウはハンズで630円30g、高いぞ!!

カッターで切るカッターで切る
ポテトフライ状からポテトフライ状から
サイコロ状にサイコロ状に
いつもの洗車スポンジのカット工程と同じ(笑)

生分解BB弾、ナイトレイトマイナス、みつろう生分解BB弾、ナイトレイトマイナス、みつろう
水素供与体には3つ選んでみた。

0.2gx1700発だからね0.2gx1700発だからね
YAMADA電機だっけな、定価1000円ですが、840円。ポイント600円使って200円程度でゲットしたwww

蜜蝋高い蜜蝋高い
ハンズで630円、化粧品コーナーにあります。
女の人ばっかりでちょっと恥ずかしい。

もう売ってない粒状のもう売ってない粒状の
最近、新品を2個もゲットしました。ぜんぶ買い占めたwww
ホームセンターの熱帯魚売り場に並んでました。
まあ、これが必要な人とか、これが何するものかわからん人が多いだろうから売れるわけ無い。

ということで、実験したいんですが、、、怖いなー
どの水槽でやろう??
とりあえず セルロース+ミツロウ をメインにどれかの水槽で実験したいと思います。
今週末にでもセットしよう!

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/847

 ←tb3 を tb4 に変更してください

この一覧は、次のエントリーを参照しています: メーカー特許の脱窒実験用意:

» 脱窒実験開始 from ふなブログ
メーカー特許の脱窒実験を開始しました。 キモはセルローススポンジ+水素供与体(ミツロウ)です。 セルローススポンジは変な洗剤成分とか入っていたら嫌なので ... [詳しくはこちら]

» ひまわり作戦 from ふなブログ
ひまわり作戦とは http://www.ntv.co.jp/FERC/research/20001203/f1045.html あたりを見てください。 「... [詳しくはこちら]

コメント

ふなさんでも怖いんですね(^o^) うまくいきますように♪ ちなみにリンク先のページは一瞬見ただけで読む気も起こりませんでした(^^;)

>omikeさま
やっぱりなんでも怖いですね
特にこの水素供与体の脱窒は水質がアルカリに傾くらしいので
どうやって弱酸性にするかも
ちょっとした課題であります。
さて、明日セットしてみよう

ふなさんでもボケをかますんですね・・・・ハムスターいいタイミングで出現(笑
ふなさんでも怖いことがあるんですね・・・水槽内の生体はもっと怖いかも(^_^;)

>黄Tさま
デジカメの画像を
フォルダーに入れておくと
自動でエントリーが書けるプログラムを書いたので
なぜか、その画像の中に混じっていました。
抜かすことも出来るのですが、
まあいいか、と出してみました。

水槽にどんな影響が出るかわからないので怖いですね。
あとは実験だけだー

ハムスターはかわいいし面白かったです!!
それにしてもチャレンジャー+研究熱心+スーパー行動力ですね。それを少しでも分けて欲しいぐらいです。この結果スゴク楽しみですね!!期待しています!

>nagi_dadさま
なんでもチャレンジです。
面白いですよー
こうやってメーカーの高いものを買わなくてもいいように
実験しています。

脱膣か?興味あります。
原理はいまいちわからないけどうまく行ったら花火を上げてください!
倒産したのがすごいですが、種がないかも?
応援しますよ!頑張れ頑張れ!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)