« 絶対根がかりしないダウンショット | メイン | 金魚まつり »

NHC富里乃堰、ブービー賞

昨日はNHCの富里乃堰でした。
たぶん両ウドンか宙ペレだろうな、と思いながら参加。
ついでに「いろんなペレットを試してやろう」と思ったわけです。

通常は富里ペレットを極秘に入手し、ミルで挽いてフルイにかけて粒をそろえるらしいのですが
どうせ私には入手できないので、どれかヒットするだろうといろんなペレットを試した。

いろんなペレットを試すいろんなペレットを試す
結局、野本のふかば、が一番良かったけど
もっといいペレットがあるに違いない。
気になるものは無視して下さい(笑)、ちょっと去年から研究しようとしている、代替系を実験するので。
代替系とはエサの代替になるもので、既存のエサでは表現できない、対応できないものを
取り入れてしまおうという作戦。極端な話をすれば、麩エサをブレンドという以外の大きなカテゴリがあるはずだ、という考えからきている。
トロロであったり、ウドンであったり、と麩エサ以外って他にないの?である。

朝の様子朝の様子
両ウドンはこの池でしたあまりやらないので
ウドンをタピオカと、感嘆IIで作ったが、感嘆IIがなぜか柔らかい。
粉20ccの水22ccだったのだが、柔らかい。うーん、水27ccと間違えたかな??
タピオカは両ウドンをやるには柔らかすぎた。ボツ。

結局、午前は1匹(700g)、午後は6匹(5匹で3kg)でブービー。
3kg+3kgで6kgは釣らないとダメなのねー。

上位5名上位5名
上位5名上位5名
飯塚さん優勝!
ウドンにペレットの18尺両ウドンでした。
私も午後は両ウドンで13尺でどんどん型が小さくなりました。最後の2枚は400g程度でしたから。
両ウドン用にはタピオカより、感嘆IIの固めが似合うけど、ダレてくるので結構何回か作りなおさないとダメみたい。

しかし、13尺だと根がかりするポイントがあったりして、うーんって感じでした。
今度は14、15、16あたりの両ウドンかな?もっと風が無ければ18尺とか振りたい。
教訓:ウドンは固く、竿は長く、ペレットは粒をウドンにねじ込むこと!ですかね。

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1013

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメント

あら!ブービーなんてふなさんらしくないですね(^_^;)
次回の作戦は出来てるようですので今度こそ!(*^^)v
年間優勝に向かって頑張って下さい♪

>黄Tさま
なかなかこの池でいい思いをしたことがないので苦手です。
次回は8月に羽生になります
その前に北浦と霞だ!
海もあるかも。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)