« タコの可能性を発見 | メイン | 釣りドルについて »

タコの可能性を発見

去年からmixiでエキストリーム凧揚げとかいうコミュを作って細々活動しております

単に糸の長い凧揚げですが

高さを競うわけでなく、糸の長さを競うようなことが競技として成立したら面白いかなあ、と勝手に思っていました

が、この競技には守らないといけない法律があります。
それは航空法です
なんと飛行場の近くで凧揚げは禁止されています

東京湾で凧揚げをするともろに羽田空港の規制を受けるのです

場所にもよりますが、私が正月に凧揚げする場所はおよそ高さ制限は345mです

つまり糸の長さを350m以上にすると違法になる可能性があります

これがエキストリーム凧揚げを都内で開催出来ないであろう、または安易なブームにしてはいけないなあ、ということで
この競技は少しサスペンドしております

で、今年もまた子供と一緒に凧揚げに行きました

例年ですと午後に風が吹いて来ますので午後に行くのですが、今年は風が吹いていたので午前中に行きました

道具はシナモンというキャラクターのゲイラカイトタイプに80−180のマグロロッド、7000番の大型スピニングリール、ラインはPE4号300m
これを使います
年に1回だけマグロロッドが活躍するのです
悲しいなあ
まあいいや

会場の公園に行くとすでにライバルのタコが見える
ふふふ、そんなに高いタコはいないぞ
よしヒーローになるチャンスだ
今回は上空から撮影する小型カメラも用意した

が、このカメラが自宅のテストではちゃんと動作したのに本番で電源が入らない、くそ〜

仕方ないのでカメラなしで挑戦だ

タコにカメラをつけるとバランスが悪くなるのか上がらない
なるほど、バランスがあるんだなあ
たかが18gのカメラなのに
されど18gかあ
これは次回の宿題だな

さて、凧揚げですが最近のタコは良く出来ていますね
弱い風と強い風用に穴の位置があります

タコは風に乗り、ぐいぐい上空をめざします
5分ほどでラインいっぱいの300mを出し切りました

天空に舞うタコ、肉眼では点にしかみえません
よしよし、また今年もこの会場で一番高く上がったぞ

と、ここでふと思った、凧揚げを利用して魚釣りは出来ないものか、

実はキャスティング距離を伸ばす研究をしていたのだが、その一つにタコも候補が上がっていた

凧揚げで魚釣りを検索すると、参考になるサイトがほとんどないことがわかった

なにかが障害になっているのかもしれない
ふんふん、これはイケるかもしれない

これは良いテーマになると思う、ということで研究してみようと思います

ちなみに、キャスティング距離を伸ばす研究テーマに上った候補は
ヘリウム風船、ロケット花火、船ラジコン、バット、ゴルフ、ペットボトルロケット
こんな感じです
目標としては100m以上をめざします!



[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1570

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメント

本年も宜しくお願い致します。
シナモンとマグロロッド・・・
絶妙な組合せですね!ふなさんらしさが出ているような・・。
今年こそは凧揚げに連れて行くと
約束したものの、行けなさそうです。
そうか!大人も楽しんじゃえば良いのですねぇ。

マグロロッド、今年は本来の目的で使用できることを祈っています♪
300mの凧揚げより、30kgのマグロが良いです(^0^)

>ウルフガングさん
微妙すぎてなんともな感じですね。
今年もよろしくです!

>omikeさん
今年はマグロ釣れるかなー
いや、つりにいけるかも微妙です。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)