2006年07月18日

富里乃堰

俺の携帯で「堰」が出ないんだけど、、

さて、日曜日、月曜日と富里乃堰に行ってまいりました。
富里ICを右に曲がって296をまっすぐ行きダイハツの店の手前を左です。
カーナビの通りにいくと住宅地に入りますので注意です。
俺はわからなくてTNKに道聞きました(笑)
事前に飯塚さんに情報を教えてもらっていたので
日曜日はそれを試す。両ウドンのまぶし粉です。
13−15で底が取れるのですが、俺の15はやわらかく600gのへらが上げるのに大変なので
13で挑戦しました。うーん、釣のスタイルが俺に合ってます(笑)
13、15、19と底を試すも同じような感じです。宙ペレがいいようですが俺には出来ないなーということで
両ウドンで決定。

その日の夜に飯を作るのが面倒で、家にあった賞味期限切れの皿ウドンを作ったのですが
麺がヤバイ匂い、2人前を0.5人前食べたところでGIVEUP。普通のインスタントラーメン作りました。
そうしたら気分が悪くなって寝た。
月曜日の朝3時、目覚ましが4時になる前に気分が悪く起きた。
トイレに行くと、ピーピー。当たった!ひさしぶりに当たった!おなか痛いよー。

ワカ松という下痢止め飲んだが、気分悪いのは変わらず、ピーピーも変わらず。
4時過ぎに出発。家出る前と、コンビニでピーピー。
水飲んでも吐きそう。
釣り場についてもピーピー。はぁー大丈夫かなぁ。

で、釣り開始前にちょっと良くなった。
午前中は16尺の底、両ウドン。
この釣りは手返しが遅い俺でもいける、けど決定的な欠点が、、それはアタリがわからない。
「今のアタリだよ」を両日聞くことになった。うへー。
午前中はハカリがおかしく3kgオーバーの予定が2500g。全体的に100g多く出たようです。
おなかが痛いのを我慢して9枚くらいかな?

午後はようやくピーピーが収まり、昨日プラした場所で、同じく16尺の両ウドン。
が、豪雨に見舞われまぶし粉が湿った。
4枚までは順調に釣れたが、それから釣れない。
左の方の加瀬林さんがペレ宙で良型を連発、そして終了。
左の三沢さんがペレ宙に変えて、揃えて終了。
魚が集まっているので、これを釣ろう作戦。
じゃあ、俺も、ということで、16尺そのままで、ペレ宙に挑戦。
1枚無事に釣れて終了。
上位はほとんどペレ宙でした。

前の日に折れたウキ(HEKISHU)を修理しようと思って、DVパイプを買っておいた。
つーか、ペレ宙用のウキがないので作った。
重い餌をぶら下げる太いパイプのウキが欲しかったので。
その前にペレットを使った軽いエサを俺は作ることが出来ない。
なので、パイプのウキが欲しかった。
ウキの良し悪しもまだわかんねー。羽がいいことくらいしかわからんです。
午後の結果は3kgくらい。午前中のハカリ壊れがもったいない。

で、全体で5500gくらいで9位でした。わーい、今年初シングルだー。
飯塚さんは5位。さすがだ。TNKはどうだったっけ?
あ、田淵さんに名刺もらうの忘れた。

次は清遊湖、しかも中央桟橋らしいです。
うお!楽しみですね。

2006年07月11日

携帯フィッシュ!の謎を解く

「くそーなかなか釣れないなー、お、電話だ。もしもし、どう釣れてる?こっちはぜんぜんダメだよ。
あ、待って今釣れた。お!フィッシュ!釣れてる!食った!わはは、今釣れたぞ!聞いてるかぁ!」これが携帯フィッシュだ。
これを科学的に検証できるかもしれない記事を発見した。
http://www.pc-view.net/Business/041118/page43.htmlである。

どこが関係あるの?と思うかもしれないが、通話中に人の脳が興奮状態になったとある。
だったらそれは魚にも影響あるんじゃないの?と。
昔から、豚小屋、水門、高圧線だっけ?とか言われているように
高圧線の下もポイントと言われている。これも電磁波関係あるんじゃないの?と。

原理を予測すると、活性の低いところで電波を発射すると、人間と魚の脳に刺激があり、
魚の活性が一時的にあがるのではないか?と。
人間は脳が興奮状態になるのでより記憶に残りやすい。
これが携帯フィッシュの正体ではないかと、、、、

実験方法を見ると900MHzの電波を使用しているようなので
人間の脳がこれに反応するなら魚の脳に反応するのはもっと高い周波数ということになる。
しかし水中に魚はいる。携帯からの距離も遠いし、高い周波数は減衰も顕著だ。
1つは魚の脳が小さいために少しの電波でも敏感に影響するのではないだろうか?
2つ目は減衰が正しければ、携帯フィッシュはシャローのバスにしか反応しないはずである。
なので、山中湖の水中島をやっている時には携帯フィッシュはまれ、であるはずである。
3つ目はGSM900なので拡散のCDMA方式は効果が薄いはずだ。
ドコモPDCは携帯フィッシュがよくあるがFOMAは少ないという仮説が成り立つ。

AUユーザは携帯フィッシュの経験がないとか、VODAも3Gは携帯フィッシュがないかも。
なので現在ならドコモPDCかVODA1.5Gしか携帯フィッシュの可能性は無いはずである。
ドコモもVODAもCDMA方式に変更しつつある。
ひょっとしたら、、、携帯フィッシュはCDMA方式に移行と同時に死語になってしまうのでないだろうか?

よし!これを人工的に起こそう。携帯フィッシュ狙い電波発信装置をバスボートに搭載だ!
800MHzのパワーモジュールで500mWも出せば十分携帯フィッシュが狙える。
低活性やターンオーバー、ネストバスなどもスイッチONで捕食モードスイッチオンだ!
これは超シークレットなんではないだろうか?そのうち俺のバスボートにへんなアンテナがつくかも
しれんが、「あ、携帯フィッシュ装置だな」と思ってください(笑)

常吉以来の超シークレットツールってことで内緒にしよう!(って公開してるし)

2006年06月26日

失効免許更新に行きました

免許更新免許更新

気がつくと、船の免許が失効してました。
せっかく船の船検の切れていたのを登録したので、やっと免許がきたら
釣りにいけます。
今週中に免許が来るので、早ければ今週中に釣りに行きたいところです。
家族か、会社の友人か、、

で、2級+特殊になったわけですが
20トン以下、5海里まで乗れます。
暇があったら1級になりたいなー。
20トン以下は変わりませんが、外洋に出られるし、実技免除で学科も5科目免除。
2科目だけで14問のテストに合格するだけでOKらしい。
へーへーへー。
まあ、今度の機会に。
そうそう、特殊というのは「水上オートバイ専用」の免許らしいです。
なので、水上オートバイにもバスボートにも乗れます。わーいわーい。
まあ当たり前ですね。

だんだん夏の男って感じしてきました!

2006年06月13日

手長エビ釣り

と、いうことで日曜日今年初、テナガエビ釣りに行ってまいりました。

エビ針、仕掛け、アカムシエビ針、仕掛け、アカムシ
テナガエビテナガエビ
カレイもカレイも

渋い!
5−8時までの3時間で3匹。
アカムシ餌なので外道が釣りにくいのですが、それでもスレで(w)
ハゼとカレイをヒット。
肝心のテナガエビは3匹だけでした。
がびーん。もっと釣れると思っていたのになー。
イソメとかゴカイの方がいいのかもしれません。
今週末、また挑戦してみます。

2006年05月01日

NHC羽生吉沼で撃沈

ということで、絵がありませんが勘弁して。
1年くらいへらをやってみてわかったことは
「広く浅くやっているので何一つ上達してない」であります。
そこで、これしかやらない作戦をやろうと。
エサもまずは単品から。ぶっちゃけブレンドエサって結局そのブレンドを考えた人の
アルゴリズムなり状況がわからんと使いものにならないわけで。
ということで、
釣り方「セット、底釣りのみ」
エサ「スーパーセットと感嘆II、スーパーボトム」
仕掛け 道糸0.8 針5号ハリス0.4と食わせの場合はウドン2号に0.3のみ
竿 8,9 底に届くやつ
ウキ 寒山(セット)、月山(底)

これで自分の基本を作ろうと、スタート地点に立ったわけであります。
これをベースにもっと軽いのとか、もっとバラケルのとか、そういうのに発展していこうという
実に左脳理論的な釣り方勉強方法であります。

で、肝心の大会。
午前中 19尺2本でバラグル、両グル(おいおいもう外れているぞ!)2時間やって動かず。
1時間で8尺テンテンセットで3枚1760g どかーん。撃沈。
午後、20尺底、でも開始2バイト2鯉でギブアップ。8尺テンテンからメータセットまでで6枚(5枚釣ったあとに1枚釣っただけ)で3000g
午前中から8尺なら清遊湖の切符はあったかも。

午後はいたるさんと棚網さんに挟まれてあおられまくり、と思ったのだが
両方ともすごい泡付け、俺のウキの周りはシーン。いちおうウキは少し動いたので魚はいるらしい。
棚網さんは2時間45分両ダンゴでノーフィッシュで15分セットで4枚。すごいよ、俺の3時間=棚網さんの15分なのか!
しょうがないので「交通事故釣方」を試してみた。6枚つれたので成功と見ていいだろう。
その交通事故釣方なのだが、、はっきり言ってNHCくらいしか使い道がない。
他のトーナメントシーンでは使えない技だし上級者は必要ない。
それは、、、
「初心者が最初、ポンポンと釣ってあとはさっぱりつれなくなる状況を意図的に作り出す釣方」
ようするに8尺テンテンで釣り始めたら、1枚すぐ「釣れた」そこから30分釣れない。
そこで、ウキ1本分棚を上げた。すると1枚「釣れた」そしてさっぱり釣れない。
食わせハリスが切れたので上針を長く、下針も長くした、そしてすぐ1枚「釣れた」
そしてまた釣れない状況が続き、またまたウキ1本分タナを上げたすると1枚「釣れた」
そして釣れなく時間があり、またまたウキ1本分上げた、するとすぐ「釣れた」という。
偶然を意図的に作り出す車のブレーキで言えばABSみたいな作戦だ。
恥ずかしいのでこの作戦は他の大会では使わないほうがいいな。
短期間で数枚釣りたいときだけ使える作戦かな?
「あと1枚無理しても釣りたい」とかいう時につかえるかも。

発表する俺も情けない。
GWにもう1回くらい行きたいなー。
横利根あたり行こうかな?

2005年08月31日

上海でへら釣りパート1

こんにちは「ふな世界を釣る」の時間がやってまいりました。
テレビと同じタイトルどおり、釣れない釣り旅行記です。

出発当日の朝準備したかったのだが、後に出てくる日記に書こうと思うが
ウッドデッキが届いたので設置してから準備、出発したので十分な準備が出来なかった。
まあ釣りはメインではないので、ということで半端な準備。

上海に持っていった釣り道具
実はあとで聞いたのだが、「みみず」は持って行ってはいけなかったらしい。
検疫対象?知らなかったなぁ。ごめんごめん。
なんか1つエサ持って行っていいよ、と言われたらたぶんGTSかBASIC。ということで
GTSを持っていった。
テナガエビがいるかも、ということで120cm竿。バス狙いのコンパクトロッド、
でもワーム類忘れた。ミミズで釣るか!という作戦。

和平公園
わへいのわ、ピンフのピン、公園はこうえん、で「ワーピンコウエン」
入場料がかかるという情報だったが、ぜんぜんいらないようだ。
地球の歩き方、では地球は歩けないなぁ、と思った。
池に向かうと、、おお釣り人いるじゃん!

釣り道具
洗面器はやっぱり「カラツン上等!」でしょう(w)。さて、現地で開始です。
始めると、珍しいのかいきなり50人くらいのギャラリーに囲まれる。
気分はなんとかさんの釣り教室
なんか中国語で聞いてくるが、わからん!
1つ大きな忘れ物。イタオモリ。しょうがないので隣の人に「ぎぶみーりーどうえいと」と
いうとなんとか通じた。んが!もらったのは厚さが、、、0.8mmとか1mmくらいある板オモリ。
ぜんぜん巻けん。よくこんな道具使っているな。感心するぞ。

で、開始するのだが。とにかくギャラリーがうるさい。
糸を見せろとか太くしろとか、なんだこの餌は?とか勝手にいじくりまわしている。
基本的に狙いが違う。
ここの人は鯉の一発大物狙いで、コーンとかを餌にして底釣り。
遠浅なので5−6mくらいの竿に3年2組みたいな仕掛けで釣ってる。
ぜんぜん釣れないようだ。
ちなみにリールは禁止らしい。バスはだめか、、、

電動ボートが岸近くまで来るので、釣りの人が大声であっちいけ、みたいなことを言っている。
釣りがあまりまだ知られていないので、ボートで寄ってくるらしい。

さて、釣り方ですが、0.6号の道糸に0.3号の針2本の底を釣る。
餌はGTS、バラケすぎるので練ってみた。
水深は1.2mくらい。360cmの竿(12尺)ウキはムクトップ「名人」の5番。
まあ全部没収されてもいいようにどうでもいい道具でやってきた。

とにかく、魚が薄い。ヘラのへの字も見えない。
水面にジャミが浮いているのが見える。
水中に突っ込んださお先になんか体当たりしている。ウキにも。
で、30分くらいしてやっとなんかがさわっているようだ。
ギャラリーウザイ。底釣りなので、ウキがオモリを背負ってから
餌が着底するまでのなじみ動作やなじみ中のさわりを見て「アタリだ!あげろ!」とか叫ぶ(そういう風に聞こえる)
んで、当然アワセナイので「へたくそだなー」みたいな風に言っている。
まあ、この辺は強靭な精神力を持っているので動じない(つもり)

正体不明の魚
で、つれたのはこの魚。
まあこのサイズのこの魚しか釣れない。
ピラルクの稚魚みたいなやつ、たぶん成長すると50cmくらいになって蒸し焼きになって
皿に乗せられる小骨の多い魚だと思う。
鯉どころかヘラのアタリはまったくなし。
3時間でボウル2個打って、このジャミ10匹です。
ということで和平公園にはヘラはいないことが確認できました。
なんじゃそりゃ。

隣のお父さん
地元のスタイル。道具はごついです。
5−6mで1.5mの底釣りで鯉を狙います。
なんだかなぁ。へらはいないみたいですね。
ずっとみんなを見渡せる位置にいたんですが
まったく釣れる気配なし。まあ釣れたら持ってかえって食うらしいので
そりゃあ減る一方だわ!と思った。

フィッシングライセンス
実はフィッシングライセンスが必要。
で、ちょっとボラれた。
地回りのおっさんみたいなのが、ライセンスないなら帰れ、みたいなことを言い出した。
ギャラリーはそうだ買え買え、みたいなこという。もうぜんぜん中国語わからない。
で、どうも1日20元(300円)、4日で80元らしいのだが
俺は1日でいいと、言ったつもりがなぜか4日分のを100元(1500円)で買わされた。
20元は手数料だとか言っていたが、まあいいや。ネタのためだ。
で、買ってきたら「おいおい。20元も手数料とりやがったよあいつ」みたいな
会話をしていた。
たぶん返却しないといけないと思うのだが、いやいいのかな?新品だったし。
すっかり忘れて持って帰ってしまった。
で、たぶん、一番遅く池に入ったが、番号は9番目である。
日曜日の市内の釣り可能池に釣り人口は1桁なのだ。
まだまだ文化として根付くにはほど遠い話である。


景色
都会のビルが見える池でのんびりと釣りを楽しむ。
そんな文化が根付かないかなぁ?

釣り人など
釣り人、どの人もごつい竿に太い仕掛けで鯉の一発狙い。
なんか東京アオウオ物語みたいになってきた。

12:00になってトイレ行きたいし、腹減ったし、水分補給しないといけないので
一旦池を後にした。
日本だと道具を置いてトイレに行っても大丈夫だろうが
中国じゃあ取られるだろうな。ということで店じまい。
ジャミ10匹をゲットして帰りました。
リベンジは、、、ないな。この公園では。
次はもっと田舎の釣れるでかい湖に行きます。
次回「ふな世界を釣る」の取材日は11月上旬と日程だけは決まっております。
ああそうだよ、また上海出張の予定が入っただけさ。

2005年08月22日

ふなといっしょに釣りしようOFFの結果

ふなです。
いま、上海に来ています。

開催日時 9:00ー12:00
参加人数1人俺だけ
釣れた魚10匹くらい(いわゆるじゃみ)
へらぶなの数:0
つーか生息してねーよ!
回りもつれてねーよ!
和平公園にはへらぶなはいませんでした。

ついでに子供服を買いものに行ったところがブロック全体が再開発中で
さら地に、、、、商店はどこ????

客引うぜーー!!
気温高い!!!

ああ、でも牛丼ファンには垂涎の超裏メニュー「つゆだけ」がありました。
もちろんGETしました。帰国を楽しみに。
遅い!!もう!!終り!

2005年08月19日

ふなと一緒に釣りしようOFFのお知らせ

和平公園

日時:8月21日(日曜日)9:00−13:00くらい
ターゲットフィッシュ:何が釣れるかわかりません。
場所:中国上海市和平公園の池その後揚なんとか公園に移動するかも
入園料が3元かかります。1元は14円くらいです。
パスポートは有効期限が半年以上あるものをご用意ください。

いけるか!!(みなさんの心の中の突っ込み)

ということで、上海出張になりました。
バスがいるのか?へらぶなはいるらしい。らしいですから。
釣具屋がないらしいので餌を持って行くか。
バイオワームなら腐らないだろ。でも、イソメを持って行くチャレンジ。
リール付きのコンパクトロッドはありますが、振り出し竿のコンパクトなのが欲しいところ。
釣具屋いくかー、一人なんだよねー。つまんないなー。

まあそのあとは子供服を買いに出かけるだろう。
一応上海の釣具屋のリンクはおさえておいた。
ここに行ってみたいな。
読めんけど、、、
場所もわからん。どこだ???
珍道中だろうけどまあなんとかなるでしょう。

2005年08月16日

BASSER in つりぼり金ちゃん

近所に子供も釣りが出来るかどうかハゼを狙いに行った。
左近川親水公園ではヌマチチブしか釣れない。
次の日、ハゼが狙えるポイントをつりぼり金ちゃんのおじさんに聞いてやってきた。
セイゴとデキハゼ
右がセイゴで他がデキハゼ。(セイゴはスズキの小さいの、デキハゼは今年生まれたハゼ)
近所の100円パーキングに止めて歩いていける江戸川なんですが、
結果はデキハゼ5-6匹と、セイゴ5-6匹。
子供が次々にリリースするので(笑)、それ以上のペースで釣らないと容器が空っぽになる。
うなぎ狙いのおじさんもいましたがまったく反応がなかったようです。
また来ようかな。流れが強かったが、弱いとエビとか狙えそうなんだけど、、、

さて、そのつりぼり金ちゃんですが、どうも今月26日発売のバサーに6ぺーじに渡って
載ると言っていました。えー?吉羽園とか布川さんPONDとかのバスの釣堀特集じゃないのか??
ツリボリ金ちゃんだけで6ページもさけるとは思えないなぁ、、Ture Storyなら可能性はある。
まあいいや、1時間でちょっと不調の2人で22点の釣りが終わって話を聞いた。
「8月5日にバスプロが来てバスを狙った取材があった。エサでね。でもイマイチ、あんちゃんの方がうまいよ」
どのバスプロがいらしたか知りませんが(まだ発売前だし)俺より下手って、、、
あまり酷評するとしゃれにならない有名人かもしれないのでやめとこう。
各地のつりぼりをめぐる、JT(Japan Turibori)の対決企画に発展しても面白いけどね。

ちなみに発売後、みなさんぐぐって俺のHPがヒットするわけですが
#つりぼり金ちゃんでぐぐると、俺のページがTOPに出ます。yahoo でもね。

バス狙いのあなたにコツを伝授します。きっと発売翌週とかの土日はヒッチ付き車が駐車場に
増えるのかなぁ。このページを読めばバス率UP間違いなし。
というわけで「間違いだらけのバスフィッシングinつりぼり金ちゃん」 フィッシュ!

1、水槽なのでキャスティング技術はいらない
真下やちょっと先にエサを落としてもバスはヒットしません。
バスがいるのはこの季節だと水が落ちているあたりです。
そして水槽の端にあるオーバーハングのしたです。
ここにエサを落とし込まないといけません。
それが出来ると出来ないのでは釣果がまったく違います。

2、金魚をエサにしたらバスしか釣れない
鯉、ナマズ、うなぎ、ライギョ、ブルーギル、アオウオも釣れます。なんでも食べます。

3、室内なので偏光サングラスはいらない
蛍光灯の反射で水中がよく見えません。
もちろん、色が着いている水なので見えませんが、見る必要があります。
サイトで釣れる場合があります。ウキもよく見えます。
俺は年中してます。(アホだ、、、)

4、エサなのでアクションは必要ない
リアクション狙いや誘いでバイトが増えます。
ミミズはワームだと思って、金魚はバイブレーションだと思い、ザリガニはテキサスだと
思って動かしましょう。

5、仕掛けは丈夫なので強引に寄せていい
道糸は2号くらいありますが、ハリスは03くらいなので50cmオーバーのバスや
80cmオーバーの鯉がヒットしたらまず初心者は切られます。
そこをどうやって上手に「いなす」かということです。
たいてい80cmの鯉(通称4点)がヒットしたら全身で引きをいなして
フィールド中を駆け巡ることになります。

6、エサは1種類でいい
スレることを考えると、ミミズで無反応だったのに金魚で爆釣とかあります。
今の旬のエサはうしがえるのおたまじゃくしです(笑)清遊湖にいっぱいいるヤツです。
どれも100円です。

7、練り餌はバスが食べない
コイミーだと思うんですが、練り餌もバスが食べます。
フォーリングに反応する場合が多いです。

8、バスもタライにキープする
鯉以外は申告でその場でリリースです。
点数をつけています。
ちなみに服の色で見分けているので
同じ色の服だと混乱すると思います。

9、スレもカウントする
口にかかっている魚以外はカウントしません。
その場でリリースです。バスも同じです。

10、水槽なのでどこに投げても釣れる
バスは障害物につくという基本は変わりません。
特に手前が釣れます。手前のオーバーハングにどうやって
エサを送り込むか?です。ここには大型がついています。
そのためにもキャスティング技術は必要です。まあたいした技術じゃないけど。

11、死んだ金魚、半分になった金魚では釣れない
死んだ金魚はスレバスの格好のえさです。
まず針が付いているとは思わないですから。
逆にチャンスと思いましょう。

12、同じ魚は続けて釣れない
フィッシングプレッシャーとはあまり無縁のフィールドです。
某奥さんなど、4点を連続2回、1時間内で4回ヒットした記録があります。

これであなたもつりぼり金ちゃんではバスプロだ(笑)
いや、鯉プロ、、、

2005年08月01日

東レ、将鱗へらぶなカップ羽生吉沼

朝、いきなり参加確認書を忘れて4時に部屋中をひっかきまわして探した。
あとで起きてきた奥さんが「泥棒に入られたかと思った」と思うくらいであった。すまん。
高速道路を100くらい(キロメール/hじゃない(笑))で飛ばして1時間で到着。
リミッタ無いってすばらしい。
コンビニに入るもコンビニが渋滞!すげー!20人くらいが並んでいる。
店員てんてこ舞い。

DSCN6207.JPG
まあ肝心の試合の方はあんまり釣れなかった。
第3の釣りを実践するパターンではなかったので来年までの宿題にしよう。
でも、ちょっと収穫あった。
トップの釣り方はヒゲトロのセット。

俺は午前中12F、6.5kg。下は350gから上は1030gまでNHCかJBなら上位パターン。
ガサベラ混じりすぎ。800−700gのへらも数枚混じったからなぁ。
8尺ウドンセットでカッツケからスタートして50cm、80cm、メータ、1.5本とどんどん深くしていった。
メートルー1.5本が型が良かった。榛名桟橋真ん中。

午後は14F、7.5kg。終始8尺テンテンのセット。ちょっとは良くなった。
榛名桟橋の端だったので回遊ヘラが来るとバタバタ釣れて、あとはピクピクちょっとずつって感じ。
TNKには負けたが、IZKには勝ったのでよしとしよう。

優勝者はダントツ成績の22kg、26kgで。

DSCN6211.JPG
抽選はエサセットが当選。しばらくはエサ買わないでもいいな。

ヒゲトロはクワセか?というすごい問題にぶち当たった。
実は前の大会から桟橋のクレクレヘラにヒゲトロを落としてみるのだが、食わないのである。
今回も落としてみたがやっぱり食わない。ダンゴ、バラケは食う。
ウドンは食った。そもそもヒゲトロはへらに見えていないのでは?という仮説が当たりそうである。
となると、ヒゲトロはクワセでない気がしてきた。
力玉、ウドン、オカメ、グルテン、などは見えるので吸い込むぞ!というへらの意思があって食っていると思う。
でもヒゲトロは見えない、匂わないので、食うぞ、という意思とは関係ないと思った。
ということでヒゲトロの釣りはバラケをパクパクしてるヘラに間違って吸わせる「吸わせ」ではないか?と
思ってきた。
吸わせ、は造語だ。ぐぐったが出てこないので。
今回はウドンをワラビドンで作ったが、ワラビドンは見える。
見えないウドンとしてはJPがあったが、もう発売中止か見当たらない。
きっとクワセのつもりで使うと釣れなかったのだろう、JPは俺に言わせると吸わせである。
JPの代わりは片栗粉で作るしかないかなぁ。昔、トロロ入りのJPウドンを作ったことがあるが
やりたいことは今と変わらない。
重さがあって見えなくて、吸わせやすいクワセだ。(難しい!)
クワセと吸わせという2つの概念が何%づつか混じって下針についているのだと思う。
力玉は吸わせではないと思うし、トロロはクワセではないと思う。

両トロロの釣りも吸わせであろう。
視認性 、重量は
クワセ > 吸わせ
力玉、オカメ、ワラビドン、感嘆、JP、ヒゲトロ
の順だと思う。

これからヒゲトロも進化して、より見えなく軽くなる吸わせに特化するか
より見えるクワセに特化するかだと思った。

2005年07月29日

釣りバカ日誌を実践する

週末の準備をしてます。
会社で!
家ではぜんぜんやる暇がないのです。みちこさんとこいたろうの世話で忙しいハマちゃんなので。
昼休みにコツコツと仕掛け作り。
DVC00059.JPG
デスクにいっぱい拡がって
自動ハリス巻きのうにょーうにょーうにょーうにょーうにょー、ガツン、ガツンがフロアに響きます。
まあパーティションで区切られているから関係ないんだけとね。

DVC00213.JPG
道糸!ってあれこれじゃないな。もっとプレミアのやつ50m。
ここだけの話。プレミアの道糸は滑りやすいので、ウキ止めゴムが利きにくい。
ねえ?>TNK IZK

DVC00214.JPG
そこでトンボ用だったこれの登場。これで思いっきり締めて使います。
最初、15cmくらいに切って使っていたが無駄な量が多すぎるので
糸巻きに付いたまま使っていると無駄が減る。だいぶ、ハサミで切って捨てる量が減った。

DVC00215.JPG
松葉!最近目がしょぼしょぼするので0.8号を折り曲げてウキ止めゴムに通すのがしんどくなってきた
そこで松葉ですよ!ぶちきれるということもあるらしいがまだそういうことは経験ないかなぁ。

最近、超左脳理論教の教祖である私が(笑)、へらぶな釣りって2種類しかないんじゃないか?
と気がついた。
1、2つの針が1つの層のへらを狙う
2、1つの針が1つの層のへらを狙う

1、の代表例、両ダンゴの釣り、バランスの底釣り、両トロロ、両ウドン
2、の代表例、セット釣り、段差の底釣り、カッツケ1本針

1はいうまでもなく同じエサを同じ層に到達させ、へらの密度を上げてそこに2本の針があり効率を狙ったもの。
2はクワセを食わせることに特化し、ウワバリの役目はバラケ入れであり積極的には狙ってない。

そこで、俺は第3の釣りを考案した。

3、2つの針がそれぞれ2つの層のへらを狙う

へらぶな釣りの歴史はまだ100年くらい?新しい理論が出てきてもおかしくないと思う。
ただ、有効であった場合は有名になるまで封印すると思う。
それは歴史からも顕著だ。
1つはカンザシ型ウキ、落ち込みあたりを取る専門のウキ、昔は(いつの時代だよ!)釣り上げた魚を買い取る制度があったのですごく釣れたウキだったらしい。当然、釣堀経営者は経営が苦しくなり
カンザシ型ウキを禁止した。
2つめはオカメ。今でも「オカメを使うと消化不良を起こしヘラが死ぬから禁止」と思っている人が多いと思う。とんだ風評被害で俺は余った一発で金魚飼ってたぞ(笑)やっぱり「へらは両ダンゴ」派から見ると
オカメでバカバカ釣られると面白くない。そこで禁止したんだと思う。(勝手な想像)
3つめは仕込み浮き。小ウキ。軽いウキの頂点だろう。ほとんど禁止が多い。

というように、飛びぬけて優れた手法、技術は禁止されることが多い。
なので有効であったら封印(未公開)すると決めている。

バスの世界でも昔は20mとかのフィリッピング竿とかあったらしい。
それが長さ制限が出来たのは「キャスティング技術がんばりなよ」っていう意味だと思う。
同じくへらのメータ以上の水深で、も同じ意味だと思っている。

さて明日。羽生吉沼で爆釣してたらそれは第3の釣りが有効な証明になるかもしれない。たぶん外すな、、、

2005年07月20日

1年ぶりの北浦でバス釣り

土曜日あさ、いきなりトラブル。
ヒッチメンバーの盗難防止の鍵が錆びてて鍵があかない。
引いていけない。うーん。ペンチでぐりぐりやっていたら鍵が折れた。
ということで、強引な手法で鍵を破壊。
あ、あっさり壊れた。さすが100円のダイソーキー。

トラップを仕掛けて置いたことなんかすっかり忘れトレーラーを引いていくと
ピーピーピーと99dBアラームが鳴った。ああ電池生きてたのね、、すごい。1年電池もった。

1年ぶりにエンジンを掛ける。かかるかな??
ドゥルルン、一発。でかかった。さすが4スト。
DSCN6136.jpg
水は、、バスクリン!
アオコがひどい。準備中に桟橋付近でTOPに出たとのこと。

マリーナ付近をTOPで打ってて反応ゼロ。
うーん厳しい釣りになりそう。3人で1本取れるかな???
対岸に移動、まだTOPをやりたい。
対岸に行ってびっくりした。
アオコは薄いのだか、なんとその下の水が透明なのである。
水深1mくらいまで見える。スタンにたってステンレスペラが見えるんですよ!!
いつから北浦はマッディーからスティンウォーター、いやクリアに近い水質になったんだ?
DSCN6124.jpg
ってなことでTOPには反応がない。
いや水質が良すぎてディスタンスが近すぎるのだろう。
なんとかワームの遠投に変えて本日初バスひらりん。
曇っているのはもやではなく、湿気のため。

DSCN6127.jpg
そこから居合付近のシャローを打っていると例の漁船が「ショバ代よこせ」とか言って来たので
無視して下流へ。
神宮橋でTNKと遭遇。ぜんぜん釣れない。さらに下流へ。
テキサスでかんちゃん1匹ゲット。おれ以外みんなバス釣りました。
ヤバイ!!

DSCN6129.jpg
2人のヒットパターンを見て、パターンを推測。すると、、、作戦が大当たり。
やっと俺にもバスが釣れました。やったね!ほっとひといき

DSCN6132.jpg
ナマズもヒット。初めてなまず釣りました。
子なまずですね。2匹GET。
なまずといえば灰色のボデイを想像していたので、これがアメリカンキャットフィッシュかな?
レッドテールキャットかと思ってた。
まあいいや、無事見られたのでOKとしよう。

DSCN6133.jpg
ひらりん、2匹目。テトラの穴釣り。

ちゅうことで終了。
船内5匹かな?
俺2、ひらりん2、かんちゃん1

DSCN6137.jpg
その後、おかっぱりへ、ビッグなまず狙いで。
でもバスヒット!ひらりんGET

DSCN6138.jpg
俺もGET!

かんちゃん45UPをバラす。おしい。
本日7本でした。バスクリンの下にはバスがいるぞー!
今度はデカなまずをゲットしたい。

2005年07月19日

NHCへらぶなトーナメント清遊湖

あー、今回は完璧だっただけに、ちょっと悔しい。
上位の方々。

DSCN6143.jpg
あ、相変わらず1600x1200で撮ってる
カッツケ最高!ってところでしょうか?

エサはパウダーベイトのHERAとSETが1袋づつ
それにヒゲトロが2パック。

DSCN6140.jpg
プラ中。
前日プラでバラケの感触を確かめるIN中央桟橋。

中央桟橋の魚はでかいね。
午後から東西桟橋に移動して、通用するかテスト。
とりあえず8,9尺でいいだろうと思ったが意味が無い!って言われたので
8尺10尺に決定。一応13尺まで振ったが、手返しが遅いし型もそんなに良くない。
エサはHERA2水0.5、50回練って0.5水で戻してSET1.
針は上5号、下ウドン4号。15−22cm
バラケタエサではカラツンが多いので練ったエサが良かった。
カッツケが良かったかな。HERA単品でいいみたいだった。
しかし難しいなぁ。カッツケは。

試合当日、600g以下は捨て作戦で5枚で3kg超えを目標に
んでなんとか5枚揃った。3kg+3kgならTOP10を目指せるかな?と思ってた。
検量、、、4枚2600g??4枚って??5枚入れたはずなのに。
見るとなんとフラシに穴。終わった。

午後はメタメタで2970gとか、2枚目が1000g前後だったので
4kgいけるかな?と思ったが
残り30分で3枚だったので、全入れモードで400x2って感じだったっけ。
決勝の切符はフラシの穴から逃げていきました。ちゃんちゃん。

事務所横の気温計を見ると36度!
あつい日でした。

2005年06月28日

つりぼり金ちゃん、リニューアル

ということで、鯉の仕入値段が3倍になってしまって経営危機(?)になっている
金ちゃん。そこまで悪くないか。まあ苦しさは変わらないな。
しかし、いろんな屋内釣堀に行きましたが
ここほど安く、釣れるところはありません(おじさん談、自画自賛)
DVC00320.JPG
少し値上がりした?
さて、どの辺が変わったかといいますと。

DVC00319.JPG
水槽の真ん中にネットが張られました。
奥に、雷魚、バス、なまずが集中しています。
手前は鯉、金魚、へら、アオウオなどの練りえ専門コーナー。
いや、奥でも練り餌で釣れるんだけどね。

DVC00384.JPG
金魚釣りコーナの1つが「ザリガニ釣り」コーナーに。もちろん金魚釣りも健在。
10分100円。3匹1点の計算だったかな?
餌はスルメ。水槽で交尾している固体もいる。

DVC00383.JPG
10分でこれだけ釣れた。コツは、、、ハサミにはさませること。基本ですね!

DVC00144.JPG
奥ではバスも健在。
バスは餌の種類が増えました。
金魚4匹100円とザリガニ5匹100円です。どっちでも釣れるよ。

DVC00146.JPG
竿はバスと鯉が分かれてます。
何が違うってたぶんウキだけだと思う。

DVC00145.JPG
女性でも簡単にバスが釣れます。
まだバスを釣ったことがない人。バス釣りに行ってみたいが早起きは苦手なのでとりあえず
引きを楽しませたい方に最適。

今なら「子供が寝たらベビーカーで来る夫婦のHPを見た」と言うと
「へぇーそう?」という言葉がもらえます(w)

2005年06月27日

テナガエビ釣り

今年、やっとテナガエビ釣りに行けた。

今年は専用のテナガエビロッド(380円、1.8m)を投入。
ハリスは0.8号で、シモリウキ1号x5個、20号のハリス止めサルカン、イタオモリ、エビ針2号
の仕掛けで。
餌はアカムシ、初めて使ったアカムシ。
アカムシを使うことで利点が2つ。
1、安い(210円)
2、外道のヌマチチブが食ってこない

当日、上州屋の自動販売機で買えないので前日、アカムシを仕入れておき
冷蔵庫で冷やす、夕方、奥さんが夕食の準備をしようとして悲鳴を聞くことになるので
こっそり隠しておこう。

DVC00382.JPG
6時頃から開始、左近川親水公園は絶好のスポットだ。
先行者あり、ワクワク、、だけど、、あまり釣れない。

DVC00381.JPG
30分でこれくらい。
立派に釣れるもんだねー。

先行者のおじさんに話を聞くと「今年はカニが多い、気がつくとカニが餌を持って行ってる」
らしい。あと大型があまりいなかった。「下げ潮がいい」らしい。
釣ったテナガは全てリリース。いやー飼うほど水槽はないし、から揚げにするにしても少量すぎなので
毎回リリースしてる。
あとテナガよりスジエビ?が多かった。
テナガは大体バケツに入れていても生きているんだけど、スジエビはすぐ酸欠で死んじゃう。
見分け方はブラックタイガーみたいな縞模様があるのがスジエビ。
肌色みたいなのがテナガエビのメス。黒いのがオス。小さいオスも肌色だと思う。
なのでテナガ狙いだとスジエビはすべてリリース。いや、殺すのがかわいそうなだけ。
から揚げはスジエビの方がやわらかいのでGOOD。
混んでいるスポットなのでもう少し穴場を見つけたいところ。
ちなみに釣れそうだったので撮影していたらバッテリ切れで途中までの動画をどうぞ。

2005年06月16日

受容体釣方法の結果

さて、受容体釣法をへらぶな、バスと試したが
いずれも失敗に終わったので、もう研究はやめるために一応、ここに失敗のレポートをあげておく。
他の人が同じことを考えて、失敗する無駄な実験をしないようにだ。
つーことで、
DVC00327.JPG
作成した受容体ワーム
といっても、受容体を含む成分の粉末を混ぜただけ。
効果があるのは最初の1キャストだけだと思う。
ベースはロボのリーチ
山中湖で実験、まったく効果らしいことは認められず、と報告があった。

さて受容体の考え方だが、ある論文を見つけてその論文が正しいか、実証するつもりでいた。
その論文は<<続きを読む>>の中にある。どこからかのWEBから引用である。
すまんもう昔なのでURLは忘れた。すげー長いよ。
効果はあると思うがいかんせん他に方法が思いつかないので
今後はフォーミュラに混ぜてみるとかしてみるといいかもしれないが
とりあえずバス釣りにはしばらく行けないので効果を計ることはまだ先だ。
ということで惨敗したよという報告である。
また新しい釣法を見つけて実験してみようとおもう。
ちなみにターゲットにした受容体は論文上、最も反応が高いといわれるL-Argであった。

緒言
 オオクチバス(Micropterus salmoides)は1925年に赤星鉄馬氏によって、アメリカ合衆国から神奈川県芦ノ湖に初めて移植された(赤星, 1996)。その後、何度かの移植が繰り返されたが、移植されてから44年間は戦争もあり分布の広がりは関東以西の一部に限られていた。1970年以降、新たにアメリカから神奈川県芦ノ湖に5,200尾、愛媛県に1,000尾を移植されたのを含め徐々に分布を拡大していき、1975〜1979年にかけて釣愛好者の急増に伴い、全国的に無秩序に放流されたこともあり、急激に分布域を広げた。現在では、ほぼ日本全土に分布しているとされる(桐生, 1992)。
 オオクチバスは、攻撃性が強く、貪欲な動物食性の魚であり、湖沼や河川の生態系において、食物連鎖の頂点にあると思われることから、琵琶湖や霞ヶ浦などでは在来種の仔稚魚等を食い荒らし、固有の生態系に悪影響を与え、漁業に被害を与える害魚とみなされる傾向が強い。しかしその一方では、河口湖のように、ルアー釣りの好対象魚であるオオクチバスの人気を利用し、積極的に放流を行い、遊漁資源として多大な収益を得ている漁業協同組合もあり、そのとらえ方は様々である。 
 オオクチバスの食性については、淀と木村 (1998)が胃内容物調査を行っており、アメリカザリガニやテナガエビ等の甲殻類、アユやウグイ等の魚類といった水棲動物の他に、水中に落ちたと思われる陸棲昆虫まで捕食していることがわかっている。Lewis et al.(1961)によれば、オオクチバスを飼育している
水槽内に小魚を入れた場合には、即座に食い尽くしてしまうという。またVanderhorst(1967)は、オオクチバスには空腹を満たすという通常の摂餌行動の他に、空腹であろうとなかろうと目の前にある餌と認識されるものには、反射的に食いついてしまうという習性があることことを報告し、ルアーに対する行動は、その典型であると述べている。したがって、オオクチバスには、餌のような動くものは何でも口にしてしまう性質があると思われる。以上のようなことから、オオクチバスの摂餌行動には、視覚器や機械的感覚器によって得られる情報が、重要に関わっていると推測される。
 一方、魚類は、視覚器や機械的感覚器の他に、味覚器や嗅覚器といった化学感覚器官を有しており、これらの化学感覚器官から得られる情報も、摂餌行動に重要に関わっていると事は明白である。魚類の味覚器応答に関する研究は、Konishi and Zotterman (1961a、1961b)とTateda(1961、1964)のコイやナマズの一種 Ameiurus melasを対象として行われた研究に始まり、現在までに約20種におよぶ魚類について研究されている。これらの研究は、いずれも淡水産、海産の違いに関わらず、魚類の味覚器がアミノ酸に対して高い感受性を持つという結果を示している。さらに、これらの研究は、魚種によって味覚器が応答するアミノ酸の種類に大きな差異があることも同時に明らかにした。日高(1991)は、海産無脊椎動物、魚類、藻類等の、いわゆる魚類の餌となる生物のエキス中に含まれるアミノ酸の種類やその含有量と、現在までに調べられた17魚種のアミノ酸に対する味覚器応答の特徴、いわゆる応答スペクトルを比較し、両者の間に関連があることを指摘している。例えばアイゴが食するワカメのエキスのアミノ酸組成(高木ら, 1967)と味神経応答(Ishida and Hidaka, 1987)を比較してみるとエキス中にもっとも多い6種類のアミノ酸すなわちアラニン、グリシン、プロリン、トレオニン、グルタミン酸、セリンのすべてが高い感受性を示すアミノ酸に入っていると述べている。 また、魚類の嗅覚器応答に関しても、多くの研究が行われており、現在までに20種以上におよぶ魚類について研究されている。これらの研究は、一部の例外を除いて、魚類の嗅覚器のアミノ酸に対する感受性が、味覚器のそれより高いことを示している。また、Goh et al.(1979)、Goh and Tamura(1980)、Kobayashi and Goh(1985)、Kobayashi and Fujiwara(1987)、Johnsen et al.(1988)の一連の研究によれば、魚類のアミノ酸に対する嗅覚器の応答スペクトルの型は、淡水産と海産の違いや、生息場所の違い、さらには食性の違いなどのに関わらず、どの魚種でも相似していることがわかっている。このことは、魚類の嗅覚はアミノ酸に対して、魚種による特異性がないことを示唆しており、味覚とは特徴が大きく異なっている。水中に生活する魚類の場合は、陸生動物とは異なり嗅覚器も味覚器も共に水溶性物質に反応するのでその機能的分別は不明確と思われがちであるが、これらの事実から、魚類の場合も味覚器は餌を口に入れたり飲み込んだりするための接触受容器として機能し、嗅覚器は、遠隔受容器として、摂餌行動において餌生物の探索等に重要な役割を果たしていると思われる。
 前述したように、オオクチバスは、その摂餌行動に視覚器や機械的感覚器から得られる情報が非常に優位に関わっており、身の回りの餌と思われる動く物体は何でも口にしてしまう。彼らの眼球は大きく、視蓋もよく発達していること(Friedlander, 1983)からもこのことは裏付けられる。このような彼らの特異的な、言い換えれば、魚類の中でも極端に特化した摂餌行動様式においても他の魚種でいわれるような化学感覚の関与があるのか、すなわち、オオクチバスが餌を探索するときに嗅覚器が関わることがあるのか、また、餌を口にするときに餌自体が持つ味を味覚器によって味わったり、異なる餌の味を味わい分けることができる能力を持ち合わせているかどうかは、魚類の化学感覚研究の立場から非常に興味深い研究対象となる。オオクチバスは、Friedlander (1983)の研究に見られるように視覚中枢の情報処理の研究対象とされたことはあれ、上述のような観点から、化学感覚の研究対象とされたことは皆無である。しかしながら、オオクチバス釣りのルアーに「匂い付き」や「味付き」と称され、その集魚力やルアーを口の中にとどめておく時間の延長をうたう製品があり、その効果の真偽は不明であるが、釣り人によって釣果に影響するとされたり、全く関与しないと言う人もいて意見が大きく割れていることも事実である。また、最近のKubitza et al.(1997)の研究では、オオクチバスを養殖する目的から、魚粉と大豆粉を主体とするドライペレットにアミノ酸、ベタイン、核酸関連物質を加えて、摂餌刺激効果の検討を行ったところ、アミノ酸やベタインには効果が見られなかったが、IMPを混合すると摂餌刺激に増強効果があることが報告されている。これらのことは、オオクチバスの化学感覚器が摂餌行動において少なからず機能している可能性を示唆するものである。
 そこで本研究では電気生理学的な手法を用いて、オオクチバスのアミノ酸や核酸関連物質に対する嗅覚器および味覚器応答の特徴について検討を行った。また、味覚器応答については味の判別能力の観点から電気生理学的交差順応実験を行い味受容器の分類を試みた。

. 嗅覚器応答に関する実験
材料と方法
(1) 供試魚
 1997年7月から10月の間に滋賀県琵琶湖と奈良県津風呂湖においてルアー釣りで採捕したオオクチバスを用いた。採捕したオオクチバスは、エアレーションと水循環ができるように改造した大型クーラー(60・)に入れて大学に持ち帰り、屋内の濾過槽付きFRP循環水槽(800・、水温20℃)で一週間以上飼育した魚を実験に使用した。飼育期間中の餌として金魚(約3g)を適宜与えた。
 使用した供試魚は、24個体で、全長24.2〜37.3cm(体長20.1〜31.3cm)、体重187.7〜672.1gの範囲であった。
(2) 嗅電図(EOG)の記録方法
 供試魚に筋弛緩剤(Pancronium bromide、 2mg/ml)をリンゲル液で2倍希釈した溶液を、魚体重100g当たり0.05〜0.1mlの割合で筋肉内注射して不動化した。筋弛緩剤投与後、完全に鰓蓋膜の動きが停止するまで約30分間水中で安静状態にした。鰓蓋膜の動きが停止したことを確認した後、魚の体表が乾燥する事を防ぐため、湿らせた布で覆い、木台の上に腹這いにして乗せた。次に供試魚に酸素を供給するために、ビニールパイプを用いて口腔内に呼吸水(RW)を流し込んで鰓を強制灌流した(図1)。嗅覚応答を電気生理学的に記録する方法は、嗅電図(Eelectro-Olfactogram EOG)、嗅神経応答、嗅球の誘起脳波などの方法があるが、今回はEOGを記録方法として採用した。嗅上皮の嗅細胞に匂

い物質が到達すると嗅上皮の外面に負の数mVの電位変化が生じる。これは嗅受容器に引き起こされた受容器電位を反映した電位と考えられ、これが嗅電図(EOG)と呼ばれている。EOGの記録方法はSilver et al. (1976)の方法に準じて行った。すなわち、前鼻孔と後鼻孔を仕切る皮弁を切開し嗅房を露出させ、常にシリコンチューブから人工池水(APW、Bryant et al., 1989)を流し続けた。電極にはリンゲル液(NaCl 7.5g/ ・、KCl 0.2g/・、CaCl22H2O 0.457g/・)にカンテン(0.5重量%濃度)を溶かしたものを充填したガラス細管を付けた甘汞電極(不分極性電極),(図2)を二本用い、一方のガラス細管の先端を嗅板表面の嗅上皮に接触させない程度でできるだけ近づけ、もう一方を鼻腔からあふれる水に触れない体表に接触させ、嗅上皮の電位変化を記録した。嗅上皮を刺激物質で刺激したときに甘汞電極によって導出される嗅上皮の活動電位は、図1に示すように高感度前置増幅器(HGA)で増幅し、ペンレコーダーで記録した。EOGによって記録される嗅上皮の電位は、刺激物質によって嗅細胞が興奮した際には、マイナス側に変化するので、ペンレコーダーによる記録は分かりやすいように電位の陰陽を逆転させて記録した。ちなみに刺激物質の種類のよっては嗅上皮外面が正の陽性EOGを生じる場合があるがこれは嗅板の支持細胞の分泌活動に由来するものであり嗅受容器電位と関係ないとされている。反応の大きさは基線からの反応の高さを計測することにより計測した。また、嗅上皮の電位状態を監視する目的でオシロスコープを使用した。

(3) 刺激方法
 嗅房内に刺激溶液を流し込む際に、水圧の変化による物理的刺激をできるだけ少なくするために、図1に示すようなY字流路を持つ電磁弁を使用した。まず一方の流路からは絶えず人工池水を流し続けておき、刺激を行う際には電磁弁で流路を切り替えて、もう一方の流路からロート内の刺激溶液が、シリコンチューブ内を通ってすみやかに流れ込むようにした。刺激時間は5秒とし、刺激を繰り返す場合には嗅上皮と刺激装置を人工池水で十分に洗浄した後さらに4分間、人工池水を嗅房内に流し続けて休息時間をとった。実験は、スタンダードとしてL-グルタミンの10−4M溶液を用い、これに対する応答を随時記録し、応答の再現性を確認しながら進めた。なお、実験中の室温は20℃に設定した。
(4) 刺激物質および濃度
 使用した物質を表1に示した。また表1中の( )内にはその物質の略号を付した。以下本文中では、この略号を用いて示すこととする。これら24種類の試薬(ナカライテクス社製)は全て人工池水に溶かして刺激液とした。刺激液のpHは必要に応じて塩酸、もしくは水酸化ナトリウム溶液を用いて、pH7.0前後に調整した。なお実験期間中に使用した人工池水のpHは6.90〜7.20の範囲であった。

結果
 図3に示した棒グラフは、嗅上皮を各種刺激液10−4Mを流して刺激したときの応答率を、L-Gln 10−4Mに対する応答を100としたときの相対値で表したものである。なお、図中では、二標本t検定(表2)により、危険率1%で黒塗りの棒で示した刺激物質にのみ、コントロールとして使用した人工池水よりも有意に大きな応答が得られたことを示している。図3に見られるように、オオクチバスの嗅覚器は、今回使用したほとんどのアミノ酸で反応が認められた。図3 では反応の大きかった順に並べた。反応の高さはスタンダードであるL-Glnが一番高く、ついで L-Argがその94.66%、 L-Metが93.73%、L-Ornが90.86%、 L-Hisが90.34%そして L-Lysが85.96%でこれらのアミノ酸に対する応答が高かった。10−4Mで反応が認められなかったのはBetとL-Proのみであった。図4にスタンダードであるL-GlnとコントロールであるAPWそしてL-Proに対する応答のEOG記録例を付した。図の上部の目盛りが落ちているところが刺激時間で、記録ライン上の刺激時間の前後にでる反応のようなものは電磁弁の切り替えによるノイズである。
 次に図5に応答の大きかったアミノ酸L-GlnとL-Ornの10−8M〜10−4M間での嗅覚応答の記録例を示した。また図6と図7に10−4Mでの応答の大きかった6種のアミノ酸(L-Gln、L-Arg、L-Met、L-Orn、L-His、L-Lys)の濃度-応答曲線を示した。また図8にL-ArgとD-Argの記録例を、図9にL-HisとD-Hisの記録例を示した。閾値はL-Ornが調べたアミノ酸の中で最も低く10−8M〜10−7Mの


間にあった。その他の図中の物質の閾値はL-Arg、L-Met、L-LysおよびL-Hisが10−7M〜10−6Mの間であり、10−4Mでの応答が一番高かったL-Glnの閾値は10−6M付近であった。
 図10にL-ArgとD-ArgおよびL-HisとD-Hisの濃度-応答曲線を示した。これからわかるように、それぞれの閾値はL-Argが10−7M〜10−6Mの間、D-Argが10−5M〜10−4Mの間、L-Hisが10−7M〜10−6Mの間そしてD-Hisが10−5M〜10−4Mの間であった。これよりArgとHis両者の場合とも同じようにL型の閾値の方がD型の閾値よりも100倍近く低いことがわかった。

考察
小林と郷 (1991)は、魚類のアミノ酸に対する嗅覚応答の特徴として、調べられたほとんどの魚種においてL-Gln、L-Ala、L-Argがもっとも強い刺激物質であるという共通点を述べている。一方、味覚器に対しては強い刺激効果を持つL-Proは嗅覚においてはもっとも弱い刺激効果しか示さないことも指摘している。さらに、Goh et al. (1979)は、各種アミノ酸の嗅覚刺激効果を他の研究者が発表したデータも含むいろいろな魚種で調べ、刺激効果の大きいものの順に並べた嗅覚のアミノ酸応答スペクトルともいうべきものを作ってみると、淡水魚と海産魚、遊泳性と底生性であるか、さらに草食性か肉食性であるかなど、いわゆる魚類の生態に関わらず、どの魚類でもほぼこのスペクトル型が似ていることを指摘している。例えばGoh et al. (1979)は、マダイ、コイ、ニジマスそしてchannel catfishについて応答スペクトルの相関を相互にとって報告している。それによるとchannel catfishとニジマスの組み合わせがR=0.59(P<0.01)であり低い相関を示したが、そのほかの組み合わせにおいては R=0.78〜0.92(P<0.01)と非常に高い相関を示すと述べている。この結果に対して、今回調べたオオクチバスのアミノ酸に対する嗅覚応答の特徴もGoh et al. (1979)が指摘したアミノ酸応答スペクトルは魚種が違っても大きく変わらないと言う定説に当てはまるかどうかを、同様の観点から調べてみた。表3と図11にオオクチバスと他の魚種(ブリ、マダイ、コイ、channel catfish)とのアミノ酸応答スペクトルの相関を示したが、これに示されるように、応答スペクトルの相関係数は、


回遊性の海産魚であるブリ(Kobayashi and Fujiwara, 1987; 森田, 1987)と比較した場合にR=0.68〜0.72(P<0.01)、底生性の海産魚であるマダイ(Goh et al., 1979; Kobayashi and Goh, 1985)と比較した場合にR=0.73〜0.77(P<0.01)、雑食性の淡水魚であるコイ(Goh and Tamura, 1978)と比較した場合にR=0.74(P<0.01)、底生性の淡水魚である channel catfish (Caprio, 1978)と相関をとった場合 R=0.58(P<0.1)であった。channel catfishの場合には調べられているアミノ酸が少なく自由度が低かったため確かなことがいえないのであるが、その他の比較において、オオクチバスのアミノ酸に対する嗅覚応答の特徴は非常に他の魚種のそれと相関が高く応答スペクトルの型が類似していることが分かった。
 次に嗅覚のアミノ酸応答閾値についても現在までに調べられている他の魚種との比較を行った。現在まで、魚類のアミノ酸に対する嗅覚応答の電気生理学実験が20例報告されており、これらの結果からわかることは、アメリカウナギ(Silver, 1982)のL-Glnの閾値はEOGの場合で10−7.8±1.2M(嗅神経インパルスの場合 10−9.6±1.9M)、 channel catfish (Caprio, 1978)のL-Cysの閾値はEOGの場合で10−8.8±0.8M(嗅上皮インパルスの場合10−9.1M)、大西洋サケ(Sutterlin and Sutterlin, 1971)のL-Ala 3.2×10−9M(嗅上皮インパルス)が調べられている中で突出しており、これらの魚種は驚異的な嗅覚感度を示す。また、その他の魚種(コイ、メクラウナギ、ギンザケ、ベニザケ、ニジマス、Char Salvelinus alpinnus、カワマス、Whitefish Coregonus clupeaformis、ソウギョ、ナマズの一種 Ictalurus catus、マアナゴ、 ボラ、マダイ、ブリ、sea catfish Arius felis)での、もっとも感度の良いアミノ酸は種類こそ多少異なるが、その閾値はほとんどすべて10−8M〜10−6Mの間にあったとされている(小林と郷 1991)。一方今回の実験結果から得られたオオクチバスの嗅覚応答の場合はもっとも低かったL-Ornの場合は10−8M〜10−7Mの間に、また調べたその他のアミノ酸の閾値のほとんどが10−7M〜10−6Mの間であったこと、から、オオクチバスの場合も、他の魚種と同程度の嗅覚感度を持ち合わせており、嗅覚器は他の魚種と同様の遠隔受容器としての役割を果たしていると推測される。魚類における嗅覚器は索餌行動、生殖行動、個体臭識別および群形成、恐怖反応、忌避行動、定位・回遊行動に関わる(原, 1977)と考えられているが、中でも、索餌行動において嗅覚器が関わっていることは、Sheldon(1911)、Parker(1910、1914)の研究から明らかである。またHoese and Hoese (1967)、Hashimoto et al. (1968)、 Konosu et al. (1968)による行動の研究で、魚を引きつける餌物質中の有効成分はアミノ酸であることが明らかにされている。同様のことはSutterlin (1975)やCarr et al. (1976)の研究でも指摘されている。これらの研究では、魚の誘引行動に嗅覚器が関与しているという直接の証拠はなくアミノ酸は味覚においても重要な刺激物質なので、真理のほどは定かではないが、嗅覚のアミノ酸に対する応答閾値は極めて低く、関与の可能性は十分に考えられる。したがって、他の魚種と同様の嗅覚器の性質を持つと思われるオオクチバスの場合もアミノ酸に嗅覚刺激によって索餌行動が解発される可能性があると考えられる。
 D型アミノ酸の嗅覚応答に関しては、後述の味覚において観察されたようなオオクチバスに特異的であると思われる結果は得られなかった。すなわち、L-Arg 10−4Mの94.66%、L-His 10−4Mの90.34%の応答と比較して、同濃度でのD-Arg、D-Hisの応答はそれぞれ51.13%、71.06%でいずれもD型の方が低い (図9)という結果で、嗅覚器刺激効果はD型の方が低いという結果となった。魚類の嗅受容器に関しては、原 (1981)やCaprio (1988)の総説に詳しいが、同様のD型の刺激効果がL型のそれに劣るという結果は、アミノ酸の種類こそ違うが、ギンザケのAlaとSerとMet(Hara, 1972)、大西洋サケのAlaとSerとMet(Hara, 1972)、ニジマスのAlaとSerとMet(Hara, 1973)、カワマスのAlaとSer(Hara et al., 1973)、sea catfishのAlaとMet(Caprio, 1980)、マダイのSerとGln(Goh et al., 1979)、アメリカウナギのGln(Silver, 1982)など多くの魚種で報告されている。これは、嗅覚受容器にはα-アミノ酸のL型のみが生物学的濃度で有効であるという原(1981)の指摘とも一致し、ここでもオオクチバスの嗅覚器応答の特徴が、他の魚種と類似しているという結果なった。

. 味覚器応答に関する実験
材料および方法
(1)供試魚
 1995年9月から10月の間と1996年6月に滋賀県琵琶湖と奈良県津風呂湖においてルアー釣りで採捕したオオクチバスを用いた。採捕したオオクチバスは、エアレーションと水循環が出来るように改造した大型クーラー(60・)に入れて大学に持ち帰り、屋外のFRP水槽(2t)で2週間以上飼育し、その後室内の濾過槽付きFRP循環水槽(800・、水温20℃)で約1週間飼育した魚を実験に使用した。飼育期間中の餌として金魚(約3g)を適宜与えた。
 使用した供試魚は、18個体で、全長18.2〜32.8cm(体長14.8〜27.6cm)、体重73.9〜484.2gの範囲であった。
(2)味覚神経応答の記録方法
 供試魚に筋弛緩剤(Pancuronium bromide、2mg/ml含有、商品名ミオブロック、オルガノン社製)をリンガー液で2倍希釈した溶液を、魚体重100g当たり0.15〜0.2mgの割合で筋肉内注射して不動化した。その後、アルミホイルをひいた木台に背部を下にして乗せ、体表を湿らせた布で覆い、体表が乾燥するのを防いだ。また、呼吸水が逆流せず、刺激液も口腔内をスムーズに流れるように頭部を少し高くして木の台に乗せ、鰓蓋を少し開いた。次に供試魚に酸素を供給するために、ビニールパイプを用いて口腔内に呼吸水(RW)を流し込んで鰓を強制潅流した(図12)。顔面神経口蓋枝(ramus palatinus facialis)の露出手術は

Hidaka et al.(1985)の方法に準じた。すなわち、鰓蓋膜の運動停止を確認した後、眼球を摘出し、眼窩内の脂肪や筋肉等の電極挿入時に邪魔になる組織で、味覚神経に影響がないものを除去した後、眼窩の最深部中央よりを動脈に沿って走っている第7脳神経口蓋枝を露出させて、中枢側で切断し、末梢側を眼窩内に挿入した双極の白金電極(E)の上に跨ぐように乗せた。神経の乾燥は、眼窩内を流動パラフィンで満たすことにより防いだ。
 口蓋を刺激物質で刺激した場合に白金電極によって導出される味覚神経の活動電位は、図12に示すようにまず前置増幅器(PA)で増幅し、次に積分器(INT; 時定数0.1秒)を用いて平均化したものを、主増幅器(MA)で増幅して、ペンレコーダー(PR)で記録した。また、味覚神経の放電状態を監視する目的でオシロスコープ(OS)およびサウンドモニターを使用した。
(3)刺激方法
 口蓋部に刺激溶液を流し込む際に、水圧の変化による物理的刺激をできるだけ少なくするために、図12に示したようなY字型の流路を持つ電磁弁を使用した。まず一方の流路からは絶えず人工池水(APW; Bryant et al., 1989)を口蓋部に流し続けておき、刺激を行う場合には流路を切り替えて、もう一方の流路からロート内の刺激溶液が、シリコンチューブ内を通って口蓋部にすみやかに流れ込むようにした。刺激時間は3秒とした。刺激を繰り返す場合には口蓋部と刺激装置を人工池水で十分に洗浄した後、さらに3分間、人工池水を口蓋部に流し続けて休息時間をとった。実験は、L-アルギニンの10−2Mに対する応答を随時記録し、応答の再現性を確認しながら進めた。なお、実験中の室温は
20℃に設定した。
(4)刺激物質および濃度
 使用した物質を表4に示した。また表4中の( )内にはその物質の略号を付した。以後本文中では、この略号を用いて示すこととする。これら39種類の試薬(ナカライテクス社製)はすべて人工池水に溶かして刺激液として用いた。刺激液のpHは必要に応じて塩酸、もしくは水酸化ナトリウム溶液を用いてpH7.0前後に調整して用いた。

結果
(1)アミノ酸およびベタイン
 図13に示した棒グラフは、10−2Mにおける各種アミノ酸およびベタインに対する味覚器応答の大きさを、L-Arg 10−2Mに対する応答を100としたときの相対値で表したものである。なお、図中では、二標本t検定(表5)により、危険率5%で黒塗りの棒で示した刺激物質にのみ、コントロールとして使用した人工池水(APW)よりも有意に大きな応答が得られたことを示している。図13に見られるように、オオクチバスの味覚器は、アミノ酸ではL-Arg>D-Arg>L-Lys>D-His>D-Lys>L-Hisの順で有効な値を示した。一方、現在まで味覚器応答が調べられている多くの魚種で有効なアミノ酸とされるL-Ala、Gly、L-Pro等に対しては、10−2Mで有効な応答は認められなかった。図14に応答の大きかった上位2つのアミノ酸であるL-ArgおよびD-Argの10−6M〜10−2Mまでの積分応答の記録例を示した。また、図15に応答の大きかったアミノ酸5種(L-Arg、D-Arg、L-Lys、D-Lys、L-His)の濃度-応答曲線を示した。閾値はL-Argが調べたアミノ酸の中で最も低く、10−5M〜10−4Mの間にあった。D-Argに対する応答は、調べた10−5M〜10−2Mのいずれの濃度においてもL-Argのそれと比較して、若干ではあるが少し低い傾向が見られた。また、閾値は10−4M付近にありL-Argよりも若干高かった。一方、10−2Mで有効な応答の得られた他のアミノ酸の閾値はL-Argと比較して、100倍以上高かった。たとえば、L-LysおよびL-Hisの閾値は10−3M〜3×10−3Mの間に、D-Lysでは3×10−3M〜10−2Mの間


にあるという結果が得られた。
(2)核酸関連物質
 図16に示した棒グラフは、核酸関連物質の10−2Mでの味覚器応答の大きさを、L-Arg 10−2Mに対する応答を100とした相対値で表したものである。なお、図中では、二標本t検定(表6)により、危険率5%で黒塗りの棒で示した刺激物質に対してのみ、コントロールとして使用したAPWよりも有意に大きな応答が得られたことを示している。図16に見られるようにオオクチバスの味覚器は、10−2MにおいてADP>Ino>ATP>GMP>IMP>AMP>(L-Arg)>Ado>UMP>CMPの順で有効な応答を示した。図17に応答の大きかったADPおよびInoとスタンダードである L-Argの10−6M〜10−2Mでの積分応答の記録例を示した。また図18に応答の大きかったヌクレオチド5種(ATP、ADP、AMP、IMP、GMP)の濃度-応答曲線を示した。閾値は ADPが調べたヌクレオチドの中で最も低く、次いで AMPであった。両者とも10−5M〜10−4Mの間に閾値があったが、10−4Mでの応答はL-Argのそれよりも明らかに多きく、したがって閾値はL-Argのそれよりも多少低いことを示した。また両者とも、調べた10−5M〜10−2Mのいずれの濃度においてもL-Argよりも少し高い傾向が見られた。一方、他のヌクレオチド(ATP、IMP、GMP)は、閾値が10−4M付近にあり上記のヌクレオチドと比較して10倍ほど高い閾値を示し、閾値に関しては、L-Argとは大きな差が見られなかった。図19に応答の大きかった2種(Ino、 Ado)のヌクレオシドの濃度-応答曲線を示した。Inoの閾値は、本実験で調べ

たすべての物質中で最も低く、10−6M〜10−5Mの間にあった。これは、Adoが10−4M〜10−3Mに閾値があることと比較して約100倍ほど低い値であると共に、10−2Mで応答の最も大きかったADPよりも10倍近く低いことを示す結果が得られた。

考察
 今回の実験でオオクチバスの味覚器は、調べたアミノ酸のうち 10−2Mで L-Arg、D-Arg、L-Lys、D-Lysに対し比較的大きな応答を示した。また閾値の最も低かったアミノ酸はL-Argで、それは10−5M〜10−4Mの間にあった。一方、L-His, D-Hisに対しても10−2Mでは応答があったが、それはL-Argの50%以下という値であった。したがってオオクチバスの場合、よく応答するアミノ酸が限定されていること、しかもこれらのアミノ酸は塩基性アミノ酸であるということも興味深い点である。
 日高(1991)の示した図から、現在までアミノ酸に対する味覚器応答が調べられている他の魚種の特徴をみてみると、多くのアミノ酸にまんべんなく応答する魚種と、数種類のアミノ酸にのみ応答する魚種があることに気づく。例えばchannel catfish、シマイサキ、マダイ、アイゴは前者である。これらの魚種の食生態は、比較的動きの鈍い甲殻類や環形動物、運動性に欠ける貝類や藻類等の餌を自ら探したりして捕食するものである。自然界において味覚器を刺激する物質は必ず混合物の状態で存在するので、複雑な情報を解析するという観点に立てば、多種のアミノ酸に味覚器が応答するということは有利であると思われる。また、channel catfish(Calpio, 1975、1978)やシマイサキ(Hidaka and Ishida, 1985)のようにアミノ酸に対する感度が10−10Mに達する魚種が含まれる点もあげられる。一方、応答するアミノ酸の種類が比較的少ない後者に含まれる魚種では、例えばブリ、カンパチ、ニジマスがあげられる。これらの魚は活発に泳ぎ回り、動きの速い小魚等を追いかけて捕食する。また前者の魚種と比較してアミノ酸に対する感度も概して低い。以上のような観点からみてみると、活発に泳ぎ回り攻撃的な摂餌行動をするオオクチバスの味覚器が限られたアミノ酸にのみ応答することは、魚類の摂餌生態と味覚器の応答性との関連を考える上で興味深い一知見である。しかしながら緩慢に泳ぎアサリ等を好んで食べるヒガンフグの味覚器は限られたアミノ酸にのみ応答し、その感度もchannel catfishやシマイサキほどよくはないことから摂餌生態と味覚器の応答性の関連は慎重に論じなくてはならないと思われる。
 一方、現在までアミノ酸に対する応答が調べられている魚種との比較において、オオクチバスの特異的な点は、ほとんどの魚種で、10−2Mの濃度では、少なくともPro、Ala、Glyの3種のアミノ酸に応答がみられるのに対し、オオクチバスは、これらのアミノ酸に全く応答しないことである。これらのアミノ酸に応答しない魚種は、現在まで大西洋サケ(Sterlin and Sterlin, 1970)が報告されているが、この魚種は調べられた全てのアミノ酸に応答しない。前述したように自然界では、味覚器を刺激するアミノ酸は、いわゆる混合液として存在する。したがってアミノ酸受容において2つ以上のアミノ酸の違いを認識できるということは、重要であると思われる。この問題は味細胞の細胞膜上に存在する受容サイトの類別と同時に、味覚神経がどのようなパターンで情報を中枢に送っているか、さらには中枢における解析過程も十分に考慮する必要があるが、アミノ酸受容の最も最初の段階で受容サイトが異なることは必須条件である。例えば、ヒガンフグ(Kiyohara et al., 1975)、channel catfish(Caprio and Tacker, 1977)、ブリ(Zeng and Hidaka, 1990)では、前述のL-AlaとL-Proに対してAla受容器、Pro受容器の2種類のアミノ酸受容器は独立して存在する。一方、オオクチバスは、L-Arg、D-Arg、L-Lys、D-Lysに高い応答を示すが、これらはすべて塩基性アミノ酸である。L-Alaは中性アミノ酸、L-Proは複素環を持つアミノ酸で分子構造も大きく異なることから、受容サイトも異なる可能性が高いが、L-Arg、D-Arg、L-Lys、D-Lysのように分子構造の類似するアミノ酸に関しては、受容サイトを共有している可能性もある。一方、Wegert and Caprio(1991)はchannel catfishを用いて電気生理学的交叉順応実験を行いAla、Pro、ArgにおいてL型アミノ酸とD型アミノ酸の受容サイトは互いに独立していると報告している。またMichel and Carpio(1991)およびMichel et al.(1993)もsea catfishを用いて単一味覚神経標本と交差順応実験により、L型AlaサイトとD型Alaサイトが独立していることを述べている。したがってオオクチバスの場合もL型とD型のアミノ酸受容サイトは独立しているという可能性もあるので、今後は交叉順応実験や単一味覚神経繊維を用いた実験が必要であると考えられる。
 核酸関連物質では、オオクチバスは調べた13種類のうちヌクレオチド7種、ヌクレオシド2種の計9種類の物質に応答した。また10−2Mの濃度での応答は、L-Argの応答を超えるものが6種あった。現在までに核酸関連物質に関して味覚器応答が調べられている魚種のうち、マダイとボラ(Goh and Tamura, 1980)では、AMP、ADP、ATP、IMP、GMP、Adoのいずれにしても応答しないことが報告されている。一方で、ヒガンフグ(Kiyohara et al., 1975, Hidaka et al., 1976)、シマイサキ(Hidaka and Ishida, 1985)、モツゴ(Kaku et al., 1980)、イサキ、マアジ、ブリ、カンパチ、マサバ(Ishida and Hidaka, 1987)は、AMP、ADP、ATP、IMP、UMP等のヌクレオチドに応答することがわかっている。これらの魚では、共通してUMPに対する応答が高く、調べた濃度でのUMPの応答と他の核酸関連物質に対する応答を比較すると、高くても同等、あるいはほとんどの物質で低い値を示している場合が多い。一方、オオクチバスの場合は、UMPに対し10−2M で応答は認められたが、他の核酸関連物質と比較してかなり低い (58.24%)値を示した。清原(1994)は、AMP、ADP、ATPに対する応答において、ヒガンフグ、イサキ、マアジでは、AMP、ADP、ATPとリン酸基が増えると応答が増加し、逆のことがブリにおいてみられることを指摘している。一方、オオクチバスにおいてもこれらのヌクレオチドは、非常に有効であるが、その応答の大きさはADP、ATP、AMPの順となった。加えて応答の大きさに順位があるかどうか検討するため二標本t検定を行ったが(表7)、三者のどの組み合わせにおいても有意な差は認められなかった。
 核酸関連物質の閾値に関してみてみると、Inoに対する閾値は10−6M〜10−5Mの間であり、L-Argのそれと比較すると100倍近く低い値を示している。また、ヌクレオチドではADPとAMPがL-Argよりも閾値が多少であるが低かった。現在までに調べられている魚種で、アミノ酸と核酸関連物質に対する応答閾値を比較すると、ほとんどの魚種で核酸関連物質の閾値がアミノ酸の閾値より

も、 10〜100倍ほど高いという結果が得られている。例えばアイゴ (Ishida and Hidaka, 1987)でProの閾値が10−8M〜10−6Mであるのに対して、ATP、UMPのそれは10−4M付近である。またカンパチ(Ishida and Hidaka, 1987)でのProの閾値は、10−6M〜10−5Mであるのに対して、UMPは10−5M〜10−4Mである。さらにはシマイサキ(Hidaka and Ishida, 1985)で Glyの閾値が10−10M〜10−8Mであるのに対して、UMPは10−6M〜10−4Mである。したがってオオクチバスの味覚器において、アミノ酸よりも核酸関連物質の閾値が低いという事実は今まで全く報告されていない事例であり、この点においてもオオクチバスは特異な存在である。
 オオクチバスの味覚器のアミノ酸に対する応答と餌となる可能性のある生物のアミノ酸の含量(藤田, 1988)を比較すると以下のことがわかる。 すなわちコイの筋肉中に含まれるアミノ酸で多い方から5つ挙げると His、Tau、Gly、Lys、Alaの順となり、このうちオオクチバスの味覚器を刺激するアミノ酸として可能性のあるものは L-His(205mg/100g筋肉)、L-Lys(48mg/100g筋肉)である。同様にアユではLys(56mg/100g)とHis(48mg/100g)があげられる。この含有量で、エキスが100%の濃度で口腔内に滲出した場合を考えると、一番含有量の多いコイのHisにおいて、その濃度は1.3×10−2Mである。同様にLysは3.3×10−4Mであって、アユのLysが3.8×10−4M、Hisが3.1×10−3Mとなっている。これらを図15の各種アミノ酸の閾値と比較すると、Hisでわずかにその閾値に達するのみである。一方、鴻巣と品川(1988)は甲殻類のアミノ酸含有量について、Glyが全種を通じて多いが、それと共にArgも重要な含有アミノ酸の1つであると述べている。例えば鴻巣と品川 (1988)よると、オオクチバスが年間を通じて頻繁に捕食(淀と木村, 1998)しているテナガエビやアメリカザリガニの筋肉中の Arg含有濃度は、順に1.8×10−3M、3.5×10−3M前後であり十分に閾値に達することが判断できる。一方、Okuma et al.(1995)によってD型のアミノ酸の含有量について明らかにされている生物のうち、オオクチバスが捕食する可能性のあるものは、アメリカザリガニである。その筋肉中のD型のアミノ酸の含有量はAlaが最も多く3.23×10−3Mである。しかし、オオクチバスは10−2MのD-Alaには全く応答を示さないことから、感受することはできないと思われる。また、オオクチバスが10−2Mで応答の大きかった
D型のアミノ酸、例えば、D-Argは3.2×10−6M(全Arg中0.07%)、D-Hisは 3.23×10−5M(全His中6.70%)程度しか筋肉中に含まれておらずオオクチバスの味覚器の応答閾値にはるかにおよばない。
 魚類の筋肉中では総ヌクレオチドの90%以上がアデニンヌクレオチドで、休息筋肉ではその80%以上がATPであるとされる(藤田, 1988)。ATPはAMPを経てIMPになり、IMPはやがてInoとHypに分解される。そこで、既往の魚肉エキスの分析結果をもとにATP関連物質がすべてATPであったと仮定して、例えばアユ(須山ら, 1977)やコイ(小畠ら, 1985)を捕食したときに味覚器がATPを感受できるかどうかについて考えてみた。アユの場合、ATP換算濃度は1.5×10−3Mになる。一方、ATPに対する閾値が10−4M付近であることから十分に味覚器を刺激し得る濃度であることが分かる。また、コイでは9.7×10−4Mになり、これも十分に味覚器を刺激し得る濃度である。したがって、アミノ酸や核酸関連物質を含むエキス成分に限って考えてみると、オオクチバスがエサを口に取り込むときに何らかの理由で餌生物の体からエキスがにじみ出た場合には、これを味わっている可能性がある。

. 味受容器に関する実験
材料および方法
(1)供試魚
 1996年9月から12月の間に、滋賀県琵琶湖、三重県七色ダム湖、君ヶ野ダム湖、奈良県津風呂湖においてルアー釣りで採捕したオオクチバスを用いた。採捕したオオクチバスは、エアレーションと水循環が出来るように改造した大型クーラー(50・)に入れて大学に持ち帰り、屋外のFRP水槽(2t)で1週間以上飼育し、その後、室内の濾過槽付きFRP循環水槽(800・、水温20℃)で約1週間飼育した魚を実験に使用した。飼育期間中の餌として金魚(約3g)を適宜与えた。
 使用した供試魚は、40個体で、全長24.0〜35.6cm(体長20.1〜29.7cm)、体重156.7〜604.8gの範囲であった。 (2)味覚神経応答の記録方法
 供試魚に筋弛緩剤(Pancuronium bromide、2mg/ml含有、商品名ミオブロック、オルガノン社製)をリンガー液で2倍希釈した溶液を、魚体重100g当たり0.15〜0.2mgの割合で筋肉内注射して不動化した。その後、アルミホイルを敷いた木製の台に背部を下にして乗せ、体表を湿らせた布で覆い、体表が乾燥するのを防いだ。また、呼吸水が逆流せず、刺激液も口腔内をスムーズに流れるように頭部を少し高くして木製の台に乗せ、鰓蓋を少し開いた。次に供試魚に酸素を供給するために、ビニールパイプを用いて口腔内に呼吸水(RW)を流し込んで鰓を強制潅流した(図20)。顔面神経口蓋枝(ramus palatinus facialis)の露出手術はHidaka et al.(1985)の方法に準じた。すなわち、鰓蓋膜の運動停止を確認した後、眼球を摘出し、眼窩内の脂肪や筋肉等の電極挿入時に邪魔になる組織で、味覚神経に影響がないものを除去した後、眼窩の最深部中央よりを動脈に沿って走っている第7脳神経口蓋枝を露出させて、中枢側で切断し、末梢側を眼窩内に挿入した双極の白金電極(E)の上に跨ぐように乗せた。神経の乾燥は、眼窩内を流動パラフィンで満たすことにより防いだ。
 口蓋を刺激物質で刺激した場合に白金電極によって導出される味覚神経の活動電位は、図20に示すようにまず前置増幅器(PA)で増幅し、次に積分器(INT;時定数0.1秒)を用いて平均化したものを、主増幅器(MA)で増幅して、ペンレコーダー(PR)で記録した。また、味覚神経の放電状態を監視する目的でオシロスコープ(OS)およびサウンドモニターを使用した。
(3)刺激方法および交差順応実験の手順
 口蓋部に刺激液を流し込む際に、水圧の変化による物理的刺激をできるだけ少なくするために、図20に示したようなY字型の流路を持つ電磁弁を2個(sv1、sv2)と、同形のロートを2個(R1、R2)使用した。交差順応実験を行う場合、これら2個の電磁弁を、複雑、かつ正確に操作しなくてはならないので、電子タイマーを用いて弁の開閉を制御した。その制御手順を以下に示す。なお、これより以降、順応に使用する刺激溶液を順応液、実際に応答性を調べる刺激溶液を刺激液と呼ぶことにする。

1. 刺激を行う前にはsv2の一方の流路から絶えず人工池水(APW;Bryant et al. 1989)を口蓋の刺激部位に流しておき味覚器を人工池水に順応しておく。また、刺激を行う前の刺激溶液装填の際には、sv2の弁のところまでロートR1内の順応液が入っているようにする(図21-a)。
2. 刺激を行う場合には、まず、sv2の弁を開く。開く時間は10秒間である。このとき、sv1の弁は閉じている状態なので、これによりロートR1内の順応液が口蓋部に向けて流れる(図21-b)。
3. sv2の弁を開いてから5秒後に、sv1の弁を開く。開く時間は5秒間である。これによりsv1の流路が切り替わり、ロートR2内の刺激液がsv1を経由して口蓋部に向けて流れる(図21-c)。
4. sv1もsv2も刺激開始から10秒後に同時に閉じるので、再びsv2の一方の流路から人工池水が口蓋部に向けて流れる(図21-d)。
 以上のような方法で、ロート(R1、R2)内の刺激溶液が、5秒間ずつR1、R2の順番でシリコンチューブ内を通って口蓋部にすみやかに流れ込むようにした。刺激を繰り返す場合には、口蓋部と刺激装置を人工池水で十分に洗浄した後、さらに3分間、人工池水を口蓋部に流し続けて休息時間をとった。また、交差順応実験は、(1)交差順応前の応答の確認、(2)交差順応、(3)交差順応後の応答の再現性の確認、という複雑な手順をふまえて行わなくてはならないため、実験は以下の順番で行った。
1. 順応液をロートR1に入れ、人工池水をロートR2に入れ、味覚器応答を記

録する。
2. 人工池水をロートR1に入れ、刺激液をロートR2に入れ、味覚器応答を記録する。これにより、刺激液に対する応答の大きさを調べる。
3. 手順1で得られた順応液の味覚器応答の大きさと、手順2で得られた刺激液の味覚器応答の大きさが異なる場合、ほぼ同等の大きさになるように、各刺激溶液の濃度を調整し、手順1と2の方法に従って、再度、味覚器応答を記録する。
4. 手順1で使用した順応液をロートR1に、手順2で使用した刺激液をロートR2に入れ、交差順応実験を行い、味覚器応答を記録する。
5. 手順1の刺激を再度行い、順応液に対する応答の再現性を確認する。
6. 手順2の刺激を再度行い、刺激液に対する応答の再現性を確認する。
 また、コントロールとして、人工池水をロートR1,R2に入れ、味覚器応答を記録し、応答が無いことも、適宜確認した。データは、交差順応実験で得られたロートR2内の刺激液に対する味覚器応答の大きさを、実験手順2と6で得られた、順応液で順応しないときの刺激液に対する味覚器応答の平均値を100としたときの相対値を用いた。なお、実験中の室温は20℃に設定した。
(4)刺激物質
 使用した物質を表8に示した。これらの物質は、前述の実験において、オオクチバスの味覚器に対し刺激効果のあるアミノ酸と核酸関連物質の中から選択した。また表8の( )内にはその物質の略号を付した。以後本文中では、こ

の略号を用いて示すこととする。これら10種類の試薬(ナカライテクス社製)は、すべて人工池水に溶かして用いた。これらの溶液のpHは必要に応じて塩酸、もしくは水酸化ナトリウム溶液を用いて、pH7.0前後に調整して用いた。

結果
(1) アミノ酸-アミノ酸順応
 図22に示した棒グラフは、味覚器を、L-Arg、D-Arg、L-Lysで順応したときの、各種アミノ酸の応答率を、順応していないときの応答を100とした相対値で表したものである。二標本t検定(表9)の結果、危険率1%で全ての組み合わせにおいて、対照と比較して有意差は認められなかった。図22に見られるように、オオクチバスの味覚器は、L-Argに順応したときは、D-ArgとL-Lysの応答はそれぞれ9.0%と14.5%となった。D-Argに順応したときは、L-ArgとL-Lysの応答はそれぞれ12.7%と22.0%となった。L-Lysに順応したときは、L-ArgとD-Argの応答は、それぞれ14.6%と9.1%となった。図23に、アミノ酸の交差順応実験における、積分応答の記録例を示した。
(2) L-ArgとD-Arg間での低濃度順応液、高濃度刺激刺激液を用いた交差順応実験の記録例
 図24は味覚器応答の閾値に近い3×10−4Mという低濃度のL-ArgとD-Argを順応液として用い、一方刺激液として10−2Mの高濃度の溶液を用いた交差順応実験の記録例である。図24のA1からA4に見られるように、L-Arg 10−2Mで刺激する時に、L-Arg 3×10−4M(A2)、およびD-Arg 3×10−4M(A3)のいずれで順応しても非順応時(A1、A4)に見られるようなL-Arg 10−2Mの応答は見られなかった。同様なことはD-Arg 10−2Mで刺激するとき(図中B1〜B4)にも言え、L-Arg 3×10−4M(B2)、D-Arg 3×10−4M(B3)のいずれで順応してもD-Arg 10−2M応答は


得られなかった。
(3) アミノ酸-核酸関連物質順応
 図25に示した棒グラフは、味覚器を、核酸関連物質で順応したときのL-Argの応答率を、順応していないときの応答を100とした相対値で表したものである。図25に見られるように、L-Argに対する応答では、二標本t検定(表10)を行った結果、対照となる核酸関連物質の応答率と比較して有意差があった。ATPに順応したときは、L-Argの応答は74.5%となり、他の核酸関連物質に順応したときと比較して、低い値となった。標準偏差の値も大きく、これは、実験個体間で応答率のばらつきが大きいことが原因であると考えられた。ADP、AMP、GMP、IMP、Ino、Adoに順応したときは、L-Argの応答は96.1%〜108.7%の範囲となり、順応していないときの応答と同等の大きさの応答が認められ、これらの核酸関連物質を用いた順応の影響はないものと判断された。
 図26に示した棒グラフは、味覚器を図25の場合とは逆に、L-Argに順応したときの各種核酸関連物質の応答の大きさを、順応していないときの応答を100とした相対値で表したものである。L-Argの順応下において、実験に使用した核酸関連物質の応答は、順応していないときの応答の97.8%〜120.7%の範囲となり、二標本t検定により L-Arg 順応の影響はないものと判断された
(表11)。図27に、L-Argと核酸関連物質の交差順応実験における、積分応答の記録例を示した。

(4) 核酸関連物質-核酸関連物質順応
 図28〜図34に示した棒グラフは、味覚器を、核酸関連物質で順応したときの、各種核酸関連物質の応答の大きさを、順応していないときの応答を100とした相対値で表したものである。なお、図中では、二標本t検定(表12)により、危険率1%で黒塗りの棒で示した刺激物質にのみ、対照となる刺激物質の応答率と比較して有意差があることを示している。図28は、味覚器をATPで順応したときの、各種核酸関連物質の応答率である。ADPの応答は順応していないときの12.8%、AMPのそれは25.5%となり、対照と比較して有意差は無く、ATPの影響を大きく受けた。一方、GMP、IMP、Ino、Adoの応答は97.1%〜123.4%の範囲となり、順応していないときの応答と同等の応答であり、ATP順応には影響されなかった。ADP順応(図29)では、ATPとAMPの応答はそれぞれ15.1%と9.6%で、ADPの応答と比較して有意差は認められなかった。GMP、IMP、Ino、Adoでは、83.1%〜115.0%の範囲となり、順応していないときの応答とほぼ同等の大きさの応答が認められ、ADP順応の影響は受けなかった。AMP順応(図30)の場合は、ATPとADPは、AMP順応の影響を大きく受け、応答は、それぞれ11.6%と10.1%で、対照となるAMPの応答と比較して有意差は認められなかった。GMP、IMP、Ino、Adoの応答は、順応していないときの応答の85.1%〜114.7%の範囲となり、ほぼ同等の大きさの応答が認められ、AMPの影響は受けなかった。GMP順応(図31)の場合では、IMPが最も大きく影響を受け、応答は19.4%となった。対照のGMPの応答と比較する

と応答の大きさに有意差は認められなかった。一方、Adoの応答は97.0%で、順応していないときとほぼ同等の大きさの応答であった。GMP順応で特徴的なのは、ATP、ADP、AMP、Inoの応答で、その値は、ATPが53.3%、ADPが67.0%、AMPが70.3%、Inoが62.0%という値になったことである。これらの応答は、対照のGMPの応答と比較して、有意に大きな応答であったが、前出のATP、ADPおよびAMP順応の実験で影響を受けなかった物質の値と比較して、かなり低い値であった。したがって、これら4種の物質は、GMP順応に関して、何らかの影響を受けたと判断された。IMP順応(図32)の場合では、GMPの応答は13.0%となり、対照のIMPの応答と比較して有意差は認められなかった。一方、ATP、ADP、AMP、InoおよびAdoの応答は、対照と比較して、有意に大きな応答であったが、Inoを除く物質の応答は81.8%〜97.5%であるのに対し、Inoの応答は43.8%と低く、IMP順応下で何らかの影響を受けたと考えられた。Ino順応(図33)の場合では、ATP、ADP、AMP、Adoの応答は88.1%〜114.1%の範囲となり、順応していないときの応答と同等の大きさの応答が認められ、Ino順応の影響はないものと考えられた。一方、IMPの応答は16.1%で、Inoの応答と比較して有意差は認められなかった。GMPの応答は32.9%で、Ino順応の影響をかなり受けたと考えられた。しかし、二標本t検定では、対照のInoの応答と比較して、有意に大きな応答であった。Ado順応の結果を図34に示した。ATP、ADP、AMP、GMP、IMP、Inoの応答は、88.1%〜104.5%の範囲となり、Adoに順応していないときの応答とほぼ同等の大きさの応答が認められ、

対照となるAdoの応答と比較して、全ての物質の応答が有意に大きな応答であった。したがって、Ado順応では、全ての物質に対して影響はなかった。図35に、核酸関連物質の交差順応実験における、積分応答の記録例を示した。

考察
 味細胞の受容細胞膜上にある味受容器は、タンパク質であり(栗原 1990)、味物質の受容機構は、刺激物質の分子構造と受容タンパクの分子構造との相互作用によるものであると考えられている。アミノ酸の場合、α位の炭素原子に結合した4つの成分、すなわち、アミノ基、カルボキシル基、α水素原子、側鎖Rがアミノ酸受容器との相互作用に深く関わっていると考えられており(原 1981)、これらの成分を化学的に別の基で置き換えたり、側鎖構造を変えた物質を受容器に作用させることにより、アミノ酸の受容機構を解明しようとする研究も多く行われている(Caprio, 1978; Marui and Kiyohara, 1987)。前述のアミノ酸に対する味覚器応答実験の結果、刺激効果の高いアミノ酸はL-Arg、D-Arg、L-Lys等の、いわゆる塩基性アミノ酸に限定されるという点と、D-Argの味覚器刺激効果が、応答の大きさと応答閾値の両面で、L-Argのそれに匹敵するという点が、現在までにアミノ酸の味覚器応答に関して研究された他の魚種と比較して、非常に特徴的な点であることがわかった。この結果はオオクチバスのアミノ酸受容器が、どのような性質を持つものであるかを検討する重要性を示唆するものである。そこで、まずこれらのアミノ酸について、それぞれ独立したアミノ酸受容器が存在するかどうかを知る目的で、3種類のアミノ酸について、すべての組み合わせで交差順応実験を行ったが、いずれの組み合わせにおいても、対照となる同一のアミノ酸を用いた場合の応答と比較して、有意差のある応答は認められなかった。この結果は、オオクチバスの場合は、L-Arg、D-Arg、L-Lysは味受容器を共有している可能性が高いことを示唆していると考えられる。一方、他の魚種を用いてアミノ酸受容器に関して交差順応実験で研究した例を見てみると、channel catfishでは、L-Ala、L-Arg、D-Ala、L-Pro、D-Pro、D-Arg、L-His、L-Lys(Wegert and Caprio, 1991)の受容器が、sea catfishでは、L-Ala、D-Ala、Gly、L-Arg、L-Pro、L-His、L-Glu(Michel et al., 1993)の受容器が独立しているとされている。また、ヒガンフグでは、少なくともL-Ala、L-Pro、Betの受容器が独立しており(Kiyohara and Hidaka, 1991)、ニホンウナギでは、L-Pro受容器と他のアミノ酸受容器が(Yoshii et al., 1979)、コイでは、6種類(Marui et al., 1986)の、ニジマスでは、3種類(Marui et al., 1983)の受容器が独立しているとされている。これらの研究では比較的味覚器刺激効果の高いアミノ酸のみについて検討される場合が多いが、いずれにしても、魚種間での違いはあるものの、複数の独立したアミノ酸受容器が存在する場合が多い。したがってオオクチバスの場合、アミノ酸受容についてのみ考えてみると特異的にシンプルであると考えられる。さらに、L型、D型のArgについて、閾値付近の低濃度溶液(3×10−4M)での順応時に高濃度溶液(10−2M)で刺激する実験を行った。図24から分かるように、順応液に低濃度のL-Argを用いた場合もD-Argを用いた場合もL-ArgとD-Argの応答がほとんど出ないという結果になった。これはオオクチバスの場合、LおよびD型に関わらず3×10−4MというArgの閾値付近の濃度で刺激しても、Arg受容器が簡単に順応してしまうことを示唆する。このことはArg受容器の数が極端に少ないこと、L型ArgとD型Argは受容器を共有しており、このArg受容器は立体異性体を区別しないこと、また、オオクチバスには高濃度のArg受容可能な他の受容器が存在しないことを示唆する。
 以上のことから、オオクチバスのアミノ酸受容器に関して、その受容機構について考えてみると、今回使用した3種のアミノ酸の化学構造の共通点として、側鎖Rの末端にアミノ基(Argの場合はグアニジル基に含まれるアミノ基)が存在すること、L-ArgとD-Argの光学異性体が受容器を共有していること、の2点があげられる。このことより、側鎖R末端のアミノ基の存在が重要であり、これとα位の炭素原子に結合している残りの3成分のいずれかとの組み合わせが、オオクチバスの塩基性アミノ酸の受容機構において重要な要素になっている可能性が推測される。したがってこの受容器は、一般に考えられているアミノ酸の受容機構(原, 1981)と比較して、それほど厳密な分子構造の認識機構を要求しないと推測できるが、これらのアミノ酸の関連物質を使用した実験を行うことによりさらに詳細な検討が必要であろう。Bryant et al. (1989)は、channel catfishを用いて、Arg受容に関して電気生理学的交差順応実験を行い、Arg受容において、アミノ基が必須である一方、カルボキシル基は必要ないこと、α炭素とグアニジル基の距離は重要でないことを述べており興味深い。また、Marui et al. (1983) もニジマスを用いた実験で、 高pH域で、 L-アルギン酸や
L-アルギニンメチルエステルに応答があること、同じ高pH域でのD-Argの応答はL-Argのそれと大きく差がないことなどから、Arg関連物質の受容器における刺激物質の分子構造の認識は、L-AlaやL-Proの受容器のそれと比較して、それほど厳密ではないと述べている。一方、先にも述べたように、Wegert and Caprio (1991)は、channel catfishの場合、L-Arg、D-Arg、L-Lysの受容器は互いに独立していると報告しており、channel catfishの場合はオオクチバスと全く様相を異にしている。同様にKalinoski et al. (1989)は、channel catfishの10−4MでのD-Argの応答が、同濃度のL-Argの応答と比較して24.0%、また、L-Lysの応答が17.4%であることから、受容器がArgの光学異性体を認識すること、およびL-Argの受容器にはR側鎖末端がアミノ基ではなくグアニジル基である必要があることを述べている。
 アミノ酸と核酸関連物質間での交差順応実験では、L-Argと7種類の核酸関連物質を使用して、それぞれの組み合わせで実験を行ったが、すべての組み合わせで順応による影響はみられなかった。したがって、L-Argとこれらの核酸関連物質の味受容器は、互いに独立しており、オオクチバスは、L-Argとこれらの核酸関連物質の味の違いを認識している可能性が示唆された。前述のアミノ酸受容器に関する推測をあわせて考えると、D-ArgとL-Lysも、核酸関連物質と受容器が互いに独立している可能性が考えられる。今回の実験では、味覚器をL-Argに順応した場合、および、核酸関連物質に順応した場合の両方の場合において、刺激物質に対する応答は、順応していないときのほぼ100%の応答が得られた。これは、L-Argの味受容器と核酸関連物質の味受容器が独立していることを示すと同時に、L-Argの味覚ユニットと核酸関連物質の味覚ユニットが完全に独立している可能性を示していると思われる。最終的に、単一味覚神経線維を用いた実験を行わなくてはならないが、オオクチバスの場合、L-Argの味情報と核酸関連物質の味情報は、異なった神経線維によって中枢に伝達されている可能性が高い。単一神経線維標本を用いた研究は、それほど多くの魚種を用いて行われているわけではないが、例えばヒガンフグ(Kiyohara et al., 1975)では、ウリジン-5'-一リン酸(UMP)、ADP、IMPの神経線維とPro、Ala、Glyの神経線維は独立している。また、channel catfish(Kohbara et al., 1992)も、AMP、ADP、ATP、GMP、UMP、IMPからなるヌクレオチド混合液に応答する神経線維とアミノ酸に応答する神経線維は独立しているという。一方、ブリ(Zeng and Hidaka, 1990)では、Ala、Pro等の神経線維は別であるが、UMPの神経線維とアミノ酸のTrpの線維が共通しており、核酸関連物質の味情報とアミノ酸の味情報が同一の神経線維によって中枢に運ばれることになり、非常に興味深い。オオクチバスにおいても、単一神経線維標本を用いて知見を蓄積することが必要である。
 核酸関連物質間での交差順応実験では、前述の結果から、図36に示したような4種類の味受容器に大別されると考えられる。味受容器の種類の違いを、物質の構造から検討してみると、まず、アデノシンリン酸受容器の場合、関連したATP、ADP、AMPは、いずれもヌクレオチドで、アデノシンリン酸として総称される。三者の違いは、ペントース成分のC-5の位置のリン酸基の数である。したがってアデノシンリン酸のリン酸基の数は、この受容器の分子構造の認識機構において重要な要素ではないと思われる。一方、AMPのリン酸基

が、水酸基に置き換わった構造を持つAdoではその受容器(Ado受容器)は独立していると考えられることから、アデノシンリン酸受容器と、Ado受容器では、ペントース成分C-5位のリン酸基と水酸基の違いが、受容器にとって重要な要素であると考えられる。このことはIMPとInoの受容器が異なっていることに関しても同様のことがあてはまると考えられる。次に、GMPとIMPでは、塩基がグアニンとヒポキサンチンという構造の違いがあるが、これは、GMP-IMP受容器の分子構造の認識機構にとって重要な要素ではないと思われる。前述の味覚器応答の結果からオオクチバスの味覚器における濃度-応答曲線は、GMPとIMPでほぼ同一であることを示している。また、Sato and Akaike (1965)は、哺乳類であるラットの鼓索神経応答を記録し、グルタミン酸ソーダとGMPの組み合わせ、または、グルタミン酸ソーダとIMPの組み合わせの両方で、著しい相乗効果が起こることを報告しており、非常に興味深い。この相乗効果は、UMPやCMPでは起こらないという。一方、GMP-IMP受容器と、AMPの受容器(アデノシンリン酸受容器)においては、これら3種のヌクレオチドの分子構造の違いはGMPの塩基成分のグアニンあるいはIMPの塩基成分のヒポキサンチンと、AMPの塩基成分であるアデニンの部分である。したがってこの塩基成分の違いは受容器の分子構造の認識機構において重要な要素であると考えられる。このことはIno受容器とAdo受容器に関しても同様のことがあてはまると考えられる。
 今回の交差順応実験では、IMPとInoの味受容器は、それぞれ独立していることが明らかとなった。しかしながら、IMPあるいはGMP順応下では、Inoに対する応答に、応答の減少という影響が見られた。また、Ino順応下では、IMPとGMPの応答に同様の影響が見られた。したがって、これら2種類の味受容器が存在する味覚ユニットが共通している可能性が高いと考えられる。また、IMP順応下ではInoには対照と比較して有意差のある応答が見られたが、Ino順応下では、IMPの応答は対照と比較して有意差は認められるものではなかった。この原因としては、IMPとInoで共有している受容器と、Inoのみの独立した受容器の2種類が存在する可能性も考えられる。いずれにしても、これらの可能性を確かめるためには、今後、単一神経線維を用いた実験などを行う必要があると思われる。

総合考察
Bardach and Villars (1974)によると魚類の摂餌行動は、餌の存在を確認する段階(arousal)、餌の位置を突き止めるまでの探索(serch)、口腔内への取り込み(uptake)、そして摂取(ingestion)の段階に分けられる。いずれにしても第一段階は餌から受ける刺激をどの感覚器で感知するか、によって始まるが、どの感覚器を使用するかは魚種によって異なるであろうし、また、その魚が置かれている状況、言い換えれば様々な外部環境要因によってでも変わっているであろう。本研究で対象としたオオクチバスはルアー釣りの好対象魚である。したがってオオクチバスの摂餌行動において視覚器や聴覚器、側線器から得られる情報が餌からの刺激の受容に優位に関わっていることが容易に推測できる。魚類が餌を感知する場合、プランクトン食の魚よりも雑食性の魚の方が、濁った水よりも澄んだ水にすんでいる魚の方が一般的に視覚に頼る割合が高いといわれている。また、音や振動で餌が近くにいることを感知し、餌の動きを目で見て捕食するというプロセスは、カツオだけでなくスズキやカサゴなどの肉食性の魚類全般にいえることであり、これらの魚をルアーで釣ることに関しては、匂いは大して重要な要素ではないとされている(内藤, 1998)。また鍋島 (1998)によれば、ミミズのエキスは肉食魚に対しても誘引効果が認められ、肉食魚が餌を探す手段として、あくまでも視覚や側線に感じる振動などが優先されるものの、餌が見えない状況下では索餌を嗅覚に頼らざる得ないのではないかと述べている。しかしまた同時に、嗅覚が餌を探すために利用されることはあっても、実際にそれが引き金となって餌を捕食するかどうかは直接的には結びつかないのではないかとも述べている。このことはオオクチバスにも当てはまる可能性が十分にある。
以上の点をふまえ、オオクチバスの化学感覚器の摂餌行動における役割を考えてみると、嗅覚器については、アミノ酸受容において応答スペクトルの特徴が他の魚種と類似しており、またアミノ酸に対する感度も味覚器よりも嗅覚器の方が高いことが明らかとなった。したがってParker (1910)をはじめ、多くの研究者が魚類の嗅覚器が摂餌行動において遠隔受容器として機能していることを示唆しているが、オオクチバスの嗅覚器も性能的にはその要件を十分に満たしているものと考えられる。次に、味覚器であるが、アミノ酸に対しては現在までに調べられた他の魚種と比較するとその応答スペクトルは非常に狭く、極端にいえば応答するアミノ酸はArgに代表される塩基性アミノ酸のみで、しかも調べた3種類の塩基性アミノ酸は受容器を共有している可能性がある。また、感度においても最も高いL-Argで10−5M〜10−4Mで他の魚類と比較した場合、感度としてはそれほど高くない。したがってオオクチバス味覚器のアミノ酸受容は極端に単純化されており感度もそれほど高くないといっても過言ではない。一方、Kubiza et al. (1997)はオオクチバスを用いた摂餌促進物質に関する行動実験において、魚粉を主体とする配合飼料にIMPを加えた場合に摂餌刺激の増強効果が認められる事を報告していている。彼らはAla、Gly、Pro、Ser、Leu、Leu、Val、His、Trpからなるアミノ酸混合物(残念ながらArgは含まれていない)、そしてベタインの効果も調べているが、これらには促進効果は認められない事も述べている。オオクチバスの味覚器はアミノ酸に対する応答とは対照的にIMPを含む核酸関連物質にはよく応答し、10−2MではL-Argの応答を凌ぐものが多く(ADP、Ado、AMP、ATP、IMP、Ino、GMP)、また閾値もL-Argと同等(IMP、GMP、ATP、Ado)、あるいはそれ以下(ADP、AMP、Ino)である。摂餌刺激に核酸関連物質が関与している例は、現在までに数例報告されており、マダイ(細川ら, 1978)でIMP、ADP、ATPが、ブリ(細川ら, 1976)とマアジ(池田ら, 1988)ではIMPがあげられる。一方、ブリ(Hidaka et al., 1985)とマアジ(Ishida and Hidaka, 1987)の味覚器はIMPに応答するが、マダイ(Goh and Tamura, 1980)の味覚器は10−2Mでも、摂餌刺激効果があるとされる核酸関連物質に応答しない。したがって、魚類における核酸関連物質の摂餌刺激効果と味覚器刺激効果の関係は、アミノ酸の場合と同様に複雑であるが、オオクチバスの場合、摂餌刺激に増強効果の認められたIMPは、ブリやマアジの場合と同様に味覚器を刺激する。また、オオクチバスでは、電気生理学的交差順応実験から、IMPとInoの味受容器は異なっていることが示唆されたが、Kubitza et al. (1997)の飼料摂取実験では、IMPには摂餌刺激に増強効果があるものの、Inoには認められないとされ、興味深い。いずれにしても配合飼料をオオクチバスに与えるような状況下では、味覚器から得られる情報が餌の摂取の段階で摂餌行動に関与していることは十分に考えられる。
一方、筆者は、ここ数年来、ルアーを用いたオオクチバス釣りを実験に使用する魚を確保するため精力的に行ってきたが、ルアーによって釣獲するような状況下では、オオクチバスの場合、化学感覚がそれほど重要でないと感じる事がある。それは筆者の経験上、何も塗布されていないプラスティックのルアーでも、オオクチバスが飲み込んでしまっていることがたびたびあるからである。味覚は顔面味覚系と舌咽-迷走味覚系に分けられ、前者は餌の口腔内への取り込みに、後者は餌の飲み込みと吐き出しに関与するとされ、機能的に異なる
(清原, 1994)。例えばヒガンフグの場合、キニーネを含ませたデンプン団子を与えると、いったんそれを口に取り込んだ後、吐き出すとされ、この行動は舌咽-迷走味覚系を介しての行動である。一方、オオクチバスがルアーを飲み込んでしまうという現象は、飲み込むという判断をするときに味覚だけでなく、何か他の違う飲み込むかどうかを判断する要因があるのではないだろうかと考えられる。それは、味以外の情報、例えば口腔内で餌生物が動くなどの機械的な刺激も、オオクチバスにとって、それを飲み込みかどうかの重要な判断材料のひとつになっているのかもしれない。あるいは、活発な肉食性魚であるがゆえに、餌の口への取り込みとそれを飲み込むという行動が味の判断を介さずに瞬時に行われるために、ルアーを飲み込むという現象が起こるのかもしれない。
近年、釣り具メーカーは、オオクチバスを誘引したり、ルアーを口にくわえている時間の延長効果など、釣果が向上するという名目で、化学物質を含ませたルアーを多種製造販売している。しかし実際、これらのものを使用した釣り人からは、「釣果が全く違う」と言う意見もあれば、「関係がない」という意見もある。つまり、人それぞれにその受け捉え方は様々であり、また釣り場の状況によって違う結果が出るということが真実のようである。広大な湖沼で、たとえルアーに化学感覚器を刺激する物質を含ませて使用したとしても、今回の実験で明らかとなったアミノ酸や核酸関連物質に対する感度や電気生理学的な刺激閾値と行動学的な刺激閾値の隔たりを考えあわせると、嗅覚を刺激するにせよ、味覚を刺激するにせよ、それがどの程度の集魚効果を引き出せるのかは甚だ疑問である。したがってルアーに含ませる刺激物質は、それによってオオクチバスを誘引するために使用するのではなく、餌の位置を突き止める探索が終了し、ルアーを口に取り込むまさしくその直前か、あるいは口に取り込んでそれを保持する段階で機能する可能性があるものと考えた方が良さそうである。Valentincic and Caprio (1994)は嗅覚を遮断したchannel catfishを用いて、アミノ酸刺激が引き起こす摂餌行動のパターンを観察し、L-Ala(>10−6M)、L-Arg
(>10−6M)、L-Pro(>10−4M)による刺激が、Turning行動、鰓の灌水行動、反射的に口をパクパクさせる行動を引き起こすと述べられている。なかでも、最も低い濃度で口をパクパクさせる行動を引き起こすアミノ酸はL-Argで、オオクチバスにとって最も刺激効果の高いアミノ酸であることを考えあわせると興味深い。オオクチバスの場合もchannel catfishのように反射的に口をパクパクさせる行動を引き起こすような物質をルアーに含ませることができれば、ルアーを確実にくわえさせて、釣り上げる確率が向上するのではないかと考える。 

謝辞
 終わりに、本研究を行うにあたって終始ご指導いただきました三重大学生物資源学部水族生理学研究室日高磐夫教授ならびに 神原淳助教授に深く感謝の意を表します。また、オオクチバスの捕獲に協力していただいた三重大学バスフィッシングサークルのみなさんに感謝するとともに、実験に協力していただいた三重大学大学院生物資源学科藤井健太氏にもお礼申し上げます。


2005年06月13日

FFF(ふな、フィッシュ、ファクトリー)作戦

つーことで、FFF作戦を開始する。
#どっちかっていうとふな、フィッシュ、ラボ(FFL)だな。
通販(つーか佐原のマグナムK'S)で買った、プラ船ジャンボ.
1個で良かったが2個セットなのでしょうがなく2個ゲット。
DVC00341.JPG
玄関に届くとこんな感じ。
巨大な水槽である。たしか130cmx90cmx45cmだと思った。
ここれでへらぶなやら金魚を飼ってエサやウキの開発をするのである。
ずーっと頭の中に残っていたのは潮来釣具センターの外にあったFRPの
横が透明になっている水槽。(今でもあるのかな?)
ああいう水槽が欲しかったのだ。
#あれは特注でFRPだからすげー高そう。

DVC00340.JPG
今までの金魚池との比較。
くらべものにならんくらい大きい。
まだ水は入れてない。底と横に発泡スチロールの断熱剤を入れる予定。
蓋もするかな?
夏は涼しく、冬は暖かいはず。
プラ舟は2個で2万円いかなかったとおもう。
1個1万円で送料込みだと安いのでは?

DVC00339.JPG
子供のプールにも最適。つーか風呂だ!風呂!露天風呂みたいだ!

DVC00335.JPG
排水パイプを自作する。
そのままでもいいけど、排水口まで排水を引かないとね!
発泡スチロールもGET。910x910x30が6枚。
たぶん足りん。本当は910x1820x30が欲しかったが
車に乗らないので、、いや乗るはずなんだけど。ということで安全策で910x910
30mmの厚さの発泡スチロールの保温力、保冷力は結構期待できるはず。
接着剤はもっと容量の大きいのが欲しかった。てまかかりそうー。
爪楊枝か竹串入れて接着するか。

DVC00332.JPG
排水パイプを作る。
穴埋めキャップは2種類ある。メッシュと蓋と、メッシュの方を使って
排水パイプを作る。

DVC00331.JPG
レイアウトがまだ決まってないので、どの長さで切るのか未定のためこうした。

ちなみにサーチエンジンからプラ船ジャンボの排水パイプを作成、自作する人のために
DVC00333.JPG
ホースメーカーの案内。
実は、排水キャップにホースをつけようとすると、キャップの
外径33−34mm
内径31−32mmなのでこれにあうホースがほとんどない。

内径が33−34mmのホースは規格がないらしい。
32mmの次は38mmなのだ。
そこで、25mmの内径のホースで外形が31mmのものがややあう。
これを無理矢理エポキシ接着剤でつけるのだ!
つーことで完成!あとは切るだけじゃー。
ふなフィッシュファクトリー作戦は続行される。
週末は発泡スチロールの土台と囲み作戦だ!そんな暇あるのか????

2005年06月06日

つり堀太郎、八千代緑ヶ丘店

日本全国1050人の室内釣り堀ファンの皆様こんにちは
土日は釣り堀に奥さんを連れて行って、へらに行きやすい環境作りをしているふなです。
釣った魚にも餌をあげましょう。

ある日、電車でこんな広告が(奥さんが発見)。
DVC00306.JPG
釣り堀太郎、釣堀太郎、つりぼり太郎、SEO対策。まあなんと読んでもいいかも。
電車で行けそうなので行ってみるか、土曜日に行きましょう。

DVC00307.JPG
JT(Japan Turibori)の選手としては(そんな団体はありません!)見逃せないフィールドだ。
つーことで行ってきました。
東葉勝田台線?の八千代緑ヶ丘に向かいます。駅前のジャスコがでかい。
そこからバスで160円分。1時間に2-3本あります。

DVC00313.JPG
室内の様子。
京成バラ園の向かいです。
駐車場完備。

DVC00315.JPG
料金表。なにがいいって、入場ならフリードリンクで時間制限なし。
2歳以下は無料(我が子は無料)。俺は300円。
あとは奥さん釣り放題で。

で、俺は子供とキッズコーナーで遊びます。
たまーに100円スロットなんぞして。
ロッドは上州屋で売られている500円のやつ。
道糸5号、ハリス3号、針はスレ10号(ごつい)、練り餌でウキは棒ウキ。
水はやっぱりメチレンブルーっていうかグリーンFな感じ。
まあ様々なイベントがある。

なかなか釣れませんが、奥さんは3時間で40cmUP5匹、50cmUP2匹、40cm以下を2-3匹ゲット。
俺は1時間で40cmUPを2匹(下手!)


DVC00314.JPG
女性40cmUP以上、男50cm以上でくじ引き券がもらえます。
そうです。ぜんぶ奥さんの券です。
くじの結果は4等x1、あとは5等。くじ運はないか、、

DVC00316.JPG
とりあえず、全員に「よく釣れたで賞」の飴がもらえる。
ポイントカードはよくわかんねーけど。

DVC00317.JPG
なすびがきたんだってさ。懸賞生活してるのかな??

DVC00318.JPG
月間ランキングボード。
奥さんが53cm釣ったので乗るそうです。
月末にまたいくかも。

さて、コツですが、、、
鯉のアタリは小さい。底釣りの勉強にはなる。いい当たりでも釣れないなー。
エリアが3つに区切られている。
舟のバウ、右舷、左舷の3つのエリア。
平均して魚を入れているようだ。
チョウザメや83cmの太郎にはおめにかかれず。
餌は大きめがいいみたいです。
追加餌をバンバン買うことになるけど、、、(結局、3個追加した)
JT候補地であります。

2005年06月02日

オキシントン釣法

某ニュースより


人を信用させる物質特定 ホルモンの一種、悪用心配

 【ワシントン1日共同】鼻に噴霧すると、人に対して抱く信頼感を強める働きがある物質を特定したと、スイス・チューリヒ大のエルンスト・フェール教授らのチームが2日付の英科学誌ネイチャーに発表した。
 この物質は、人体でつくられるホルモンの一種「オキシトシン」。他人に対して健全な信頼感を持てない、ある種の障害の解明や治療法の開発に役立つと期待される一方、人の精神や行動を操作できる可能性もあるため、悪用を懸念する声も出そうだ。
 オキシトシンは脳の視床下部などでつくられ、母乳を分泌させたり、出産時に子宮を収縮させたりする働きがある。

うーん、結婚詐欺とかに使えそうだ。ホストの必需品。
さて、この物質。釣りにも使えないだろうか?
人間に利くのなら魚にも効くはずである。
そうとうフィッシングプレッシャーの高い池、沼でスレた魚に口を使わせるのに
有効ではないだろうか?
「お、これは、餌か?うーん、怪しい」と躊躇する魚を一発で食わせる、という
ことが可能な気がする。

なぜこんなことを思うのかというとだけで、実は俺は「受容体釣法」の最初の実験に失敗したのだー。
受容体とは臭いに関する魚の物質である。
ある論文を見つけて「魚も臭いが分かる」という研究論文を見つけた。
その物質を使いへらぶなのエサに混ぜてみた。
つまりへらぶなも臭いがわかれば、超強力な集魚剤になるはずであった。
もう俺の餌打ちポイントだけ泡付けバンバンみたいな。
結果はシーン!どころか寄る気配なし。
うーん、何が悪いのか。その物質は人間用のサプリメントとしても売っており
特に害はないと思える。
見つけた論文はブラックバスを用いてエラに電気センサーをつけてどう反応するか?
みたいな方法だったので、へらぶなも同じ魚類だろ!と思ってやったからかな?
肉食の魚と植物性の餌の魚では反応が違うかもしれない。

というように、裏打ちされた理論があってそれを具現化するのはすきなのだが
科学的な裏づけのないルアーとか餌とは嫌いである。
もう、オーディオのあやしい商品の世界やインチキグッズの世界に見える

もう1つは量。たとえば砂糖が甘さを感じる物質だとして
水1リットルに耳掻き1杯じゃ少ないし、1kgじゃ多すぎる。
ちょうどいい量が分からないということだったのかもしれない。
香水も少ないと香りがしないし、多すぎると臭いだけで敬遠される。
算出方法がわからねー。

こういう失敗を積み重ねて、まったく新しい釣法が生まれるのだ。
ふっふっふ、しかし受容体釣法はバスに対しての実験結果論文であったので
バスに対して実験してみようといいと思う。
成功したら「さらにおいしくなりました。バ○クレーのにおいつきワーム」なんていうコピーがでたりして。
特にマッディな水系では臭い=受容体、は有効だと考えるので
臭い刺激物質の存在は力強い見方になってくれると思うのだがね、、

さて、将来「オキシントン配合、バラケマッハ」なんていうのが出るかもね。
へらにこれだ!かな?こんなこと考えるのは俺だけですか?

2005年05月23日

JBへら、隼人大池

とにかく釣れませんでした。
プラ情報では劇渋。
ということで、底釣りメインだけど宙もありで10、15を持っていく。

前半1時間底でなんにも動かない。
周りの宙はポツポツ。ということで宙に変更、周りの底がポツポツということで
1時間で宙をやめ底へ。
1キロフィッシュをGET。おわり。撃沈。

後半、宙メインで。だけど釣れないなー。
で、気がついた。軽い餌持って来てない。
750gゲット。おわり。撃沈。

DVC00303.JPG

もって行った餌、夏、冬、ボトム、ペレ底、宙ペレ、マッハ、つぶせん(細粒)、感嘆、ひげとろ
軽い餌がまったくない。これじゃあメータとかできないよーということで。
底メインで考えていただけに、宙だと撃沈でした。ふ、羽生で勝負だな。
ちゅーか今シーズンはだめだめモードです。やばい。

2005年05月20日

トーナメントシャツを作る

昨日夜、急遽作るのを思い出し作成。
DSCN5960.jpg
材料、シャツにワッペン。

DSCN5962.jpg
アイロンは最高温度で。30秒くらい押し付ける。
温度よりも圧力が必須。
#よくみるとアイロンの温度は「切」になっている。ああそうさ、ヤラセだ。

DSCN5963.jpg
完成。

実はNHCのワッペンが行方不明になっていたのでNHCのWEB上のロゴを使って
Tシャツプリントの紙で作ってやろうとおもったのだ。
結局、車の中で発見したのだが、、、

WEB画像のGIFは絵が荒いので印刷には不適、、、そこで
申込書のPDFのロゴなら拡大してもアウトラインで画像がきれいということを発見して
B5版のTシャツプリントに反転して印刷して、それをシャツにアイロンプリントする予定だったが、、
なんか違和感がある。なんだろう???

申込書のPDFのロゴを見ると、、ターゲットフィッシュが!!!
半年以上気がつかなかったよ。。 30へぇ。

さて、次回の更新は5月30日を予定。
23−27までは上海に出張なのだー。
現地でインターネットが使えたら使うかも。まあ日本向けのアクセスは遅くて
使い物にならないんだけどね。

2005年05月19日

特定外来生物,釣り大会開催時の注意点

環境省から釣り大会開催時の注意点が発表されました。

特定外来生物を釣ることはできるの? (釣り大会開催時の注意点)

■特定外来生物に指定されていても、釣りをすることはできます。禁止されることは、例えば釣った魚を持って帰って飼うこと、移動させて放流することです。したがって、釣った特定外来生物をその場で放す「キャッチアンドリリース」は問題ありません。また、釣った特定外来生物をその場で締めた上で、持ち帰って食べることも問題ありません。

■なお、都道府県によっては、条例により外来生物のキャッチアンドリリースを禁止している場合もありますので、ご注意ください。

■特定外来生物(特にオオクチバス)の釣り大会については、外来生物法施行後も引き続き行うことができますが、その際には次のとおりの注意が必要です。


■釣り大会開催時の注意点■
■問題ない行為■
釣った河川・湖沼の河岸・湖岸に隣接する道路に至らない範囲での生きたオオクチバスの運び移しは問題ありません(河岸・湖岸隣接道路に至らなければ、公園、マリーナ、漁港(漁港内の道路は漁港の一部と考えます)等での取扱いも同様です)。
釣った河川・湖沼に戻すか殺処分することが明らかな状況で、数時間生きたオオクチバスを取り扱うことは問題ありません。
釣り人が、大会主催者に検量のためにオオクチバスを一旦預け、検量後直ちに返却してもらうなど、当該釣り人が当該特定外来生物の「事実上の支配」を継続していると認められる場合は問題ありません。

■外来生物法に違反するため対応が必要な行為■
○行為の内容
□必要な対応

○釣り大会で釣ったオオクチバスを、釣り大会後もリリースせず、生きたまま取り扱う
□釣ったオオクチバスは、釣り大会終了までにリリースするか、殺処分する

○釣ったオオクチバスを、生きたまま釣った河川・湖沼以外の河川・湖沼に運び移す
□釣ったオオクチバスを生きたまま運び移す場合は、釣ったのと同一湖沼若しくは釣ったのと同一性・一体性のある河川水域又はそれぞれに隣接する陸地の範囲で行う

○釣ったオオクチバスを、釣った河川・湖沼に隣接する湖沼周回道路等を経て検量所に生きたまま運び移す 釣り大会を、複数の湖沼や、河川の一定水域と言えない範囲で開催し、当該開催地内で釣ったオオクチバスを生きたまま運び移す
□釣り大会の開催は、同一湖沼又は河川の一定水域に限って行う

○釣ったオオクチバスを、生きたまま釣った河川・湖沼以外の河川・湖沼で放つ
□キャッチアンドリリースは、釣ったのと同一湖沼若しくは釣ったのと同一性・一体性のある河川水域又はそれぞれに隣接する陸地から行う

○検量のため、生きたオオクチバスを他者に引き渡す(例:釣ったオオクチバスを大会主催者が検量するために、釣り人が長時間当該オオクチバスを大会主催者に預ける)
□検量は、釣り人自ら行うか、釣り人の「事実上の支配」を維持した上で大会主催者が行う

○検量された生きたオオクチバスを、大会主催者(釣り人以外)が釣った河川・湖沼に放つ
□キャッチアンドリリースは、釣り人自ら行う

さて、この発表を受けて現場ではどういう風に対応するのかなぁ?
たとえば、釣れないクンのおかっぱり大会では「車でどこまでも移動可能」というのは
ひっかかりそうです。
しかし、霞水系(ため池は除く)でつながっているところであれば、たとえ利根川の上流部でも
常陸利根川でリリースするのはOKであろうと思われます。
もっとも「検量後は釣った場所にリリースしにいくこと」という条件でやれば
「車でどこまでも移動可能」もありですが。

主眼を置いているのは「釣った人間が主体性を持って魚を支配しているか?」ということです。
そして「同一性の水域に戻したか?」であります。
WEBには道路という条件しか書かれていませんが、水路も立派な道なので
(いや、湖沼周回道路等の等が水路、空路を指すか、、、)

一番の玉虫色の解釈は「同一性・一体性のある河川水域」であろうと思われます。
さらに
「釣り大会の開催は、同一湖沼又は河川の一定水域に限って行う」
なんていうのも人によって解釈が違います。
極端な話、50Hz地域と60Hz地域の2つしか水域はない。
ともいえるし、鰐川と北浦は別の水域だ、とも言える。

つまりこれから釣り雑誌やメディア、団体がやらないといけないのは
水系MAP作りであります。
ようするに霞水系ってどこからどこまでよ?ってことです。
この共通認識を作りましょうということで。
先に作って広めてしまえば、北浦と鰐川は別の水域だ!と主張するバカを止められます。

考え方としてはこんな具合です。
上流部は地図上に載っているところまでOK(源泉までバスは登れない),下流部は河口までOK(汽水域までバスは生きられる、海では生きられない)。
その範囲でつながっているところを塗っていくと、エリアが分かるのではないでしょうか?
まずは大きな川からやっていくとわかるでしょう。がんばれ!>雑誌社
そして水系マップをつけて全国に配布すると、それがスタンダードになります。
環境省も採用せざるえないでしょう。
放っておくと「琵琶湖の北湖と南湖は別水系」なんていう主張がとおりかねません。
#まあ一応、琵琶湖も作っておきましょうよ。
水系マップ作成が今後のバス業界の運命を左右すると思います。
北は北方領土から南は南鳥島まで2006シーズンを目標に
まずは関東地区から、関西、九州、東北、東海、北陸、中国、四国、北海道、沖縄。
#全部網羅したかな?
がんばってくださいね!水系マップを制するものがバス業界を制すと思います。

2005年05月11日

万力の修理

万力の弓を止めるネジが前からゆるいなーと思っていたので
修理することにした。
ちなみに単品では980円くらいでシバタで売っている。
DVC00286.JPG
用意したもの、、
壊れた万力にエポキシ接着剤。
ネジが木とナット(?)に分解してしまった。

ネジ部分は木をくりぬいた穴にギザのあるナット(?)を使っている。
これがゆるゆるなので、接着剤を投入。
DVC00287.JPG
完成、24時間も放ってけば完璧に固まるはず。

万力も手入れをして長く使おう。
夏休みの工作で万力を自作、、なんていいかもしれない。
枕は作ったほうがいいかも。

2005年04月07日

釣り堀計画、パート3

右のニュースをちょこっと改造。TBSのニュースが動画で流れてます。
関連するニュースが下にあっていい感じね!某社のセキュリティホールじゃないかと思うんだが(笑)

つーことで、池セットアップ編と実釣編をまとめてみました。
DVC00169.JPG
プラ池、1500円くらい。小物に金魚が10匹500円かな?

DVC00164.JPG
池に水を入れます。カルキ抜きを入れる。

DVC00163.JPG
水を入れる。この池の容量は26Lです。40cm水槽と同じくらい。

DVC00162.JPG
ベランダのコンセントにポンプを接続。S100だっけな?静かです。900円。

DVC00161.JPG
いわゆるぶくぶく型濾過器。300円+シリコンホース100円

これで水を作りました。んで、水あわせをします。
金魚の袋を池に浮かべて30分、袋の口をあけて30分、じゃーっと全員移し変え。
強い魚ですからね。適当にやってもOK。

リグと実釣編。
道具はヘラのものも流用
DVC00152.JPG
道糸は0.6号、ハリス0.2号、針は1号のスレバリ。
理想は袖スレ1号なんだけと、売ってない。見つけられない。

DVC00150.JPG
いまから釣るでしゅ!(なんでパジャマよ!)椅子は風呂用を借用

DVC00151.JPG
つれたでしゅ!

DVC00142.JPG
すぐにスレたので金魚を大量投入。
50匹1260円。ちょっと小型、アロワナ専門店のいわゆる「エサ金」です。

DVC00141.JPG
うじゃうじゃ。います。爆釣まちがいなし!よーくみると外掛け式フィルターが
ついています。これは水槽の余ったやつを流用。1500円くらい?

ということで、マンションのベランダに金魚の釣り堀完成です。
予算は7000円もあれば余裕でしょうか?
金ちゃん3回分ですな。

これからラティスとかで周りをかこってもうちょっと釣り堀らしくするのだ。
あと金魚以外も投入したい。モツゴ、フナとか。
心配は「カラスの水のみ場」にならないようにしようと思っている。
どうするかな???
つーことで「ツリボリ葛西」オープンです(笑)
誰もお客いなーい。家庭ツリボリですからー。

2005年04月06日

釣り堀計画、パート2

ロッド編
DVC00160.JPG
100円で買って来た、丸い棒を10cmの長さに切る。
90cmで100円なので単価11円くらいか?

DVC00159.JPG
とりあえず2本切った。

DVC00158.JPG
180番と240番の紙やすりで角を落とす。

DVC00157.JPG
中心にドリルで穴を開ける。
1.5mmと2mmの刃しかないので、1.7mmの芯を入れるには細すぎで、太すぎで。
結局2mmの穴をあけた。中心を見つけるのは大変。

DVC00156.JPG
カーボンの替え穂先を差し込む。400mmなので全長480−470mmくらいになった。

DVC00155.JPG
木工用ボンドで接着する。

DVC00154.JPG
いちおう、竿っぽい。

DVC00153.JPG
黒段巻にしようと思ったら、にじんだ。がーん。

これで竿は出来た。替え穂先が480円くらい。グリップが20円として、1振り500円の竿。
大量に作ればもっと安く出来るんだろうけどね。
これで金魚ロッドの完成だ。
これから作ろうと思う人(いないか、、、)へアドバイスできるのは
穂先を1.5mmか2mmにしたほうがいい。なかなか1.7mmとか1.6mmとかの
ドリル刃は高い。
穂先にリリアンが付いているのでガイドをつけなくてもいいだろう。
さて、あとはリグ編であり、池準備編であり、実釣編である。
また明日。

2005年04月05日

富里乃堰へプラ

到着してみるも、うーん。コーヒー色。
いつもこんな感じなのか?水温は12度弱。11.7度とか11.5度とか。
風が強い。13尺メータセットで始めるも、1時間ほどさわらない当たらない。
ハリスを伸ばしたり、2本にしたり。まったくダメ。風がある時はダメだな。
13尺テンテンに変えて1枚。これしかないか?
1時間当たらない。さわるけどね。なんか悪いんだろう。何が悪いか分からないけど。
11尺メータ、テンテン、当たらない。さわらない。
15尺両グル底、両ダンゴ底、両ウドン底、2本、メータセット、まるでダメ。
タイムアップ。やめたー。周りはメータセットで時間2−3枚。渋いね。人は少ないのに。
富里乃堰は厳しそうだ。風が吹いたら打つ手が無くなるな。

DVC00171.JPG
さて池のルールです。
8尺がOKになりました。どう対応するのでしょうか?池はOKだと言っているが
HP上では9−21尺となっている。
ということで、JBへらのルール上、竿の長さ、釣り方は池の仕様に準ずる、はずなので
大会は8尺OKのはずです。(たぶんです)

DVC00172.JPG
営業時間、夏モードですかね?

さて、プラに行けたのは奇跡なのだが、実はプラにもなってない。
というのは「餌が不明」「桟橋が不明」だからだ。
たぶんこうだろうな、と思うところでやってみただけだ。まだ組織が聡明期なのでしょうがないのだが
スポンサーも池もまだ恩恵に預かれてない気がする。
使うエサ、桟橋が分かっていれば、その場所でプラをする人が増える。
するとスポンサーの餌が売れ、池の入場料が入り、釣具の消耗品が売れ、経済的効果が出るので
組織を応援しようということになると思うがまだそのシナジー効果が発揮されていない。
がんばって欲しいところである。方法は簡単だ。かなり前から場所とエサの発表をするだけでいい。

2005年04月01日

へら用品買った

4月です。4月バカです。
つーことで、まずは万力の上にあった竿置きをちょっと違う形だけどGET。
DVC00139.JPG
これで置けるかな?試してみよう。

DVC00138.JPG
次はポンプ絞り器だ。
980円でGET。安いねー。したの広告の激安釣具屋さんだ。
これでウドンを楽々絞れるはず。
やわらかめだと結構簡単に絞れるが、固めだとつらい。
そこでこれが活躍するはず。

なんといっても価格は安いほうがいい。いや安物買いの銭失いにならんように気をつけようかな。
4月に入ったということで、俺の会社の立場が変わった。
新会社に出向である。といっても社内起業なので席は階を移動するだけなんだけど
なんとなく疎外感があるような、実感がない。
登記上は取締役なんだけどね。平社員から一気に取締役ですかー。
イナからトドになったような気分。
って年収は変わらないんですが、しかも残業したら自分に請求ですよ!なんだかなー。
つーことで広告でも貼って小遣い稼ぎするぞー。

Ads by Gooogle

激安!へらぶな用品
がまかつ竿40%OFF マルキューエサ半額 送料無料
gekiyasu-tsurigu.jp/

道糸、ハリスモニター募集

東レの新製品 蜘蛛の糸(0.008号)とナノハリス(0.003号)をセットで1000名に
www.toray-hera-fishing.co.jp/


魚の声を翻訳「魚心水心」

バウリンガルの技術を応用 高感度水中マイク付属 へらぶなの気持ちがばっちり
www.fish-voice.com/

2005年03月31日

2本物の竿掛けが欲しい

二本物の竿掛け物色中。
DVC00136.JPG
上州屋渋谷で撮影、って写真撮っただけ。買えよ!5000円もしないし。

たしか記憶に間違いがなければ今もっている竿掛けはこのシリーズである。
なので万力と合うはずなのだ。が確認したいので写真撮ったわけで。まだ確認してない。
万力とセットで8000円くらいだと触手が動く。
今、竿ケースには3本の竿掛けが入っているので、1つにしたい。
1つはTNKからの贈り物。だけど万力が小さくて使える釣り場が限られている。
1つは鉄製。振り出し(?)竿掛けでごついし、重いし、見栄え悪いし。
1つは1本。だけど竿を置くところが清遊湖でロストした。竿が置けない竿掛けだ。
竿ケースのスペースを空けて、竿とウキケース、ハリスケースを入れたいのである。
また長竿も振ってみたい。いや、振れるのだがもっと積極的に使ってみたい。使うチャンスを
増やしたい、沖の魚を狙いたい、っていうか周りが短竿の時に俺だけ爆釣したい、などなど
不純な動機でいっぱいなのである。
そのためにも2本物の竿掛けが必要だ。必要なんだ。買おう。すぐ買おう。
羽生吉沼に行く前に買いたい。買いたい。合いたい。めぐり合いたい。

ふー、これで買うだろう。買ってしまえば次はウキだー。
まだ自分に合うウキが見つからない。
バイクの世界の話で言うとバイクに乗っているのでなく、バイクに乗せられている感じ。
ウキを使いこなして釣っているのではなく、ウキに釣らせてもらっている感じがする。
いいウキだとそういう感じがする。適当なウキだとまず、チンピラだ。
タチが悪い、立ちが悪い、、、、ばんざーい!!ばんざーい!!つまらん。
TNKは「ダメなウキは折って捨てる」と言っていたが、俺は折れなかった。もったいないじゃん。
でもこの前、清遊湖で1本折った、自主的に折った。捨てた。
まあ数百円の適当なウキというのもあるんだが、いいウキを使っていると
悪いウキの悪い面が見えてくる。すると、ウキの選択肢にその悪いウキが入っていること自体
無駄になる。そのウキでは釣果が望めないからバランス取って餌うち開始で
ん?ってことになる。貧果に終わると、時間が無駄になる。
それを防ぐために捨てるのだ。まあ2軍オチっていう手もあるけど、結局使わないし。
ダメなウキを人にあげてもいいけど、その人を不幸にするだけかもしれん。
なので「ダメなウキは折って捨てる」という意味がようやく分かってきた気がします。
もちろん、自分には使いこなせないウキは使いこなせそうな人にあげてもいいと思う。
ということで皆様にお知らせがございます。
私のウキケースにはまだ若干の余裕があります。こんぺいでーす!!

2005年03月29日

釣り堀計画、パート1

釣り堀三軒茶屋。釣り堀泉。市ヶ谷フィッシュセンター。つりぼり金ちゃん。海釣りパラダイス。
いままで行ってきた釣り堀と言われるところだ。
俺はJBへらぶなとかNHCとかで釣りに行けるが奥さんはいけない。
子供が寝たタイミングを見計らって金ちゃんにいくのが関の山だ。
そこで、、、自宅でも金魚の釣り堀が出来ないか?実験することにした。
ああそうさ、アホさ。うちは釣りバカ家族なんだよー。
DVC00135.JPG
材料を買う。
といっても、まずは竿から。
竿は替え穂先。一番細いのをチョイス。長さは400mmでグリップは100円ショップで丸い木でも
買ってくるか。
針はガマカツ、早がけハエスレ1号、ハリスは0.2.
ウキはハエウキ。でもまだ大きいな。全長4cmくらいのパイプトップウキないか??
唐辛子ウキにムクトップとかパイプトップつけたようなウキ。モロコ釣り用でいいんだけど、、。
餌はハエ練り。三権茶屋のようにオカユを練るとかしたいが、面倒なのでこれを使う。
最小の針はずし。まだでかいね。金魚にはでかすぎる。

あとは、コンプリートパレット(通称 プラ船ジャンボ)を入れて、金魚を入れてブクブクして完成だ。
マンションのバルコニーということもあっておくだけで出来ないといけない。工作物は不可なので
吉田幸二さんのFISH村より小さい。
池の容量も100リットルくらいと小さい。ひょうたん池も考えたが容量が小さいので
夏も冬もたいへんそうだから。

これで何が出来るか?というと釣り堀ビジネスの最小モデルが出来上がる。
もちろん1時間600円くらい取らないと商売に換算できないが、遊んだ時間を計算してやるのだ。
将来奥さんは釣り堀屋を経営したいらしい。
俺も、金魚相手に底釣りの練習だ(笑)

隠れ家的釣り堀としてそのうち評判になったりして。
夏までには完成させたいものだ。
さあ、あほな計画はどこまでいくのやら、、、

2005年03月25日

ハリスから考える

ハリスを東レにする。と言っても前から使っているのだけど。
DVC00129.JPG
もともと東レは好きだった。

道糸は0.8号、ハリスは04と03(セット)、あるいは04と04(両ダンゴ等)と決めてしまおう。
最初からいろんなパターンをやるから何がなんだかわからなくなるので
これで決めてしまえば少なくてもウキを変えたらこう動きが変わったというのが
分かるようになるんじゃないか?と思う。

ついでに道糸もヨリモドシもイタオモリも全タックル共通にすれば純粋に
エサとウキの変化に集中できるのではないか?と。
長い竿に太い道糸はどうかと思うが、純粋にそれで経験できるならいいかもしれないと思っている。
まだ自分にはどういう竿が向いているとか、どういうウキが欲しいか?が見えてない。
なんとなく、ウキは羽根ウキが良いのが分かってきた。
自分のスタイルがちょっとづつ確立できている気がする。気がするだけ。
たぶん全体の2%も確立してないだろう。

っていう方法論も間違っているのかもしれない。
難しいのー。

2005年03月24日

つりぼり金ちゃん

江戸川区にある釣堀。

つり堀金ちゃん
東京都江戸川区 冷暖房完備 25席 
室内つり堀 鯉・金魚・ブラックバス・へらぶな、うなぎ、錦鯉。駐車場有り
10:00〜21:00 木曜休み
東京都江戸川区篠崎町4丁目33−18  MAP

03-3678-3722

実は19日、20日と行ってきた。
子供が寝ると1−2時間寝ているのでベビーカーでつりぼり通い。
水がマイナスイオンと1/fゆらぎサウンドでお昼ねにはちょうどいいみたいだ。
写真がないので過去の写真を載せよう。
10190001.jpg
10190002.jpg
10190004.jpg
10190007.jpg
10190008.jpg
10190009.jpg
料金は変わったかもしれん。大人1人、女性1人で2時間で2400円だった。

釣り方超明細。こうすれば1匹でも多くつれるだろう。
最近はへらぶなが多く放流されているようだ。
餌はコイミーの練り餌だと思う。あとソーセージの短柵切り。餌は言えば無限にくれる。

まずは竿選び。
実は室内釣堀特有の現象なのだが、魚がヒットしてバレタ際に天井に仕掛けが当たることがある。
その時にウキのトップが折れているものがある。気がつかないでトップが短いとアタリが見えない
場合があるのでウキトップの折れてない竿を選択する。

そして場所選び。
エアレーションにより手前で水がかき回されている。魚のいるポイントは手前なので
エアレーションの間で静かな場所を狙う。沖の魚は薄い。

棚を計る。
竿を水中に突き刺し、底までの水深を測る。たぶん竿のブランクの長さと同じである。
2−3cmずらしてウキ下を調整する。

エサ付け。
小豆大の餌をつける。静かに振り込むというか落とし込む。
竿を溝に合わせてさお先がパイプのところにくるようにする。(かなり手前になる)

アタリの見方
アタリは鋭く、小さく出るのでピシッとあわせる。たいてい緋鯉が釣れてくる。
最近はへらぶなか。大型金魚もいる。
で、お手製のタモですくう。このタモはよくできている。魚に与えるダメージはほぼゼロに近い。

ライブウエルにキープ。
大きめの桶に飛び出し防止をつけたものがライブウエル。これにキープする。
1匹1点だと思う。

放流
池の活性が下がってきたり、初心者が苦戦している状況になると
放流が行われる。チャンスだ!

検量&ポイント
1時間とか90分とか2時間で検量する。たいてい夢中になって2時間くらいやってる。
2時間で2人で34点だった。まあまあ釣れた方である。
4人で4点ということもある。でもオヤジは20点だな!とおまけしてくれる現場を見た。

巨大魚&珍魚
80cmくらいの錦鯉がヒットした。普通は糸が切られるがそこはプロだからさ(笑)
上手に「いなし」て口を上げることに成功。これで4点らしい。たちまち子供たちのヒーローに。
あと対面のカップルがうなぎを釣っていた。あれも点数高いのかな?

おまけ:金魚のサイトコーナー
子供用に金魚を釣るコーナーがある10分100円。別に大人でも構わない。
スレ袖1号って感じのハリでうきはなく、サイトで釣るのだ。
餌は1mm角のソーセージ。結構ハマル。金魚は激スレだ。
この季節、サイトの練習がしたい!と思ってもなかなか出来ない。
それを金魚相手にするのだ。子供の方がうまい。教わるべし(笑)
これも金魚3−5匹で1点と計算する(オヤジの感覚だけで計算される)
あとはお菓子をゲットしよう。あるいは
釣れた金魚を持ち帰ってもよい。(1時間あたり1匹)好きなほうを選べる。

DVC00131.JPG
普通の熱帯魚屋さんなので金魚はもちろん、こんな魚も売っていた。
水槽で飼おうかな?

釣堀金ちゃん、釣り堀金ちゃん、つりぼり金ちゃん(SEO対策)
また行こうかな。ちなみに駐車場は狭くなった。5台しかおけない。前は
道路向かいの空き地にもあったがアパートが建ったので狭くなった。
土日祝日は駐車場待ちが起こる。朝早く行くのも手だ。

追記 2005.03.27

マイロッドは90点か100点で交換してキープする
ムクトップのウキは250円で買うことが出来る。
ハウスロッドにムクウキに交換して遊戯が可能。

バス狙い:
ブラックバスも狙える。100円で金魚4匹(小金)がもらえる。
これを餌にブラックバスが釣れる。釣れたら申告でキャッチ&リリースをする。
3匹で4点という計算方法。オヤジコンピュータのアルゴリズムはわからん。
ちなみにバスは印旛沼産だと言っていた。50cmオーバーもいる。

追記 2005.04.04
DVC00147.JPG
料金表改定?違いがわからん。

オヤジコンピュータはアルゴリズムが複雑だ。先日、バスと鯉釣り両方やったが
「バスは12.5、鯉は3点」で15.5点
なんと0.5点単位で計算だ!ちなみにバスの大物は1.5点だったらしい。
話によると1.3点の魚もいるので計算方法はオヤジコンピュータに任せたほうがいい。

2005年03月23日

シリンジを購入

またシークレットを公開してしまう。
ということでシリンジを購入。
30cc用300円くらい。
DVC00132.JPG

ひらたい言葉でいえば「注射器」。正式名称はシリンジである。
医療関係者は「シリンジ」。
警察関係者は「ポンプ」である。
まあ、警察関係者もこの大きさになるとポンプとは言わないかもしれない。
これはテルモの電動輸液ポンプで20ml/hとかでヘパリンとかを注射するのに使われる。
電動輸液ポンプを使うのは、一般のブドウ糖溶液希釈薬品(?)のように誤差があってもいいや
っていう薬品じゃなく正確に使わないと事故が起こる薬品などで使われる用、と理解している。
#あってる??>医療関係者

買ったのは
ひとつは感嘆IIを作る際の手順の合理化にある。
感嘆は水を入れた密閉容器に粉を入れて振ることでできる。
つまり20ccの25ccで作る場合
1、小型計量容器に25ccの水を計る
2、密封容器に水を入れる
3、小型計量容器に20ccの感嘆を計る
4、小型計量容器の内側に粉が張り付く
5、密封容器に粉を入れる(張り付いた分、粉が少なくなる)
6、振る、やや水分の多い感嘆が出来上がる
7、小型計量容器に感嘆が残ったまま、掃除が大変。

ということになってしまう。
グルテンも同じ。ということでこのシリンジが活躍する。

ふたつはシリンジは水を計ることに専念し
小型計量カップは粉を計ることに専念させることによって
微妙な水分調整を行うことができ、容器も汚れない。
20ccの22ccとか微妙な調整が可能。
カップ2個で計ってもいいが、釣り座が水平ではない場合があるので
少量の水を正確に計りたいのだ。

バラケ、ダンゴは粉を足したり、水を足したりできるが、ウドン、グルテンは出来ない一発勝負なので
こういうのが必要かな?と思った。

さて実際に使ってみてどうか?
作ってみたのは10ccの15ccと10ccの13ccだった。
微妙な水の調整が出来るのはいいですね。
自分オリジナルのレシピを見つけようっと。
30ccシリンジなのでグルテンの場合60ccとかは2回に分けて計ることになる。
冬でも水に触れないで計れるのはいい。

2005年03月22日

2005NHCへらぶなトーナメント第1戦、清遊湖

上位の皆様
DVC00133.JPG

俺はダメダメでしたー。予想はぽかぽか陽気でツレツレ。だったが激渋!
9と13を持ち込み、やることは1−2メータセットと底付近を想定。
で、13で打ち込む。さわらない。30分で100gフィッシュをGET。リリース。100gじゃ、、、
棚をあげてもさげても釣れない。ウキが動かない。ということでハリスを一気に10x50から
10x120に変更。今度は、、投げられない。無理矢理投げてさわるのを確認。
短くして10x90に。でキロフィッシュGET!
午前中はこれで終り。ああ、あのときの100gフィッシュが、、、
1匹で1050gとか。

午後は13尺で2mをやる。動く、釣れる。場所か。やっぱり場所か?そのうち
つれなくなる。
13尺の1mに変更10x90はそのまま。さわるが当たらない。
10x60に変更。1匹ゲット。んがハリを外そうとしたら玉網からジャンプ!(泣)
4匹釣ったのに3匹ウエイン。1850gくらい。

俺的メモ:ボトム40cc、水120cc、セット3練ってセット1.冬はゆっくりバラけるほうがいい。
たらればでもうちょっと上位。どよーん。
次回はJBで富里。プラに行きたいが行けない、、トホホ。平日行くか?>TNK
10、11尺をゲット
これで8,9,10,11,12,13,15,17,19,21だー(祝つ抜け本)
あとはウキと2本の竿掛けが欲しい。

2005年03月11日

上海の釣り情報

DSCN5854.JPG
上海から帰ってきました。面白い事件があったのでまた詳しく報告しますが、、、
仕事はよくできたと思う。(自己満足)
また行くことになる気がするけど、、今度は新会社の資本金から出さねば、、、

さて、余った時間(あくまでもあまった時間ですよ!)で上海で最大の本屋さんに
行って釣りの本を買ってきました。
探してもない!釣り雑誌がない!実用書コーナーでようやく発見。
全部買ってきました。
ちなみに6冊で220元くらい1元は13円くらいですので2800円くらい?
500円平均でしょうか。安いですね。

結論から言うとですね、、、、
中国にはつり文化(スポーツフィッシング)が根付いてないのではないでしょうか?
これからだと思います。いわゆる翻訳本(外国の雑誌をそのまま中国語に翻訳した雑誌)はありました。
釣り文化の聡明期ですかね。何十年かの前の日本の文化でしょうか。
釣り=漁 という考えの本が多いです。
時間があったら今度は釣りをしてみたいと思います。

ちなみにヨーエンにあるはずの上海最大の釣具がなくなったらしいので
まだ文化としては確立されていないのではないでしょうか?上州屋の上海支店に行けばよかったか?
つまり、、、日本からスポーツフィッシングを広めれば
イニシアチブをとることができます。ということです。
うーん俺は誰に書いているんだろう?

実はブラックバスは意外な形で上海で見つけたので
それはまた別で紹介したいと思います。
気になる?それは来週14日以降に更新されるどこかで出てきます(笑)

2005年03月07日

JBへらぶなトーナメント第1戦、清遊湖

ということで、朝車を出すと外気温0.5度。寒いねー。
途中のコンビニでほっかいろを買い、貼る。

持って行った餌はバラケマッハ、特S、パウダーベイトSET、粒戦、感嘆II、α21、スーパーダンゴ
合計975gくらい。結局、特S、スーパーダンゴは使わず、α21も作ったけど使わず。
竿は9と15尺。15は段底用、9尺は朝棚用。
今日はサングラスを忘れた。偏光サングラスなのでウキが見えにくい。ドライブ用のめがねしかなかった。
JBへらぶなは42名がエントリー、東桟橋(奥の左手)オンリーだ。水温は7度くらい。底が6.7度
表面が7.2度と0.5度しか差がない。
段底スタートで1時間半で1回のアタリ。ということで両端を見ると短竿で朝棚で絞っている。
そうか、0.5度「しか」差がないのではなくて0.5度「も」差があるのか、、、
そのまま9尺にしたら釣り負ける。ということで15尺のまま2本へ。ハリス035を10cm、55cm
サングラスが見えにくいのでスコープを使う。なんとか見えた。
これで4本ゲット。1950gくらい。

午後は同じ15尺で2本を通す。
3本ゲットで1500gくらい。風が吹いてキャストが定まらない。
ウキは動く、さわる、弱いあたりもある、毎回動くのに釣れない、スレ。でも段底とはえらい違いだ。
後半30分はまったくウキが動かなかった。がっかりかりかり。
2時間たった頃、釣った魚に針飲まれていた、おかしいなアタリ弱かったような、、そうか
ウキを変えたんだった。ムクからパイプへ。気がつくのおせーよ。
今回は短竿だったかな??風が吹いたらチョウチンだったかな?
半分より上の19位で終った。
午前中2位だったTNKは午後即死の1匹。17位だったような。
18位は加瀬林さんでしたっけ。
俺的メモ:バラケはSET2、マッハ2、水1、練って、粒戦を40cc−50cc。さらっとまぜる。

DVC00121.JPG
上位のみなさま。

釣り方はセットが多かった。セットの鬼にならねば。
うどん針が終わった。次回までに巻かねば、、
いつ巻くよ?時間がない、、、

DVC00122.JPG
コーンスープ温め中。(俺はコーヒーが嫌い)

こうやれば暖めることが出来た。
でもパプニングいくつか、、、
うどんハリがストーブの金網に根がかりしてハリスが燃えた。
強風でストーブの火が消えた。(ガス絞りすぎ)
竿カケの万力の上におく竿乗せるやつ(なんていうの??)が行方不明(スコープ覗いていて手元が変だなと思ってみたらなかった、どっかに浮いているはず、、、)
ヤマザキ春のパン祭りのシールを貼った袋が強風で飛んでいった。
車にクッションを置いていって忘れた。ケツが冷たくなった。

NHCの時にはもう少し良い成績になるといいな。
32ポイントゲット。清遊湖の決勝切符はまだ遠い。

2005年03月04日

祝!パブコメ10万通オーバー

史上2番目の反応だそうです。
これで反映できなかったら嘘だろう。というかパブコメ自体機能してないことになる。
ということで今朝は雪。
DVC00014.JPG
すまん嘘ついた。この写真は前回の12月29日の時の写真。
#嘘をつけない性格なもので、、

さて今シーズンはバスのトーナメントには出ない方針を固めたのだが
一番大きいのは例の法律によりトーナメントの開催自体無理になると思うので。
バスが指定された場合。キャッチ&リリースは禁止されないが移動、飼育、譲渡が禁止される。
例えば釣ったバスは会に譲渡する、という規則があったりする。これはその条文をなくせば運営は出来る。
飼育、ライブウエルに入れて酸素を補給、新鮮な水を補給するのは飼育ではないのか?グレーゾーン。
移動、たとえば北浦スロープで釣って北浦スロープで検量してリリースなら、なんとなくOKな気もするが
鹿行大橋で釣って北浦スロープに持ってくるのは移動ではないか?というか、移動ではない、という根拠がない。
利根川も片方は千葉県で片方は茨城県だ。
千葉県のバスを茨城県に持っていって移動ではない、とはいえないと思う。
息栖大橋で釣って北浦スロープに持ってくるのは移動だと思うわけだ。
するとトーナメント自体開催が困難になる。
移動の定義さえ広義に設定されたらかなり違ってくる。
100mでも不可なのか?水系が同じならいいのか?

あるいは息栖大橋で釣って北浦スロープで検量して息栖大橋まで戻りリリースする方法。
キャッチあーーーーーーんんどリリースを時間をかけてやっているのだ、という方法、現実的ではない。
法律を無視して大会を開くのも現実的ではない。
出来るのは息栖大橋で釣って北浦スロープに持ってきて殺す方法である。
つまり駆除の大会ならできるであろう。
駆除の大会をしたいか?と聞かれれば俺はNOというだろう。
少人数では出来る。たとえばボート毎に検量員がいて、釣ったその場で検量、リリースなら
たぶんOK。数字的に上位5匹の重量でやれば入れ替えミスなんていうことは防げるし。
記録も確かだろう。不正も起こらない。しかし所詮は少人数でしか開催はできない。
選手の数だけ検量員と検量装置が必要になる。
おかっぱりでは検量装置をもって移動である。大変だ。
TOP5のような5人だけ、とか少人数では出来る。
スター選手でやることは可能だ。問題はピラミッド型構造のしたの段が出来ないことだ。

これをITでなんとか出来ないか?といろいろ考えた。
検量装置はバネハカリ+かけはりで。携帯の写メールで撮影して本部に登録とか。
SHOTGUNと同じ方式。
あるいはビデオカメラでずっと回していて釣れたシーンをすべて記録するという
俺の昔やっていた方式。ヒットシーンも撮れるし不正もなくなるだろう。
ただしウエインが大変ヒットシーンをすべてチェックするので。さらに機器装置を全ボートに負担させるのも大変。
そうすると大規模な大会や地方の大会はほとんど無理で
富士五湖はOKになればそこだけに会場がなってしまう。
河口湖や山中湖だけということになるかもしれない。

いずれにせよ、霞ヶ浦、北浦、利根川でMYボートを使った大会は出来なくなるだろうというのが
予想である。俺の予想なので外れるかもしれない。外れて欲しい。是非外れて欲しい。
ではバス釣りをまったくしなくなるのか?と聞かれればNOである。
プライベートでは出船する。キャッチ&リリースは禁止されていないのだから
その場でキャッチ&リリースはする。ライブウエルは使わないだろう。
へらがスレで釣れたらライブウエルに入れて横利根川にリリースするかもしれないが。
もう使うことはないのでドライストレージに改造してやろうかな。

2005年03月01日

JBへらぶなトーナメント電話来たー

logo.gif

ということで、要点だけ書きます。
JBへらぶなトーナメントは開催されることになった。
第1戦は清遊湖、6:30集合厳守
餌はルールはメーカ縛りなしの1kgルール(少なくても第1戦は)
#どこのメーカでも良い。市販ののみ。(オカメ、力玉可!)
#うどん系は家で作っていってもいいの??(不明なので当日作るかな)
#フォーミュラ系もOK?(へらにこれだ、粘力、魔法の粉、ドロ等)
ワッペンは当日までに届かないので第2戦から着用義務で。
あとはNHCのルールでやります。ということでした。

全員に電話されているんですね。斉藤さんごくろうさまです。
しかし「JBへらぶなトーナメントに申し込みされましたが、、」
と「が」で切るととってもビビった。
「開催されることになりました」までの0.2秒くらいが数十秒に感じた。
頭の中でぐるぐる余計な心配が回った。

さて、今年のJBへらぶなはライブドアとフジテレビの裁判のように、ルール創生のシーズンに
なると思われます。特に第2戦以降は徐々にルールが追加されていくと思われ
1シーズンを通して朝令暮改であることを念頭にいれておかないといけませんね。

さて脳内プラ開始じゃー!!

2005年02月28日

シークレットワーム

アメリカ製のエコワームをゲット。紹介したいと思います。
DVC00110.JPG
長さは3インチと4インチ。

DVC00111.JPG
ストレートワームです。色はモカ。
やわらかくてプリとした質感です。

DVC00113.JPG
手のひらに載せてみました。
ウルトラバイオソルトがバイトを誘発
冬の山上湖に最適ではないかな??
ダウンショットで使用するか1/32ozジグヘッドで、、、

DVC00109.JPG
カラーは他にウォーターメロンがあります。
これはクリアレイクでききそうであります。
河口湖のウィードエリアで大爆発か?

DVC00107.JPG
ためしに子供に与えてみました。しょっぱい!!
なんという暴挙だ!!虐待だ!!ワームがおいしいわけない、、、ん?
食ってます。うまいのか??

つーことで、アメリカ製のグミの紹介でした。
DVC00118.JPG
騙されたでしょ?

スパゲッティグミ。コーラ味とアップルサワー味
36cmのものが25本入って200円。安い。3インチなら125本取れます。
全国トイザラズのレジ付近で絶賛発売中。
塩に見えたのは砂糖。本国では1ドルくらいかな??99セント?

といっても今年はバスのトーナメントには出場しないので
トーナメントで使うことはありませんが、プライベートでは使うかも。

2005年02月17日

NHC+JB今年の予定

JB 3月6日 清遊湖
NHC 3月21 清遊湖
JB 4月29日 富里乃堰
NHC 5月8 清遊湖
JB 5月22 隼人大池
NHC 7月18清遊湖
NHC 8月14清遊湖
JB 9月19羽生吉沼
決勝11月27清遊湖

6月と10月以外はありますね。
11月は怪しいが(自爆)

JBは1kgルールのはずだがまだ20種類の餌が発表になってない。あと2週間ちょっとなのだが、、
去年と同じかな??
NHCは無料なので心配はしなくていいが、何が出るのか知りたいところだ。
当日判明する、BIGBANG方式でも面白い。
BIGBANG(ビッグバン)というかびっくりBOXというか。
でも情報漏えいがあるといけないとので運営は難しいかもしれない。
餌も抽選だったりして。

ルール上で去年から気になっているのはマルチレングスの竿の扱いである。
21尺(6本継ぎ)だけど18尺(5本継ぎ)にもなります。みたいな製品がある。
これは1本と数えるのか?2本なのか?
1本と数える場合マルチレングスの竿を2本もっていけば4種類の棚を釣ることができる。
2本と数える場合、1本穂先が折れたらおしまいである。
スポンサーにマルチレングスの竿を作っているメーカーがないので考えない、というものありかもしれない。
#すまん、詳しく知らない。ひょっとしたら作っているかもしれない。
どっちにしても俺は持ってないし、使っている人を見たことないのでどうでもいい問題かもしれん。

問題といえばトリビアの泉。
『勝手なコンパクトで単純なゲージ群Gに対して,R^4での量子ヤン-ミルズ理論が存在し,質量ギャップが存在することを示せるか?』
わかるか!!
でも調べていくうちに(調べたのかよ!1億円欲しいのかよ!)なんとなくこういう問題を言い換えることができるんじゃないか?
と思いついた。
それは
『ドラえもんの4次元ポケットは実現可能か?可能ならそれを数式で証明しろ』と
おなじ意味だと思う。ちがうかもしれん。なんとなくそんな感想。

2005年02月09日

NHC2005スケジュール

少し変わったようだ。
まず、大会参加費が3000円から2000円になった。
会場が清遊湖だけで4戦になった。
餌は無料支給らしい。

うーん東北行くかな?無理だな、関西も無理。全戦参戦は無理っぽい、東北の最終戦と関西の最終戦は同じ日だから、、うーむ。(誤植じゃないよね??>偉い人)
#なんとなく関西の最終戦は11月3日の気がする、気がするだけですぅぅ。

3月21日清遊湖
5月8日清遊湖
7月18日清遊湖
8月14日清遊湖

第1戦以外は5FISH揃いそう。
竿も8−15尺だけで済みそう。
2本の竿掛けは買わなくてもよさそう。
18尺も欲しいリストから消えたー。
8,9、12、13、15あればOKでしょ。
とか言っていると桟橋が変更になったりして、、、

今週末は隼人だーと意気込んでいたのですが、出られなくなりました。とほほ。
底釣りのつもりだったのに、、、
何やるつもりだったか書いておきます。たぶん、こんなことする人はいないと思うので、
餌は宙ペレ100g、グルテン、感嘆、ボトム、マッハ
底釣りで感嘆2つの両ウドン。宙ペレをまぶし粉代わりに。1投5分待ち、1時間に12投しかしない
という作戦でした。段差の底釣りでもいいんだけど、両ウドンでやってやろと思ってました。
2時間やってダメなら段差の底釣りにチェンジかな?両グルにも替えられるように。
浅いのがよかったらセット。

では3月の清遊湖まで、チャオ!プラいけねーし、、、

2005年02月08日

コールマン、クイックヒータ

へらぶな釣りの際、みんな一様に持っているストーブは
ユニフレームのワーム2である。
まるでヘラブナ専用に開発されたかと思ったくらいだ。
uni.jpg
ご存知、ユニフレーム。ワーム2。
実際上州屋とかでも9800円くらいで売っているし、通販でもそこそこの値段で買える。
んが、年に数回しか寒中釣行しないので9800円は高いのだ。
あと重量も重いらしい。かさばる。ということで、なんかないか?調べた。

それはコールマンクイックヒータ。
近所のホームセンターでゲット。散々池袋の山岳用品屋めぐりして探せなかったのに、、
DVC00066.JPG
2500円くらいでヤフオクで売っている。ガスは470gで700円と高い。

実際に使ってみた。
DVC00065.JPG
んー暖かいぞー。

さてユニフレームとコールマンの比較
熱量 600kcal   660kcal
重量 2000g   400g
カセット満載時 2500g 900g
燃焼時間 10時間  8.5時間
カセット価格 2本200円 1本750円
価格    9800円   2500円

#カセット価格というのは250gと470gを比較してもしょうがないので
#カセット2本分(500g)とTレギュラーガス(470g)を比較。
すると、何度も釣行するにはユニフレーム、年数回ならコールマン、という気がする。

ここまでなら通常のへらぶな雑誌の記事だろう。
さらにダークなインサイドへ突入。
この世には便利なものがあって。
Tガス470gは高い!カセットガスなら安いじゃないか、なんとかコールマンでカセットガスが使えないか?
と考える人がいる。(俺も考える)
そこで登場するのが、、、
詰め替え君である。
カセットガスのガスを空のTガスボンベに詰め替える器具である。
またNジョイントを使えば、カセットガスに直接コールマンをつけることができる。
もちろん、メーカーは推奨していない。そりゃそうだTガスが売れなくなるもの。
今週末はTガスを使うとして、来シーズンは、詰め替え君の登場だ。

すると、、
さてユニフレームとコールマン+詰め替え君の再比較
熱量 600kcal   660kcal
重量 2000g   400g
カセット満載時 2500g 900g
燃焼時間 10時間  8.5時間
カセット価格 2本200円 2本200円
価格    9800円   2500+2300+500円

おお!有利になってきたぞ。
じゃあ圧倒的にユニフレーム不利かと言えば、コールマンに問題がないわけではない。
ユニフレームはその形、重量から放熱面に缶コーヒーとかお茶を置いたり出来る。
放熱角度も自由だ。コールマンは軽さゆえに缶コーヒーとか置けない。
角度も変えられない。
あとはお好みで、、、

ということで、へらぶな釣りのストーブ=ユニフレーム、という固定観念を捨てよう作戦でした。

そういえば へらワールドの昇格者が発表になった。
田中ちゃんはしっかりワールド入りですか。そうかーいいなー。
まあ今週末、がんばりましょう。

2005年02月07日

スカパー受信成功、釣りビジョンやっと見られた

ふー、やっとベランダ取り付け金具を950円でヤフオクで落とし
送料が1000円と送料の方が高い!
DVC00060.JPG
アンテナの裏は錆び錆びだったので、ステンレスのネジを使った。

DVC00061.JPG
BS,CSの衛星の方角にスカパーの2衛星の方角を書き入れる。
うん、ベランダからちょっと外向けるだけでOKそうだ。

DVC00062.JPG
BS,CSのアンテナのブームと重ねてみる。ふんふん。大体合ってるようだ。
受信できたよー!!

DVC00068.JPG
ということで、2アンテナ揃い踏み。
BS,CSが奥、スカパーが手前。ちなみにそれぞれ違う衛星を受信している。
BSデジタル、CS110のCS1、CS2、それにスカパーJSAT−3,4だっけ?
2パラボラアンテナで5つの衛星を受信している。
CS110がCS1,CS2とチャンネル構成群が分かれているが、衛星は一緒かもしれない。
すまん、よくしらない。

DVC00069.JPG
久々に受信できたよ、スカパーの釣りビジョン。
寝室にチューナーがあるのでリビングのプラズマで見るには
AVL−2400という2.4GHz帯の送信機を使用した。
上のAVLINKと書いてあるやつ。

DVC00064.JPG
んが!なんど調整しても最大でこのくらいの映像でしか送れない、、、。
ちゅうか、上階の床に送信機を置いて、下階の天井に受信機を置いて受信しているのに
このノイズ。うーん方法を考えよう。鉄筋コンクリートってそんなに減衰するのか??

VT2400とかAVLINK系の送信機はきっとだめじゃん。同じ2.4GHz帯でもコードレス子機は
ちゃんと通信できるのでISM拡散という方式がきっとだめのような気がする。
100mWとか500mWとか強力系の送信機を使わないとだめかもね。
一応RFモジュレータとかビデオトランスミッター系を使ってみる予定。

すると近所の13chでスカパーの釣りビジョンがなぜか写るのだろう。
それはそれで楽しいなっと。音はモノラルだけど釣りビジョンだからステレオじゃなくてもいいかな。
1.2GHz帯の送信機で画面見ながらチェックしてたけど、ばっちりなので
周波数と方式の問題だと思う。
その前に、、部屋のどこかに埋もれている13chビデオトランスミッターを探さないと、、

2005年02月04日

bfn.jp

bfn_s.gifメール出しましょう。

いつも思うのは
「昔はふなやメダカがいっぱいいた、それが今ではバス、ギルだらけだ」
という話。
決して「昔はふなやメダカだらけで自然は失われてしまった」とは言わない。
つまり今の子供が大きくなると
「昔はバス、ギルがいっぱいいた、今ではふなやメダカだらけだ。」
と言われるようになる。
言われるくらいならいいけど、それに多額の税金を馬鹿みたいに使うのだからちゃんちゃらおかしい。

環境省の出した指定生物の理由の中に「DNA撹乱」というのがあった。
DNA形体が壊れるから危険という理由だ。
特に猿類に多い。たしかどのくらい危険かというと「猿とガッツ石松の子供が出来た」くらい
危険だそうだ。お互いの特徴を持つ猿らしい。
これはDNA撹乱を阻止するために、薬殺された。
同じことを人間界でやったらどうなるか?
ハーフの子供は薬殺、法律で決まってますから。ってことになる。
いやー違うかな?でも同じようなもんだ。
へらの世界でも半べらというのがいるらしい(すまん釣ったことも見たこともない)
バスの世界でもフロリダ系のDNAが混じっていたりする。
天皇家も近親結婚で子孫を、、まあいいや。

バスは小魚を食う。他の魚もプランクトンやエビや昆虫も食う。
食物ピラミッドから見れば当たり前なんだけど、、
人間は牛、豚、鳥、羊、魚、エビ、プランクトン、昆虫、なんでも食う。
食い尽くして人間ばかりになるのかな?そのうち共食いはじめるかもね。
だれだ!人間を地球上に連れてきたのは!とか言い出すかもね。
地球の資源を食い尽くすので駆除!とか

1説には火星から来たという説があるらしい。
火星の1日は25時間。人間の体内時計も25時間である。
テラフォーミングという技術があり、惑星を人間がすめる環境にしてしまおうという技術である。
どこだったか、木星だか、忘れたがそういう候補の星があるらしい。
人類は猿から進化したというが、猿と原人の中間の動物の化石が見つかっていないのだそうだ。
キリンも首が徐々に長くなってきたはずなのに、中間の化石がないらしい。
それは火星から移住してきた生物が関係あるのでは?といわれている。
なので火星を調べると人類の祖先がわかるのはずである。

何千年か後で火星をテラフォーミングして人間が住める環境にしても
資源が何も無い惑星だったりして。
つーか人類はどこへ向かっているんだろうか?(おお、大きく構えたな)
人類の目標とは何か?(おお、またまた難解を)
人類は何がしたいのか?(ええ!?)
地球上でてっぺんと取っている(つもりになっている)人類は支配されたことが無い。
つまり、宇宙人が来て人間を奴隷として今の人類が支配される側になったとき
人類はどう対応するんだろう?映画では宇宙人と戦争して勝ったりするが
実際そんなに甘くないだろう。たとえば「サル山の猿は飼われていることを実感していない」
水槽の熱帯魚だって、飼われていることを実感していないはずだ。
なぜならその世界しか知らないから。

この世はもしかするとトゥルーマンショーである。
宇宙の外側から(でかい話だな)宇宙を誰かが観察していることがあってもおかしくない。
その中の地球の1人なんて小さすぎてわかんねー
人間も中身はすかすかである。中性子と、、、まあ難しい話は置いといてっと。

宇宙の話をするとたいてい途方もないことになる。規模がでかすぎて概念がつかみづらくなる。
最近、理解できたのは宇宙空間にはエーテルで満たされているという話。
そのエネルギーを利用できればエネルギー問題は解決すると言われている。
エーテルは真空だ。もし、真空内に何もないのであれば、向こうの光は見えないはずである。
電波も届かない。ところが音や熱は遮断されるものの、光や電波は届く。
つまり何かがあるから届くのだ。その正体がエーテルだから。ということらしい。
ふーん、なるほどー。
しかし、利用できるだけのエネルギーはあるのだろうか?
と疑問はある。なげーよ、わからない話だ。

ようするに細かい話はおいといて小さいごたごたはたいした問題じゃないってことが言いたかった

2005年02月03日

バスプロに求められる5C

5Cとは何か?以前、3Cをいう話をしたかもしれない。
調べると2000年11月9日の日記にあった。
Choice、、選択
Custom、、改良
Create、、創造

どっちかというと、これは技術面の話だ。
5年前にはその3Cで良かったと思うが、時間が経ち
それに2つのCが加わった。
Clear、、競技の透明さ
Clean、、フィールドの清掃
これらが必須かな?なんて思います。
そのうち
CAST、、投げる
Cranking、、巻く
Catch、、捕まえる
Cover、、カバー

なんかがリストアップされるでしょう。
って単純にCの単語並べているだけじゃん!

まあこれはこの先もBASS FISHINGが出来ればの話ですが。
できるといいな。
じゃあそのために、、と話を持っていくのは強引なのでヤメ。

しかし、今月が駐艇場の更新だ。
出費が、、、たいへん。
船検もだ。
もーたいへん。
スカパー早くみたいよー。
アンテナ金具早くこーい!!(ヤフオクで950円で落札したのだ)

2005年02月02日

外来生物被害防止法の対応状況

いろんな人がいろんなアプローチをしている。
それがバラバラである。いい、悪いは置いといてまとめてみた

日本釣振興会に入会する
請願書を書く
a@bfn.jpに空メール(stk@lin.ac?)
パブコメ自動メールシステム(俺か)

どれが効率的とか効果があるかわからないが、方法が1本化されないのでバスアングラーは
混乱するだけだ。仮に行動を起こそうとしても4通り方法があれば4回も同じことをするのは面倒。
さらに手間が方法ごとに違ってくる。これでは逆効果だと思う。
提案者は互いに「自分の方法が一番」と思っているので
「俺のところでやるから、他は引っ込めろ」とは言えない状況だと思う。
その方法はそれぞれがやればいいと思っている。方法も多いほうがいいはずだ。
なぜか?
Aという団体が1000人だと、全部で1000人。
Aが1000人でBが500人だとA+B=1500人
Aが1000人でBが500人、Cが200人だと1700人
母数が1000人でも、方法、団体があればその数だけあるのだ。
極端な話、stk.cc が2万人、bfn.jp が3万人なら 合計5万人だ。
しかし、bfn.jp が stk.cc を含むとなると、合計3万人。
方法と団体が多いほうがいいと言ったのはそういうこと。
数が圧倒的に違う。鏡に映った人も1人と数える作戦。
なりふり構わない作戦だとこういうことも出来る例であり案である。

やっきになって「まとめる」のは逆に損するかもしれないってことである。
sort | uniq | wc
sort | wc
数が多いのは下だ。(わかりずれぇぇーたとえ)

批判と受けとめられるかもしれないが、今のうちにbfn.jpで問題になりそうな部分を挙げておこう。
単純にシステムの問題だけに焦点を絞った話である。
1、携帯電話にメールが届かない
おれも携帯電話メインのメルマガを運営しているが、かなり大変である。
届かないのだ。それは大量メールを発信しているとSPAMと間違われホストが拒否される
あるいはレスポンスが悪くなる。
これは携帯電話会社が顕著でもちろん他のホストでも拒否されるドメインが出るかもしれない。
一気に3万人とかメール配信はほぼ不可能ではないか?
レスポンスよくできないと思う。既存のメルマガシステム(メルマとかまぐまぐ)を使ったほうが
いいと思う。
2、Cobaltベースマシンということで、システムの迅速な対応が困難
俺も仕事でターボのTLASを3台使っている。これが頑固でシステムの自由が利かない。
もー!!っていうくらい面倒。BUGもある。
3、メールを配信した後のアクセス集中に耐えられるのか?
うちのサーバもかなり強化したけど、重くなるんですよね。大変だと思う。
でも困難でもがんばってやるのだろう。
乗り切ってやってほしい。(システム運営ね)

さて俺は俺で、クリックするだけでパブコメが書けるシステムを考えている。
もちろん事前登録はいらないし、単純にクリックを1−2回するだけでいいのだ。
究極は1回だな。あるいはPVでパブコメ発信である。ページを見ただけでパブコメ発信。
ここまでやる予定。するとヒット数=パブコメ数になる。
なんならこのプログラムを公開、配布してもいいと思っている。
人気WEBページを持っている人ならTOPページのPV数=パブコメ数になるので
WEB公開している人がページに組み込めば相当パブコメ数は稼げると思っている。
もちろん、住所、名前、意見がちゃんと書かれているパブコメである。
住所を入力しないのに住所も名前もちゃんと入るのだ。ランダムではない。
不可能を可能にしてみせる、、と思っているのだがうまくいくかなぁ?
目標はこのWEBだけで1000パブコメだ。1個人で1000パブコメを集めてやろうと思っている。
へたな団体より多いぞー。っと。では設計にはいります。
コア技術が確立されてないんだな。これが、、、

2005年02月01日

国際フィッシングショー2006

2005年も終わったばかりだというのにもう来年の話か!と思うかもしれないけど
ちょっと興味があったので調べてみた。
国際フィッシングショー2005のHPに2006年はパシフィコ横浜で開催するともう書いてあった。

そこで幕張メッセとパシフィコ横浜を比べてみた。
幕張メッセ
パシフィコ横浜

比較しよう。
      幕張メッセとパシフィコ横浜
会場総面積 18,000   20,000
これだけ比較すると、おお!規模拡大するのか?
と思われたが、よーくみるとそうではなさそう。
幕張メッセは 4,500+4,500+9,000 で 18,000 平米である。
パシフィコ横浜は 3,300+6,700+3,300+6,700 = 20,000 平米だ。
つまり、自由度が高いのである。
パシフィコ横浜はホールAのみ、ホールBのみ、ホールA+B,ホールA+B+C、ホールB+C+D、ホールA+B+C+D
でそれぞれ大きさが可変なのだ。
これはどのくらい出店が減っても対応できるように自由度の高いホールになったということでいいのだろう。
今年と同じか、やや増加でA+B+C+Dということか。
会場使用料については詳しく計算してないのでわからん。面倒だし。

平成18年2月10日(金)〜12日(日)の3日間(10日は業者・マスコミデー)

一番早いフィッシングショー2006情報でした!!これにいけるといいな。
メガダッシュ(笑)の方も今からコンコースのグリップとか調べるといいでしょう。
長いな、、、フィッシングショー2006まであと375日!(ぉぃぉぃ1年以上先だよ、、)

2005年01月26日

国際フィッシングショー2005予想

会場の中身に関することはないので期待して読まないでー。
ところで、釣り博の出展社数、来場者数を数えてたが

1998                  6万5000人
1999                  6万3000人
2000
2001                  60037人
2002 138社7団体=145   58042人
2003 115社N団体        46279人
2004 110社N団体        47,205人
2005 N社+N団体=138    45000?

正確な数字知っていたら教えてちょー。もうぐぐれないほどぐぐった。
今年に関しては団体か社かわからない。
2003年は劇的に減っている。対策として2004年はボートショーと併催になった。
かろうじて138社(団体)になっている。増えたのかな??
社が増えたのか団体が増えたのかわからないが増えたと思う。
が、入場者数は減ると予測した。
バスの指定で減ると予想だ。
過去のアンケートを見ると面白い。10台では90%、20代では80%がルアーフィッシングをしている
釣り人口2000万人といわれているから300万人という数字は小さく見積もりすぎかもしれない。
まあ2000万人は過去に1度でも釣りをしたことがある人、だと思うし。
300万人も過去に1度でもバス釣りに行ったことがある人かもしれない。
現在、バス釣りをしている人、となると算定は難しい。
特に2005年バス釣りに行った人はほとんどいないのではないかな?俺もまだ行ってない。
ネットのROM率RAM率を考えるとたいてい数%以下だ。
100人いたら数人が書き、99人は見ている。
現に、この日記も昨日は120ヒットしているが、コメント、メール、抗議メールを行った人は1人だ。
家にバスロッド、ルアーがある人は100人いても抗議行動や登録している人は1人だということ。
そうすると2万人の署名があったら200万人の潜在需要がある。
100万人の署名があると1億人くらいか?というか100万人の署名っていうのもあやしいが。
UNIQで考えるともっと少ないだろうな。

そういえば環境省は2月に入るとパブリックコメントを募集する。
前回滋賀県では1万2000件あったというが、今回はこれを下回る可能性がある。
県外の意見もかなりあったからね。
同じ手続きを何回もやるのは面倒だからだ。
そこで、モチベーションを高くする方法がないか、考えている。
1つはフィッシングショー来場者にすでにパブリックコメント用紙を渡して
事務局で預かり、2月になったら郵送する方法だ。
普通に白紙を用意しても何を書いていいかわからないだろう。
そこで、例文を何通りも出しておく。その文の気に入ったところを
つなぎ合わせて自分の意見に近い意見を作り出す。名づけて「なっち方式」
そのパブリックコメント用紙があとで抽選によって豪華景品が当たれば書く人増える。
会場で是非実施して欲しい。ブースごとでやれば数は増えると思う。

毎回入り口でアンケートを書かせているよね?そのコストをパブリックコメントに向けてもらう。
アンケートとパブリックコメントと2重にしたら意味がない。アンケートは書くけどパブリックコメントは
書かない人が増えるだろう。アンケート兼パブリックコメントである。
業界の本気を見せて欲しい。なりふり構っている時期ではないと思うので。

OSAKAと2箇所でやれば5万件前後はいくだろう。
2つめ、店舗、レンタルボート店等、にパブリックコメント用紙を置いてとにかく書いてもらう。
例文つきで配布。なっち方式で数を集める。これも豪華景品の抽選券と兼用で。
MEGABASS100本プレゼントくらいはやって欲しい。1本だとどうせ当たらなーいと思うし。
業界の存亡にかかわることだし。抽選後、コメントは環境省へ送る。
数と内容が必要なんですよね?
抽選当選の条件はパブリックコメントがちゃんと書いてあること、白紙で住所だけはボツ。
これで10万件はいくと思う。

今の作戦は単純に「みなさん2月になったら環境省へパブリックコメントを送りましょう」なんていう
甘い作戦のようですが、そんなんじゃ1万件も集まらないと思う。
村田さんも「今までで一番大きな活動をしないといけない」と言っているようなので
そのくらいやって欲しい。音頭を取る人がいないようなので村田さんでもいいと思う。
あ、加藤さんもやっているのかな?
座して死を待つよりやれることをやってそれで結果がだめなら仕方ないと思うけど。
29日の開園(一般公開)まであと70時間「も」ある。
金も汗も出せないが知恵なら出せる。やりましょうよ>業界の偉い方々

バス釣る方々へ、小池百合子に抗議メールを何人に呼びかけ、何人が書きましたか?
俺はWEB上で呼びかけ20数人が書きました。(今のところ)
このくらいのことをして欲しいな。もちろんパブリックコメントの際にもやります。
(3行ほど削除、書けないなぁ、日本最大の、、)
それにしても滋賀県の県議とやり取りしたり、メールシステム出したり、これほど
活動しているモチベーションはどこから来るんだろうか?
いい加減スポンサーもついてないし、「やーめた、後は野となれ山となれ」と投げ出してもいいんだが。
純粋にバス釣りが好きなんだろう。釣りそのものが好きなのかもしれない。
こんなことやっても1円の得にもならんのに。ビジネスの論理からすると投資だけで回収がゼロなんだから普通は力を入れない。
でも俺はだいぶモチベーションが下がってきたように思える。ゆっくりフェードアウトしたら
ああモチベーションが下がったんだな、と思ってください。

子守りで今年も釣り博改めフィッシングショーには行けませんが、きっと楽しいんだろうな。

2005年01月25日

JBCC今シーズンスケジュール

小池百合子へ抗議のメールシステムは多数のご利用ありがとうございます。
一晩で20通前後発信されたようです。
まだまだ抗議してどんどん意見を送りましょう。意見がおくらられば記事として
「小池百合子環境相に抗議殺到」のニュースが出ますから。
送られた事実はあるので、ニュースにしやすいですしね。ニュースになれば国会で、、、。

JBCCスケジュールが来た。
internat.gif
4月10日 山中湖
5月15日 北浦
6月12日 山中湖
9月11日 北浦
10月9日 北浦
#日付は記憶で書いているので1−2週ずれてたらゴメン。
うーん、4月の山中湖って釣れるの??ぜんぜん自信がない。
釣れるようにスケジュールすると、、
4月の山中湖は7月10日にしてほしいなぁ。
すると5,6,7,9,10月で釣果に恵まれると思う。
今の予定だと、、
4月 NOFISH
5月 1匹
6月 2匹
9月 1匹
10月 1匹 
1750ptで年間30位くらいだろう。
あとキーパーサイズが両会場とも同じになったのはよかった。
細かいルール変更もあって試合しやすくなった。
あとはエリアだけだー。常陸利根川は牛堀橋までOKにしてほしい
川OR葦パターンが有効な時にナサカから息栖大橋しかないのでポイントが選べない。
なかなか難しいと思うけど。9月の残暑で水温が30度あったらどこも釣れないし
入るポイントは限られてくるし。と思うのは俺だけでしょうか?

そういえば、琵琶湖でバスのオスの避妊手術をして再放流するという記事が出ていた。
琵琶湖では「再放流は禁止」なのですが(笑)
バスを減らしても漁業被害の95%はギルなのですが。
で、何万匹避妊手術するつもりなんだろう。いくらかかるのだろう?何年かかるのだろう?
ぜんぜんわかってないね。

2005年01月24日

小池百合子環境相に抗議のメールを送る

ということで、

専門家会合は、同省の原案に基づき、オオクチバスについて「調査委員会を設置して防除法を議論し、半年をめどに指定に向けた検討を進める」との報告をまとめることで合意した

にもかかわらず、素人の小池百合子が個人的な感情から
一転指定されました。「目玉」だからこそ慎重に慎重を重ねないといけないと思います。
民主政治も何もあったもんじゃない。独裁者は小泉だけで結構。
小池百合子の暴走を止められるのは民衆の力ですので
どうかみなさんでメールを送ってやってください。

抗議のメールシステムを作動させました。
環境省と小池百合子にメールが出せます。メールアドレスを知られたく人向けのシステムです。
あとで、何通このシステムで送ったか計算できますので。
また発表したいと思います。
何も書かないで「MAIL」ボタン押しても、反対意見は出ます。
ぽちっと押してくださいな。でわでわ。

任意意見では小池百合子の辞任を求めていくと良いと思います。
単純に小池辞めろ、でもいいですし。与野党の皆さんは国会で小池吊るしのネタにしてもいいと思います。
NHK問題をすりかえてもいいですね。
国会を混乱させた責任を小池に取らせてNHK問題はうやむやにして終わりましょう(w
自民党員さん、これで丸く収まりますよ。ほら、あの辻元清美と同じビジネスモデルです。
田中マキコを救うために辻元清美を切った手法で行きましょう。
と、ささやいてみる。
乗るかそるか。

2005年01月20日

オオクチバス規制の先送り

決定したようだ。
さて違う記事を見るとバス市場は1000億円市場といわれている。
そこで視点を変えて日本の1000億円市場を紹介する。
これがなくなったらどうなるか、想像してほしい。
ちなみに「1000円億円市場」でぐぐった結果である。

iモードの有料コンテンツ
#ある日、公式サイトが消えたらどうします?

アニメマニア市場
#漫画から美少女が全員消える、さてどうする?

シャープの液晶パネル工場投資
#液晶テレビのラインナップからシャープが消える

葬儀のギフト市場
#いわゆる香典返しである。

無洗米の市場
#無洗米が無くなると、、不便

着メロ市場
#あなたの携帯はブザー音だけになる

省エネ市場
#エコな製品が出来るのは、このおかげ

プラズマディスプレイパネル市場(2000年)
#プラズマテレビがなくなっちゃうのか?

舗装材市場
#歩道はすべて泥道になるのか?

JASRACの著作権
#音楽の無い世界へようこそ

家電リサイクル市場
#テレビ、冷蔵庫、エアコン、洗濯機は買い換えてはいけません

東京都中央卸売市場(花き市場)
#東京から花が消えます

ネットワークストレージ市場
#IDCが消えます。

韓国のリアルマネートレード
#韓国の投資がなくなる?

福祉用具市場(レンタル)
#車椅子は貸せません買って下さい。てこと

ミュージカル市場
#タモリくらいしか喜ばん

中古パソコン市場
#古くなったら新品しか買ってはいけません

ビニールフィルム市場
#車のフィルムとか、防犯フィルムとか、具体的なもんはよくわからん

洋書市場
#外国の本はまったくなくなります。ハリーポッターとかも

そういう意味では1000億円市場がある日急になくなると
困るのはどの世界でも同じで、1000億円市場があるからこそ50億円くらいの
税金が入ってくるのだからその金で魚の住む場所を作ってやればいい。
TOO BIG TO FALLの原則か。

ただ、今回の先送りには2通りの解釈ができる。
養蜂業のなんとか蜂の指定も先送りされた。
ただしこれは指定されることを原則に先送りされた。
オオクチバスは指定されることが原則ではない。
そこで、どう軟着陸させるかを考える。

優、オオクチバスの指定はずっと先送り、その先も先送り、でフェードアウト狙い
良、オオクチバスの指定、ただしエリアは限定で事実上効力なしの骨抜きに
可、段階的指定で数年かけて全国的に実施
不可、半年後にあっさりオオクチバスの指定

どのへんで折り合いをつけるのかがわからないのである。
どうなるかな???
今後もウォッチしていきたい。

2005年01月19日

桐の箱が100円、安いなー

ネタ切れじゃー。
いや、貯め撮った画像があるのだが、季節外れだったり。
BEFOREの状態のものだけだったり。単なるメモだったり。
ということで、これもBEFOREの部類に入るのかな?
AFTERの絵が無い。AFTERの絵は釣具が入っている様子を撮影しようと思って
手付かずなのだ。それは仕事が忙しいからだ。

DVC00026.JPG
ダイソーで買った。桐の箱。小道具を入れるのにいいかな?と思った。

DVC00018.JPG
3区切りと4区切り、どっちも100円。

四角いラインが入りそうで入らないかも、、ちょっとどきどき。
その前に留め金がダサいので磁石にしたい。
ネオジウム磁石か。これも100円で売っている。恐るべしダイソー

ハリス掛け、ウキケースとようやくそれっぽいものが揃ってきた。
あと欲しいのは2本の竿掛け(次回の羽生吉沼までには欲しいな)
10,11、16,18尺。
バラケのレシピ(ってこれは腕か!)
釣りに行く時間(ああモノじゃないのよ!)

最近ようやく竿の長さの意味がわかってきた。
9と12しか持って無い時と段違いである。
そのうち、この長さでもっと固いのが欲しいとかもっとやわらかいのが欲しいってことになるんだろう。
ウキも同じ、まだよしあしは判るがこういうウキ!というのがイメージが漠然としてつかめない。
主に使用しているウキは5−6本しかないのではないだろうか?
羽根を良く使い出した。あの高い浮力はすばらしい。自作するわけにはいかないけど
イメージにあったウキとめぐり合えるのは少ないのではないかな??

隼人大池では底をやる。今からイメージトレーニングだ。
段差の底かバランスかそれ以外かまだまだ検討しよう。
あとは寒さ対策。前回は左腕に貼るカイロを4枚も貼ったのにかじかみはかわらなかった。
ストーブをゲットしたいものである。
コールマンでいいや。

2005年01月11日

NHCウインターシリーズ第2戦 清遊湖

ツレネー
寒い。

車の外気温を示す温度計がー5度を表示する。
桟橋は凍りついている。水を張ったボウルの表面が凍りました。マジですか。

くじ引きの結果。
DVC00035.JPG
おお!優勝狙えるぞ(笑)
へらボウルは清遊湖さんからの提供。

前半は19尺で沖目の段底。沖目の段底がいいって雑誌に書いてあったからそれだけ。
それで通すも1バラシ(どうせスレ)0匹5pt。どよーん。5匹そろえた人は数人。
後半も19尺沖目の段底。2時間半で1匹。つーかウキが動かないし。
後半30分19尺2本にすると1匹。30分に1匹のペースなら、、、おせーよ
気がつくのがおせーよ。そう、沖の2本は唯一太陽が当たる場所。
ひなたぼっこしているヘラが浮いているとよんだのだが当たった。
段底に比べ毎回ウキが動くのでいい調子だったが、30分しかないんじゃ、、、
激渋は予想通りだったので沖目のどこを攻めるかだけだったような。
2匹1200gくらい。両方新ベラぽかった。きれいだったよ。

#すまん新ベラか旧ベラかを見分ける方法をしらない。
DVC00032.JPG
優勝は棚網さん。8尺テンテンだそうだ。
なお、2位の方は本人の強い希望によりモザイク処理をしています。

さてテレペリスコープの調子は、、
DVC00033.JPG
こんな感じ、こんな風
DVC10034.JPG
どうもピントが合わない。レンズが暗い。
普通のスコープがましじゃー。ということで試合中はずっと4倍スコープを使っておりました。
#当たりとれたよ。つれたよー。
午後は風が吹いて流されるのでとっても大変でした。
底するなら15で十分だった。でも沖をやりたかった。
隼人では13で底をするぞ。
その前に釣博だー。

2005年01月06日

へら用、テレペリスコープ

アジャスターケースを発見。
しかし1個2400円、2個4800円。高いぞコラー!定価は1個3000円
ajakB.jpg
ここで買えます。

調べていくうちに俺の作りたいものは潜望鏡だということがわかった。
ペリスコープ=潜望鏡だ。
本来は戦車の中から外を見るために作られたり、潜水艦から外を見たりと軍事用だ。
平和利用しましょ!戦争反対!
これに拡大機能をつけたものがテレペリスコープ。

pri.jpg
3000円でゲット。おもちゃだが倍率は6倍である。まあ最初にしてはましでしょう。
今週中に届くといいな。清遊湖で強風が吹いたらこっちのもの。どうせ長竿だし。

望遠鏡や双眼鏡をへらぶな釣りで使っている人は多いだろうけど
潜望鏡を使っている人はいないだろう。
これを逆付けで使う。普通は上を見るのだが、下を見るのだ。横でもいい。
例えば、椎の木湖で煙突が真正面でウキが見えにくい、とかいうときに左右に視線を変えられる。
羽生吉沼では太陽が真正面だったし、使えるはず(注意:太陽を直接見ないでください、目がイタイイタイになります)
「リバーステレペリスコープ」である。
使用中はぱっと見、スコープを使っているようにしか見えないので
違和感無く使える。シークレットである。(って公開してるやんか!)
風がビュービュー吹いたら、背景が見えにくい座席だったら、、、俺にもチャンスがある。
今年第1弾の秘策はテレペリスコープだ!。

2005年はへらレボリューションの年としたい。NHCからへらぶな釣りの新しいスタイルを産むという理念に一致しているじゃないかな?
まだまだ秘策はある。どんどん試そう。ただし、、釣りにいく時間がほとんど無いのでぶっつけ本番しかないだろうけど、、、

2005年01月05日

オフセットスコープのコンセプトプロトタイプ

つーことで、まずは竿の箱を用意。
激安竿なのです、ブランドは気にしないで。(17尺で1万円以下、いや本当は5000円くらい)
DVC00025.JPG
長さは120cmで6cmx4cmです。ちょっと細いな。でも実験だからなんでもいいや。

DVC00024.JPG
2本に切って2つ、くっつけます。

DVC00023.JPG
上下に鏡をつけてできた。45度の角度は適当にフリーハンドで裁断したので
テープで適当に微調整した。

DVC00022.JPG
双眼鏡もセットできるけど、、、
実用的じゃない、それより画像が見えるのかどうかが問題。

一応見えた。実験は成功か?
DVC00020.JPG
こんな風にみえる。視野が狭いぞー。なんだかわかんないし。

双眼鏡なしで撮影してみた。
DVC00019.JPG
筒の内部が反射して万華鏡みたいになってる。黒い筒なら解消されるか?
ミッキーの鼻と耳の位置が上と下でちがう。

上はオフセット越しに見たところ、下は肉眼で見るミッキー。
よーくみないとわかんないのだが、、
オフセット越しで見ると鼻と耳がくっついている。
肉眼では鼻と耳が離れている。という風に見え方が変わる。
あ、もっと手前で撮影して背景が変わるのを実証したかったな。
まあいいや、原理はただしかったことが証明できたし。
ビュービュー対策のオフセットスコープのプロダクトプロトタイプを作ろうっと。
視野が狭いのでもっと大きい筒で作ればOKのはず。

ハンズじゃアジャスターは売ってなかった。
製図専門店に行かないとないかな?でかい文房具屋ってどこだ??

2004年12月28日

へら用オフセットスコープを考える

ということで羽生吉沼では痛い目にあったので
ビュービュー対策のオフセットスコープを考える。
ちなみにまだ市場にはないようだ。

top.png
原理はこんな感じ、ウキがなじんでないという突っ込みはさておいて
1節つん、が最大の動きを視野で捉えることができるのは、水面と平行のBである。
従来はAであった。つまりいかに水面と平行の視野でみることが出来るか?が課題である。
直角三角形の法則によりAが2だとして、Bがルート5とすると。
ふじさんろくおーむなく、なので2.2360679 2:2.236     11%UP!
10%くらいは効果が見込める。

全体像
top1.png
へったくそな絵だな。でも言いたいことはわかるよね。従来はA。オフセットスコープだとB
より理論値に近いことになる。斜め45度のセットされた鏡を2枚使うので
鏡像の鏡像で正像となる。双眼鏡でもちゃんと見えるはず。
小さい頃にスパイ用のツールでこんなのなかったっけ?

このオフセットスコープを使うとそれだけじゃない利点がある。
それは背景が変わるということだ。
従来だと背景は水面。波だっていたりとかするとぜんぜんわかんねー。
オフセットスコープだと背景は桟橋だったりする。
すると動かないものなのでより一層、1節つん、がはっきり見えるはず。はず。理論ではそうなる。はず。

さあ実験だー。
ダイソーで315円。
DVC10021.JPG
双眼鏡、接眼鏡、対物鏡、の3つ。ぜんぶ100円。
これでプロトタイプ実験ができる。この実験はコンセプトプロトタイプ。
実験が成功したらプロダクトプロトを作ろう。
四角い筒で上下できるもの、、あるかな???

2004年12月24日

NHCウィンターシリーズ 羽生吉沼

首都高速を始めてETCで通る。「ピーー560円です」
そうか700円の2割引きだ。えへへ。
首都高速の風速計は7mと8m。強いね。
車内の外気気温計は3.5度。寒い!
DVC10017.JPG
気温は4度くらい?

DVC10016.JPG
水中は7度ー8度、ここでもサーモクラインはありませんでした。
ち!ぜんぜん活躍しねーこの秘密兵器。

朝、聞いた人の話を総合するとテンテンの両ダンゴを食ってくるのは大きいのが多い。
ということで底はやめて12、15のテンテンにすることにする。
ウドン、バラケ、グルテンと作っていろんな釣りを試してみようとした。
スタートしたのは15テンテン。
AMステージは事務所向き、グルテンが固いおかしいなー冬だから?と思うと
もう一度作ろうとして思い出した。グルテン1:水1.5を グルテン1.5:水1 で作ったからだった。
アホか。カチカチでまったく使い物にならんかった。もうアホだ。
んが2時間やって1アタリのみなんだかなー。
12セットへ変更するも、ぜんぜん動かず。1バレで終了0匹。0g5pt。

PMステージは向かい風ビュービュー。
15尺2mを試みるも投げられない。5投でGIVEUP。12セットへ。
2時間動かず。つーかわかんねーよ。ウキ消しこみだけ取って3枚ゲット。
1750gくらいかな?600弱平均。
もう寒くて死にそう。体は防寒着があるからいいんだけど
手がかじかんで動かない。気化熱取られすぎ。
波ばしゃばしゃ風ビュービューじゃ浮きがわからん。
ウキをいろんな角度から見たんだが、水面と平行に見るのが一番良く見えた。
なので、振り込む、寝転がる、という奇妙な行動をしてたのは俺だ(笑)
ビュービュー対策を1つ実験してみようと思った。
清遊湖は風が吹かないだろうし底釣りしても16尺、18とかなので
スコープはいらないだろう。オフセットスコープの実験はまた今度だな。
まずは普通のスコープを使うところから始めようっと。
隣で底釣りしていた戸井田さんをじっと観察していたけど、
凄い大変そうだった。それでもきっちり釣るから凄い。

向かい風で寒く手がアカギレのようになった。
そこで、、、
DVC10015.JPG
アカギレ桟橋。失礼しました。

2004年12月22日

光触媒、酸化チタンを釣り具に応用する

ということで、GETした酸化チタンスプレー
150ccで1330円だったか?2本買った。
DVC10012.JPG
酸化チタンのリキッドである。

DVC10013.JPG
光触媒だー

DVC10011.JPG
裏面アップ。
別にアトムの宣伝じゃない。酸化チタンのスプレーだったらなんでもOK。

ではここに酸化チタンの特性について述べる。(お、なんか偉そうな文面だぞ)
紫外線(日光、蛍光灯も含む)を当てることに触媒機能が働く。
急激ではなくゆっくりと働くのである。
触媒なので劣化しにくい。長期間1年とか30年とか働く。
触媒といえば車の排気ガスの無害化に役立っていることはみなさんもご存知。
あれは熱触媒。これは光触媒。
次に超親水性。水とのなじみが強い。撥水系ガラスコートと親水系ガラスコートを聞いたことがあるかな?はじくのか、なじませるのか?である。

これを釣り具に応用するとどうなるのか?
例えばメタリックなボディのリール。ワームオイルや塩水、オキアミなどで汚れることが多く、
乾くとよごれがこびりついてしまう。これがなくなる。
もちろん光触媒なので袋に入れて大事にしまっているものには効果が無い。(薄い)
実用化されてないかな?とぐぐったところ。Daiwa社がバッカンに応用している。
じゃあマグフォースVもそのうち酸化チタンコーティングされて出てくるなぁ。
しかし、なぜバッカンなんだろう??いろいろ応用が考えられるのに、、
1つは臭いである。オキアミ臭い臭いを光触媒で分解してしまおうという考えか。
それで良さが実証できたら他種の道具に応用するのかもしれん。
企業が新しい分野に取り組むとき、一番厳しい条件のもとで試す。
それで効果があるなら他でも効果あるだろうという考えか。
ちなみにチタンリップのクランクベイトもあったがあれは酸化チタンではない、、、と思う。
(表面は酸化していて酸化チタンになっているかもしれん、すまんわからん)

ヘラブナでは竿に応用して欲しい。俺もそうだが、グリップに餌が固まってます(汗)
光触媒の酸化チタンコーティングすると餌が分解されいつまでもきれいな状態になる。
でも普通竿ってさお袋に入っているのよねー。家でロッドホルダーに立てかけるってしないか、、
つーことで、酸化チタンコーティングの釣具はかなりイイ!のである。

さらに超親水性である。
金属のアルミは水に沈む。当たり前だが、、、、1円玉は水に浮かべることが出来る。
これは表面張力のおかげである。
今までのヘラウキはこの表面張力が邪魔だったに違いない。
1円玉は約1gである。1g以上の表面張力が働くので浮かべることができる。
ウキがなじむのはいままでは ウキの浮力=水中の仕掛けの重さ だとみなさん信じてきていた。
しかし、表面張力を忘れちゃあいませんか?ということである。
ウキの浮力+ウキの表面張力=水中の仕掛けの重さ ということになる。
これが正しい式のはずだ。
2gのシズが乗るウキの表面張力が0.4gだったとしたら20%も浮力が上下することになる。
浮力は水温、気温が一定ならそう変わらないが表面張力は毎回変化する。
現在は浮力=表面張力を含んだ浮力 となり
暴論を展開すると「世の中にあるヘラウキの99.999%は浮力が一定ではない=世の中の99.999%のウキはまともではない」
王様も「おかっぱりのキャストの95%は無駄」と言ってたっけ(足元にバスはいるということ)
アンタレスのボディに酸化チタンコーティングしてよ>村田さーん。
よくなじみをよくするためにタバコの灰を塗ったりする。
いや撥水か?おしいな、先人達の知恵は目に見えぬ力をコントロールしようとしていた。
超左脳理論の科学のメスがいよいよ入る。

表面張力はヘラブナ釣りにとって邪魔である。
例えば、仕掛けを振り込むと道糸が水面に浮くのでティップを水中に突っ込んで「道糸を沈める」と
いう動作をしなければならない。
水と同じ比重で作った道糸が浮いてしまうのは表面張力のせいだ。
そのため、沈みやすくするには比重を上げる(重くする)しかない。すると道糸が沈むとウキに影響を与えてしまう
これが超親水性の物質(別に酸化チタンと限らなくてもいい)でコーティングされている道糸だったら
どうだろうか?
理論値の水の比重で糸が沈むのである。ウキには影響の無い道糸が完成する。
ウキも感度の高いものが作れるはずである。
理論値どおりのウキ、道糸が作れるわけである。
本当は特許取ってやろうと思ったんだが、ヘラブナ業界のウキと道糸の市場ってどんなもんよ?
って思ったときにそこから取るのは申しわけないなーと思ったので(業界狭いしさ)
堂々と公開してしまう。スポンサーさんがいたら独占で教えてあげるところだったがまだいないしさ(笑)
釣り博にサンプル出品するところが現れたらいいな。
ラインメーカーさんぜひ作ってくださいな。その際には俺にもくれ(笑)
酸化チタンは食品にも応用されているので害はない。
そのへんはぐぐれば出てくる。
酸化チタンのコーティングは厚さ100−150nm(ナノメートル)なので
ナノテクノロジーである。技術の最先端をヘラブナ釣りに応用だ!!
温故知新が融合するぞっと。

マンションのタイルなんかに酸化チタンコーティングされたものもあって汚れに強い。
今考えているのは霞、北浦の護岸の酸化チタンのタイル化である。
まずは霞オヤジの小池栄湖あたりで実験したいが、、難しいだろうな。
1つの池だけでやっても水質が良くなっても偶然だ、ってことになっちゃう。
同じ条件の池が2つあってこっちには超シャロー(水深1−2cm)にタイルを並べる。
どのくらいの期間で水が浄化されるのか?をくらべてはっきりとしたデータがないと
護岸の酸化チタンタイル化は難しいかもかも。
浮き漁礁ならぬ浮き酸化チタン板である。
日光に当たる面積が大きいならばそれでいいと思う。

酸化チタンタイルを護岸に貼るとどういう風に浄化されるのかというと
日光が届く面や波によってタイルの表面に付いた汚れた水が光触媒によって
分解されきれいな水になる。
タイルにはコケが生えないのでいつまでもきれい、である。
これを護岸のところに貼るだけでOKなんだからいいんじゃねーかな?

人工滝のようなものを作って浄化してもいいと思う。
太陽電池パネルは熱を持つと発電量は下がる。
水をかけて冷やしてあげるといい。その水が霞の水で
それが南側にスロープ状になっている太陽電池パネルだったら?
表面に酸化チタンコートしてあったら?完璧でしょう。
昼間太陽光で発電、水をくみ上げ、太陽電池パネルを冷やす、光触媒が水を浄化。
夜は静か。エコだな。酸化チタンはいろいろな分野で活躍するだろう。
酸化チタンを釣具に応用したら?と提案したのは俺だってことをおぼえてほしいな。
フロロカーボンが釣り糸でメジャーになったように
釣具には酸化チタンコーティングが標準ってなる日も近い。
油揚げもってかれちゃうかな?まあ業界が発展するならいいけど。
と言っている割には浮きにまだコーティングさえしてない、、間に合わん。ヤバイ。
参考資料

2004年12月07日

ヒッチ付き車の立体駐車場対策

うーん、カテゴリは釣りか?マンションの方が良かったか?まあいいや。
昨日はたくさんのアクセスありがとうございます。プラズマ買いたい人って結構多いのねぇ。

立体駐車場の中段になった。(地下1階ね)
規格は5m以下の車だ。ちなみに今の車は487cmかな?13cm余裕がある。
もっともピッチリではなく余裕を持たせてあるだろうと思っていたので心配はなかったが。
その13cmの余裕分にヒッチがある。
車止めにあわせて止めると、後ろのヒッチが壁にあたる。そのまま車庫を下げるとたぶん壁がガリガリ削れる。車も尻が持ち上がる(笑)
なので少し前に出すとピッタリ収まる。
DVC00014.JPG
この位置で止めたい。
それには車止めから数センチ車を前に出した位置なので
車止めにタイヤが当たる位置、を車がピッタリ納まる位置にしたいのだ。

立体駐車場の車止めは移動できる、とマニュアルに書いてあったので
じっくり見ていると管理会社の人が、話しかけてきた。「何かお困りですか?」みたいに。
なので「ピッタリ納めたいんでタイヤ止め移動したいんだよねー」なんて話をしたら。
「そりゃあ困る!」と来た。いや、マニュアルに動かせますって書いてあるって。
いわゆるコトナカレ主義である。タイヤ止めを動かして何か事故が起きたら管理会社として
ヤバイということか。
「この位置で管理しているので動かさないといけないなら、管理外車両として車庫の使用を禁止しないといけません」なんていう脅しの台詞も言う。甘いな若造。
M井不動産住宅サービス株式会社め!
ちなみに3段階に分かれていて、中の位置である。前後、15cm動かせる。
動かさないと止められない車もあるだろうに。

つーことで激論の末。「まあ、なんでも自己責任でやりますから、あんたには迷惑かけん」という俺。
「まあ、クッション製のPADみたいなものでしたらーー」とか弱気になっている若造。
しょうがないので車止めの位置を動かすにはレンチが必要だから、落ち着いた頃にやるとして
とりあえず、今、ピッタリ止めたい。
DVC00013.JPG
ピッタリ!
D型ゴム製クッション1600円(高い)、タイラップ399円合計1999円で完成。
タイラップが切れる頃にはレンチで車止めを移動してやる。
手前の金具の穴が車止めの変更可能位置。今は真ん中だから前にしたい。

心配していた、セキュリティの誤動作は今のところない。
上下の車の出し入れでアラームがなると思っていたのだが、大きくゆっくり揺れるので
ガラスを割るような、鋭く強い振動ではないのアラームが鳴らないのかな。

2004年12月01日

ボール盤が欲しい

ball.jpg
ヤフオクで調べても6000円以下である。欲しいな。

まったく新しいウキを作りたいのである。
概念もコンセプトも。でも、作って実験して失敗したら無駄かも。
正確に穴を開けたいのでハンドドリルではだめなのだ。
直径4mmの超硬素材に直径1mの穴をあける。ハンドドリルでは不可能だと思う。
小型ボール盤、、欲しいな。
精密加工するには必要なので1台かっておこうか。
この先、新しいルアーとか作る予定だし。よし、買おう(笑)
場所がない、、うーん。
なんか、海を渡ったバイオリンぽくなってきたな。

追伸
あ、比重が水より重いことが判明。
ウキじゃなく錘になってしまうので中止だ!

2004年11月29日

ハゼ釣り

近所の公園に子供と一緒に釣りに行きました。
一緒というか初めての釣りをさせるためです。

DVC00009.JPG

某100円ショップの竿で遊ぶ娘。
100円ショップで売られている竿。竹製だが、重いし曲がらないし変な癖がついている。
上州屋で120cmの振り出し買ったほうが良かったか?

釣りというものが良くわからないみたいだが、やらせてみる。
近所の公園にはヌマチチブみたいなハゼがいる。
それが日の当たる岩のシャローでひなたぼっこをしている。
そこにジャリメをつけたはぜ釣りの仕掛けを落とすとぱくっと食いつく。
1時間で30匹くらい4−12cmくらいのチチブが釣れる。
平均7cmくらいか?
適当にやらせるとなんか釣ったみたいだ。
1歳9ヶ月でも釣りは出来ます(笑)
ハゼ触ってます。ジャリメを触ります。
来年は一緒にバスボートで釣りしたいな。ギルを釣らせよう。いやその前にへらかな?

車の中でスカパーを録画したDVDを見ているのだが
へらとかバスのDVDを見ていると「フィッシュ!」と言うのでさかなってことは
理解しているようだ。
アンパンマンよりディズニーより、釣りビジョンですよ(笑)

家でぼーと753ch見てても言うのでだいぶ洗脳されてきたようです。
お風呂でも磁石のさかな釣りゲームをします。
ちなみに対象年齢は3歳以上なのですが、関係なくやります。
英才教育しましょう>パパバサー

2004年11月24日

NHC、全国大会決勝、清遊湖

飯塚さんより写真いただきましたー。
DSCF1001.JPG
撃沈TNK。

DSCF1002.JPG

DSCF1004.JPG

DSCF1005.JPG

成績表はコチラです。

つーことで、優勝は小林さんでした。
俺は来年がんばりましょう。
ああそうさ、俺には関係ないさ。来月のウインターシリーズからちょっと復活かもかも。

そのためにはウキ作りから始めよう。といっても、市販ウキのトップを塗りなおすだけ。
市販のウキは気に入らんのじゃ、といってオーダーするには高いし。
流星ギアと塗料でやってみよう。って道具の方が高いぞ!しくしく。

2004年11月18日

ヘラブナ教 経典

打倒!南野やじということで、、、

そういえばNHCウインターシリーズの申し込み受付開始してます。
レッツ申し込み!

箆鮒教 経典第一

早朝起床(そうちょうきしょう)  はやくから起きます
通常昼起(つうじょうひるおき) いつもは昼間まで寝てます
下道通行(したみちつうこう)  下道をいきます
高速高値(こうそくたかね)   高速高いです
小遣節約(こづかいせつやく) 小遣い節約します
速度制限(そくどせいげん)  速度制限は
大幅超過(おおはばちょうか) かなり超えて走ります
友人電話(ゆうじんでんわ)  友達に電話します
位置確認(いちかくにん)   いまどこ?
間違電話(まちがいでんわ)  間違いでした
御免御免(ごめんごめん)   朝から起こしてすんまそん
多分設定(たぶんせってい)  たぶん
着信拒否(ちゃくしんきょひ)  着信拒否されたにちがいない

釣池規則(つりいけきそく)   
入場録時(にゅうじょうろくじ)  
例会優先(れいかいゆうせん) 
一本以上(いっぽんいじょう)  
生餌禁止(なまえさきんし)
例会以外(れいかいいがい)
魚籠禁止(ふらしきんし)
八尺以上(はっしゃくいじょう)
二十一下(にじゅういちした)
大型計測(おおがたけいそく)
原則禁止(げんそくきんし)
箆鮒接触(へらぶなせっしょく)
原則禁止(げんそくきんし)

情報収集(じょうほうしゅうしゅう)
新箆放流(しんべらほうりゅう)
先週吾屯(せんしゅうごとん)
馬鈴薯良(ばれいしょよし)  グルテンがいいみたい
両馬鈴薯(りょうばれいしょ)  両グルか
馬鈴薯麩(ばれいしょふ)   グルバラか
思案最中(しあんさいちゅう) 考えていると
底釣大型(そこづりおおがた) 底で大型が出たらしい
提灯大漁(ちょうちんたいりょう) テンテンでたくさん釣れたらしい
饂飩麩組(うどんふくみ) ウドンセットが
先週優勝(せんしゅうゆうしょう) 先週優勝だって
情報混乱(じょうほうこんらん)
作戦混乱(さくせんこんらん)
毎回混乱(まいかいこんらん)

入場開始(にゅうじょうかいし)
水面波紋(すいめんはもん)
心理躍動(しんりやくどう)
作戦思案(さくせんしあん)
席順籤引(せきじゅんくじびき)
箆鞄開封(へらばっくかいふう)
黴菌繁殖(かびきんはんしょく)
異臭発生(いしゅうはっせい)
毎回発生(まいかいはっせい)
竿掛準備(さおかけじゅんび)
作戦思案(さくせんしあん)
両脇長竿(りょうわきながざお)
作戦思案(さくせんしあん)
作戦変更(さくせんへんこう)
自分短竿(じぶんたんざお)
餌落決定(えさおちけってい)
浮子均衡(うききんこう)
筒状上部(つつじょうじょうぶ)
実釣開始(じっちょうかいし)

麩餌配合(ふえさはいごう)
秘密配合(ひみつはいごう)
本当複写(ほんとうふくしゃ)
箆鮒雑誌(へらぶなざっし)
水桶混入(みずおけこんにゅう)
空気混入(くうきこんにゅう)
両脇準備(りょうわきじゅんび)
底釣準備(そこづりじゅんび)
先手必勝(せんてひっしょう)
両団子釣(りょうだんごつり)
浮子沈没(うきちんぼつ)
再度投入(さいどとうにゅう)
浮子沈没(うきちんぼつ)
再度投入(さいどとうにゅう)
彼是半刻(かれこれはんこく)
浮子不動(うきふどう)
両脇浮子(りょうわきうき)
激動浮子(げきどううき)
良魚信多(りょうぎょしんた)
良型箆多(りょうがたへらた)
作戦失敗(さくせんしっぱい)
失敗後悔(しっぱいこうかい)

昼食会議(ちゅうしょくかいぎ)
底釣好調(そこづりこうちょう)
作戦変更(さくせんへんこう)
底釣変更(そこづりへんこう)
苦手釣法(にがてちょうほう)
準備底釣(じゅんびそこづり)
池底計測(いけぞこけいそく)
毎回誤差(まいかいごさ)
両脇案内(りょうわきあんない)
沈殿物有(ちんでんぶつあり)
自転車有(じてんしゃあり)
無視実行(むしじっこう)
根掛頻発(ねがかりひんぱつ)
大関酒蓋(おおぜきさけふた)
長靴片方(ながぐつかたほう)
腐敗手拭(ふはいてぬぐい)
散々釣果(さんざんちょうか)
珈琲代金(こーひーだいきん)
全員支払(ぜんいんしはらい)
出費過大(しゅっぴかだい)
番付落下(ばんづけらっか)
終了放送(しゅうりょうほうそう)
閉園時間(へいえんじかん)
本日釣果(ほんじつちょうか)
痩箆三枚(がりべらさんまい)
上位成績(じょういせいせき)
束釣超過(そくづりちょうか)


帰宅時間(きたくじかん)
交通渋滞(こうつうじゅうたい)
明日仕事(あすしごと)
反省本日(はんせいほんじつ)
情報原因(じょうほうげんいん)
初心貫徹(しょしんかんてつ)
後悔既遅(こうかいきえん)
家庭到着(かていとうちゃく)
釣果報告(ちょうかほうこく)
通常釣果(つうじょうちょうか)
家内激怒(かないげきど)
小鍋残留(こなべざんりゅう)
饂飩材料(うどんざいりょう)
反省家庭(はんせいかてい)
電話着信(でんわちゃくしん)
爆釣情報(ばくちょうじょうほう)
心理躍動(しんりやくどう)
来週予定(らいしゅうよてい)
即日返事(そくじつへんじ)
家内嫌味(かないいやみ)
子供不満(こどもふまん)

内容はほぼノンフィクション(笑)

2004年11月15日

サンタクロースの衣装ゲット

DVC00089.JPG
今年もサンタの衣装をGET!! 420円なりー。

今から数年前、霞でサンタの格好をして釣りをしたのはもう伝説か?
ちなみに当時の動画はここの12月23日を見るとわかる。
もう、アホか、ボケかと。
でもきっちりバス釣ってるぞと。
結構ちゃんとワイヤレスピンマイクで音はクリアに(言っている俺のカツゼツが悪いのは勘弁ちょ)
拾っているのは偉い。編集もまあまあ出来ている。

静止画は2001年12月の日記の25日あたりを見るとわかったりする。
カメラはQV-10Aなので画質が汚いね。

じゃあ、今年もやるのか?といわれればたぶんNO!
一応チャンスはある。12月23日にNHCのウインターシリーズがあるので
サンタがへら釣りをするのは可能。でもカメラないしなー。トナカイいないし。
バスボートの時はどうやっていたかというと180とか210分テープを3倍モードで録画しっぱなし。
カメラはリアシートに固定。
でかいバッテリーだったから8時間とか回しっぱなしが出来たが、、、
105Aのバッテリーを持っていくのは重い!へらの準備で忙しいのにカメラのセッティングなんかできるか!

そういえば初めてのへらぶな釣りの録画もこのセットを使って撮った気がする。
いきなり釣り場に105Aのバッテリーとカメラ、3脚をセットしていると笑える。
なんか取材かな?と周りの人たちは見てる。いや個人の趣味ですって!って言いたくなる。

土曜日に江戸川区の「釣堀金ちゃん」にひさしぶりに行ってきた。
ヘルペスで鯉は全滅か?と思ったが元気に鯉は泳いでいた。あいかわらずメチレンブルーの
水の中で泳いでいた。それに大量の塩を投入していた。20kg塩を3袋。これが秘訣か?
2時間で2人で25匹。1時間大人650円、女600円。2時間で2500円くらい。
25点でお菓子と交換した。ちなみにうまい棒が2点なので1点が5円計算である。
隣の男性2人は3時間半で6匹というから、俺らがうまかったに違いない。
画像はない。すまん。釣るのに夢中だった。
2年前の画像でも見てくれー、画像的には一緒。あ、料金表だけちがう。
JT開催候補地です。(笑)

2004年11月11日

パッチ

DVC00071.JPG
寒い。はじめてズボン下?モモヒキ?、いやパッチっていうのかな?を穿いたのはNHC最終戦。
寒いかな?と思ったら結構暖かかった。
もっと早くに気がつけばよかった。あったかいぞパッチ。

これからは防寒対策も必需品だ。
ウインターシリーズは防寒が必至。ストーブとかもあるようだがホッカイロでなんとかなるかなぁ。
ウインターシリーズはきっと全部1kgルールだろうからウドンの釣りが中心になると思う。
この冬は底釣りとウドンを極めよう。って3戦しかないのだが。さらに新しいリグにも挑戦だ。
段差の底とか、、難しいね!
底釣りのウキの位置が今一余市理解できない。
ハリが底ぎりぎりにあるうちはハリの重さ100%がかかっているが底に着くと針の重さは軽くなり
その分ウキが上がる。あがる?なぜ?ウキが上がればハリは再び宙に浮くんじゃないのか?
浮けば100%重さがかかって沈むはず。ということは、ハリの重さの何%がウキにかかって
そこでバランスが取れているのか?
ハリは1本底についているのか?2本底についているのか?立っているのか?寝ているのか?
上バリとんとんなら下のハリは寝ている、上バリは??
不思議で不思議で考え出すと眠れない。

エサをつけたときもそうだ。下バリのエサは底についている。上バリもついている。
いや、とは限らないか。わかんねーわかんねー。
アクリルの透明パイプを買ってウキと針の関係を見てみようっと。
ハリとウキの関係を実験だ。
この冬は勉強勉強。

2004年11月09日

JBCC最終戦写真集&動画

飯塚選手より写真が送られてきたので掲載だー











動画も少々
年間アマチュアと年間ジュニアと年間レディース NOA
年間プロ NOA
携帯で取った動画(NOA)です。

同じアングルでデジカメ(音声なし)
で取った動画(AVI)
年間アマチュアと年間ジュニアと年間レディース  AVI
年間プロ AVI

それにしても寒かった。
以前はまっくらでライトつけながらだったのでかなりスピーディーになってきている。
良かった良かった。
来年はシングルになりたいところ。どうかなぁ。山中湖次第だ。

2004年11月08日

JBCC最終戦、北浦結果

ねみー。ツレネー。イベントたくさん!
3:30起床、4時出発。湾岸沿いの道を走っていると、、
「濃霧のため 大栄ー潮来 通行止め」という電光掲示板が見える。
利根川沿いの道も濃霧でノロノロ運転だ。濃霧で真っ白です。間に合わん!ということで
少々無茶な(控えめな表現)運転を。濃霧は水郷大橋を越えると薄くなった。

なんとか5:30ちょっとすぎにバスボートを牽引して会場到着。
よく見るとトレーラーのナンバープレートがない。盗難されたようだ。ちくしょー。
濃霧で高速通行止めの影響もあってスケジュールが全体的に30分シフトすることになった。
つーことで8時スタート13時40分エンドのタイムスケジュールで。

結局下流に行って、ノーバイト0FISH。舘野ちゃんは1バラシ。目の前でバラシましたよ。
俺はギルバイトもなし。今年最後のバス釣りはノーバイトでした。け!年間シングルが夢と消えたー
優勝は飯塚さん、秋は強いね!TNKも入賞。鈴木さんも入賞でしたね。
パターンは矢板。ワームは例のヤツです、そうですか。私には出来ません。
俺はエリアはあっていたが、ポイント、時間帯、釣り方が違ったー。
濃霧が一転強風ですから、、強風だと釣れない。

つーことで最終戦優勝と年間ポイントランキングの2つをもっていきましたー!
さすがです。やっぱりプラしないと無理っすねー。
写真館(1枚だけウソ写真があります)
DVC00087.JPG
TNK入賞

DVC00084.JPG
舘野ちゃん優勝(なわけない)

DVC00086.JPG
アマチュア年間ポイント1位

DVC00085.JPG
レディース年間ポイント1位、ジュニア年間ポイント1位

DVC00083.JPG
プロ部門年間ポイント1位

DVC00082.JPG
舘野ちゃん抽選で竿ゲット

さて、盗難防止で俺のボートにはカギをつけました。
DVC00081.JPG
持っていかれないように。あと複数個トラップを仕掛けました。
1個は自分が引っかかってしまいました(笑)
再セットするのに時間かかった(汗)あとで画像チェック!

来年はなんとか何回かお立ち台に立ちたいな。プラしてー。

2004年11月05日

海釣りパラダイス

はい、そういうことでクイズの正解です。
土浦にある 海釣りパラダイス なのです。
tutiura04.jpg
あ、写真忘れたので親サイトより、、、
tutiura01.jpg
あ、写真忘れたので親サイトより、、、

日本初ってことですね。
クーポン券はこっちですね。あとJAFの会員カードでも割引ありそうです。

大人は休日1時間1700円です。
エサは1時間では足りません。たぶん追加して買うしかないでしょう。
最初数種類少量づつ入ったのをもらえますので、それで反応をみて
その日一番反応のいいエサを見つけてください。
ハリが馬鹿高い。1本300円、2本500円ですよ!素人がタイをカケたらまず切られます。
俺も4本も買いました。あ、俺は釣ってませんよ。切られたのは2本です。4本目の針は予備を持って
いたらロストしました。
三軒茶屋の金魚釣堀じゃ50円なんですけどね。
ウキは飛ばし放題(笑)
マイロッド登録もあるようですが、三軒茶屋のようにロッドやウキの種類によって
釣果は変わるわけではないので意味なし。ハウスロッド(?)で十分。

住所 茨城県土浦市大字中1327-2サンタスワールド1F
最寄り駅 荒川沖
アクセス 荒川沖駅から徒歩20分
電話 0298-34-3433
営業時間、定休日 10:00〜24:00 無休
ホームページ http://www.c-dic.co.jp

JTの会場にどうですか?魚はすべて氷を入れて持ち帰れます。
当たり前ですが、魚はフィッシングプレッシャーがめちゃ高いのでぜんぜん釣れません。
朝一で行くのがいいでしょう。
では、必勝法です。

1、その日のアタリエサを見つけるべし。順番は練り餌→エビ(透明)→オキアミ
の順で投げてみるといい。
2、ウキ下を浅く(ヨリモドシと同じ位)するとアジが狙える。
3、アタリは全てサイトで取る
4、アジはすぐ釣り上げる
5、放流があったらその池に移動する(池の移動は自由)
6、タイを狙うときはウキはテンテンの位置でほとんどミャク釣りにして底釣り
7、タイがヒットしたら水面で体力を消耗させてから上げる(いきなり抜き上げても絶対あがらない)
上級テクもあるですが、まあここではシークレットで。
どうしても釣れない(上がらない)人がいたらコメント欄に教えてクレーでどうぞ。
ヒットさせるまでは結構いけるんだよね。タイ。

長時間なるならビンゴカードはやったほうがいい。(1時間ではやらないほうがベター)

ちなみにビンゴカードで1ビンゴしてラーメン無料券ゲットしました。
ビンゴカード1枚100円。
しかし、センターに「イカ」って書いてあるんですが(笑)
イカは泳いでいないんですが、、(爆)公取にチクルぞ!
絶対ディズニーランドに行かせないつもりだな。(ちなみに全部埋まるとディズニーランド)
さて、昨日のお値段ですが、、

交通費:首都高速(700円)常磐道(桜土浦:1300円) 往復で4000円
ガソリン2000円くらい、
海パラ料金 1時間1700円(奥さん)+入場料(俺)500円 3歳以下の子供無料(入場料)
追加エサ400円(?) 追加針2本500円x2回 延長1時間1700円、延長30分 850円

合計:12150円
もとは取ってないよなー、まあでもたまには家族サービスにどうぞ。
もうタイの釣り方は判ったので今度は釣りまくりですねきっと。(ウソ)

2004年11月04日

NHC全国大会の予測と結果

NHCのHPで、全国大会に参加できるメンバーが発表になった。

俺が以前に予測した結果と照合してみよう!

一人一人を見るわけにいかないが、まず38位で比較。
予想:推定合格ポイント 95p
結果:94p
おお!あたりと言っていいだろう。的中率99%!すごい精度。

しかし問題も見えてきた。
以前に計算したとおり、5試合中4試合の結果ですでに確定組とENJOY組(たとえ優勝しても清遊湖にいけない組)とボーダー組(成績次第では決勝に進める)に分かれている。
確定組は不参加でも行けるし、ENJOY組は優勝でも行けないので最終戦の出席率に関係してくる
さらに、ボーダー組ではもう少し細かく別れる。
参加点層(参加点で決勝にいける)、40位以内層(10pt内)、
ポイント圏内層、シングル入賞ポイント圏内層(シングルとか優勝とかで決勝に進める厳しい層)

参加点層はがんばらなくてもいける、40位以内はリミットでOKか?
ポイント圏内層は必死、
シングル入賞ポイント圏内層はあきらめか?
となると、ポイント圏内層しかがんばらないということになる。
95名のうち必死なのは25名の争いということになる。
参加率を上げるにはこのポイント圏内層を増やすことじゃないのかなぁ。
最終戦のみポイント2倍!とかなればもう少し参加率は上がるかも(ENJOY組が減るので)。です。
あるいは最終戦のみ賞金2倍!とか。
欠席試合は有効試合数にカウントしない、とか。(現行では欠席試合もカウントされている)
このあたりで出席率を上げることが出来るのでは?と思う。

予測が当たったことで、対策も見えてきた。
94pということは1試合平均19p=32位平均である。
2試合で38p、3試合で57p、4試合で76p、5試合で95p
これが目安である。逆にいうと最終的に95p取る試合運びを目指せばいい。

って、どっちみち腕が悪いと何も狙えないんですけど(笑)
腕を磨きましょう!

海に行かない海釣り

昨日の奥さんの2時間半の釣果。俺は見ながら子守り。奥さん大満足。
DVC00077.JPG
アジ16匹にタイ1匹。

DVC00080.JPG
アジは3枚にオロシて、フードプロセッサ行き。で、、

DVC00078.JPG
ツミレ汁に!
残りはから揚げ粉をつけて冷凍しました。今日あたり揚げる予定。

DVC00079.JPG
タイは塩焼きに!(ちょっと焼きすぎ!)つーか、頭左ですよ!>俺

魚の処理は俺がやった。3枚オロシはまだまだうまくないなぁ。
ちなみにねぎを切っているときに包丁で指切った(笑)

別に海に行ったわけではありません。
エサはオキアミです。タイを釣るにはコツがいります。アジは食いが立っていたら連続ヒットします。
釣ったらそれだけ持って帰れます。その場では食べれません。場所は海ではありません。

さて、どこに行ったのでしょう?
ヒント:ポパイ6(バレバレ)

まあこの冬も何度か行く予定。
奥さんに釣りをさせるために。JT開催か?

2004年11月02日

サーモクライン釣法、フィールドテスト結果

つーことで、実践ふうけい。
実は6号ナスオモリを忘れて一番最初の水温センサーを沈めるのに
5円玉を4つ使ったことは内緒だ。さかなにご縁がありますように!あ、4枚しか釣れなかった原因はここか!?

DVC00072.JPG
上から下までほぼ同じ。
ひとつ心配だったのは各コネクタ部分の防水である。
センサーコードが1mしかないので各水深別にコードを延長している。
防水が完璧じゃなく浸水していたら、温度は狂うのである。たぶん抵抗値が下がり40度とか
表示するだろう。

上から下まで同じ。秋なのに、冷たい雨が降っているのに、、
理由はあとで考えるとして、上から下まで同じ温度ということがわかったのは収穫あった。
たぶんいつもなら「秋で朝晩冷え込む、冷たい雨が降っている、底に冷たい水が溜まっている」
と考えて底釣りはしないところだ。
が、今回底釣りが選択肢に入ったのは、雨の影響も冷え込みも関係ないことが科学的(?)に
証明されたので実行できた。つれなかったのはしょうがない。それは腕が悪い(笑)

午後は800gの魚が2枚獲れたので、もっと腕がよければ底釣りで通せたと思う。
我慢が足りないのか、、

では、上から下まで温度が一定だったわけは???
DVC00074.JPG
たぶん、これ。バッキではたぶん、水面しかかき混ぜてないはずなので
対流がおきるほどじゃないと思うが、このブクブクは底から混ぜる効果があるので
きっと混ざっているんだと思う。風呂をかき混ぜるのと同じかな?

では、1年中上から下まで温度が一定だと、なにがいいんだろうか?
1つは魚が一定の層に集まらないことだと思う。
底に集まらないとなると、その池では底釣りが出来ない、やらない。
すべての釣方がカバーできないとなると池の経営は難しいのではないかと。
1つは魚に温度ストレスを与えない
上はぽかぽか、下はひんやりでは、宙から上下した際に温度ストレスを与え魚の健康上良くない。
逆にいうと、いつでも全ての釣りが出来る池でさらに魚の寿命が延びるってことじゃないかなぁ。
CODが一定になり、底にヘドロが溜まらない。いいことばっかりだ。

でも、釣り人には難しい池になる。ウワズルことが苦ではないので簡単にウワズルし、底にも移動する。
もしサーモクラインがあれば、ウワズろうと思っても水温の壁があり、一定層に留まるざるを得ない。
そこまで池の経営者は考えているとは思わないが、まだ調査したのは1個目であるので
今後データを取って行きたい。夏はどうでもいいけどね。秋ー冬ー春は
結構水温って重要なファクターになるんじゃないかな??
まだまだこれからですわ!

2004年11月01日

NHC最終戦、清遊湖の結果

交渉中、交渉決裂、交渉再開、譲歩案制定、譲歩、中止。
別に北朝鮮との交渉経過ではありません。
土曜日にプラに行くか奥さんと相談してたわけ。
子持ちはつらいよー。ウインターシリーズはバイクで参戦になりそうです。
125−250ccのスクータを物色中。バイク駐車場が当たったら買おう。
結局10時出発ならOKってことになったのですが、そんなんじゃプラにならん+TNKも行かない
ので中止。埼玉のコクーンに行って帰ってきました。なんだかなー。

さて、日曜日。
4:30起床、天候雷雨。雷雨ですよ!いろんな秘策をぶらさげて(一部はバレバレだが、、)
清遊湖へ到着、下道で1時間。
朝、清遊湖事務所でTNKがいきなり傘を盗まれたのでいやーな予感は走る。
まあビニール傘なのだが、、
#関係ないけど事務所の入り口横に気圧計と温度計があるの知ってました?

持っていったのは8尺と15尺。
さて、1stステージは0匹。撃沈。底をやってみたら2スレ。終わり。
残り1時間で8尺メータをやるもぜんぜんくわねー。
清遊湖のチケットはもう半分消えた。いや3分の2は消えたな。
後半4kg目指すか。
2ndステージは底釣りからスタート。両ダンゴで寄せて両グルの底に切り替え
30分で800gを2匹。おーこれはチケット半分復活したー。と思うもそこから2時間ウキはだんだん
動かなくなる。残り30分で8尺に切り替え450g−500gを2匹で終わり。
4匹で2550gくらい。あと1匹が釣れない。
全国大会の清遊湖のチケットはバッキの泡と共に消えました。じゃんじゃん。また来年!
DVC00075.JPG
今回の上位5名。
DVC00076.JPG
年間上位5名。

年間でみるとへらメインの人が圧倒的か。あたりまえといえばあたりまえ。
ワールドになって別カテゴリになってくれるとアマチュアは助かります。
来年は別カテゴリになるのかな?まだ同じかな?
ついでにルールもマルキュー1kgとBASIC1kgにすればスポンサーさんも選手も喜ぶのではないかな?
1kgルールはかわらないんだし。完全指定エサは結構難しいなぁ。
違う系統のえさの組み合わせでやらないと幅がせまくなっちゃう。難しいところ。季節もあるし。

さて今週末の北浦に向けて秘策を練るか。

2004年10月29日

サーモクライン釣法、へらぶな

すまん昨日もおとといもサボった。

大量にGETした水温計。1個買って中身調べて5個買って合計6個。
DVC00068.JPG
熱伸縮チューブ、2芯ケーブル17m
あとはシリコンとか、ハンダとか。

DVC00066.JPG
完成図。同じ部屋の温度だが、微妙に個体差がある。±0.4度くらい。あわせたいなー。
だれもやってないへらぶな釣法を開発しよう!第n弾。もう何弾目かわかんねー。
サーモクライン釣法です。日本語名は、、「水温境界線釣法」か?
バスの世界では当たり前のサーモクラインをみつけてその層を釣るというもの。
「春は場所を釣れ!秋はタナを釣れ」と言われるように
秋のタナを知るのに水温が重要なファクターになるのではないか?と思い作成したもの。
まだフィールドテストはしてない。今度のNHCがテスト兼フィールドテスト。
これはコンセプトプロトタイプです。やりたいことのプロトタイプ。
プロダクトのプロトタイプではない、もし製品化されるならもっと高さの低い水温計とか
アジャスターつけないと実用にならないしね。

これから冬にかけて水は4度が一番重いので底をやるのか?
ちょっと底を切ったところがいいのか?がわかるといいな。
宙にしろ底にしろカッツケにしろ、水温の変化って重要じゃないかな?と思う。
「午後から日が差してきて、水温が上昇して活性が、、」とかいう言葉を良く聞くが
そもそもどのくらい水温が上がったのか?というデータが抜けている。
底の水温が変わらなかったら、底釣りをする人にとっては日がさそうが雪が降ろうが関係ないことになる。
超左脳理論では数字がない説明は有効ではないためになんとかこれを数値化したいと思っている
これからも変なへらぶな釣りを開発すると思うが、有効だったり、無効だったりするだろう。
こういうのは100発考えて10発実施して1発あたるか当たらないか?である。
ほとんど無意味なことが多いが、なんでもやってみないとわかんない。宝くじと同じで買わないと当たらない。
良いか悪いか答えはさかなが出してくれる(by ホワイトエンジェルスの某氏)である。

最大の数値化目標は「エサ作り」なんだけどなー。
再現性があるように見えて、じつはめちゃめちゃアナログなのがエサ作り。
これをなんとかしたいと思っているところ。
明日プラできたらいいなー。

2004年10月25日

清遊湖、プラの感触

DVC00062.JPG

土曜日は来週のNHC清遊湖のプラに行ってきました。
中央桟橋でBASICの小池さんの餌教室があり、グルダンゴとオールマイティだけで挑んだんですが、、
途中、あまりに釣れなくてセットにして3枚。早々セットにして17枚釣ったTNKは上位2位でウキもらってました。俺は撃沈!
感想は、、、清遊湖は釣れない時期に突入か?ってところです。
ウケながら入ってもやもやーで終わり。この繰り返し。たまに出るツンはカラツン。
自分もセットなら釣れるが両ダンゴでは釣れないので今度の大会はピンチ!です。
ということで、作戦変更。
今回は両方の餌が軽いので底釣りは無理っぽい。
以前にグルテンとバラケのセットでは釣れた記憶があるので、なんとかグルダンゴを
グルテンとダンゴに分けられないか?と試行錯誤中。
なんとかウドンが作れれば釣れるかも。
グルダンゴを1万回練ってウドンが出来ないか?(笑)本気で検討中

ちなみに小池さんは俺には針付け無理っていうくらいの餌で釣っていたようです。
最初底釣りを試したのですが19尺と長い竿しかなく、17尺で底が取れるのですが15尺しかない。
無理やり19尺振っていたら底が取れない。そうです、逆駆け上がりになっているので
沖に振るとウキが浮き過ぎる、手前だと沈没。気がつくまで10分くらいかかりました。
アタリを取るとワンカップ大関のフタが、、、いや本当ですってあのフタはいい当たり出します。
くそー、しまいに根がかりでひっぱっていたら穂先が抜けた、、、どよーん。マジですか?
もう釣りにならない、、。ということで宙をやることに。
結局13尺、8尺、15尺と振って釣ったのは8尺メータセットのみ。
はぁーよいよい。つれねー!俺にはつれない。ダメだー。
宙の両ダンゴではつれないですわ、、、あーあ。どうしようかな、、今週。

2004年10月20日

俺の釣り番組が売れてます(?)

変なメールが来た。TO:に俺の名前書いてないし、、
SPAMかと思ったが見覚えのあるURLだったので、見てみた。

>弊社 http://www.dmm.com/ はこの度、大幅なリニューアルを
>させて頂くことになりました。

dmmってなんだっけ??忘れたなーと思って見てみるとそこには
懐かしいタイトルを発見。

dmm.jpg
ええ?俺の作った番組じゃん。売れてるの?
3位ですよ3位。わはは、ぼろもうけじゃぁ!と思ったが、、、

dmm2.jpg
高いなー、ちなみに1個売れると100円が俺の手元に入る仕組みなのだが
はっきり言って面白くない。300円も出すのならスカパーの900ch台の1PPVを買ったほうがまし。
って作った自分が言うなよ。。
3位でどのくらい収入があるのかと言えば、前回売れたのが経営母体が代わり無理やり清算されて400円振り込まれてた。
3位で400円ですよ。普通3000円以上溜まらないと振込みされないので30ダウンロードもされてないってことです。
ってことはおしてはかるべし。
ビジネスモデル自体が有効ではないってことです。
いちおう、あの頃の俺のモデルとしては56k、100kはデモ用に公開して500kを販売するという
モデルを打ち立てていた。
映像屋になろうかと思っていた時代。今の俺ならがなりを抜ける(嘘)
ちなみにデモのURLはこちら
今じゃWMPがそんなコーディックは知らん!といわれて俺見れません。
あ、嘘嘘、見れました。56kは画像汚い、100kならなんとか見えるのでは?
#2001年のものが知らん!と言われて見えませんね、、、くそー。
こんなもの300円も出して買う人がいるのか?
ちなみに販売待ちになっているコンテンツは2年たってもまだ待ちでしたっけ?
もう却下されたんだっけ?どっちにしても、もうどうでもいいことですね。
同時期におぐちゃんも動画公開していたが、、今見るとアダルト動画サイトに飛ぶようになった(笑)
ドメインがなくなったからね。けっしておぐちゃんがアダルト動画サイトを始めたわけじゃないと思う。

2年も前のコンテンツでおます。そういえば、この年に初めてへらぶな釣りをやったっけ。
って1月ですよ。寒い寒べら釣り。わけもわからずやったっけ。場所はショーゲン!(渋)
2002年はバスのオフシーズンにへらをやったので結局4−5回しか行かなかったような。
2003年は子育てで4−5回しか行かなかったような。
2004年はNHCのみで合計10−13回くらいか?そのうちお立ち台が1回。上出来です(笑)

さて、今晩から台風です。
秋の夜長は動画編集をしましょう!。俺はULEAD、VisualStudio7SEDVDを使ってます。
VisualSTUDIOは結構使いやすいです。って、最近はアンパンマンとかNHKのぐるぐるどかーん!とか
車で子供が見るDVDしか焼いていませんけど。
あ、スパカーの753chのへら特集のDVDとか作ったっけ。ハーフDVDでエンコしたので
4.7GBのDVD-Rに3時間半も録画できたのだ。車でじっくりみようっと。

2004年10月13日

富里乃堰の賞品

戦利品

つーことで、抽選で当たった新米5kgとラインでおます。
道糸は06、08ハリスは03、035、04しか使ったことがないんですが
07と035という選択肢も増えて良かったです。
06、03と07,035と08、04の3種類になるわけですね。ふーん。

2980円で買った60cmのハリス掛けですが、留め金が1個クラッシュ。
うーん磁石にしたい。
さらにタモアミのリングがクラッシュ。補修したい。
修理ネタは続きそうです。

ところで、どのサイトでも見ていると思いますが
stk@lin.ac
に空メールを送るとアンケートが送られますので
特定外来生物被害防止基本方針でバスを指定されないようにがんばりましょうね。
一応、俺もやってみましたが、システムの作りには不安があります。
もう少し手をかけてもいいのでは?

2004年10月12日

NHCオープントーナメント富郷乃堰

つーことでETCはいいな  俺もつけたい。
台風の影響で池はどちゃにごり、コーヒー牛乳色というか味噌汁というか。
参加人数55名くらいだったかな?不明。
席は26と62、どっちも良座席です。(by 富郷乃堰の座席マップ)
用意した竿は13と19.どっちもおろしたてというか、先日オンラインショッピング(笑)で勝った中古。
#あれ、8尺もらってないな>TNK
テントと張って19を振ろうとしたら振れない。30分でやめ!浮きはピクリともしない。
13尺の底釣りに変更。浮きは動く。なんとか1匹でスレ2発。どれも放流っぽい。
前半終了715g1匹で終わり。そうか浅いところに寄っているんだ、って気がついたが
メータまでは行かなかった。底釣りがしたいんだよー。でも底釣りはわかんねー、たのしー
しかし、仕掛けはクラッシュするし(その後12尺仕掛けに1尺つないで使用)
ネガカリ6回で木の枝、葉っぱ、捨てられた仕掛け、を釣ったりハリスが切れたり。もー散々。
隣の棚網さんも1匹715g。

午後、どうも浅いところがいいみたい。んが、底釣りしたい(もー馬鹿です)ので
テントをたたみ、パラソルで19尺を振り、底釣りを通す。1時間半で1匹釣れるが
浅いタナが気になり13尺メータへ。よく浮きは動く。オールキープ作戦かな?と思い2枚まで500g以下を入れる。
3枚目は350g、さすがにリリース、400gもリリース、600gをキープ、あと30分。であと1匹。
これがいい当たりだが、釣れない。カラツン地獄。
ふわふわ、スパン!と当たってもカラツン。ああ、これがうわさに聞くカラツン地獄か、と
しばしカラツン地獄を堪能(アホか!いやカラツン地獄は初体験なので経験しとかないと)
で、餌を手直しするとまったく当たらない。わははそんなもんだ。
なんとか500gを入れる。
後半は5枚2540gで終了。俺には大きいのがつれませんでしたね。
DVC00041.JPG
表彰式。
上位は18尺で2本とかの放流狙いでした。
午後の途中で魚が釣れた下の水面が味噌汁のミソが舞い上がるようににごっていたので、ああこれは
綺麗な上澄みの方にさかながいるのでは?と途中で思い朝一からメータをやればよかったと後悔。
19尺メータとか1本半とかが良かったかなぁ。

教訓:濁ったら上澄み?

2004年10月08日

ペンシルを使うとき

吉田さんのBLOG  http://dictsproducts.com/blog/にトップウォーターを使うときの質問をしてみた。
かーなり詳しく、長く回答していただいた。ありがとうございます。
来年の夏はペンシルだ!

質問にもある通り、俺はポッパーでしか釣ったことが無い、投げてないのか?と言われたら
結構投げているつもりだ。
夏の早朝の山中湖でペンシルを引いてきても出た試しがない。
山中湖、河口湖、北浦、霞、横利根、北利根、前川、ナサカ、ヨタ浦でも出たためしがない。
一体ペンシルで釣るにはどうしたらいいんだろうと、思っている。
釣りビジョンでもペンシルで釣れるシーンが結構あるのでたぶん釣れるルアーであろうということは
わかるけど、俺の中での3大釣れないだろうルアーに入っている。

1位 バズベイト   釣れる気がしない。スピナーベイトの表層引きから練習します!
2位 ペンシルベイト  止めたら食わないといわれているので止めることが出来るポッパーに分がある
3位 シャッド      ミノーでは釣ったことが有る、クランクベイトもある、でもシャッドはないなぁ。

と考えると、俺は遅い釣りしかしてないことに気がつく、というか早い釣りが苦手ということかな?
どうして自分の釣りが遅い釣りになってしまったんだろうか?
たぶん、バス釣り=テクニックと思っていたからじゃないかな?
バス釣り=バス探し、と思っていたら早い釣りのスタイルになったのではないか?
バス釣り=テクニック、という間違いはよくハマル間違いだ。
たとえば、5m先に杭があったらそこに絶対バスはいる。その杭のバスをいかに釣るか?のテクニックになってしまう。
でも、その日は杭のパターンではなかったら、その杭にバスはいない。
よくいうプールでルアー投げても釣れないよ!というやつである。
バスがどこにでもいた時はそういうところにもいた。だからテクニックに走っても有る程度は釣れた。
ところが、最近北浦、霞はバスが少ない。テクニックではつれないのである。
バス釣り=バス探しということになると釣り方はがらりと変わる。
いない場所をいかに見切るか?バスをどうやって見つかるのか?ということである。
これが抜けていたに違いない。よしバス探しをやるぞ=早い釣りを展開するぞ!
すると、同じエリアをサーチするにもワームよりクランクベイト、バイブということになる。
ポッパーよりもペンシルベイト、バスベイト、となる。
自己解決したかな?

TOPはポッパーさえあればいいと思っている(た)。もう生産中止になった(と思う)がBASSMANIAのTANK50が
一番お気に入り。あるカラーしか使わない。昔イタツリに安く出ていた時に棚の6個全部買い占めたことがある。今でも新品が4箱ある。2個は友達に譲った。>ひらりん在庫あるよ(笑)
ダイソー100円ポッパーでも爆釣した経験がある(某M社のP●P−Xに釣り勝ったり)。

その次はアメリカンルアーのポッパーになるがREBELのPOPPER。
これはアクションがいい。重心移動するのだが、引いているときは水平に引けて止めると
重心移動し、カツンと上を向く。利根川でデカイバスをしとめたのはこのアクションだったっけ?
このアクションに感動してさらにその上を行くポッパーを作ろうとしたのだが計画は中止した。
内部の重心移動で内部構造をいじるためにプラモデル版のポッパーのキットを買おうとしたがもうすでに
売り切れていたので、、、。完成品を割るか?うーん。ということで中止。
まあ作るとしても、普通ルアーは左右にプラスチックを合わせるが、俺のは上下じゃないと
うまくいかないって言うじゃない。そんな特殊なルアー作れませんから!残念!ハンズでFRP探し斬り!

2004年10月07日

清遊湖へ向けた作戦

10月31日はNHC第6戦の清遊湖です。
関東シリーズでは上位40%が全国決勝大会にすすめます。
さて、自分は現在半分よりちょっとうえ、ってことでギリギリヤバイです。
今度こそちゃんとポイント取らないと。
で、5戦いままであったわけですが、決勝へ進めるポイントを計算するには
最低ポイントを除いた、5試合分ということになっております。
そこで、、そのシミュレーションを計算してみました。
おー超左脳理論の見せどころ(笑)

なお、計算結果はあくまでもオレの独自の方法でありシミュレーションであり
本当にこの通りではない、あくまで無保証の計算結果であることを断わっておきます。

計算アルゴリズムには最低ポイントを除くだけで、たとえば4500gで5pと
3000gで5pと5p試合を除く場合に3000g5pの方を除かないといけませんが
面倒なので重量の計算はしてません。
あと、省き方なんですが、ポイントの低い試合を除く、であるので0p(欠席)の場合の
扱いがイマイチわかりませんでした。
0p(欠席)を省くのか、それとも0p(欠席)はそもそも試合数に入れないのか?
ちょっとわかりませんでした。たぶん試合数に入っていると思う、という計算に
なっています。

5試合中の上位ポイント4試合を計算し、上位40%を計算すると95人*0.4=38
38人ということになります。
38位の人のポイントを基準に6戦目をどう戦ったら、全国決勝大会で進めるのか?
をシミュレーションしました。
結果は、、、計算結果。です。
予想決勝進出ポイントは95pと予想されました。
あとはその結果ですね。
さあ、私は20位以内を目標にしないとだめみたいです。
まあ、あくまでもシミュレーションなので実際結果を見ないとわかりませんが、
ある程度目安になるのかと思います。
データの見方によっては
38名の枠のうち、参加点で行ける人までが28名。
残り10枠を可能性がある35名が戦うという図式が見えてきました。
可能性のある人は35分の10、大体合格率28%というところでしょうか?
まああくまでもシミュレーションですから。参考程度に

2004年10月06日

ウキの修理

へらを始めたばかりの時に作者不明のTNKからもらったカヤウキがトップが壊れ
違うトップに付け替えたが、バランスが悪く、さらにまた付け替えることにした。
その取り去ったトップは前回のツボリグの自作に活躍したわけですね。
んで、材料。
DVC00036.JPG
瞬間とパイプトップだけ。トップは260円くらいの逆テーパ11cm。

DVC00035.JPG
完成、、、、うーんバランス悪い。
トップでかすぎ。もっと短いのにしないとダメだな。
そういえばもともと7cmくらいの細パイプだったような。
まあいいや。あとでフィールドテストしてみるか、風呂場で試すか、どっちにしてもウキの立ちをみないと。
逆テーパにしたのはよくトップが沈没するので浮力が欲しいため。
初心者にはうれしい設計を目指したのだが、まだバランス悪い。
自分でウキが作れる人ってすごいなーって思う。
俺はまだウキのよしあしがわからないし、自分の得意なウキもわからん。
これから寒くなっていくし、ムクトップのウキの出番が多くなるのかな?って思う程度。
たぶん、パイプトップとムクトップでは釣りがぜんぜん違うんだと思うけど、、わからん。
ああヘラブナはわからないことだらけ。
一見単純そうに見えるんだけどね。ぜんぜん未知の世界だ。

そういえば昨日は誕生日でした。
SANY0078.jpg
ミッキーと一緒にご飯食べる。
詳しくは某ページに(笑)

2004年10月05日

ヘラマガジンVol.2

つーことで、へら用ハカリがへらマガジンVol.2に掲載されました。
わーいわーい。
ほとんどカケハリ+バネばかりですが、この方がシステムとして検量が早いですよ。
たぶん意味がわからないと思うんですが。バストーナメントの時も一緒です。
いっそのことバス用のハカリも作ろうかなって。5本釣れたらどうせオールキープなので
さらにドッチモドッチもあるのでハカリはバスの時はいらないか、、、
河口湖とか山中湖とか数が釣れるようになったら必要かもね。

来週は富里乃堰です。しかし難しい漢字だな。富里乃堰。富里のセキと書く人もいる。
釣り方はまだわかりません。でも針は買いました。糸結んでない、、
この間の賞金で、テント買いました。
中古ですが竿も8尺、19尺、21尺をゲット。
これで、8,9、12、15、19、21が揃いました。本当は19じゃなく18がよかったかも。
19,21は竿掛けがないので1本を改造して(?)2本にしようと思ってます。
どうやるかまだ未定ですが、、、ダメなら金属製の適当なのがあるので
それでいいかな。

あとはウキですかね。しかしいいウキを使わないと上達しないらしいので
ウキも注文しました。5000円!いつも150−1500円くらいのウキを使って壊している俺にとっては
痛い出費です。壊さないようにしないと。まあ、修理もしてくれるらしいけど。
ウキの修理って。そういえば釣具やで替えトップを見ていてふと疑問に思ったんでTNKに電話した。
「もしもし、なんで替えトップにムクが無いの?」
てっきり俺は袴のついたムクトップを売っていると思っていたんですがね。
強度の問題でハカマのところで折れちゃうかららしい。
ってことはですよ。もしハカマつきの折れないムクトップができたらへら業界でのノーベル賞モノってこと?
研究する価値ある??
業界のタブーに挑戦だ!ってそんなに簡単にはいかないね。まあぼちぼちやってみます。
しかし雨だねー水温どんどん下がるね。
土曜日あたりに晴れてぐんぐん水温が少し上がると、体育の日は活性最高潮になるかも。
淡い期待を込めて。

2004年10月04日

日曜日JBCC北浦最終戦

強風のため延期11月7日です。
都内、千葉あたりはぜんぜん風が吹いてないらしい。
4時、5時、6時、7時と1時間おきに風のデータを見ていたのですが、
犬吠崎で8m前後、九十九里あたりで6mですか、
北浦霞ヶ浦は太平洋側に山がないので風がそのまま陸地に流れ込みます。なので
都内で平気でも北浦はビュービューということが多い。
延期は11月7日です。なかなか大変。寒い、釣れないっすよ。
あ、アレ忘れた。取りにいこう>独り言。

そのあと雨の中おかっぱりを少々。
んで15cmくらいのを2ヒット1バラシで1匹ゲット。
DVC00038.JPG

撮影後、カッパのポケットに携帯入れておいたら、ポケットに浸水してカメラ水没不動に!(泣)
そこは俺だもの、分解して、車のエアコンで乾燥させて、組み立てしてなんとか復活。
しかし細かい部品がどっかいった(笑)
おかげで、、、、アンテナなし、背面液晶のファンクションスイッチなし、、です(笑)
モックが届くのでそれで修理しよう。車のどっかにあるんだけどなぁ。

2004年09月30日

竿掛けの補修

羽生吉沼で試合後、竿掛けを分解していると、、
ポロっと取れちゃいました。ってここまで分解しなくても。
元の接着剤は瞬間か?けっこうざらざらになってました。
強いけど、もろいのよねぇ。SUPER-Xがお勧め。
DVC00025.JPG
早速、2液混合接着剤を使って補修。
まだまだ活躍しますよ。この接着剤。
DVC00021.JPG
完成。ってくっつけただけやんか。
これであと10年以上は使われるでしょう。ふふ。
そういえば、長竿を使うのに竿掛けが短いことが判明。
今は15尺が限度ですけど、あと1本分欲しいところ。
長くするにはどうすればいいかな?
一応、金属の伸び縮みする竿掛けはあるのだが、、

昔TNKにもらった竿掛けがあるのでそれを使うか。
1本半にするか2本にするかそれから考えよう。
方法は簡単である。
今ある竿掛けの先に、昔もらった竿掛けを刺さるようにする。
元の部分が大きくなっちゃうかな?
今度やってみようっと。

2004年09月29日

針はずしの作成

今までは耳掻きみたいな鉄の針はずしを使っていた。よく上州屋で売ってる
200円のながーいS字針はずし。ハゼ釣りに活躍しそうなやつ。
んが、やっぱり取っ手が竹で先に金属のぐにゅっと(んの字に)曲がったやつ(なんていうの??)が
ついているのが欲しい。前回のプラでTNKに貸してもらったら使いやすかったので
作成することにした。ちょうど竹の根を買ったところだが、ギル専用という針はずしをもらったので
それを改造することにする。
DVC00026.JPG
材料:竹の根の取っ手(もらいもの)、針はずしの先っぽ(200円)、2液混合接着剤

作り方は簡単だ。ヒートン抜いて、ドリルで穴開けて
接着材塗った針はずしの先っぽを入れてできあがり。
DVC00024.JPG
完成。買うと2000円くらいするのでどんどん自作しましょう。
(柴田釣具なら980円で売ってた)
さて、これを使うのはいつかな?うーん富里乃堰?

竹の根から作ると加工と塗装が大変だと思う。特に竹の根の先っぽって
どうやって尖らせるのかわかんねー。
想像するに、カヤウキと同じかな?
縦にいっぱい裂いておいて、絞るんじゃないかな?
黒いのは漆かな?黒いウルシだったりするのかな?まあよくわかんないです。
あとペーパーかけとかもあるんで手間はかかるだろうなぁ。1個作るのは面倒かも。
大量生産なら安く作れるかな?作らないけど、、

2004年09月28日

デカバス+大物

040925-1612-01.jpg
どっちもでかいね(笑)
舘野ちゃんが釣りました。
バスは45,6cmだけど体高がすごい。1500gは余裕にある。もう1匹は鯉。しっかりと口にフッキングしてる。
いいなーでかいの釣って、俺には釣れなかったな。
5LBラインにULタックルで20分くらいかけて取り込みましたな。面白い。楽しい。

さて、水温もぐっと下がってきてスピーナーベイトの季節です。
俺には釣れないけど、スピナーベイト。
苦手なんだけどスピーナーベイト。
別のアプローチを見つけないとね。

それにしても最近フラグラブを売ってない。
どこで買えばいいのか、、あっても白、ピンク、とカラーがなかったりする。
難しいのう。フラグラブはなかなかいいルアーなのに。
今度の大会で使いたいなぁ。フィリッピンチューブとかあるともうちょっと範囲が広がるか、、
あと、もうすこしネコリグの研究もしよう。
某根がかり100発ポイントではなんとか根がかりを防ぐ方法を研究しないとリグってばかりで
釣りにならん。効率も悪い。

2004年09月27日

野池めぐり

子供の世話を変わりバンコにしながら野池めぐり。With 愉快な仲間達。
って愉快な仲間達、画像をメールしてくれ>舘野ちゃん。
DVC00027.JPG某池
野池は紹介するとつぶれるので詳しくは紹介できませんが面白そうな池でした。
DVC09251.JPG
DVC09252.JPG
DVC09253.JPG
DVC09254.JPG
DVC09255.JPG
DVC09256.JPG
小さいけどよく引く。
この日はあまり釣れなかったけど、勉強になる。
まず、、ルアーに対して非常にセレクティブであるということ。
特に形、いわゆるシェイプというやつ。
次に色。カラーね。ある色しか釣れなかった。形を変えても色を変えると釣れない。
面白いです。ということで、今週はある色を求めていろいろ店を巡るかもしんない。

そういえば、この前ツボリグのフィールドテストをしたときに思ったのが
バスが少なくなっているなーってこと。ギルも同じ。
発見した事実を2つばかり、、
1つ、北利根の葦を打っていたら、葦の根元からボディ4cmくらい(全長8cmくらい)の
エビが水面を泳いだ。結構長い間。ロッドでつついてやろうと思ったらもぐって逃げていった。
普通なら水面一発でバクっと食われるでしょう。
1つ、流入河川のシャローを打っていたら、赤いものがルアーにびびって逃げる。
なにかと思ったら金魚です。他の魚に比べてきわめて目立つので普通は生き延びれないはず。

ということで、どこにでもバスはいるということではなくなってきたようです。
これからは、いやこれからもバス探しが一番重要なポイントになってくると思います。
あとは釣れるルアーを投げること。かな?
ということでがんばりましょう。

2004年09月24日

NHC第5戦羽生吉沼

DVC00020.JPG
優勝は田淵さんでした。さいごのキロフィッシュがカッコよかったです。
俺は、、釣れませんでしたー。
1stステージは8匹くらい釣ったかな?でも4匹しかキープできず。
釣っても釣っても500g。すなおに5匹入れとけば2500gでポイントは取れたかも。
2ndステージも同様だったけど、620gと760gが混じって、いけるかな?と思ったら
これも4匹しかキープできず、5ptボーズ。
作戦的には600gオーバーをキープでよかったんだと思うんですが
実際は500g以上をキープじゃないとつらかったです。ポイント取れないし。

使用した竿は9と15。はい1本増えました。15が増えました。でも本調子なので
600g以上の魚は簡単に上がってきません。羽生は座が広いからいいけど
狭いところは厳しいかな。硬い竿がいいな。
DVC00022.JPG
お立ちインタビュー中のTNK氏。3位でした。賞金は3並びでした。
DVC00018.JPG
よかったね!次回は清遊湖です。15で底釣りか?まあ考えますわ。
そのまえに富里の堰ですね。グルテンのセットです。18尺欲しいところ。

しかし、今回はギャンブル失敗ですね。15尺テンテンで通せばよかったのかな?
前半は90分で1キープ。いやになって9尺カッツケ。4枚目までは
なんとか釣れたが5枚目がキープできず。撃沈。
後半は15テンテンで通すものの型が、、500g以下ばかり
残り1時間で全キープモードにしたがまったく釣れず撃沈。4枚でした。
だったら最初から9尺テンテンで5枚500gをキープすればよかったわけですが
結果論なのでどうしょうもない。
途中で餌が合わないな、と気がついたがどう直していいかわかんないので強行したのが撃沈の理由だろう。
いちおうハリスは長くないとダメだなって途中で50,60に変更したが、餌の直し方がわかんねー。
あと餌ボールを標準サイズに変更した。餌の混ぜ方がわかんなくなった。使い慣れない15尺を
振ったこともあるかな?
いろんな悪い面が反省点。次回に生かそう。そうそう新しいことを思いついたので
さっそくフィールドテストをしてみる予定だ。って富里で投入することになるのかな?
今回は19尺底釣りが優勝パターンか、やっぱり底釣りが強いのねー。
あと場所。最深部に席が当たらないとまったく優勝に絡めません。
端や事務所向きの場所ではもうポイントを取る釣りをしないといけないのかなぁ。
奥の席では水が悪く2時間でアタリ3回という小山さんの話。
もう場所で大部分の釣果を占めている気がする。
それではまた来週!

2004年09月22日

羽生吉沼に試釣

DVC0920.JPG
結果。
まあいろんなことやりながら釣ってましたからね。今まででは釣れた方ですかね。人が少ないと
へらが寄りまくりです。
さて、この写真のどこに注目しますか?64番?52FISH?28Kg?970g?
当日TNKと試したのは8ー18尺カッツケからボトムまで。
エサはパウダーベイトへらとボトムとマッハとα21(グルテン)。
そうそうグルテンはオープントーナメントで使ったことないエサなのでグルテンを試してみただけです。
あやうく200ccのカップで計るところでした。そんなにいっぱいつかわないらしい。

さて、パターンの方は見えず。ただ、120g連荘パターンとかもあるので
狙い方によっては子べらばっかり、、ということになります。120gって!5枚600gですね。
最低新記録狙いにどうぞ。巨大ワタカより軽いぞ。マブナかと思った。
底釣りは大物が多いです。1000gオーバーうようよ。ひげ生えてますけどね。
桟橋FISHも健在で、餌作っていると「くれーくれー」と沸いてきます。
ラストに9尺テンカラというパターンを試してみました。
ウキのない釣り方です。ロッドで直接バイトを取ります。
まあ釣れないだろうと思ったら、しっかり釣れました(笑)オレって天才じゃない?(嘘)

9尺でウキなしです。ルール上はウキ止めから第一オモリまで1m以上とかあるので
ウキなくてもウキ止めがあればいいんだろ?と思いますけど。どうだかわかりません。
ウキがないといかーん、ということであればリリアンにウキをつけてもいいけど、、まあ流行しないだろうな。
ただ、浮き桟橋はゆれるのでロッドがゆれて同一水深に餌を止めるのが無理ですし
竿掛けは極端に上を向いているし、ずっと手持ちだし、いいことないですね。
これをヒントにしてください(ヒントになるか!)

一応明日の作戦はもう立っているのですが、席順しだいですね。
深いエリアじゃなかったら魚は寄ってこないので端席になったら困りますね。
自動計量器がある席が50席くらいしかないので30人ー50人くらいは浅いエリアに
割り当てられることになります。そうなったら作戦変更しないといけませんね。
どうしようかな?20尺借りるか?って振ったことないんですけど。。。
明日も写王で静止画生中継の予定です。
まあそんなに更新することないと思うけど。雰囲気だけでも伝わればいいかな。

2004年09月21日

ツボリグの自作

DVC00014.JPG材料です。
お猪口100円、接着剤100円、クロークランク780円、パイプトップ(笑)0円。
パイプはなんでもいいですよ。まあ1000円もあれば買えますね。
DVC00013.JPG穴を開けます。目標は直径2mm。
DVC00010.JPG穴完成。ってえらい大変でした。
陶器に穴を開けるのは大変で、最初ルータ用のグラスのデザインするようなヤツで
やったんですがなんと、途中でヘッドが磨耗折れ。ドリルじゃ穴開きません。まあ大変でした。
DVC00011.JPG接着材でパイプトップを接着。
DVC00012.JPG余分なパイプをカット。パイプカットで夜も安心。
DVC00009.JPG完成の図
DVC00008.JPGこんな感じ
自宅のバケツでテストしたところ、浮力が弱いのでトリブルフック2本ー>1本に
さらにオチョコに引っかかって飛び出さないので、、飛び出し君を追加することに。
DVC00007.JPG飛び出し君の作成
DVC00005.JPGオチョコの底にセット。
これで、ラインを緩めたときにクローが飛び出ます。飛びます!飛びます!
DVC00002.JPGフィールドテスト
実際に北利根でテストしてみました。結果、、、、釣れず。というよりも
ツボはまあいいでしょう。問題はクロークランクです。やっぱり浮力が足りない。
浮いてきません(笑)浮力の強いクロークランクを探すところから始めないといけないようですね。

DVC00003.JPG
ちなみにこの日、唯一釣れたバス。ヒレピンシャンのきれいなバス。まだまだいるんだなぁ。
リグはでっかいグラブのテキサス。
3人で1匹ですよ!ひー釣れない。
強風でしたし、エンジンに緑のハチマキしめたボートがたくさんいたので大会だったんでしょうか?

北浦出発でナサカ通って北利根、、んで横利根(笑)
アホみたいに走り回りました。でも釣れませんねぇー。あとギル1。
日曜日はこれで終わりました。ちゃんちゃん。

月曜日は羽生吉沼でプラ。面白いことがわかったのですが、またそれの話は明日。

2004年09月17日

JBCC年間ランキング中間発表

JBCCの中間発表があった。
今のところ14位!である。
あと1戦でシングルになるか、20位台に落ちるか。びみょーん。
釣れてないので10月の大会はつらいな。
飯塚さんは2位との差が47点なので1匹で年間優勝か?
そろそろスピナーベイトの季節で、男引き!かも。
最近涼しくなって秋の気配満載。回遊をどうやって釣るか、、ですね。
はっきり言ってハードベイトはつらい。どうやってフィネスで食わせるかだ。
しかもいないエリアにはバスはまったくいない。少ない、ではない。いないのだ。

秋の荒食いということはないと思うのだが、ターンオーバをどうやって克服するのかな?
など、秋はあまり自信がない。でも毎年なんとか釣れる。
一番はやはり4月の第1回大会が釣れない俺の鬼門になっているので年間優勝は難しい。
1度でもボーズを食らうと絶対年間優勝はない。
リミットの釣りを展開しているのであーる。

バスではリミットの釣り、へらではギャンブルの釣り、釣り方、スタイルを変えながら
オレは進化していくのだーわははは。
今週末は、ちょっと釣るよー。

つぼリグを自作するパート1

なんでパート1かというとまだダイソーでお猪口を買っただけなんですね。
このあと、底にドリルで穴あけ、穴にプラスティックパイプ付け。が残っているので、、
プラスティックパイプはチュッパチャップスの棒が硬くていいパイプなんじゃないかと思ってます。

もちろん普通のつぼリグだけじゃなく、「つぼリグソフトベイト」と「オダリグ」も作ってやるぅぅ。
その割りにはダイソーに行かないとおちょこがまだ1つだけ。
この前ダイソーに行ったとき、柴を100円で売っていたので、柴を束ねればオダリグの出来上がりだ。
中にナス錘入れないといけないけど、、たぶん浮くからなぁ。
柴に鉛巻いてもいいかもねん。しかし、ヘビーなリグだな。しかもスローな釣りだ。早いテンポじゃ打てない。1キャスト30分って感じ。投げて、底に着底して5分放置。柴の泡が消えたあたりで
ゆっくりシェイク。時々シェイク。放置5分、んでシェイクク。クっと当たればFISH!長いなー。

さて、今晩はメバルORシーバスです。なんか釣れるといいな。
明日は針に糸を巻き、バッテリーを買います。
北浦でバスを釣り、羽生でプラでございます。(なんだかなぁ)
そんな週末になるとうれしい。

2004年09月16日

NHCオープントーナメントの指定エサ変更

<完全指定エサ>※関東・関西会場ともに共通
 1.パウダーベイトヘラ1袋
 2.パウダーベイトセット1袋
 3.ヒゲトロ1袋(4分包入り)

(10/11 富里乃堰)<完全指定エサ>
 1.パウダーベイトヘラ1袋
 2.パウダーベイトセット1袋
 3.グルテンα21 1袋

に変更になった。うーん、ヒゲトロのセットでなんとか釣ろうと思っていたので作戦変更だ!
しかしパウダーベイトセットがあるから、やっぱりグルテンは食わせ。ということか?
グルテンのセットに変更するだけ、といえばそれだけなんだけど、、。
両グルテンという大型狙いも可能なのかもしれない。
両トロロの線は消えたぁ。まあ秋だしね。
そういえばグルテンエサは使ったことがない。

ということで、考えた。なぜグルテンエサになったのだろう。。
グルテンエサについて調べていると、、以下マルキューのHPより引用


秋が深まる10月下旬から11月にかけて、各地の管理釣り場では新べら放流が始まります。白く輝く美しい魚体と強烈な引きを楽しめるのはこの時季ならではのものです。 放流直後から荒食いする新べらを狙うには広範囲にバラける麩系のエサよりも、マッシュの粒子がサラサラとタテに抜ける軽いグルテンエサに実績があります。バラけたマッシュが新べらをタナへ誘い込み、そしてハリのフトコロに残ったグルテン繊維を吸い込ませるというのがこの釣りの基本です。

ズバリ予想!富里の堰では放流が直前に行われる!ってことじゃないの????だ。
違うかもしれんがとりあえず新べら放流を想定した脳内プラを開始だ。
って、その前に羽生吉沼じゃ!北浦の最終戦じゃ!
羽生は一応プラします。3連休のどこかでー。
北浦もプラしますって、ぜんぜん早すぎるじゃん。つーか、北浦本湖じゃ釣りしないかもしれんし。

ということで、そろそろ針に糸巻かないと、、

2004年09月09日

つぼリグ

最近、つぼリグという言葉を聞いて、ちょっと調べてみた。
ひょっとしたら新しい釣れるリグかもしれない。
すると、ちょうどお猪口にクローフロートクランクをセットしたようなものだと判明した。
このお猪口にクロークランクが隠れるのでエビっぽさを演出するらしい。
さらに、お猪口がシンカーなので、1点でシェイク(?)できるようだ。
ふんふん、なるほどね。一応、サイトで使用することが前提になっているようだ。

ということは使えるシチュエーションは限られてくるような気がする。
6-9月で、シャローフラットで待つ釣りになると思う。
さすがにバスの目の前にツボを落とすと逃げるだろうから、シャローのエサ食い回遊待ちが効果的か。
遠投には向かないだろう、根がかりする要素が多すぎるなぁ。
関東なら富士五湖方面で使える気がする。シャローフラットにツボがあってエビが隠れているのが
見えたので待っていたら出てきたエビにバイト!か?
2m以内で使えると思うけどサイトはつらいな。みえづらいかも。
で、普通はここで解説おしまいであるが、オレはその先を行くことにした。

このツボリグの最大の特徴はツボである。いまさらなにを、と思うかもしれんが、このツボはすごい。
フローティングクロークランクに3号のナス重りでも同様のことは出来る。
しかし、ツボと大きく違う点は、クランクが隠れる、ということもあるがもっと大きく考えると
このツボはストラクチャーなのである。
シャローフラットにストラクチャーがあったらとりあえずバスは寄ってみる。あるいは興味を持つ。
それはルアーにではなく、ストラクチャーにである。ツボはストラクチャーなのだ。
よくバスが、空き缶についている、とか、瓶についている、ということを経験した人も多いのではないか?
ツボリグはなんにもない、シャローフラットにストラクチャーを作ったのだ。
ルアーで集魚するのではなくストラクチャーで集魚するという発想のルアーなのだと思う。
#製作者はここまで考えてないかもしれんが、、、

そうすると、これまでいかに小さく重くするか?というシンカーの命題を完全に否定することにより
シンカーが進化(おやじギャグじゃないぞ!)してツボになったのだろう。
超左脳理論ではさらに先を行く。
では、もっと効果的な使い方はないのだろうか?
それはツボリグのソフトベイト化である。
高浮力のソフトベイトを使うことにより、より効率的にバスを釣りことが出来る。
さらにサイトに頼らなくてもよいことになる。遠投も出来るだろう。
バイトもはっきりとわかると思うし、ツボも陶器にすれば、万が一根がかりしても
陶器は石と同じで環境にやさしいし、フロートワームは浮かんで流れ着く。

フロートワームは4インチチューブワームに浮力材をつめたものが適切か?
遠投してもラインの抵抗に負けない浮力が欲しい。
さらに、ツボリグではクロー限定だが、シャッドでもいいのではないか?
ストラクチャーに着くベイトはクロー系だけとは限らないと思う。ヨシノボリみたいのがいてもおかしくない
すると使えるシチュエーションがかなり広がる。

応用例を考えよう!ツボリグは小さなストラクチャーだが、もっと違うのでもいいのではないか?
たとえば、「杭リグ」。水中で立っている杭をイメージし、ちょうどダウンショットの横に
杭が有る様子だ。バスは「お!杭だ、ちょっと隠れてみよう」と、よってくるとその杭の横に
おいしそうな魚がぼけーっっとサスペンド中。イケル!かも。

「オダリグ」シンカーをオダのイメージにし、その上にクローワームがいる。バスは目ざとく
オダを見つけ、エビがいねーかな?とチェックするとエビ発見!と相成るわけだ。
しかし、どっちもかなり遅い釣りになることは必至、どっちかというと漁に近いな。

ストラクチャーを投入するという案では昔、ポイントマーカーの糸をウィード風にする案を出したっけ。
これで山中湖のワカサギの回遊の足を止めようという作戦だった。けど、当時はウィード代わりの
ものが見つからなくて、、それとルール上、マーカーは1人1個!となったので何個も投げ入れ作戦
はだめだったような、、今は100円ショップに造花がいっぱいあるのでそれを利用できるな。
3人くらいでマーカー打ったらウィードの林、、、に見えないこともないかも。
やってみるかー。

2004年09月08日

100円ショップ

ok16.JPG

100円ショップで買ったもの。なんだかわかる?
実はこれは竹の根。長さ95cmで2本で100円。安いね。
これでタモを作ろうと画策。さらにもう1本の方で、針はずしを作ろうと画策。

タモについては全長95cmということで直径は、、
95cm÷3.141459 =30.239cmになる。
今の小学生は 95÷3=32cmくらい。って計算か。誤差が大きいな(笑)
こんだけあればいいだろう。小型は十分。でも超大型は対処に困るか、、

さらにタモの柄との接続をちょっと考えると少し直径が伸びる。
T型の部品をわっかに入れるからさ。
T型の部品を作った余りで針はずしを作るのだ。わはは。
どうなるか、乞うご期待。

関係ないけど、SDカードがおかしい。いや、SH505i
MiniSDカードを使っているけど16MBなら画像がちゃんとPCにコピーしても見られるのに
32MBのSDカードを使うと画像が見られない。
BUGか?
面白いことにそのデータは携帯同士では見られる(SDカードを入れ替える)ので何が悪いかさっぱりである。
なんだかなーである。

2004年09月07日

東レ ソラロームカップの写真

09050001.JPG
舘野ちゃんバス
09050002.JPG
オレバス
09050003.JPG
アマチュア
09050004.JPG
あ、舘野ちゃん発見
09050005.JPG
プロ部門、俺みえないじゃん!

つーことで、ラインは東レなんですが、いつも4lbを使ってます。たまに大物狙いで5lb。
フロロカーボンがメインです。たまにTOPでナイロンを使ったりしますが。
ベイトもフロロの10lbが多い。大物狙いで12lb。ブッシュでナイロン20lb。
フックはチヌ環付き1号が多い。なかなか売ってないので大きい店で買占め(と言っても2袋程度)
特に0.5号、0.8号の環付きチヌはなかなかお目にかかれない。

チヌ針のいいところは、安い、刺さりがいい、バスを傷めない、バレない、ルアーを殺さない、大型もOK
などである。6/0とかのオフセットフックでもいいけど、タックルバランスからいってかなり難しいと思う。
その6/0フックをバスの上アゴに貫通させるにはどのくらいのパワーが必要なのだろう。
ラインは、ロッドは、フッキングパワーはどのくらい必要か?って考えるとゴッツクなっていく。
当たり前だが、釣ったあとのバスのダメージも大きい。
フック自体が重量を持つためルアーを殺すことになる。
いや、ルアーも大きいフックを前提に作られるか。まあ、そういう理由で2/0 以上のでかい
フックを使ったことがない。

そういえば某社の新発売のワームをノーシンカーで使い、ネイルシンカーを入れたら、、
なんとバイブレーションのようになった。
以前、ソフトベイトのバイブレーションが欲しいと思っていたのでこのルアーはまさに!である。
たぶん、JBのトップの方ではこの使い方をしているんだろうな。
すぃーくれっと!ってところですか、、、
単純には泳いでくれないので、フックの位置、シンカーの位置が微妙だ。
スケール作って、フックはこの位置、シンカーはこの位置って決めるようにしようか。
欲を言うなら、引いてくるとバイブレーションなのだが、止めるとスーーっと落ちるので
そこでも波動を出しながらフォールして欲しいな。
そのためにはテールが必要だ。ちょっとライターであぶってなんかのテールをつけてみるか。
たぶん最強のソフトベイトになると思う。
サイレント小型バイブレーション+ソフトベイト。くぅー最強じゃないですか。想像しただけでも10匹釣れた(笑)
例えばウィードの上を引いていき、ウィードエッジになったらフォールさせる。それをスピナーベイトの
半分から4分の1の速度で出来るとしたら使いたくない?しかもにおいと味付き。
Do Notihngでも釣れる。ズル引きOK。バイブレーションとかスピナーベイトのズル引きじゃ
釣れないよね??
今はビッグベイトブームを作っていると思うけど、これからのブームはハードベイトのソフト化だと思う。

問題は飛距離かな?軽いのでそんなに飛ばない。1/16ozのネイルシンカーじゃ
4lbで投げても、、、ってところですね。
ということで、また明日。じゃなかった。
NHC第4戦のインタビューが載りました。ちょっとうれしい。
しっかりBLOGの宣伝もしてしまいました。自分のね。
あとスカパーの「NHCへらぶなトーナメント関東シリーズ第4戦」 もあります。チェキナ。
来週になったらこっちのURLかな?

ということです!また明日!

2004年09月06日

JBCC 第4戦東レソラロームカップin北浦

DVC09052.JPG

つーことで、またまたお立ち台!です。
2週連続お立ち台です。うん、勢いだけだね。

そういえば、釣り場からのライブ実験ですが、失敗です!いや原因は当日判明しました。
連続投稿禁止の処理を厳しいままスタートさせたので、、
準備の写メール送ってから後が送れなくなりました(笑)
カキコの連続処理はOKにするときに気が付けばよかった。
気が付いたのが、開会式の時だったので、、、どよーん。失敗です(笑)。
今月、19、20、23、25、あたりにまたまた釣り場からライブ実験してみます。
NHCは23日にありますので、その時はちゃんとやります。

北浦の状況はかなり厳しくて、アマチュアでウエインしたのは13人だけだし
オレも2匹で16位だし、釣れないですね北浦。いっそ利根川もOKにしてほしい。
当日フリーダムのトーナメントも開催されていたようですが、、
どうなんでしょうか?

当日朝、ボートに載せていると思っていたバッテリーがないのに気が付き、あ、家で充電中だっけ?
と思って借りたんですが、、家に帰り着くと家にバッテリーがない、、
そうです。バッテリーが盗まれたようでした。しかもボートカバー割れてるし。しくしく。
次回またないと困るので買いに行くか、、。コジマで9800円。
同船した舘野ちゃんにボートカバー修理セットを買ったけど使わないのであげるってもらいました。
ラッキー!

当日の作戦は特になし、モエビが大量発生しているという話とアユが大量発生している
という話と2通りあったのですが、わからずにとにかくベイト3本、スピニング4本というヨワヨワ作戦。
同船者の舘野ちゃんにいたってはスピニング3本というヨワヨワ作戦。

水温25度前後、曇り時々小雨。風少し
プラをした人の話によると、あまり釣れてない様子。
上流も下流もあんまりかわんねーだろうと思い、自信のある下流で勝負することにする。
その前に対岸の葦やるべ!と対岸へトップ投げまくり。ノーバイツ!
そこから一気に鉄橋まで南下。浅いところをやっていると、目の前で釣られる。
新神宮橋の橋脚をやるも不発。神宮橋も不発。ギルも釣れない。
さらに南下して舘野ちゃんナサカで2本、移動してオレがナサカで1本、オレが1本バラシ。
オレがナサカで1本、で終了。
舘野ちゃん2本、オレ2本。バラシた1本がタラレバでもっと上位か。ちぇ!

目の前で1本釣られているので今日は結構釣ってきているだろうと、思ったが
全体的に悪くて釣れない大会だったらしい。
ナサカでも魚探に反応が出るところは釣れたし、魚の付き場所が濃いところと薄いところの差が
かなりある感じがした。ギルがつれるところはバスも釣れるんですね。
ギルもつつかないところはバスもいない。
C級ポイントにはギルさえいない感じでした。

ヒットルアーは結局シャッド系でした。エビパターンとシャッドパターンと両方試したんだけど
釣れたバスの歯からシャッドパターンとなりました。

優勝は松本さんで4000g台だったかな?2位に飯塚さんが入ったので年間優勝が見えてきました。
明日は写真を載せますね!

2004年09月03日

パッケージ乾燥中

DVC09031.JPG

♪乾燥中、乾燥中、アミノ式。乾くといいな。

そういえば、NHCの成績表が発表されていました。
中間ポイントランキングではまだ上位3分の1でした。
で、、、オレって総重量の割りに順位低くない?と思って
総重量別にソートしてみました。すると、、

1位 14 棚網 久 42p 6,658g 50p 8,245g 32p 4,758g 45p 6,220g 169p 25,881g
2位 5 福田 幸男 5p 5,350g 47p 7,325g 42p 6,630g 46p 6,492g 140p 25,797g
3位 102 山倉 真吾 17p 6,188g 26p 6,202g 46p 6,966g 41p 5,934g 130p 25,290g
14位 52 三浦 輝道 38p 6,713g 18p 6,204g 19p 6,134g 28p 5,644g 103p 24,695g
37位 95 舟橋 夢人 5p 5,812g 5p 5,628g 5p 5,314g 49p 7,200g 64p 23,954g
12位 93 田中 哲 5p 5,678g 37p 6,658g 40p 6,522g 25p 4,910g 107p 23,768g
8位 107 山田 浩司 5p 4,966g 40p 6,899g 25p 4,846g 47p 7,007g 117p 23,718g
25位 49 本田 秀行 5p 5,918g 45p 7,360g 23p 6,204g 5p 4,234g 78p 23,716g
5位 112 荒品 光男 48p 7,375g 35p 6,687g 5p 3,504g 36p 5,840g 124p 23,406g
42位 105 渡貫 忠 14p 6,154g 5p 5,672g 17p 6,060g 24p 5,502g 60p 23,388g

オレ5番目に釣ってますが、順位は低いです。
うーん、どういうこと?というのが見えてくれば大体の作戦というか方針が立てられますね。

さて今週末の北浦の作戦です。
うーん鹿行大橋メイン?わかんねー。
ちょっと実験で → 大会を実況 ←してみようと思う。
→ 写王  ← の釣り板から探してもよし。
オレがノーフィッシュで終わる過程を(うるさいよ!)見よう。
ふふっふ。

2004年08月31日

ラッキー度

DVC08292.JPG

NHC 第4戦 隼人大池のラッキー度

ラッキー1:お立ち台常連が別の大会に
クラブ対抗と日程が重なったらしい。常連がいなくなったので上位が狙いやすくなった。
何人いないかわからなかったが、10名くらいはいないと思う。
どんどん重なって欲しい(笑)

ラッキー2:場所
1stステージは端っこの74番、2ndステージは11番だが右2つの席が空席でやりやすかった。
空いたスペースの魚も寄せられたと思う。
魚のやりとりもスペースがあると十分できるし、初心者にはうれしい。

ラッキー3:ハリス
23cmと30cmは「隼人の底釣りは7cm差が定番」だと勝手に思っていたので7cm差に
短ハリスは以前の仕掛けのままだったのでそのままで。
というか、オレは長ハリスはやったことがない。
最初30cmと37cmにしようか33cmと40cmにしようか迷ったが
ハリスぴったりで実際針掛けをセットすると、こんな長いハリス使えるか!っていうくらいの
長さだったので。

ラッキー4:竿
知っての通り(?)、私は9尺と12尺しか持ってない。もっと竿の種類があったら迷っていたかもしれない。
っていうか、いつも9尺でたまに12尺。12尺が長く感じられる。
やはり8−15までそろえるべきなんでしょうか?
一応8尺と15尺は欲しいところ。振り出しの安いのでいいかな??
長い竿は振ったことがない。

ラッキー5:白蛇の夢
数日前に白いヘビの夢を見た。アナコンダくらいの巨大なヘビで多少、茶色の点点はあったが
大きい白ヘビの夢だった。そのヘビを釣って、ヘビの口にフックが引っかかってあーあという夢だった。
白ヘビ=思わぬ金をGETという、夢占いを信じて宝くじをATMで購入。店頭でスクラッチ宝くじを2000円分
買うと1000円x1、100円x2=1200円ゲット。うーん、こんなもんじゃないはず、、と思っていたのだ。
賞金をゲットしたとき、あ!これか?と思った。
ちなみに5揃いである。ってことは優勝は1揃いかな?
つまり、どんな無茶苦茶な釣りをしても偶然10匹くらいは600g以上のヘラが釣れたんだと思う(笑)
#という話をしたら、TNKに偶然はないと言われた。

では逆にアンラッキー度も掲載

アンラッキー1:朝、道を間違える。
大会当日の朝に何か、ケチが付くとその日の大会はメタメタというのがオレのジンクスだった。
外環下の道から122号に出るのにGPS電波が届かなかったらしく、また車速パルスもあまり飛ばなかったらしく
カーナビがおかしかった。かなり行き過ぎたので戻ってきた。30分のロスタイム。

アンラッキー2:レインウエア忘れる
部屋にあったのは防寒着タイプで8月に着るレインウエアじゃないな。と思い傘だけで
足りるだろう。と思ったのが間違い。その前にテントがないし。
さらにスノコもないので、クッションを直接引いたら当然のように雨が染みてきて
ズボンとパンツをぬらすことになった。まさか8月に手がかじかむとは思わなかった。

アンラッキー3:ウキがへこむ
ウキケースのカヤウキ何本か、ボディがへこんでいた。まあ1本150円くらいの「名人」なんで
被害額は少ないんですが、ウキを押さえる赤い四角いやつがめり込んでいたようだ。
教訓:ウキを抑える赤いやつは重ならないように配置すること

アンラッキー4:餌
特に作戦もなく、TNK直伝の配合でやるにはバラケマッハはミニしかないわ、パウダーベイトボトムは
2分包しかないわ、重さあわせで中身を移す空袋やZIPLOCKもないので適当にセット専用バラケ
とかもじりとかケイフとか感嘆でとりあえず950gにしたって感じ。
底釣りとメータセットが出来ればいいやって感じで。
ちゃんとやっている人に申し訳ないなぁ。また買いにいかなくっちゃ。ZIPLOCKも用意しよう。

アンラッキー5:バイトがよくわからない
底釣りはひさしぶりだしバイトがよくわからないのでよく飲まれた。
飲まれるたびに針はずしが時間かかってだいぶ時間をロスした。
たまにハリスがぶちきれ、時間がまたかかる。

アンラッキー6:逃した魚はでかい
後半2ndステージで1匹でかいのが桟橋したに入り、ぶっちぎられた。
ハリスは03だが04にしたほうが良かったかも。
いや、04だったか?細かいことは気にない。
タラレバで優勝だったかも。気にしない。くよくよしない。反省しないとも言う。

今度もがんばろう!

2004年08月30日

NHC 隼人大池 第4戦

DVC08291.JPG
結果、準優勝です。(でもポイントは優勝と同じなの、、総重量の差で2位だって)

うふふふ、えへへへ。お立ち台では上がってしまい、ぜんぜんしゃべれなかったし、時間もないので
超詳細を
ではタックルから
タックル1:9尺、両ダンゴ用(結局使用せず)
タックル2:12尺、道糸08、ハリス03で23cm30cm。針アラシ4号5号とか。ウキ月山タイプ(笑)16(トップ20cmくらいの細パイプ)
餌:パウダーベイトボトムと半袋を100ccの水+雨少々で溶いてどろどろにして10分放置
バラケマッハ200ccで作ってしっとりしすぎなのでさらにバラケマッハ200cc。
手水+雨でどんどんやわらかくなるのでその時はもじりを1つかみづつ。(ねえ雨って水分調整の敵だよね?)つーかテント買え>俺
タナ:上針トントンのまま(笑)3cmズラシしたんでしょ?って言われて忘れててしてないよって言ったら
笑われた。

1stステージ74番:バッキの前。ここはポイントとして最高。以前にも加瀬林さんが4kg釣ったところ。
両ダンゴで打つ、とにかくすぐ溶けるのでバンバン打つ。
#お立ちインタビューで田辺さんに「それじゃすぐ開くでしょ?」と言われてそういえばすぐに餌落ちまで
#あがったなーとその時気が付く(笑)
30分くらいで450gが釣れたがリリース。以前のウエインアルゴリズムならばキープしていたが
アルゴリズムを単純に600g以下はリリース。を基本にした。
なんぜ600gかというと「オレは700g以下は捨てでいく」とTNKが言っていたのでそれより
ヨワヨワの作戦だ。さらにいつも釣れなくなって得意のメータセットに逃げる!と怒られていたので
底釣りと心中することにする。今までがリミットの釣りならギャンブルの釣りである。
2枚目、3枚目も600g以下なのでリリース。隣で棚網さんは「早いアタリ取ってると、魚が浮いちゃうよ」と
アドバイスをもらったのでじっくり待つことにする(棚網さんが言うんだから間違いないだろう、、単純だな)
この頃からいつものメータセットのアタリじゃないことに気が付く、消しこんだり力強いアタリがない
(そりゃそうだ底釣りだもの)
んで、チクっとかカチっとかいうアタリを狙っていくことにする。

4枚目が600gちょっと、キープする。
ここで1時間経過。バンバン打っていたのはいいけどこのペースで打ち続けると午前中で餌(バラケマッハとボトム)を使い切ってしまうのでなんとかペースを落とすことを考える。
1kgルールでボトム2分封とバラケマッハミニ1袋、あとはセット専用バラケに感嘆。重量あわせでもじり
#本当はケイフを入れたかったが1000gを超えるので、、もじりは使いかけだったので軽かった。
そこで、餌を小さくして待つ釣りに転換とかバラケマッハの代わりにセット専用バラケとして
餌を作り変える。など試みる。もうやってることはバラバラである。
さらに雨が餌をやわらかくする。底釣り=固い餌、だと思い込んでいるオレにとっては雨も手水も敵だ。
餌の配分はTNK直伝。逆にこれしかレシピがない(笑)

2キープ目は800gくらいありそう。
んが、このときにタモアミの水が餌ボールにダーっと浸水して餌がびちゃびちゃに、、
もじりを吸水ポリマー代わりに200ccほど入れる。(普通は作りなおすんだって)
3キープ目は750gくらい
4キープ目は800gはありそう。
30分に1匹のペースで釣る。残り30分で1匹だー。
加瀬林さんが偵察に来て「ここはいいポイントだー」とじっと見られる。プレッシャーをかけられるが
オレはプレッシャーに負けない精神力がある(と思い込んでいる)。
残り3分、ヒット「スレでありませんように!」といいつつ上がってきた魚は800gくらい。
時間終わりで棚網さんが「この人がきっとトップだよ」と言われた。ふーん、そんなに釣ったかな?
自分的には3500g前後じゃないか?と思ってた。トップは4000g行ってるでしょう。
検量では3490gで2ndステージへ、おお10位以内には入ったかもしれない。
昼食の最中に午前中トップであることを知る。へー釣れてないんだ。。この頃から手がかじかみ、
体全体が雨にぬれて冷え体力がヤバイ。テント欲しいっすよ!
おー、でも午後崩れるんだよなー。

2ndステージ11番:座席の右12、13が空席。お、運も見方だな。と思う。
やや右目に竿掛けをセットし、底を取る。針を交換。ハリスがチリチリだった。よくこれで釣れたな(笑)
相変わらず上針トントンのままスタート。餌は同じ配合で両ダンゴでバンバン打つ。

1枚目500g。キープしようかな?と迷っていると「600以下はへらじゃないよ!」とTNKが言うので
素直にリリース。それから相変わらず30分に1枚程度のペースで釣れ、600g以下は捨てるという
作戦で目標3kgにする。ポイント取れたらいいからなぁ。
途中左の方の仕掛けに絡まりハリス1本を切ってしまった。どうもすいません。
大きいのは重さも量らずキープ。3枚まで大きいのが入り、あと600g2枚で優勝だなとか
思ったら気が楽になった(3kg釣るのはそんなにいないだろうと思ってた)。

ここからオレの膀胱が悲鳴を上げ始める。そういえば朝からトイレに行ってない。
雨に濡れて体が冷えて肺炎になりそうなのだけれど、止めるわけにいかないので
900gくらいを入れて、「あと1枚でトイレ!」と決めて続ける。
オレの膀胱は宇宙だ!と自負するだけあってトイレは相当我慢できるのだ。

14:30頃600gくらいを入れ、よし!トイレ!とトイレに駆け込む。
予想では3300g前後じゃないか?と予想する。
これで10位以内でかなり上位だなシングルかな?と思って検量へ。
結果は3710g思わず「やった!」とガッツポーズ。
大きいのは計らないでキープするんでとりあえず600gで計算しているからかな?
でも4000gオーバーが何人かいたので、あーいいとこ10位か?
なんだよ、午後から釣れなくなるんじゃないのか?逆か、、

結果発表では10位で2600+2600くらいだったので(あ、嘘かもしれん)
TOP5かもしれんと思いながら待つと2位でした。
でもトップと同じポイント。総重量で差がつき2位へ。
その差194g。1ステージあたり97g。うーん惜しいね。
3490+3710=7200 1匹平均720g。でかいね。隼人大池!

今回はラッキーも重なり、準優勝でした。
オレは実力だと思っているのですが(笑)、いいや違う!ラッキーだ!と思いたい人のために
どれだけラッキーだったか、明日かきまーす。
だって今日はもう十分長いっすから!

2004年08月25日

家庭サービス、おかっぱりバス

おかっぱりの様子。
産後初の霞系バスを釣ってうれしそう。2年ぶりくらい?
DVC00006.JPG
場所は霞本湖ではなく、流入、、いや止水域河川。河川だけど、水門でがっちり水は動かないし。

子供はおれが抱っこでお守り中。朝6:30っすよ。
でかく見えるが33cmくらいです。ふふふ。このあと余り釣れずやっと交代してもらった。
んで、10時前には近所のショッピングセンターに行って買い物して帰るというスケジュール。
あー、一日中釣りしたいなー。

独身時代と比べて釣行回数が激減して、今はプラなし大会のみという厳しい状況だが
ゼロよりましかな。月に1−2回行ければいいほう。
今週、来週と大会が2個続いているので、悪いなーと思っているくらい。

パパバサーはどうやって釣りに行っているのか知りたいぞぉぉ。
結婚したら釣りに行けないので独身のうちに行っておく+ボートを買ってしまう、ことだ。
もう少し子供が大きくなったら一緒にいけるのになぁ。なんとか1歳のうちに魚を釣らせたいと
思っていたが、なんか無理そうだな。10月くらいに一度挑戦してみるか。
まずは、おもちゃの魚から、、、

2004年08月23日

秋田の思い出

八郎潟といえば、現在の奥さんと新婚旅行に行った先が八郎潟である(爆笑)

ええ?オレが言い出したのではないよ。奥さんが言い出したのである。もちろん八郎潟へ行きたい!って
新婚旅行がちょうど9/11にをはさむ週だったので、飛行機には乗りたくないねーということと。
奥さんが大の飛行機嫌いだったので、国内でバスが良く釣れるという条件を満たすところとして
八郎潟があがった。
もし1年結婚が早かったら、いまここにいないかもしれない。

その時の日記はここの2002年9月17日を見てね。

ボート屋の前日にレンタルの予約を入れて夜中走って8時間で八郎潟。
最初に湖を見た感想は、、おおーバスいそう!であります。
で、、、ボート屋さんがオープンするまでおかっぱりをやっていましたが
反応なし。一応ボート屋さんのリリース魚を狙っていたんですが。

ポイントに関しては何にも事前に情報がないままで行ったので
見つけるのが大変でした。アホみたいに釣りまくった4日間だったっけ?

一番の思い出はサンルーラルでセミスイートに泊まったことかな。
クモと蛾で窓は開けるな!って書いてあった気がするけど、
リリ禁ではもう行かないかもしれないな。
子供が釣りを始めたら八郎潟に行こうと思っていたので。

ここの釣りの特徴はズバリ一言で言えば「教科書通り!」であります。
写真つきの日記はここにあります。

ここだけの話ですが、爆釣ルアーはピンクのワームならなんでもOKでした。
わははは。面白いね。

そういえば、Basserからトラックバックが来た。
トラックバックすると抽選でなんかもらえるらしい。じゃあエントリーじゃ!!
最近、Basser買ってないなー。自分のHP紹介とかで載ると買ったりするんだがな。
1つはそういう情報に蓋をしているということもある。
今はメーカーが売りたいルアーを売りたくてその偏向記事になったりする。
今ならビッグベイトか?ビッグベイト=ビッグバス?
うーん、キャスティークトラウトもストックトラウトベイトも両方投げたことある俺としては
いまさら感がある。
それも99年頃だ。そのころ北浦でキャスティークトラウトを投げてたのは俺くらいだろう。

実際に釣れなかったけどね。キャストする竿がないし。一応フィリッピングロッドとクランキングロッドを
両方試してみて、フィリッピングロッドでなんとか投げれた記憶がある。
キャスティーク社のフナベイトも投げたことある。
これは池原で45cmを釣った実績がある。いつかは60を狙いたい。

キャスティーク社のはあることをすると、ボディがテロテロに怪しい動きをするようになる。
ふっふっふ、内緒。ちなみにザリガニワームなんていうのもあった。

新しい技術をどんどん取り入れてマイシークレットルアーを作ろう!

土曜日に横利根におかっぱりをしに行った。
いや正確にはおくさんがおかっぱりをするので、子守りとして出かけた。
その合間にちょっと竿を振ってみた。子バス2.

そのあとボートの様子を見に駐艇場へ、、
実はヒッチ延長棒のピン(直径20mm長さ80mm)をなくしてしまったので
代用品はどれがいいかなー?とあわせにいった。
近所のDIYショップで16mm長さ80mmのボルトナットが多少小さいながらも
合うことを確認。トレーラーの配線を見る時間はなかった。
そのまま帰宅。潮来から1900円の高速代+200円の京葉道路。
行きは大栄までなので1450円なんだけどね。あーETC欲しい!
って、次の大会は9月なんですがぁ!

今週は隼人大池で大会です。バスじゃなくてへらですが!
では、また明日!

あ、よく読んだら「NTTのブログ人」からのトラックバックに限るとある、
同じように勘違いしている人結構発見。
汚いなぁBaseer。昔はこんなことする雑誌じゃないと思ったのに。
今はBasser買わずにその分でスカパー753ch見てるからいいんだけど、、、

2004年08月18日

ひさしぶりにバス釣り

つーことで、夏休みを利用して20日に利根川あたりに出没予定だ。

今年3回目の北浦、霞水系である。とってもタノシミ、、でも、、、
台風きてんじゃねーよ!!せっかくなのにぃ!!

ちなみに朝はTOPで、それから利根川とか橋げたのシェード。
あとは、、、う、パターンがない!
走りまわるしかないかな?

あとは台風をにらんで横利根とか、新川とか。
利根川だと水中堤防が面白いらしいけど、場所がわからんからいけない。
その前に半年くらいエンジン掛けてない、、大丈夫か??

ボート、天候、ストラテジーに不安を抱えながら釣ってきます!
あと、最悪なまず狙いで(笑)

2004年08月11日

ガイドのリペア

昨日は休んでしまいました。
と、いうことで画像満載(?)にするのだー

ガイドのリペア方法です。
適当なので、参考にならないかも、、


壊れたガイド、ステンレスのガイドの内側のハードリングがありません。
どうも飛んでいってしまったようだ。


補修用品、全部で2000円くらい。つーかエポキシだけで1500円。


まずは、ガイドのスレッドをブランクを傷つけないようにはがす。


交換用のガイド、500円くらい。


瞬間接着剤で仮止め。余裕がある方はSUPER-Xを使うといい。
あれはやわらかいし強い。


スレッドを巻いて固める

で、この先、エポキシで固める作業があるのだが、面倒なのでやってない。
なんじゃ!それは。

これで、この竿も復活。まだ第一線に復帰です。
本当はちゃんとスレッドを巻く方法があるのだが面倒なのでやってないし。
手抜き!使えればいいのよねん。

普通は冬にガイドリペアとかするのですが、今は暇なので、、、、

2004年08月09日

バスが指定されるとどうなるか?

パブリックコメントシステムをご利用ありがとうございます。
数十の意見が送られました。
反映されるといいなぁ。いいなあ、と思うのは今まで反映されたことがないから。
たいてい同じような意見を総くくりにして
「釣り人の楽しみを奪うな」→「利用者にも協力を、ご理解のほど」とかで片付けられる。
パブリックコメント自体機能していないように思えるが、今度はちゃんと反映されるとうれしい。
結論ありきorスタンスだけのパブコメはやめようよ、と思うわけ。

実際問題、バスが指定されるとどうなるか?だが簡単にシミュレーションしてみた。
基本的には釣具業界は6割減、漁協はバス認定魚種にしているところは95%減
補償するにしても数百億円はかかるだろうなぁ。その税金は今までは釣具業界からの
税収でやっていけたが、その税収がなくなるうえに税金を使うわけだから国債発行か
消費税の値上げになるかも。
三菱の新車販売台数がリコール隠し直後の4−6月の第1Qで6割減だったことから
そのインパクトの大きさは同じくらいだと思われる。ほぼ壊滅的な状況だと思う。

漁協が赤字で倒産(解散?)になるところがあるだろうな。
釣具業界は店舗6割減とすると
上州屋250店舗−>100店舗
キャスティング26店舗−>8店舗(解散か吸収)
タックルベリー83店舗ー>32店舗

中小の釣具屋はバスから他の魚種に転向するしかないが、
トラウト類も指定されるだろうから魚種が偏り結局シェアできずに倒産だろうな。

釣り博出展社
100社ー>40社。。。釣り博中止へ

釣り雑誌
30社ー>12社 バス雑誌は皆無。渓流とへらぶなとソルトが少々

釣り番組
6番組ー>2番組 753chは閉局停波

バス釣り人口 300万人ー>1万人(駆除するための人)
バス釣り団体 全部解散、一部へらぶな団体に
バス釣堀 閉鎖
トラウト釣堀 閉鎖
富士五湖 漁協が倒産、子ギルのみの湖へ、入漁料1日4000円年間5万円程度まで上昇
琵琶湖 漁師8割減、コンビニ7割減、滋賀県税収が減り赤字に、管理団体へ転落
釣具高騰 メーカー減少+特別税金等 
失業者 20万人増 +1.5%失業率UP
自殺者年間+1000人
岩魚氏、何者かに暗殺される

環境省 大臣 小池百合子、副大臣 加藤修一、大臣政務 砂田圭佑 混乱の責任を取って辞任
関係者 減俸10分の3ヶ月 10人、10分の1ヶ月 15人

まあここまで一応最悪のシナリオを覚悟しておいてください。ということで。
ハッピーな状況になんぞまったくならないなぁ。

多少ハッピーな人たち
へらぶな専門店
ソルト、シーバス専門店
へらぶな管理池
海の釣り堀

いずれにせよ、300万人を受け入れるキャパもゲーム性もない。一気にはやらないだろう。

難着陸点を模索すると
 優良可でいくと
優 バスを指定から外し、特別対策委員会を設置、中立第3者メインで
良 モデル地域を設定し、第3者の評価を取り入れ設定する
可 半年間実験的に施行してみる(時限立法可しあとは延長による延長、、、今のガソリン税みたく)

まあ、たぶん不可な回答でしょうな。
これまでの意見を見ると

たとえば、この回答

「瀬戸内海環境保全特別措置法施行規則の一部を改正する省令(案)」
に対するパブリックコメントの実施結果について
○ 意見の提出状況
意見の提出件数2件
○ パブリックコメントによる意見の概要及び意見に対する考え方
番号意見の概要意見に対する考え方
1 特定施設の設置とあわ
せて他の特定施設の構造
等の変更を行う場合、瀬戸
内海への影響が増大しな
い場合があるため、このよ
うな場合においても事前
評価等の免除を適用して
もらいたい。

瀬戸内海環境保全特別措置法(以下「瀬戸内法」
という。)は、特定施設の設置による水質の汚濁
を未然に防止するとともに、瀬戸内海に流入する
汚濁負荷量の総量を削減する観点から、特定施設
の設置に係る規制を行っています。
特定施設が新たに設置される場合には、事業場
から排出される汚濁負荷量の増大に寄与するた
め、瀬戸内法第5条に基づく許可手続きにおい
て、事前評価等を免除する規定は設けられており
ません。
一方、瀬戸内法第8条に基づく特定施設の構造
等の変更に係る許可申請の場合は、汚濁負荷量が
増大しない場合が多いことから、事前評価等を免
除する場合の規定が設けられており、今回は当該
規定に基づく施行規則を改正しようとするもの
です。
このようなことから、今回の施行規則の改正に
より、特定施設を新たに設置する場合について事
前評価を免除する場合を設けることは困難です。

同じような回答が用意されていると考えられており
「バスを外せ」→「困難です」
所詮、お役所仕事かな。

もっと真剣に環境省は考えてもらいたいところです。

DVC02003.JPG
つーことで、仕事中にリールの糸を巻きかえる図。
土曜日は山中湖だーー!!と思って
シマノカップつーことで前日にエアレックス1500を買い、3ポンドラインを巻いておりました。
部屋を整理していたら6FTULの竿が出てきたので、なんか得した気分ねー。
でもリールがない、つーことで小型スピニングリールを買ったのよ、これが。

んが前日夜から子供が発熱+セキ、あえなく中止に。
予防接種のための発熱らしい、とわかったのは土曜日に病院に行ってから。くうん。

2004年08月06日

セミの羽化

環境庁(環境省?)パブリックコメント募集!
ここにメールシステムがあります。8月7日まで掲載しちゃいます。

近所で見かけたセミの羽化
DVC00001.JPG
通勤路で激写!って朝7時ですよ。羽化を始めたのは4時くらいか?
大遅刻のセミです。熱帯夜で羽化の時間がわかんなかったか?
まあ7年も土の中にいたら数時間のブレなんぞ誤差だなぁ。

夏は水面を意識したバスが多い。
トッププラグでも虫虫アクション、とかが有効になる。
ちなみに虫虫アクションは(むしむしあくしょん)と読む。ちゅうちゅうあくしょんではない。
んで、もってたぶんオレの造語でバスマニュアルには載ってないだろう。

ムシムシアクションとは、じゃんけんが基本になっていてハサミ技と投げ技など最大3枚のカードで
最後の敵の次に本当の最後の敵とか出てきて、、、、あ、すまんそれはムシキングだった。
ムシムシアクションとは水面に落ちた虫をイメージするアクションである。
トップウォータープラグ特にポッパー、さらに小型のものがいい。羽根付きフックが有効。
ポイントにキャストしたあと、波紋が消えるのを待ち、細かい振動を与える。
するとプラグは丸い波紋を出す。これがムシムシアクションである。
風のない、静かな水面では有効。

ワームのムシムシアクションというのもある。
おそらくどうやっていいかわからないと思うが野池では良く使うアクションだ。
ラインは太めでノーシンカーである。オフセットフックは必要。
オーバーハングした木に引っ掛けるようにキャスト、ワームを水面まで引き上げる。
そこでシェイク、すると波紋が丸く広がる。
問題はバイト時だ。木に引っかかるようになげたので魚がヒットしたら木をなぎ倒して引き寄せるか
木がでかいとその上を越してくるか、それを考えてやらないとバスの絞首刑になっちゃう。
実際は葦とか草に引っ掛けることが多いので、なぎ倒して寄せることが多いかな?
ポッパーでやりたいがトリプルフックを草や葦に投げるのは無謀なので、、、

つーのが夏に利く!ムシムシアクションである。
セミの形をしたルアーは多いが本当にセミがおぼれているアクションが出せるルアーはまれである。
ほとんどのセミの形をしたルアーは「セミが元気よく泳いでいる」アクションである。だいたいクロールが多いね。
うーん、そういうルアーは今市余市。
でもどうしてバスはそのルアーに反応するか?バスはセミをそういうもんだと思っているからである。
草のオーバーハングに投げる場合は、草の上に投げるべし。
スキッピングでもいいけど、草の根元が見えている場合は、直接ぶつけても構わない。
草への振動がバスの食欲を刺激するのだ。
セミやトンボのプラグはあるが、セミやトンボのワームはない。いやあるかもしれんが、オレは見たことない。
セミのワームがあれば最高なんだけどね。
草にキャストして水面に落とすと、その振動をバスが感知して水面に落ちたと同時にバイトなんていう
ことがよくあった。ちなみに横利根の話。で4インチ芋グラブ。
ガレ場や岩場でも、まず岸にキャストして地面を転がっていく様子を演出するのもいけると思う。
芋グラブが結構いい感じにできる。
芋グラブに羽根をつけた、イモセミとかいうルアー作ってくれないかな??
エコギアのコイカのヒダヒダ技術が応用できそうだ。

明日は山中湖。DEEPをナガツネで攻略してきます。
ではでは!

2004年08月02日

パブリックコメント

ここにメールシステムがあります。8月7日まで掲載しちゃいます。

それにしても、琵琶湖の時といい、他の都道府県の場合といい
パブリックコメントを募集して無視するという方式が成り立っているのはどういうことかなぁ?
以前はパブリックコメントを募集しているのに署名をおこなったりトンチンカンな運動を行っているところも
あったりと足並みが乱れていたが、今回はちゃんとコメント募集を行っているようだ。

以前、琵琶湖の場合でもメールシステムを作ったけど、その時でもオレはリリ禁に「賛成、反対」が
選べるようにしておいた。あたりまえだ。扇動するのは良くない。
今回はどの団体、個人も限らず扇動している。もちろんオレも含めてだ。
まず、第一に何を募集しているのかわかりにくい。
それは環境省(環境庁?どっちだ?)のやり方がお役所しごとでわかりにくいということ。
そこで、手本を見せるしかない。その例として「ブラックバスは対象にしないでー」という
意味のことを書けばいいんじゃないか?と言っている。(オレも)

第2に、じゃあバスを対象しないでほしいと思った場合に、どういう日本語で書けばいいかわかりにくい。
たとえば普通我々が使うような言葉を使っていないのだ。ギルを駆除するという言葉は
聞いたことがあるだろうけど、防除する、なんて言葉はオレは30数年生きてきてはじめて聞いたぞ。
なんだかなー。今までの経緯からするとパブリックコメントを募集してその言葉尻をもてあそんで反論しているお役所の場合がよく見受けられた。
つまり今回も「バスを駆除しないで!」と意見を書いたところで、「はい、バスは駆除しません、
そのかわり防除するなという意見はなかったので防除します」という風になるという可能性がある。
なので、意見の例として防除する対象にするな、と書いてある。

さらに意見があるならその記載されているページを書いて送れ、と書いてある。
意見のあるページのページ番号を書いていない場合、フォーマットに適してない意見として
無視されることがある。
フォーマットに適して送られた意見のみを採用するということかもしれん可能性がある。
でも、そこまで厳しくないと思うけど。なので、範囲は全文、と書いておいた。

今週いっぱいです。がんばって送りましょう!

2004年07月28日

テナガエビ釣りの外道たち

これはヌマチチブっぽいの。ダボハゼなんて言われる。
DSCN5697.JPG
たぶんマハゼの子。
DSCN5698.JPG

見分け方は一応、ヌマチチブっぽいのは水中で黒く見える。
イソメの餌が白っぽいのを考えると、サイトの練習にもってこいだ。
釣り方は餌を近くに落とす、寄ってきて、つついても合わせない。
白い餌が消えた瞬間に10cmくらい竿先を「ピシ!」といれる。
よく見えるのでサイトの練習になる。
春はまだ遠いしネストの季節が終わったばかりだが、復習のつもりでやってみるといい。
って、オレはネストのつりをしたことがない。その前にネストを見つけられないので(笑)
一度やってみたいと思っている。

ハマゼの子は狙って釣るのは難しい。マハゼの子はハゼのくせに水中でホバリングしていることが多い。
どうしてもハゼ=底という図式があるのだが、そうではない。
テナガエビの目の前に餌を落とそうとフリーフォールさせている間にバイトする。
しかも小さいのでフッキング率は非常に悪い。邪魔だぁぁ。
もっと大きくなって帰って来いよー

2004年07月27日

テナガエビ釣り画像

皆さんがテナガエビだと思っているエビは実はテナガエビではないかもしれない。
手長エビ釣りをしていたときに話しかけられたおじさんの話によると
2種類のエビがいるそうだ。
DSCN5694.JPG
DSCN5696.JPG
どうも、これはスジエビ?いや、なんだっけな?
特徴としては体にブラックタイガーのような模様がある。透明だ。
そして、バケツ等に入れておくとすぐに死ぬ。
んが、から揚げにするとこっちの方がうまいらしい。
DSCN5707.JPG
こっちは正真正銘テナガエビのオスである。
2日間で1匹しか釣れなかった。あとは全部、上記のスジエビだか、ヤマトヌマエビだか
テナガエビのメスか忘れたがテナガエビではないエビである。
生命力は強く、結構丈夫で生きている。殻も固い。
でもどっちもテナガエビ科なんだそうだ。
テナガエビ科テナガエビ、とテナガエビ科スジエビ、の差なんだろう。なんだか弥七の調べみたいだ。
この立派なオスはメスを追い掛け回していたのですぐにわかった(笑)

あたりまえといえば当たり前なんですが、エビは泳ぎます。といってもバックでピョンピョンはねる
だけでなく前に向かって泳ぎます。んで、水中、水面下でホバリングしたりします。
水面下で泳いでいて、びっくりして後ろにジャンプして水面から飛び出したりします。
なので「あ、魚が跳ねた!」と思ってもそれはエビかもしれません。
水中に吊るした餌に前方向に泳いできて餌をキャッチすることもめずらしくなかったです。
餌をキャッチして前に泳いでいくこともしばしば。全長1cmくらいのエビが
餌を持ってハリス止め、イタオモリ、を引きずって泳ぐんですよ。もう、魚そっくりな行動ですねぇ。
しかも釣られたことに気がつかないで水面下までひっぱってこれます。
水上に出てやっと「やべ!釣られてる!」と思って餌を放してジャンプして逃げます(笑)

明日はテナガエビ釣りの外道について、、

2004年07月26日

テナガエビ

土日の報告ー
朝6時に自然起床、上州屋葛西店の自動販売機でイソメを買って左近川親水公園付近にテナガエビ釣りに。
あ、デジカメのメディア忘れた。画像は明日ねー。
先行者あり、、たしかこんな風に釣るんだよな、、それにしてもぜんぜん釣れないな、、。
先行者おじさん、オレに話しかけてきた。すると、、、
木曜日は朝の1時間で50−60匹釣った
金曜日は1時間で20−30匹釣った
今日は3時間で3匹だ。もう終わったかも。
え”−−−、もう終わりなの??
今日からはじめたんですけど、、もう季節は終わりですか、、、ぐすん。
結局、粘って10匹くらい釣ったけど

しかしおじさんのメソッドはいい。
竿は120cmくらい、道糸は1号かな?
少々のタマウキにタナは20cmくらい。ハリスも15cmくらいで
サイト専門だ(笑)。餌は赤ムシ。針はエビ針?

オレは270cmの竿にシモリ3連浮きに水深50cmくらいでハリス30cmくらい。
これだと竿が長すぎで足元をサイトするには不向きだ。
取り回しがNG。だし、ハリスが長すぎで狙った獲物の目の前に餌を落とすことができない。

9時に終了し、オールリリース。から揚げはまた来年!抱卵しているし。

日曜日、昨日だけが悪かったのかも、と思い、行ってみる。
冷蔵庫から昨日の青イソメを取り出しGO!
#ちなみに奥さんに見つかると悲鳴を聞くことになりますのでこっそり隠す。

エビは、、いない。変わらない。うーん終わったのか??
釣り方をサイトからブラインド(笑)に変えてなんとか3時間で10匹
オールリリース。いい型も釣れた。
ヌマチチブみたいなハゼっぽいのが釣れた。
マハゼの稚魚もいっぱい。袖1号とかなら釣れる!
エビ狙いだけど、ハゼが食いつくのよね。カニも寄ってくる。

試そうと思っていたテナガエビ爆釣作戦は風のため中止。
つーか、あんだけいなかったら実行してもだめだろうな、、、

2004年07月23日

暫定年間ランキング

いつの間にか発表になってた。年間ランキング。
そういえば、山中湖では賞金GETしたっけ。
DVC000100.JPG
つーことで、JBCC暫定年間ランキングあ、おれ26位だって。
暫定1位は飯塚さんかぁ。500点の差は大きいな。あと2試合だし。
なんとか目標シングルで(無理?)
ノープラでよくぞここまでやっているなー。プラしたらもう少し上じゃないのか??>オレ

ついでにNHC暫定年間ランキングもう後ろから数えたほうが早い。72位
ちなみに15ptってことは5点ボーズが3試合。
5点ボーズx3試合の中ではトップウエイト(笑)意味ねー
ダメダメ君まっしぐら。目標はなんとか半分くらいの50位くらいで、、、

今後の予定は8月7日山中湖、8月29日隼人大池、9月5日北浦、9月23日羽生吉沼
10月10日北浦、11日オープントーナメント、31日清遊湖
11月は23日の清遊湖はたぶん出れないのでなし(今からあきらめるな!)
12月は23日イブイブですよ!、1月10日正月成人式ですよ!、2月11日ヴァンアレン帯デー直前。ふぅー。防寒対策しておかないとね。
8,9,10月の忙しさに比べて、、寒くなるとぐっと減るなぁ。
今年は冬が寒そうだから、、、、、
って、今日も30度越えじゃん!
8月中旬まで猛暑らしいじゃん。溶けるわ!ドロロロ!

2004年07月22日

特定外来生物被害防止基本方針、パート2

今回も匿名メールシステムを作ってみました。
環境庁に物申す!
大体、内容をコピペすると済みますよ。

まあ正念場ですかね?これでブラックバスが認定されたら釣り文化そのものがなくなってしまうほど
インパクトがあります。
まず、フィッシュイーターが全部対象になる。鯉やニジマス、トラウト類が全部だめぇー。
釣具の売り上げの70%くらいはルアーらしいので釣具業界が死にそうですね。

さらに予算はどっから持ってくるのか?が不明だなぁ。
釣り業界があって税金が取れるから、駆除(防除と呼んでいるが)するお金があるのだが
そのお金がなくなったらどっから予算もってくるのかなぁ?
国民年金から駆除の費用出す?ありえねー、ってことは絵に書いた餅になるな。

琵琶湖の猟師はリリ禁で収入が減っているそうな。
バスボートの駐艇料等の年間の固定した収入が解約続出により減ったんだと。
バス、ギルを駆除して増えるはずの在来魚は減っている。駆除効果なしが実証されようとしている。

まあこれは最初からわかっていたことですがね。
すでにバスは帰化生物でしょうね。霞ヶ浦ではバス、ギルはやや復活の兆し。
それよりアメリカ大なまずが大量発生しています。
キャットフィッシュというやつです。これはすごい。夜行性なので、寝ているバスギルを飲み込むんですよ。
昔、なまずを食ったことがありますが、白身でおいしかったと思いました。

鯉ヘルペスにより、バスは増加すると言われています。
鯉は魚卵を食うので、バスの産卵床を襲う天敵が少し減った。そのかわりなまずがいるんですが。
ギルをメインにアメリカナマズが食ってくれるとちょっと安心ですけどね。

あー今週末はテナガエビに行くぞー!!!
おー!!

2004年07月20日

ザリガニ釣り→鯉釣り

近所の公園に散歩に行った。
ここの池でザリガニが釣れる。ロッドは〒ムジン・ツアーエジソンの0.5XXH。0.5ftで硬さは
XXHである。ラーメン屋などに大量に置かれていて2本1組、2本に割って使う。素材は元電柱。
ラインはTAKO40lb、紙の糸巻きに巻いてある。25mで100円。ルアーはTOPVALUサキイカ100円。リグはワッキーをシングルノットで。

まず、ベジテーションのシェードにフリーフォールしてサスペンドさせる。するとビジブルに優れたラインが
ゆっくりとラインスラッグを無くしていくのでスローに引き寄せる。
水中にクローフィッシュをサイトしたらネットで捕獲するという釣り方だ。
#って、ザリガニ釣りをこんな風に解説するあほはオレだけか?

ところが、どうもバイトが違う。明らかに魚がつついている感じだ。
そこで近所の釣具やに行き、尼スレ8号(ハリスは3号)と一発(中)を買ってきて
TAKO40lbの先につけてみる。
何度か餌を取られたが、、、ついにヒット。40cmくらいの鯉だった。
って、全部奥さんに釣らせた。オレは木陰で子守り(笑)。

〒ムジン・ツアーエジソン0.5XXHは折られることもなく(1PCでソリッド素材なのにね!)
TAKO40LBは切られることもなく。700gくらいの鯉が釣れた。わははは。
でも池の水が汚かったのですぐにリリースした。

そろそろ近所でテナガエビが釣れる季節である。
今年はちょっと新しいアプローチを考えてみた。
やってみたいのだが、時間がない。今度の土日の早朝にこっそり実験してみようと思う。
100円ショップ(CANDO)で買ったある道具を使うと爆釣するはずであーる。
乞うご期待。

2004年07月16日

特定外来生物被害防止基本方針

環境庁ではパブリックコメントを募集中と霞オヤジのHPにあったので見てみた。
(う、BLOGならトラックバックするところだが、、)
んで、まずその方針をみてみよう。(PDF)


http://ftvjapan.ddo.jp/~funa/mt/archives/000126.htmlにフォームメール作りました。
どうぞーご利用ください。


で、要するにバスがどうなるか?だけに視点を置いてみる。
ちなみに鯉ヘルペスやセアカゴケグモやジャンボタニシ、カミツキガメ、タイワンサルなんかもそうだな。
まずは、関心のあるバス関係をどう見るか。
深読み&都合のいい解釈も含む。

>生態系等に係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物を特定外来生物として指定し、
>国内における適正な管理が確保された者以外にはその輸入や飼養、栽培、保管又は運
>搬(以下「飼養等」という。)を認めないものとする。

飼養してはいけない、という観点からルアー釣りはOKで餌釣りはNGであると考えられる。
餌は飼養にあたる、ルアーは餌ではないので飼養にはあたらないという考え。
釣堀は外部に逃げない構造になっていればOKなのかな?

>概ね明治元年以降に我が国に導入されたと考えるのが妥当な生物を特定外来生物の選定の対象とする
バス、ギルは対象っぽい

>学識経験者の選定は、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、昆虫類、維管束植
>物等の生物の分類群に対応するよう留意する。
魚類だねぇ

>飼養等の許可の考え方
どうするんだろ?河口湖漁協、許可でないと飼育できないってことになったら。

>採取した直後に放つ等の行為は本法第9条の対象とはならない
キャッチ&リリースはOK

>捕獲又は採取後の特定外来生物の飼養等や譲渡し等については、引き続き本法の規制が適用されることに留意する。

トーナメントでは釣った魚は会に譲渡するような規則になっているので、ルール改正が必要ですね。
あるいは釣ったらすぐ検量というスタイルになるのかも。

>防除を行う区域及び期間
>全国的に広く蔓延している場合など、必ずしも区域が特定できない場合には
>全国や広範な地域を対象に防除の区域を定めることとする
>防除が長期間にわたる可能性が高い場合には、適宜防除の効果を評価し、
>必要な期間の延長等が行えるようにする
効果を評価し延長って、効果がないときも延長??

>防除に使用する捕獲猟具(銃器を除く。)には、猟具ごとに、実施者の住所、氏
>名、電話番号等の連絡先を記載した標識の装着等を行うものとする。
基本的に駆除のための釣りをする人は竿にでっかい標識をつけることになるので
すぐにわかりますね!

>わなを設置する際に防除の対象生物の嗜好する餌を用いて捕獲を行う場合は、他
>の鳥獣を誘引し、結果として鳥獣による被害の発生の遠因を生じさせることのない
>よう適切に行うこと。
あ、釣りという方式はダメでしょうね。エリもだめ、投網もだめ。
バス、ギルだけを取る方法ってないですねぇ

>原則として防除の公示に沿う防除実施計画を策定し、
>当該防除実施計画を実行する財政的、人員的能力を有していること。
要するにお金、人は駆除したい人が出しなさいということ。
駆除のための釣り大会(一般参加型)は人員的能力を有しているとは言えないのでNGでしょうね。

>防除を行う者は、防除を行う時は、確認又は認定を受けていることを証明する書類を携帯すること。
これもあわせて判断。
ますます釣り人頼みは困難で、なかなか環境庁はやるなぁ

>原則として、我が国に導入された記録のない生物又は過去に導入されたが野外で
>定着しておらず、現在は輸入されていない外来生物を未判定外来生物の選定の対象
>とする。
お、バス、ギルは選定から外れた。ギルの導入記録がなかったら笑うぞ。

と読んでみました。
間違った解釈があるかもしれんが、、、

で、パブリックコメントを募集だって。
何書くのかな?
バサーの意見としては
「ブラックバスについては輸入記録もあり、すでに帰化生物という認識にあり
また地元の経済を支えているので防除した場合の損失を考えると
対象としてはずすのが妥当だと思います」ということを言えばいいかなぁ。
あて先は
gairai@env.go.jpです。
フォーマットは

氏名(又は会社名/部署名)
住所又は所在地:〒
電話番号:
FAX番号:
ご意見
<該当個所>(案中のページ数を明記してください。)
<意見内容>

です。


続きがあります、に条文をコピペした。↓わかりずらい、読む気にもなれん。

特定外来生物被害防止基本方針(案)
第1 特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する基本構想
1 背景
野生生物の分布は、地形や気候など様々な条件によって制限されている。こうした
制約条件のもとに進化の過程が進行し、種が分化し、地域に固有の生物相が形成され
てきた。地域に固有な様々な生物が相互に作用し合うことにより成り立っている生態
系は、外部からの生物の導入に脆い面を有しており、特に島国で独特の生物相や生態
系が形成されている我が国においては典型的である。
人間活動の発展に伴って人と物資の移動が活発化し、国外又は国内の他地域から、
生物が本来有する移動能力を超えて、人為によって意図的・非意図的に導入される生
物が増加している。
このような生物の中には、家畜、栽培植物、園芸植物、造園緑化植物、漁業対象種
等様々な用途に利用され、長い時間をかけて生活や文化に浸透・共存してきたり、工
業利用が行われてきた等、様々な積極的役割を果たしてきたものもある。一方、それ
まで存在しなかった生物がある地域に人為的に持ち込まれると、その生物に対する防
御機能を有していない在来生物が捕食、駆逐されるなどにより、持ち込まれた地域の
生物多様性が大きく変質してしまう場合がある。そのような例が、我が国を始め世界
各地で報告されており、また、人への危険性を有するものや農林水産業に被害を及ぼ
すような事例も見られている。
ある地域に人為的に導入されることにより、その自然分布域(その生物が本来有す
る能力で移動できる範囲により定まる地域)を越えて存在することとなる生物は一般
的に外来生物と呼ばれ、このような生物による生態系、人の生命・身体又は農林水産
業への被害の問題は、一般的に「外来生物の問題」として認識されており、国際的に
も生物多様性条約第8条(h)において対応の必要性が指摘されている。
これらの外来生物の問題のうち、海外から我が国に人為によって意図的・非意図的
に導入される外来生物(以下、単に「外来生物」という。)による我が国の生態系、
人の生命・身体又は農林水産業(以下「生態系等」という。)に係る被害を防止する
ことを目的として、「特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律」
(平成16 年法律第78 号、以下「本法」という。)が制定されている。
2 課題認識
外来生物の中には、在来生物の捕食、採食や踏み付けによる自然植生への影響、在
来生物との競合による在来生物の駆逐、土壌環境の攪乱、在来生物との交雑による遺
伝的な攪乱等の生態系への被害や、かみつきや毒等による人の生命や身体への被害、
1
農林水産物の食害等による農林水産業への被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがあるも
のがあり、このような外来生物への対策が必要となっている。
外来生物による影響には不可逆的なものもあり、定着した外来生物が個体数を急激
に増加させることなどによりその影響がさらに大きくなる可能性がある。このため、
そのような外来生物については我が国へ不必要に導入されることがないようにし、飼
養その他の取扱いに当たって、野外に逸出や遺棄等をすることのないよう適切な管理
が行われることが重要である。
また、このような外来生物による被害やそのおそれが新たに確認された場合には、
緊急に当該外来生物の防除の措置を採ることが必要であり、すでに蔓延して被害を及
ぼしている外来生物については、計画的に防除を行うことが必要である。
3 被害防止の基本的な方針
生態系等に係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物が問題を引き起こ
すのは、当該外来生物が意図的又は非意図的に野外へ放出等されることに起因してい
る。このため、第一義的には野外への逸出を予防することが重要であり、生態系等に
係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物を特定外来生物として指定し、
国内における適正な管理が確保された者以外にはその輸入や飼養、栽培、保管又は運
搬(以下「飼養等」という。)を認めないものとする。
また、特定外来生物に該当するか否かの知見がなく、被害を及ぼすおそれがあるも
のである疑いのある外来生物については、未判定外来生物として指定し、おそれがあ
るか否かの判定を了するまで輸入制限を実施する。
特定外来生物に指定されていない外来生物についても、その状況把握に努め、被害
又はそのおそれが確認できた場合には、既存制度での対応状況等を踏まえ、特定外来
生物の選定について適切に検討する。
野外に逸出した特定外来生物については、分布が拡大する前に早期に防除すること
が被害を防止する上で効果が高い。特定外来生物を早期に発見し、早期に対処するた
め、監視等に努めることとする。
既に定着し被害を及ぼしている特定外来生物については、被害の程度と必要性に応
じて生態系からの完全排除、封じ込め等の防除を計画的に実施する。
外来生物の中には様々な用途で利用され、例えば国土保全等の役割を果たしてきた
ものもあり、特定外来生物として規制を検討する際に、その役割について考慮するこ
とが必要である。
特定外来生物による被害には、我が国への導入から被害発生までの間に様々な関係
者が関わっており、その対策を効果的に実施するためには、広く国民の理解と協力が
重要である。このため、外来生物の野外への遺棄や放出等が生態系等への脅威となる
可能性があることの認識を深め、特定外来生物の適切な取扱いが図られることとなる
よう多様な関係者がそれぞれに具体的に何をなすべきかについての普及啓発を推進
する。
2
さらに、今後の外来生物対策の基盤を作る上で不可欠である外来生物の分布や生態
的特性等に係る基礎的な調査研究及び防除や監視等に係る技術開発を推進すること
が必要である。その際、外来生物に係る問題が国際的な野生生物の移動に起因してい
ることを踏まえ、外国の政府機関や専門家との情報交換にも努める。
第2 特定外来生物の選定に関する基本的な事項
外来生物による生態系等に係る被害を適正かつ効果的に防止するため、外来生物を
一様に規制の対象とするのではなく、特に被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外
来生物を適切に選定する必要がある。
特定外来生物の選定に当たっては、以下の各事項に照らして適当な外来生物につい
て、原則として種(亜種又は変種がある種にあっては、その亜種又は変種とする。以
下同じ。)を単位として行うものとし、必要に応じ、属、科等一定の生物分類群を単
位とする。
1 選定の前提
ア我が国において生物の種の同定の前提となる生物分類学が発展し、かつ、海外と
の物流が増加したのが明治時代以降であることを踏まえ、概ね明治元年以降に我が
国に導入されたと考えるのが妥当な生物を特定外来生物の選定の対象とする。
イ個体としての識別が容易な大きさ及び形態を有し、特別な機器を使用しなくとも
種類の判別が可能な生物分類群を特定外来生物の選定の対象とし、菌類、細菌類、
ウイルス等の微生物は当分の間対象としない。
ウ遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律(平
成15 年法律第97 号)や、植物防疫法(昭和25 年法律第151 号)など他法令上の
措置により、本法と同等程度の輸入、飼養その他の規制がなされていると認められ
る外来生物については、特定外来生物の選定の対象としない。
2 被害の判定の考え方
(1)被害の判定
特定外来生物については、以下のいずれかに該当する外来生物を選定する。
ア生態系に係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物として、〆瀝萓
物の捕食、∪限地若しくは生育地又は餌動植物に係る在来生物との競合による在
来生物の駆逐、植生の破壊や変質等を介した生態系基盤の損壊、じ鮖┐砲茲覦
伝的攪乱等により、在来生物の種の存続又は我が国固有の生態系に関し、回復困難
な被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物を選定する。
イ人の生命又は身体に係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物として、
危険の回避や対処の方法についての経験に乏しいため、危険性が大きくなること
が考えられる、人に重度の障害をもたらす危険がある毒を有する外来生物や、重
3
傷を負わせる可能性のある外来生物を選定する。なお、他法令上の措置の状況を
踏まえ、人の生命又は身体に係る被害には、感染症に係る被害は含まない。
ウ農林水産業に係る被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物として、単に
我が国の農林水産物に対する食性があるというだけではなく、農林水産物の食害等
により、農林水産業に重大な被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある外来生物を選
定する。なお、他法令上の措置の状況を踏まえ、農林水産業に係る被害には、家畜
の伝染性疾病などに係る被害は含まない。
(2)被害の判定に活用する知見の考え方
次のいずれかの知見を活用し、特定外来生物の選定を進める。
ア生態系等に係る被害又はそのおそれに関する国内の科学的知見を活用する。
イ生態系等に係る被害やそのおそれが国内で指摘されていない場合には、国外で現
に生態系等に係る被害が確認されており、又は被害を及ぼすおそれがあるという科
学的知見を活用する。ただし、国外の知見については、日本の気候、地形等の自然
環境の状況や社会状況に照らし、国内で被害を生じるおそれがあると認められる場
合に活用するものとする。
3 選定の際の考慮事項
特定外来生物の選定に当たっては、原則として生態系等に係る被害の防止を第一義
に、外来生物の生態的特性や被害に係る現在の科学的知見の現状、適正な執行体制の
確保、社会的に積極的な役割を果たしている外来生物に係る代替物の入手可能性など
特定外来生物の指定に伴う社会的・経済的影響も考慮し、随時選定していくものとす
る。
4 特定外来生物の選定に係る意見の聴取
(1)生物の性質に関する専門の学識経験者からの意見聴取
ア生態学、農学、林学、水産学等生物の性質に関し専門性を有する学識経験者の意
見を聴くこととする。
イ学識経験者の選定は、哺乳類、鳥類、爬虫類、両生類、魚類、昆虫類、維管束植
物等の生物の分類群に対応するよう留意する。
ウ特定外来生物の選定に際しては、当該生物に最も深い知識を有する学識経験者に
意見を聴くことができるよう、最も関係の深い分野の学識経験者をあらかじめ登録
しておくなど、必要に応じて意見を聴くことができる体制を構築する。
エ意見聴取に際しては、学識経験者への個別ヒアリングや委員会形式での学識経験
者間の意見交換など、外来生物の特性に柔軟に対応できる形式を検討する。
オ学識経験者個人からの意見聴取だけでなく、必要に応じ、関連する学会から知見
を収集するとともに、当該生物を利用する者等関係者の意見を聴取することを検討
する。
4
(2)パブリック・コメント手続
学識経験者の意見を聴いて作成した特定外来生物の選定案については、「規制の設
定又は改廃に関する意見提出手続」(平成11 年3 月閣議決定)に基づく意見提出手続
(パブリック・コメント手続)を実施し、提出された意見及び情報を考慮した上で特
定外来生物を指定する。
(3)WTOとの関係
特定外来生物の指定に当たっては、WTO・衛生植物検疫措置の適用に関する協定
(SPS協定)に整合するよう、WTO加盟国への通報手続を行い、特定外来生物の
指定を的確に進める。
第3 特定外来生物の取扱いに関する基本的な事項
特定外来生物による被害の多くは、一部の者が不十分又は不適切な管理のもと飼育
等をした結果、遺棄や逸出等によって野外に放たれることに起因している。
このため、特定外来生物を飼養、栽培、保管又は運搬する行為は原則禁止とし、適
切な飼養等を行うことができると認められる目的、施設、方法等の要件を満たしてい
る者に限り主務大臣による許可をもってその国内での飼養等を認めることとする。
1 飼養等の許可の考え方
(1)特定外来生物の飼養等をするに当たり、許可が不要な場合
特定外来生物の飼養等をするに当たり、許可が不要な場合としては、本法に基づく
防除に伴う行為など許可を受けずとも特定外来生物の遺棄や逸出等の防止が図られ
ている場合や、災害時において緊急に対処すべき場合、違法飼養個体の押収など公的
機関がその職務を遂行するために必要な飼養等であって、許可手続を経る時間的余裕
がなく、かつ、その取扱いが適正と認められる場合に限る。
(2)飼養等の目的
学術研究のほか、展示や教育、許可規制を行うことで遺棄や逸出等に対して十分な
抑止力が働く生業などの場合に限り、飼養等の許可の対象とする。なお、これまで安
易な飼養等により遺棄や逸出がなされ、外来生物が野生化して生態系等に被害を及ぼ
している例がある愛玩飼養等の目的については対象としない。
(3)特定飼養等施設の施設基準
特定外来生物の遺棄や逸出等を防止するために必要な施設の基準を定める際には、
原則として、次の考え方によるものとする。
ア特定外来生物の逸出を防ぐ構造及び強度とすること。
5
イ人の生命・身体に危害を及ぼす外来生物については、第三者が容易に特定外来生
物に接触できない構造及び強度とすること。
(4)許可条件
飼養等の許可に当たっては、特定外来生物の遺棄や逸出等を起こさない適正な取扱
いを確保するため、必要に応じ、許可の有効期間や、特定飼養等施設で取り扱うこと
のできる特定外来生物の数量の制限、譲渡し等に係る届出等について条件を付すもの
とする。
(5)飼養等の方法
許可者に対し、次の方法に従った飼養等を義務付けるものとする。
ア特定外来生物の飼養等の状況の確認及び特定飼養等施設の保守点検を定期的に
行うこと。
イ許可を受けていることを明らかにするため、マイクロチップ、タグ、脚環、標識、
写真等生物に応じて技術的に可能な方法での識別措置を講ずること。
ウみだりに繁殖させることにより特定外来生物の適正な飼養及び保管等に支障が
生じないよう、自己の管理する施設の収容力、当該動物の年齢、健康状態等を勘案
し、計画的な繁殖を行うよう努めること。また、その繁殖を制限させるための措置
又は施設への譲渡し等については、当該生物の生理、生態等を勘案し、適切に講ず
るよう努めること。
(6)その他
特定外来生物が指定された時点以前から、愛玩目的等主務省令に規定されない目的
で飼養等をしていた場合については、その指定前より飼養等をされていた特定外来生
物の個体に限り、飼養等の許可の対象とする。
2 個体の処分
特定外来生物をやむを得ず殺処分しなければならない場合には、できる限り苦痛を
与えない適切な方法で行うものとする。
3 輸入の禁止
許可を受けていない者により特定外来生物を我が国へ導入させることがないよう
にするため、関係府省で連携し輸入の禁止の徹底に努める。
4 譲渡し等の禁止
譲渡し等の禁止の例外として主務省令で定める場合は、許可者同士が許可の範囲内
で譲渡し等をする場合や、本法に基づく防除等により飼養等をすることとなった特定
外来生物をその防除等の一環として適正に処理するため譲渡し等をする場合、災害時
6
において緊急に対処すべき場合、また、公的機関に対する譲渡しや引渡しに該当する
場合で、飼養等の許可手続を経ることが事実上不可能なやむを得ない場合に限ること
とする。
5 放つこと、植えること又はまくことの禁止
特定外来生物による被害を防止する上で最も重要なことは、特定外来生物の遺棄や
逸出等を防ぐことであり、本法第9条の規定の実効性の確保には最大限配慮する必要
がある。特定外来生物を取り扱っている者がその管理を放棄し、野外に放つ行為等は、
生態系等に係る被害を及ぼす危険が高くなるため、例外なく禁止とする。
既に野外に存在することで飼養等又は譲渡し等に係らない特定外来生物を捕獲又
は採取した直後に放つ等の行為は本法第9条の対象とはならないが、捕獲又は採取後
の特定外来生物の飼養等や譲渡し等については、引き続き本法の規制が適用されるこ
とに留意する。
6 飼養等許可者に対する立入り等
本法の規制の実効性を確保するため、立入りの徹底などにより飼養その他の取扱い
の状況に関する情報収集に努めるものとする。
第4 国等による特定外来生物の防除に関する基本的な事項
特定外来生物については、〇慊蟷にすでに野外等に存在する場合や、∋慊蠍紂
野外へ遺棄や逸出等をされることにより、生態系等に被害を及ぼすおそれが生じる場
合も考えられることから、必要に応じ、特定外来生物の防除(捕獲、採取又は殺処分、
被害防止措置の実施等)を行うこととする。
その際、既に野外等に存在する場合には、計画的な防除の取組が必要であるととも
に、新たに逸出等したものについては緊急の取組が必要であることに留意する。
防除が必要な場合には、都道府県からの意見を聴いて地域の状況を踏まえつつ、か
つ、関係者と連携を図りつつ、国が防除の公示を行い、その上で科学的知見に基づき
適切に防除を実施する。
1 防除の公示に関する事項
(1)防除の主体と公示の方法
国は、制度上その保全を図ることとされている地域など、全国的な観点から防除を
進める優先度の高い地域から、防除を進める。
地域の生態系等に生ずる被害を防止する観点から地域の事情に精通している地方
公共団体や民間団体等が行う防除も重要であり、これらの者により防除の公示内容に
沿って防除活動が積極的に進められることが期待される。
実際には、国、地方公共団体、民間団体等が防除を行うべき地域が相互に関わり合
7
っている場合が多く、このような場合には、各主体の役割に応じて適切な防除がなさ
れることにより、全体として効果的な防除が推進されるものである。
防除の公示は、防除の対象となる特定外来生物毎に関係都道府県の意見を聴いて行
うものとし、防除の公示は国民に広く知らせることができるよう、官報に掲載して行
うほか、掲示板への掲示やインターネット等の手段も活用して迅速に行うものとする。
(2)防除を行う区域及び期間
公示に際しては、現に特定外来生物による被害が確認されている地域又は特定外来
生物による被害が今後生じるおそれがある地域を防除区域に設定する。また、防除期
間としては、当該区域において被害の発生を防止するために必要な期間を定めるもの
とするが、防除が長期間にわたる可能性が高い場合には、適宜防除の効果を評価し、
必要な期間の延長等が行えるようにする。
なお、全国的に広く蔓延している場合など、必ずしも区域が特定できない場合には
全国や広範な地域を対象に防除の区域を定めることとする。
(3)防除の内容
防除の公示では、次の内容を定めるものとする。
ア防除の目標
防除の対象となる特定外来生物の生態的特性と、予想される被害の状況を勘案し、
区域からの完全排除、影響の封じ込め、影響の低減等の目標を設定する。
イ防除の方法
防除の目標に照らし、捕獲、採取、殺処分、防護柵の設置等の方法を明らかにする
とともに、捕獲等した個体の取扱いの方法についても明らかにする。
ウその他の主務省令で定める事項
鳥獣の保護及び狩猟の適正化に関する法律(平成14 年法律第88 号、以下「鳥獣保
護法」という。)の対象となる特定外来生物の防除を行う場合には、在来鳥獣の錯誤
捕獲を避けることとするなど、適正な防除を進めるに当たり必要な事項を主務省令に
定めるものとする。
2 防除の実施に関する事項
特定外来生物の防除の実施に際しては、被害の状況に応じて最適な防除の方法を採
用することが重要である。人の生命・身体に被害を及ぼす特定外来生物が野外で発見
された場合や希少な野生生物が多く生息・生育する地域に捕食性や繁殖力が強い特定
外来生物が発見された場合などには、緊急的に防除を実施することが必要である。一
方、既に広範囲に蔓延して生態系等に被害を及ぼし、又は及ぼすおそれがある場合に
は、優先的に防除を進めるべき地域や手法を考慮し計画的に防除を進めることが必要
である。
(1)緊急的な防除の実施
8
人の生命・身体に被害を及ぼす特定外来生物が野外で発見された場合や希少な野生
生物が多く生息・生育する地域に捕食性の高い特定外来生物が発見された場合などに
は、緊急的に防除を実施することが必要である。このため、国は関係機関と連絡調整
の上、速やかに防除の公示を行い、連携を図りつつ防除を実施する。
緊急的な防除を必要とする原因となった行為をした者が存在するときは、防除に要
した費用について、当該原因者に求償することを原則とする。
(2)計画的な防除の実施
特定外来生物が、既に広範囲に蔓延して生態系等に被害を及ぼし、又は及ぼすおそ
れがある場合には、国、地方公共団体、民間団体及び土地の所有者・管理者等の関係
者が連携して計画的に防除を進めることが必要であり、その際には、防除の目標、区
域、期間、方法、実施体制等を防除の主体ごと、地域ごとに具体的に定めた防除実施
計画を策定し、防除開始後もモニタリングを行い、その結果を防除実施計画の見直し
に反映するなど柔軟な防除の実施に努めることが必要である。
また、適切な情報公開の下に合意形成を図りつつ、科学的知見に基づいた適正な目
標を設定し、防除を円滑に行うため、可能な限り次の手順で防除実施計画を作成し実
行するものとする。
ア協議及び検討の場の設置
科学的知見及び地域に根ざした情報に基づき、合意形成を図りながら防除を実施す
るため、学識経験者、関係行政機関、自然保護団体、地域住民のほか、必要に応じて
農林水産業団体や狩猟団体等からなる協議のための場を設け、防除実施計画の作成、
実行方法についての検討、防除活動の評価等を行えるようにする。この場合、必要に
応じて生物学等の専門的な観点から防除実施計画の実施可能性及び実行状況を分析・
評価するための検討の場を、別途設ける。
イ関係行政機関との連携
特定外来生物が、森林、農地、河川、海岸等様々な生態系に分布する場合や、行政
界を越えて分布する場合があることを踏まえ、国の関係行政機関や関係地方公共団体
と十分調整し、必要に応じて連携を図るものとする。その際、特に、森林、河川、海
岸等で関連する計画が既に策定されている場合は、当該計画との整合性を図る必要が
ある。
ウ土地所有者等との調整
防除を行う地域の土地や水面の所有者等に対しては、可能な限り防除の内容を説明
し理解を得るものとする。
エモニタリングの実施
特定外来生物の存在状況についてモニタリングし、防除実施計画の進捗状況を点検
するとともに、その結果を防除の実施に反映させるものとする。
オ実施体制の整備
防除を適切かつ効果的に進めるため、地域の関係者が一体となった防除の実施体制
9
を整備するとともに、必要に応じて地域の大学、研究機関及び専門家との連携に努め
る。
また、防除を実施していく上で、地域住民の理解や協力が不可欠であることから、
特定外来生物の被害に関する情報や被害予防についての方策などの普及啓発を促進
するものとする。
(3)防除の実施に当たっての留意事項
ア防除の実施に当たっては、設置した猟具を適切に管理できる体制の確保など錯誤
捕獲や事故の発生防止に万全の対策を講じるものとし、また、事前に関係地域住民
等への周知を図るとともに、本法に基づく防除を実施していることを証する書類の
携帯をするものとする。
イ防除に使用する捕獲猟具(銃器を除く。)には、猟具ごとに、実施者の住所、氏
名、電話番号等の連絡先を記載した標識の装着等を行うものとする。ただし、猟具
の大きさ等の理由で用具ごとに標識を装着できない場合にあっては、猟具を設置し
た場所周辺に立て札等の方法で標識を設置する方法によることもできるものとす
る。
ウ捕獲個体等は防除実施主体の責任のもと、適切に処分することとし、個人的な持
ち帰りや、野外への放置のないようにするものとする。
エ捕獲個体をやむを得ず殺処分しなければならない場合には、できる限り苦痛を与
えない適切な方法で行うものとする。
オすでに国土保全等において大きな役割を果たしている特定外来生物については、
当該特定外来生物の果たしている役割を考慮し、防除の実施に際して関係者と十分
調整を図るものとする。
カ防除の対象となる生物以外の野生鳥獣の繁殖に支障がある期間、区域は避けるよ
う配慮するものとする。
キ狩猟期間中及びその前後における捕獲に当たっては、登録狩猟又は狩猟期間の延
長と誤認されることのないよう適切に実施すること。
ク空気銃を使用した捕獲等は、対象を負傷させた状態で取り逃がす危険性があるた
め、中・小型鳥類に限って使用するものとする。
ケわなを設置する際に防除の対象生物の嗜好する餌を用いて捕獲を行う場合は、他
の鳥獣を誘引し、結果として鳥獣による被害の発生の遠因を生じさせることのない
よう適切に行うこと。
(4)防除の確認・認定
ア防除を行う主体は、原則として、下記の要件を満たす者とする。
ゞ杁淌に対応する防除を除き、原則として防除の公示に沿う防除実施計画を策定し、
当該防除実施計画を実行する財政的、人員的能力を有していること。
被害の発生地域の地理及び特定外来生物の存在の状況を把握している者が含まれ
10
ていること。
F団螻依萓己が鳥獣の場合には、原則として使用する猟具に応じた鳥獣保護法の狩
猟免許を有する者が行うこと。なお、従事者が適切な捕獲と安全に関する知識及び
技術を有している団体による防除については、免許非所持者を含めることができる。
そ昌者に対し防除の内容を具体的に指示するとともに、従事者の台帳を整備するこ
とができること。
イ防除の実施に関し、原則として、捕獲等を行う区域における安全の確保、静穏の
保持、他の鳥獣の生息等への配慮がされているとともに、下記の要件を満たしてい
ること。
…蚕段欷酲‖12条第1項又は第2項で禁止されている方法は使用しないこと。
鳥獣保護法第15条に基づき指定された指定猟法禁止区域内では、同区域内において
使用を禁止された猟法は使用しないこと。
D蚕段欷酲‖35条で銃猟禁止区域として指定されている区域においては、銃器によ
る防除は行わないこと。
つ蚕段欷酲‖36条に基づき危険猟法として規定される手段による防除は行わない
こと。
ソ憧錣砲茲詼表を行う場合は、鳥獣保護法第38 条において禁止されている行為を
行わないこと。
λ表を行う者は、防除を行う時は、確認又は認定を受けていることを証明する書類
を携帯すること。
Г修梁硝表の内容は、他の鳥獣の保護上支障のない内容になっていること。
3 その他
特定外来生物による被害を効果的に防止するという観点から、上記1及び2による
本法に基づく防除のみならず、国以外の者が独自に行う取組についても重要である。
また、国は、国以外の者が行う取組を促進するため、効果的な防除手法の紹介、防除
技術の開発、防除体制の整備等に努めるものとする。
第5 その他特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する重要事項
1 未判定外来生物
(1)選定の前提
ア原則として、我が国に導入された記録のない生物又は過去に導入されたが野外で
定着しておらず、現在は輸入されていない外来生物を未判定外来生物の選定の対象
とする。
イ個体としての識別が容易な大きさ及び形態を有し、特別な機器を使用しなくとも
種の同定が可能な生物分類群を未判定外来生物の選定の対象とし、菌類、細菌類、
11
ウイルス等の微生物は当分の間対象としない。
ウ遺伝子組換え生物等の使用等の規制による生物の多様性の確保に関する法律や、
植物防疫法など他法令上の措置により、本法と同等程度の輸入、飼養その他の規制
がなされていると認められる外来生物については、未判定外来生物の選定の対象と
しない。
(2)選定対象となる外来生物
未判定外来生物については、特定外来生物のように被害事例の報告や被害を及ぼす
おそれの指摘はなされていないものの、ある特定外来生物と似た生態的特性を有して
おり、その特定外来生物と生態系等に係る同様の被害を及ぼすおそれがあるものであ
る疑いのある外来生物について、原則として当該特定外来生物が属する属の範囲内で、
種を単位とし、必要に応じて属、科等一定の生物分類群を単位として選定する。
(3)選定に係る意見の聴取
ア生物の性質に関する専門の学識経験者からの意見聴取
特定外来生物の指定に関して、生物の性質に関する専門の学識経験者から意見を聴
く際には、併せて未判定外来生物の指定に関する意見を聴くものとする。
イパブリック・コメント手続
未判定外来生物の指定に際しても、特定外来生物の選定に係る場合に準じて、パブ
リック・コメント手続を実施し、提出された意見及び情報を考慮して未判定外来生物
の選定を行うものとする。
ウWTOとの関係
未判定外来生物の指定に当たっては、WTO・衛生植物検疫措置の適用に関する協
定(SPS協定)に整合するよう、WTO加盟国への通報手続を行い、未判定外来生
物の指定を的確に進めるものとする。
(4)判定に係る届出事項の内容
未判定外来生物を輸入しようとする者又は未判定外来生物を本邦に輸出しようと
する者に対しては、当該未判定外来生物の正式学名、原産国、生態的特性等に関する
情報を主務大臣に届け出させるものとする。
当該未判定外来生物が生態系等に係る被害を及ぼすおそれがあるか否かの判定は
主務大臣が行うものであり、当該おそれがあるか否かについて情報の提供は求めない
こととする。
(5)その他留意事項
ア届出があった場合は、予防的な観点を踏まえつつ、最新の科学的知見を用いて適
正に判定することとするが、その判定に支障がない範囲で判定期間を極力短くする
よう努めるものとする。
12
イ届出の行われない未判定外来生物についても、国は科学的知見を充実させ、被害
を及ぼすかどうかの判定を順次行うよう努めるものとする。
2 種類名証明書の添付を要しない生物
(1)選定に係る考え方
特定外来生物又は未判定外来生物に該当しないことを外見から容易に判別するこ
とができる生物は、種類名証明書の添付を要しない。そのような生物としては、外来
生物であるか在来生物であるかを問わず、原則として特定外来生物が属する属以外の
生物を選定し、また、必要に応じ特定外来生物が属する属の中の生物からも選定する。
この選定に当たっては、税関等での水際規制の実効性を高めるために、関税法に基づ
く関税率表等の区分の採用が合理的である場合は、当該区分の活用を図る。
特定外来生物、未判定外来生物及び証明書添付不要生物の選定は、同時に、かつ、
相互調整しつつ行うこととする。
さらに、関係府省が連携して、外来生物の種類名同定のためのデータベースを構築
し、税関等における審査の円滑化を図るよう努める。
(2)証明書の発行
種類名証明書の発行について、外国の政府機関の協力を得るよう努めるとともに、
他の法令又は各種条約に基づき発行される既存の証明書類や、政府機関と同等の知見
と公平さを有する組織が発行する証明書類を本法で認める証明書として活用し、輸入
者の負担が過度に増加しないよう配慮するものとする。
また、外国において証明書を発行できない場合には、主務大臣の指定する国内の機
関が種類名証明書を発行する体制を整備するよう努める。
3 科学的知見の充実
外来生物の対応施策を的確かつ効果的に推進するためには、何よりも生物の特性及
び導入により影響を受ける生態系に関する科学的知見の充実が重要である。このため、
関係府省や学識経験者等と連携し、外来生物の存在、生息・生育状況、生態的特性に
関する調査の実施や、外来生物による被害を評価する技術や防除手法の技術の開発な
ど施策推進に必要な各分野の調査研究を推進する。また、地方公共団体等が各地域で
知見の集積や調査研究を進めることも重要であり、国はそのような取組を促進するよ
う努めるものとする。
調査研究に際しては、国内においてだけでなく、外来生物問題が国際的な野生生物
の移動に起因することを踏まえ、外国政府機関や海外の専門家との情報交換を進め、
科学的知見のより一層の充実に努めていくものとする。
外来生物対策には、早期発見、早期対応が重要であることから、平素から監視に努
めるとともに、被害の発生を初期の段階で発見し、迅速に対応できるよう情報収集の
ための監視体制を専門家を含む地域の協力を得て構築していくことが重要である。
13
4 国民の理解の増進
外来生物対策を円滑に進めるためには、国民各層の理解と協力が不可欠である。こ
のため、あらゆる機会を活用して国民に対し普及啓発を図るものとし、各関係者に対
しては、法律の仕組みや具体的に取るべき措置を明らかにしていくなどにより、より
効果的な普及啓発を進める。
また、学校教育、社会教育その他の多様な場で行われる環境教育において、外来生
物対策に係る基本的な理解を高めるための学習機会の提供などを行うとともに、博物
館等の各種教育機関との連携を推進し、国民の理解の増進に努めるものとする。
5 その他
(1)非意図的に導入される特定外来生物への対応の考え方
人や物資に紛れて非意図的に持ち込まれる特定外来生物のうち、輸入、飼養等その
他の取扱いの意思なくなされる導入については、本法の直接的な規制の対象とはなら
ない。しかし、このような場合でも、生態系等への被害が生ずるおそれがあれば防除
等の対応が必要である。このため、特定外来生物の非意図的な導入についても、主務
大臣は関係者と調整をして導入経路や存在状況の把握に努め、被害が確認された場合
は、必要に応じ防除等の措置を採る。
なお、バラスト水に含まれる生物の移動に関しては、本法で対象とするものではな
いが、海域において特定外来生物の存在が確認された場合には、本基本方針の考え方
に基づき、必要に応じて防除等の措置を検討することとする。
(2)動物の取扱いに係る考え方
特定外来生物に指定された動物について、輸入、飼養等その他の取扱いや、防除を
行う際には、それが命あるものであることにかんがみ、動物の愛護及び管理に関する
法律(昭和48 年法律第105 号)の考え方に沿った適切な方法により個体の取扱いを
行うよう留意する。
(3)経過措置の考え方
特定外来生物が指定された際、既に当該特定外来生物を飼養等している者について、
当該飼養等を継続するための諸手続に関し、必要に応じ経過措置を設けるものとする。
14

2004年07月13日

メダカは護岸工事で減る

メダカ産卵、護岸工事で水流早まると半減

ニュースの引用だけど、ちょっと水流がはやまったくらいでメダカに影響ないだろう、よし影響なし。
なんていう環境調査がもう通用しなくなる。
同様に、ちょっとしたPH変化や水温変化、塩分濃度なんかも関係あるだろう。
バスがメダカを食う、なんていい加減な本も出なくなる。

バスを狙う場合でも護岸ポイントはあまり釣れない。どっちかというと水門とか
水が緩むあたりがポイントになる。
水流が4cm/秒以上のポイントしかないところと、複雑な地形で1cm/秒以上になっている
場所があるのではより幅の広いレンジがあるほうがたくさんの生物の住む環境にはいい。

護岸工事で湖や川をプール化しているとどんどん、生き物が減ることくらいわかりそうなもんだが、、
だからといって護岸を壊して自然にしろ、とは言わない。
護岸の沖に浅瀬を作ればいい。ビオトープを護岸の向こうに作るのだ。
これなら水害の時の決壊の恐れはない。ビオトープが流されるだけなので
ビオトープを再構築するだけですむ。
簡単なんだがねぇ、、おっと霞オヤジみたくなってきた。

そういえば小池栄湖のにごりの問題。
おれは小さい頃に庭に池を作っていた&熱帯魚バカだからわかるのだが、池のにごりを取ろうと思ったら
2通りある。1つ目はきれいな水で流す、2つ目は吸着する。
にごりの原因は細かいごみである。ミクロとかナノとか。
沈殿を待っているようだが、ごみが軽すぎるので沈殿しないのだ。
水道水を流し続けると、きれいな水が軽いごみを流してくれる(オーバーフローさせる)ので
時間も水道代もかかるがきれいにはなる。んが、こんな方法は野暮だな。
2つ目の吸着に期待したい。
吸着させるにはいろんな方法があるが、一番はやはり炭である。
池の水を巡回させ、濾過するのだ。
木を炭にするのでもいいし、市販の炭を使ってもいい。
これでにごりはかなり取れるはずだ。
ただし、炭はかなりの量を用意しないとだめ。俵4表くらいは覚悟して欲しい。
池を作ったりした時に出た廃材を炭にしてもいいだろう。
炭は炭素で出来ている。空気中の温室ガスCO2を固体にして
温暖化防止にも役に立つ。
ちなみに濾過器のモデルは川遊び
とか、なんとか動力を確保して、池の水を濾過してみたらいいのにね。
太陽電池でポンプ駆動、、大変かな。
風さえ吹けばガリレオの揚水ポンプが簡単だけどね。
同時にモグラよけになるし。しかし、風力とか結構計算しないと動かないかもかも。

清遊湖の反省など、、

相変わらず勝負の釣りが出来ていない。
成績表でわかるとおり、リミットの釣りじゃだめだぁ。
たとえば棚網さん。1stステージ1匹。2ndステージ5匹で上位だ。勝負師だなぁ。

その前に選べるほど釣る事が出来ないということだ。
前半6匹、後半8匹ではそうそう選べない。

ちなみに田中ちゃんはもう少しの11位。うわさで「うーん11位か12位」と言っていたら本当に11位。
どっちにしても革命的に上達しないと無理。しかし、月1回プラなしでは
上達は望めない。やはり革命を起こさないといけないのである。

で、考え方を変えた。まず、勝負の釣りを徹底すること。
考えようによっては6戦ということは12ステージある。
1ステージでも上位にいれば高ポイントである。12回チャンスがあると考えれば、、
とあと3戦、6ステージを残して実施するのみである。

そして革命。練習時間、テクニックを考えたらあと3回の釣りで上達するとは思えない。
5%釣果がアップするための練習をするのは時間が足らない。
しかし400%釣果がアップする道具、釣法が自分のものになればやってみる価値はあるだろう。
なんとかがんばりまっす!

2004年07月12日

NHC2004年7月清遊湖結果

DSCN5678.JPG
ということで、前日の0時過ぎに寝たんだけど、すぐに起こされる。
なんだろうと思うと停電。ブレーカが飛んだようだ。
エアコン3台同時につけると飛ぶことが分かった。

で、4時起床。結局、「つばめ返し」を作ることができずにそのまま出発。
4:30出発5:30到着。清遊湖まで下道で1時間だ。
エサはベーシックとオールマイティ1袋、桟橋は東、西で向かいあい。(なんでもOK桟橋)

エサのタッチはよくわからないが、BASICは粘る、重い、という感想。
オールマイティはチョーチンに似ているかな?(単品で作る時間なかった)
竿は相変わらずの9尺、12尺(これしかもってない)
08道糸、04ハリス。針は4−5号、ハリスは50,60cm
9尺テンテンで釣り始め、投入30分ウキまったく動かず。
があまりに釣れないのでつれたらキープということで。
途中でオールマイティに大きな麩のカケラが結構混入していることに気がつき
針をオカメ針に変更し、20、40としてセット(オカメ)にした。
ようやく3枚まで釣り、周りはカッツケで結構釣ってる。沸いているへらが見える。
ということで、どんどん浅くしていく。んがカッツケではオカメが食われず。
ここでアクシデント、ヒットした魚が走りまわり左の方の道糸とオマツリ。
魚はOKだったが、自分の道糸と同じ色の道糸だったので間違って両方切ってしまった。
スイマセン!と謝って相手の人もいいですよ、と言ってくれたがペースを乱してしまった。
オレも仕掛け作り直し、10分くらいロス。
結局前半は6枚しか釣れず、5枚で2300gくらい。

午後はカッツケ勝負、水深40cmにハリスは30,40くらい。目標3kg。
開始10分で魚が浮いてきた。15分で1匹目、それから1時間1枚もなく2匹目は400gだが
釣る自信がなくキープ。で開始40分で雷が聞こえた。雨、風も時々。
この時点で3枚だったが、荒天試合時間短縮を予想して全部キープする作戦に。
今終われば後半シングルだよなぁなんて思いながら。
カッツケで600g弱を5枚キープ。90分で、あとは雷雨待ち(笑)
パラソルの金具を万力の板(なんていうんだ?桟橋にある万力をはさむためにある板)の金具に
かませ、万が一パラソルに落雷しても桟橋に抜けるようにセット。
んが、天候は一向に悪くならず、回復した。
まじっすか?作戦失敗。
隣は小山さんだったが700g以下は入れないという作戦を敢行。
なかなか勉強になったっす。ラスト1分で5枚目を釣るというすごさ。
勝負強いなぁ。

駐車場に近所の農家の方の直売所が来て、とうもろこし買って帰りました。
3本150円でした(たぶんおまけしてくれたんだと思う)
とりあえず、次は3kgを目指そう。

2004年07月09日

リアル氣志團

氣志團のニュース見て思い出した。
山中湖の大会では大量の改造二輪車が集まっていました。
ヤマザキストアの前ね。
たぶん暴走族の集会だろう。昼やるなよ。夜やれよ。

んで、車に積んだレーダーのカーロケアラームがずっと鳴ってた。
つまり暴走族を包囲しているパトカーとか覆面がいるわけである。
それでもずっとたまり続ける若者。

逆に言うと、、暴走族の中には誰もカーロケ信号を受信している人はおらず
目視と偵察部隊(時々近所を走っていた)による警察監視行動しかしていないってことだ。
アナログだなぁ。もうちょっとハイテク機器を使えば自分たちが包囲されているかどうかは
わかるはずなのだが、、、

その後どうなったかわからないが、ブンブン言いながらどっかに行ってしまった。
つーことで暴走する若者のビデオをどうぞ。
デジカメで撮ったので音声はないです。

若(ばか)もの

2004年07月07日

ハカリ

MYハカリなのだが、これは機種を選定する際の画像。
DVC00114.JPG

たぶんなんだかわかんないはず。
なんで0がずれているのよ?と思うでしょう。

これはマイナスのオフセットがどこまでできるかを調べた記録だ。
ほかのハカリもある
DVC00115.JPG
DVC00116.JPG
DVC00117.JPG

こんな具合。適当に選んで決めたはかりではない。
あとは木のY字を作るために、お皿の形とかも考慮に入っている。

なぜ、マイナスオフセットが重要かといえばタモアミを載せた際に
どのくらい重量が増えるかわからないからだ。
わからないときはマイナス幅の一番大きいものを選べばOK。
ということでまず、マイナス幅の大きいものを選んだ。
あとはどっしりとした作りか?、安定性を高めるために
底にねじ穴があるかどうか?など、多岐にわたって検証した。

そこで合格したのが今のハカリである。
ハンズで1500円くらいしたけど、一応役に立ってる。
今週末は清遊湖、、、苦手だなぁ。

2004年07月02日

清遊湖プラなし、初エサ

basic.jpg

清遊湖で使うエサ。完全指定なのだが、、使ったことない

重さ、粘り、粒子、バラケ具合、すべて不明。
それでやるのだ。かなり無謀。むぼーん。

今回は「つばめ返し」という作戦をする予定。
ただし、まだコンセプトプロトタイプのために器具がでかい。
内容は、エサ付け+手返しの効率化。
オレは初心者なので、エサ付けが遅い。
たくさんエサを打とうとすると、1回が大きくなる。
上でバラける、ウワズル、釣れない、と悪循環だが、

小さいエサで回数を打つと
バイトチャンスが多くなる、ウワズらない。といい環境になるはず。

熊ちゃんで大体エサ付けに10秒前後(ビデオ検証による)
それを1秒以内でやろうとするのがこの「つばめ返し」作戦である。

ちなみに「つばめ返し」という釣方は鮎釣りにはあるが
へらぶな釣りにはないのでこう呼ぶことにする。
英語名は「スピーダ」(リボルバーのスピードローダーと同じ意味)ということにしよう。

2004年06月23日

へらカウンター

釣具やで売っているヘラ用のカウンタは高い。
最低でも1500円くらいする。
んが、価格破壊の波はここまでやってきたー。
ダイソーで発見したのである。

DVC00100.JPG

DVC00099.JPG

105円、安い!しかも水に浮くほど軽い(すまん実験してない)
これで、何匹釣ったのかカウントできるのである。

ダイソーにはいろいろ売っている、本当にすごいと思う。
確かに品質は70点のものが多いが、満足度は70−130%くらいのものが多い。

次回のNHCは7月11日の清遊湖である。
餌は完全指定のベーシックとオールマイティである。
なんだが似たような作りだな。まるでパウダーベイトのセットとセット専用バラケである。
よくわかんない。使ったことがない餌なのでしかも、プラできないので
当日水とあわせて、沈めて特性を理解して始めるという、素人には困難な作業である。

NHC2戦やってみてリミットの釣りを展開して思ったことがある。
リミットの釣りじゃ勝てねー。ちなみにオレは2戦、4ステージ全部リミット達成している。んが
ステージポイントは取れても、試合ポイントは取れていない。
あたりまえのようで難しい。へらぶなは数がつれれば型を選べる。が、数が釣れなければ
大きいのを狙うしかない。ということは、大きいのを狙う釣りにしないといけない

すなわち、ギャンブルの釣りということになる。
基本は600g以下はリリースということになる。
型の大きい層、釣り方を狙うことになる。2ステージでどっちかでシングル入賞しステージポイントを
40点くらい取るとまず、大会ポイントはゲットできる。
根本的に狙いが間違っていたようだ。
そうかぁ、なかなか難しいなあ。清遊湖ではいろいろなアイテムを登場させよう。
あとは腕しだいである。

2004年06月21日

土日

金曜日は風邪でダウン。
土曜日は安静、日曜日は釣り(笑)。
台風6号が来ていますが、どうなるんだろう??
都内の風速計は9Mをマーク、3:30分に高速に乗り、山中湖線を使って5:00会場到着。
こっちは風速0M、、なんだ??
事前情報だとハードルアーに反応はない、雨か曇りならディープはない。という
ことだったので、ワームをシャローで、、ということになる。
当日ボート屋の親父に聞くとウィードからみだというので、じゃあそうするか。
ウィードのアウトサイドエッジを釣っていく、9:00頃までノーバイト。
最初のバイトはなぜか、根がかり。ん?ウィードにかかっても切れるはず、、とひっぱっていくと
バスがついていた、どうもウィードを巻いたようだ。が、目の前でさよならー。フックはモスキート。
その後、風がビュービュー吹いて、白波。
37Lbsエレキじゃきつい。いろんなリグを試したが、ウィードにもぐらない程度の軽いシンカーだと
飛ばない、ダウンショットのオモリを重くすればウィードに沈む、、、。そこで、、
普段はディープでしかやらない長常をセット。
それをウィードエリアで展開。すると、いつものチヌ1号でも針にウィードがかからない。
2バイト2本、650+700gくらいだ。10:30までに3バイト2本、あと3時間ないかーと
思ったら中止らしい。11:00に検量1340g、片付け。どうも2隻くらい沈没したらしい。
表彰台か?微妙なウエイトだ。
ひさしぶりにやった割には良く釣ることが出来た。

DSCN5654.JPG
釣った魚。

つーことで、表彰式。
DSCN5658.JPG
あまちゅあ、優勝は女性。

DSCN5659.JPG
レディース賞とジュニア賞
いよいよ、プロ部門。20位で1200g台。よっしゃー!!入賞!ということで、、
DSCN5661.JPG

DSCN5662.JPG

DSCN5664.JPG

DSCN5669.JPG
プロ部門。

しかし帰りは大渋滞、家に着いたのは21:00っすよ。5時間も高速に拘束。

2004年06月11日

回路設計

なぜ、回路設計がつりの話題なんだ?と疑問に思うあなた!最後までみてちょ!

秋月の部品でGETした。
ちなみにLEDと携帯なんかにあるバイブモーター。
LEDは自己点滅LEDである。ちかちかする。1.5Hz。

DSCN5615.JPG

それを直列につないで、LEDがちかちかするタイミングでモーターを回そうと思った。
んが、回らない。LEDはちかちかしているのだが、、、
まず、モーターの内部のグリスがゲル化していて回り始めるのに
時間がかかるということで、電池を直接つないで数分エージング(笑)
それでもだめ、電流が足らないのか?と思い。他のLEDを持ってきて
2個並列にしてみた。電流は2倍、、、動かない、3個、4個、5個電源もCR2032の3Vにしてもだめ。
ということで、根本的にだめみたいね。なあ俺の考え間違っているのか?>電子部品屋
電圧か電流かわからないが、回らない。モータ自体の規格は0.6V-1.6Vで50mAだというから
十分流れているようだが、、ま、いいやだめなもんはダメで。
そこで新たな回路を考えた。1石の回路。
kairo.png
こんな感じ。
これで、2SC1815あたりでドライブすると動くのではないかな?
回路図を書きながら、、うーんRって必要??どうなの??
これで、LEDが点くタイミングでモーターが回るはず。はず、はず、、、。
LEDとトランジスタをモータに空中配線すればいいと思うのだが。
電源はLR44あたり(うーん電流が取れないか??)を予定。
これで、超小型のバイオエンジンが完成する。
1HZのLEDを平行につけると、擬似ランダムになるかも。
これをポッパーに組み込めば、水面に落ちたセミだ。
夏のトップ爆釣まちがいなし!まずは、フリーボードで実験してみるさー。
たしか、トランジスタは正面に向かって左からECB(エミッタ、コレクタ、ベース)だったよね??
回路図のベースはわかるんだが、コレクタ、とエミッタがわからん、、、調べよう。

2004年06月10日

リレー来た!

これが、リレー。なんだかわからないだろうが
モーターガイドのエレキにはこのリレーが使われている。(いた、かも知れない最新型のは見てナインで)
たいていいかれるのはこのリレーだ。ボードを交換すると2万円とかだが、
このリレーを使って修理すると1000円もかからない。
専門店でしか扱ってないので注意。ふらっと秋葉原に寄って買えるほど甘くない。
納期は1.5ヶ月、受注生産品扱い。特殊ねー!!

DSCN5613.JPG

あえて型番、入手方法は秘密にしておく。向上心のある人ならすぐにわかる。
さて、このリレーを3000円で売るか(笑)
腐った設計の基盤なので、なんと24Vエレキに12Vのリレーが使われている。
アメリカ人って馬鹿だな、と思う。そこで、今回は24Vエレキには24Vのリレーを使うことにした。
当たり前だ、定格くらい守れえええええ!!国産エレキが出来れば市場を席巻することは
間違いないだろうな。ブツブツ。なんでこんなに使いづらいものが、、、高いし、、、
本当なら基盤設計からやり直したいくらいだ。と回路屋さんは思うだろうな。

こういう現状を見ると、「最大速度で長時間使ってはいけません」という注意書きもうなづける。
定格無視した設計だものー。それは壊れるわ。発熱量だって倍だしね。
どうせならSSRとか使って無音エレキとか作れそう。リレー音がしないの。

最近SSR(ソリッドステートリレー)が交流だけじゃなく直流も扱えるということが
わかったので、、でもアンペアが足らないか、、
いやゼロクロス設計のSSRは直流だと0にクロスしないでしょ?(素朴な疑問)
どうなの??>半導体屋さん

さて、このエレキで山中湖にいけるのか??

2004年06月04日

スカパー

ということで、本日21:00より釣りビジョンの釣りステーションで
NHCが放映されます。
ちぇけら!
カメラが来た記憶がないので、たぶん写っていません。
スカパーといえば家のチューナーが調子悪い。
AIWAのCS−5SETだと思うのですが、2台目です。
熱暴走っぽいので、ファンを当てようかな?
今でもCPU用の放熱器をつけてファンレス仕様になっていますが、、、
でもこの間の灼熱の時には暴走してました。うーん、、、
廃熱問題はいやねー。冬はいいのだが、、
関係ないけど、スカパーの映像を1.2GHzの電波に乗せて別の部屋で見ているので
このマンションの住人は受信機さえもっていれば釣りビジョンがただで見られますな。
つーかその受信機が1万円くらいだったりする。

今週末はつりを「しない」週末です。
くぅー、その代わりいろんなことを進めていきます。
工作関係が多いかな?車の工作だったり、リグの工作だったりします。
山中湖用のリグを作らないと。
ディープ用にはヘビキャロ、シャロー用にはノーシンカーロングキャストリグ(名称未定)
3インチのワームを30−50mキャストするリグです。ふっふっふ、、えーと、タミヤの水中モーター(嘘)
そういえば、パワーパック(ぜんまい仕掛けのルアー)の応用で電動ルアーってないかな?
ないときは、、、作る!!!
がんばります!!

2004年06月03日

短竿の必要性パート2

shade.png

へたくそな絵だが、これが原理。
夏の桟橋パターンでシェードのへらを釣るには短い竿が一番ということ。
絵ではなかなかうまくかけなかったが、ようするに影にいる大きい魚を釣るには
こういう短い竿も必要ってことで。
8尺テンテンはマスターしておきたい逸品だ。
とくにクリアレイクでは必要ではないかな??

ちなみに竿30cmと仕掛け30cmで60cmと書いたが実際は
直角2等辺三角形の式により1対1対ルート2なので
33x1.4=45cm くらい手前を釣ることになる。
さらにわたしはオフセット竿掛け方式であと15cmくらい手前を釣り
60cmくらい手前を釣ることにしよう。
これで日陰のジャンボへらを攻略、、、できるといいな。

8尺の必要性

ああそうさ、連日へらぶなの話題さ。某氏の奥さんが書いた文章じゃないが、オレの頭にはへらぶなが3匹くらい飛び跳ねている。それを沈静化させるためには妄想(8尺買って爆釣)しないと。

だいたいどんな釣り場でも8尺からである。
8尺なんていらないと思っていた。んが、この間の大会で必要性を身にしみた。

桟橋のポイントに入ると、暑い日は当然桟橋はシェードになり好ポイントになる。
となると、そこにいるへらぶなを釣るには短い竿が必要になってくる。
9尺でいいじゃないか?と思われるかもしれないが
8尺にすることでさらに60cm近いポイントを釣ることができる。って1尺は30cmだろう!
実は竿の流さで30cm短いということは、仕掛けの長さでも30cm短い。合計60cm短くなる。
これで桟橋の下にいる魚を誘い出しやすくしている。
つまり欲しいリストに新たに8尺が加わり、8、15、18の3本がラインナップした。
ボーナスで欲しいなぁ。
つぎはメーカー。
NFTの春影こと「しゅんえい」はすでに廃盤で現在ではシマノだ。
そのシマノに「惜春」というブランドがある。なんか似てるよね??
これにしようかな?って振ってみないとわかんないけど、、

次回の清遊湖には長竿も必要なのである。
12尺じゃ底にとどかん。15か18か、、うーん。
長いハリスを使うのでハリスケースも欲しい。うーん。
うーん、うーん、うーん、うーん、よし!買おう!(アホ)

山中湖!

今月は山中湖であります。各ボート屋さんの釣果速報を見てもなかなか釣れているようです。
今月末はアフターの釣りになるかな?ウィードのエッジの釣りか。
その前に放流が欲しいところ。なかなかそうはうまくいかないけど。

前回の山中湖では8FTヘビキャロが大活躍した。
シャローには200gくらいのバスしかいなかった。
ディープには40cmオーバーがいた。これをキャッチしたのである。
当然、こんな馬鹿なことをするやつはいなかったし、エンジンに緑のハチマキをしたアルミには
笑われた。が、渋かった山中湖でまあまあいい成績を収めていた(と思ったが違うといけないので
確認してみよう、、あ、あった16位だったね、ノープラの割には正解だったような
と、まあこんな風に新しいことに挑戦して成果がある場合もある。

つーことで、今回も新しいことに挑戦だ。
ピンスポットを釣るのではなく、ロングキャストで線と面を釣るのだ。
それもシャローで、軽いワーム(3インチサターンとか)のノーシンカーを30−50mくらいロング
キャストするのだ。不可能を可能にする男。
有効とわかったら北浦戦でもやってみよう。
池原とかクリアレイクで有効のはずなのだ。トーナメントに勝つためにいろいろやってみることで
新しいメソッドが確立される。もちろん試してダメなメソッドも数限りなくある。
ではダメだったメソッドを1つ紹介、
9mディープの中層にワームをサスペンドさせるために、4.5mのナガツネ。
失敗原因:キャストできませんでしたー
もうアホかと。ボケかと。キャストするには4.5mくらいの竿が必要。ち!!

2004年06月02日

へらぶな釣りにおけるズラシ幅

ぼーっといろんな事柄を考えていたが、今日はズラシ幅について考察。

ズラシ幅とは2本のハリにどれだけ段差をつけるかである。
ハリスの長い、短いはまた今度の機会として
ハリに段差をつけるということはどういうことなんだろうか??
宙におけるズラシで考えると、それはタナの探りあいであると思った。
もちろんそれは両ダンゴの世界の話なんだけど、、
へらぶなが遊泳している層はごく狭い。しかし管理釣り場ではそんなに層は狭くないはず、と
思っている。あらゆる層にいるのでそのうちのどこかの層にヒットすればいいと
思ってズラシ幅を取っているのではないか?と思った。
5cmの幅があれば5cmの差のある2つの層を釣っているわけで20cmの幅があれば20cmの差のある2つの層を
釣っていることになる。
仮に1本ハリの場合はズラシ幅が理論上0なので1つの層だけを釣っていることになる。
仮に3本ハリで5cmづつずらしたら5cmの層を3つ釣っていることになり
ヒットする層が見極め易いのではないか?
(もちろん情報量が多すぎて大変だと思うけど)

それが顕著に現れるのはどっちの団子を食ったか?であると思う。
いつも下を食う、いつも上を食う、バラバラ、経過時間によって違う、などが主なパターンではないか。
まだ理想のパターンはわからない。どれが正解かもまだ不明である。
でもバラバラよりもいつも同じパターンの方が安定していると思う。

これからもどんどん、新しいつり方を提案していききっとトップに立てるようにがんばりましょう。
って、今月は山中湖でバスだった。作戦はシークレット作戦だぁ!(なんじゃそりゃ!)

2004年06月01日

へらぶな釣りにおけるゾーン定義

zone.png

なんだか難しいことを言っております。
さて、超左脳理論における、へらぶな釣りの水中イメージを数式で表すことに挑戦してみました。
それによると3つのゾーンに分けることができると思います。
Aゾーンでは、餌が着水後からオモリが沈むまで(ウキが立つまで)水中に餌のあるゾーン
Bゾーンでは、ウキが立ってから餌がなじむまで餌があるゾーン
Cゾーンでは、なじんでから、餌落ちするまで餌があるゾーン。

Aゾーンにおける餌が下に引っ張られるGは(オモリとヨリモドシ+ハリ+餌の自重)
Bゾーンにおける餌が下に引っ張られるGは(ハリ+餌の自重)
Cゾーンにおける餌が下に引っ張られるGは(餌の自重)
そして餌のスピードは
Aゾーン>Bゾーン>Cゾーン
となります。

また理想とする餌のバラケ具合は
Aゾーン(0%)<Bゾーン(1%)<Cゾーン(99%)
になります。というかAゾーンではまったくと言っていいほどバラケて欲しくない。
Bゾーンでは誘いの意味もあって少しはバラケてもいいよ。
Cで目いっぱいバラケロ。ということじゃないかな?

以上の条件を満たす餌が理想の餌ではないでしょうか?
そこから攻略方法を考えて、ある方法でまったくうわずらない餌の方法を思いつきました。
といってもNHCでは使えない方法なので今度、プライベートで試してみようと思います。

へらぶな釣りの技術というのはほとんど右脳で処理することが多いです。
ヤワネバとかカタボソとかふわふわ、ツン、モヤモヤー。ぜんぜん論理的な言葉が出てきません。
ところが一転、餌作りやハリスの長さ、竿の長さになると
マッハ1カップにGTSが4で水がカップ1とか25cm40cmに15尺。と
具体的な数字が出てきます。
これは左脳で判断しやすいしコンピュータでも処理しやすい形になります。
こういう風にどんどん左脳よりのへらぶな釣りを提案していけたらなぁーと思ってます。

ちなみにTNK氏に言われた最近の課題は「ウキが寝すぎ」であります。
餌付けが遅いのです。今までの人は練習によって、それを克服してきました。
しかし、そんな練習する暇もなし、大変なのでそれをシステマチックに解決する方法を考案しました。
目標は1秒以内に餌をつける方法です。これならうまい人にまけない餌付けの時間短縮になります。
次の大会あたりで実践してみたいと思います。
うまくいくか企画倒れか、、、乞うご期待。

2004年05月31日

NHC第2戦 隼人大池

DSCN5609.jpg
ということで、まずはプラから。TNK氏と同行。
土曜日は旧池を釣る。旧池は12尺で底に届くので9と12しか持ってない俺でもいける。
12の底をやるのだが、まったく釣れない。というか底釣りがわかんねー。
ダンゴは重くて小さくつけても、パイプトップが沈む。
やっと軽い餌作りができたが、こんどはアタリがわかんないよー。
ウキを付け替えていたりすると、今度は、ウキがクラッシュ(笑)した。
足が胴から折れたのだ。ショック!ウキって壊れるイメージがないので消耗品だと
このとき悟った。あそうだ、あのウキは200円で買ったんだっけ?まいいか。
渋い感じがした+底釣りメインだろう、という感じがしたので明日はリミットそろわない人が4割
とにらんでリミットの釣りとした。

大会当日の天候は晴れ。71名参加。
本日は完全指定餌なので餌が配られる。パウダーベイト ボトム3分包に
パウダーベイトへら1袋、バラケマッハミニ1袋。少ないように感じたが、実際は半分も使わなかった。
ほぼ全員が底釣りをするので、おれはひねくれて9尺のテンテンスタートでメータに移行予定。
数を釣って大型が混じれば、、と思ったがぜんぜん混じらず+つれず+トラブル 。
またウキが折れたですよ!今度はトップがぽっきり。これは680円くらいのウキだ。あいかわらず
安いウキ使ってるなー。あわてて適当なウキをつけて再開、ウキバランス取る間もないが終了。
7FISHで5匹2550g。それでもポイントは取れていた。13ポイントだったけ?38位?
半分くらいのポジション。

午後は場所が端っこ。またかい!リミットの釣りを展開。途中1000gオーバーが混じるが
相変わらず500gのオンパレード。5匹で3078g。24ポイントってことは27位あたり?
おー、やっと3kg超えたぞー。
どのくらいかな?と思ったら47位だった。ポイントまであと7人(泣)で5pt終了。
TNKは底で徹し14位だったらしい。あと4人だね!
次の大会ではポイントをゲットしたいな。

DSCN5610.jpg

上位パターンは底ばかりで、長ハリスに7cmズラシがほとんど。
なかなか底は難しいなぁ。次回もがんばろー、しかし2大会ともに
5ptボーズはつらいのー。ボーズじゃないだけど5pt。うーん、、、

2004年05月18日

春影

haru.jpg

へらぶな釣りにはこのブランドの竿を使っている。NFT(現シマノ)の春影だ。
で、ずっと2年間くらいこれを「はるかげ」と読んでいた。
ところが今日、これが「しゅんえい」と読むことが判明した。
まじっすか。知らなかったよー。

ウキの「月山」も「つきやま」だと思っていたが「がっさん」であった。
音読みがメインなんだろうか?訓読み好きの俺にとっては
なかなか難しいなぁ。

今朝、夢で持っているいいウキが2本とも折れた夢を見た。
縁起悪いぞー。どっちもトップが飛んでいった夢。ちくしょー
いいトップに交換してやる。

さあ、今日はちょっと買い物だー

2004年05月14日

トレーラ配線


トレーラーをつないでテストしていたら、突然、車のヒューズが飛んだ。
車のヒューズを調べると、バックランプ回線であるとわかった。
で、調べるとトレーラのバックランプが腐っていそうだ。
これを交換しよう。
ついでに、ブレーキランプが点かないこともわかって、これも配線を調べないといけない。

徐々にやっていきましょう。

トレーラーといえば、ガイドの棒がぐらぐらである。
ボルト+ナットを新しく買ってこなくては。
さらにボート本体も手入れが必要な箇所がある。
目隠し板が外れそうとか、バッテリートレーがぐらぐらとか、、
何年か経ったのでそろそろ手入れが必要な時期だと思うが、自分でやるしかない。
さらに手入れついでにボートセキュリテイを考えよう。

車用のセキュリティを流用しようと思っているので
まずは簡単なものからスタートだ。最終的にはVIPERあたりになると思われ。
って、いくらかかるのよ。
ボート用のセキュリティはいくつかあるが、いずれもクルーザーとか用だ。
バスボート用のはない。開発したら売れるかもねん。
動作原理は簡単である。ショックセンサーも多分いらない。
簡単なものでいいはずだ。ちなみに予算は5000円ー1万円以内を考えている。
どうなるか、、、お楽しみである。

2004年05月13日

ライブウエルにお魚


久しぶりにライブウエルにお魚が入ったので撮影です。
2匹の方は舘野ちゃんで1匹のほうは俺です。

ライブウエルのモーター(ビルジモーター)が、異音を立てていました。
ぐもーーって感じです。たまにそういう音がしていたので、そろそろ寿命かな?
350ガロン/h だと思うので交換部品を探してみよう。
それと、ライブウエルのタイマーが欲しいなぁと思っているところです。
エアレーションは間欠タイマーがあるんですが、ライブウエル(給水)の方は
間欠タイマーがありません。モードスイッチはあるのですがね、、。
ちなみにキットは4500円くらいで売っている。どうするかな。
エアレーションを行っても水温の上昇は避けられないので
給水する必要があるんです。まあ逆に冬とかはエアレーションはいらないですが、、

あと、欲しいのは走行中にも給水して欲しいなぁという思いがあります。
たまにライブウエルのコックがOPENになっていて、20分くらい走ると
全部水が抜けてて魚が瀕死状態ってことが何回かあったので、、

走行中はポンプの入り口が水面より上に出ているとか、空気が入るとかで
モーターが空周りするんですよねー。
うまく水を吸わないかな??まあこれはコックをCLOSEにしていればいいんですが。

山中湖でもライブウエルは回しっぱなしなので
間欠タイマーが欲しいところです。
ちょっと探そうっと。

2004年05月12日

アメリカはいいかげん、、、

TNK氏のエレキが壊れた。
言うまでもなく基板の故障である。
んで、もってこの基板のことをよーく調べてみた。
これがエレキのヘッド内部
失意のTNK

いろいろ見ているとエレキはかなりいい加減な作りをしていることがわかった。
電子工作屋が見たら許せないことばかりだと思う。
テストもろくにしてないんじゃないか???
よく言われるのが「エレキを最大にして長時間使用すると壊れる」というのがある。
基板をみて思ったのだが、マジでこれじゃいかんだろと突っ込みを入れる余地がいっぱいある。
そりゃ壊れるわ!という作りになっている。
エレキは最大速度にすると30Aくらい流れる。
基板をみると「え?これが30Aを制御する回路?」と思えるほど貧弱である。
定格も無視、誰が設計したのだろう??
「エレキを最大にして長時間使用するようには作られていません」という説明を見たことが
あると思うがそれはその通りであの基板を見たらちょっと使うくらいしか考えられてない。
アメリカでは平水でエレキを長時間使う場面がないのだからこんな製品がまかり通っている。

よくエレキのヘッドにビニール袋をかぶせていると思うが、基板がむき出しである。
そりゃ湿気にやられるわ!
シリコンシール剤で充填すればいいのにその処理さえしてない。
基板交換は2万円くらいするらしい。アホか!

逆にいうと、国産、、いやMADE IN JAPANのエレキが活躍する場が十分にあるということである。
まずはベンツのチューンナップメーカのAMGのようにエレキをチューンするところから
はじめてみてはいいのではないだろうか?
モータだってたぶん効率の悪いものを使っているだろうし。
12Vで70lbも夢じゃないと思う。といってもまずは基板からだな。
ちょっとしたことでかなり壊れにくくなると思うのでチューンしてみるべし。
といっても、チューンしたら保証は受けられなくなるだろうね。

まずは基板を国産基板に変更するメーカーになってはどうだろうか?
しかし、特殊な部品が多い。マジ大変だ。

2004年05月10日

大会結果ぁ

ということで、JBCC第2戦が北浦で行われました。
当日、無風もや多しくらいでいい釣り日和となりました。あとは腕だけです!(笑)
主にアフターの魚を狙うつもりで、シャローの障害物を中心に狙いました。
スタート直後はサンドバーAに直行、、、誰もいない、、、ドザエモンが浮いてる??と思ったら
タイヤがサンドバーの真ん中に浮いています。びっくりしたー。
ここで、ワームやミノーのヘビキャロを1時間ほどブン投げていましたがノーバイツ。
風が出てきたので下流へ移動。一気に神宮橋へ。
ここで舘野ちゃんがいきなりヒット。1kgくらいの魚をGET!
さらにふなも超シャロー(たぶん30cmとか)で750gくらいをGET!
もっと風が出てきましたが、さらに下流へGO!
ナサカでノーバイツ!常陸利根川でもノーバイツ!!つーかさ、ギル位あたろうよ。
水温17度前後、風がさらに吹いてきたので、朝のポイントに戻る。
あ、水が悪くなってる、、
と、ここでも舘野ちゃんがフッキングと同時にバスが飛んできた。
200gないなぁ、大きさを測ると22cmくらい。
今日からアマチュアはリミットが20cm以上になったのでOKです。
つーかプロも25cmに下げてくれるとうれしい。
北浦 プロ30cm、アマ25cmで山中 プロ25cm、アマ20cmだったのが
北浦 プロ30cm、アマ20cm、山中 プロ25cm、アマ20cmととても覚えづらい。
プロ25cm、アマ20cmに統一して欲しいところだ。>関係者

で、時間まで鉄橋付近でバイブレーションを投げるもノーバイツ。
無事、わしは初バスをゲットしました。ポイントも取れたしGOODです!
舘野ちゃんは1250gくらいで4位、わしは780gくらいで30位くらいか??
飯塚さんは2位でした。さすが!TNKもポイントゲット。ボーズいないですね!

よくつれた大会でした。
次回は6月20日の山中湖です。
6月6日じゃありませんよ>おーる








2004年05月06日

たもハカリ作製ファイナル

















完成。
いや、説明は一切省こう(笑)
とにかく大変でした。材料費は数千円ですが、手間がかかりすぎ。
木工工作は中学生の時以来ですので、結構上手に出来ました。
肝心の大会ですが、、
前半2700gで53位(5PT)、後半3000gで40位(12pt)くらい、合計5800gで50位くらいでした。
当然5pt終了。一緒に出た田中氏は総重量では負けているはずなのに後半の追い上げが
効いてポイントで上位にいました。(くそー)

作戦的には深いところで底がよかったようです。
俺は短竿しか扱えないので9尺で数を釣っていました。
12尺にすればよかったと後悔。リミットメイクをメインに考えたので550gでもキープしていました。
600g以上キープにすると成績はよくなるようです。

結果、上位は底でした。

金曜日のスカパー(たぶん釣りステーション)でこの模様は放映されるようです。
俺が写っていたら笑えるのー。つーか、カメラが来た記憶がないので写っていないと思うが、、
このハカリは写真に撮られたので、どこかで紹介されると思います。
何人か、このハカリを「おお!いいなー」と言っていたので
隼人大池の大会ではかなりの人がこの方式のハカリを自作してくるでしょう。

羽生吉沼で使っていたのは俺だけでした。
まあ、自動計量器あるしね、、、

次回は隼人大池でジャンボ狙いです。
底釣り用のウキ買いました。月山(タイプ)だそうです。(笑)
コピー品ねー。ま、いいか。
今週は北浦で大会、たぶん釣れないと思います。
ちょっと試したい釣りがあるので、やってみます。
うふふ、バスのウキ釣り(餌はワーム)です。
ラインや、竿に出ないアタリをウキで出そうという魂胆です。
成功するでしょうか???

2004年04月28日

たもハカリ作製中その3


木の股の切り出しです。
大きさ比較にたまごっち(笑)をどうぞ。
そのうちたまごっち日記になったらごめんくさい。まあもうたまごっちは流行しないと思うが
ちょっとインターネットでやってみたいことがあってさ。

皮をむいたところ。まだ湿っぽい。生木の感じなので早く乾燥させたい。さてと、、、
20040427_2309_0000.jpg
コンロで遠火であぶる。
そういえば、竹の竿なんか作るときに火であぶるよなぁ。
30分くらい熱したがまだまだっという感じである。
ということで天日干し中。
明日1日あたり干してあぶってそれでもだめなら電子レンジか。(爆発しそうだな)

削った部分の茶色い部分は皮の残りなので
さらに丁寧に皮を剥ぐと真っ白な木になると思う。
チーク系のスプレーニスを買ってきたので、最終的な色合いは薄い茶色になるはずだ。
昨日上州屋で竿補修用の黒い糸も買ってきたので、
下の部分に割れ防止の黒弾幕(スレッド?)が巻かれる予定。

ついでに銘も入れちゃうか。
まあまあのタモ受けなので、、「いいとも」ってどうよ?だめだな、、
ハカリに乗ってるのとメーターを振り切って欲しいのとチューニングブランドっぽいので「AMG」とか、、なんだかなぁ。
パチンコの棒に似ているよなぁ。ということで、「チンコ棒」、うわ、最低だ。お前は小学生か!
アルファベットのYに似ているので「うれしーY]。おさるか!
「人」のさかさまにも見えるなー「とひ」、なんだ???
まあ、ゆっくり考えるさ。

ということで、次回更新はたぶん5月6日あたりです。
みなさん良いGWを!!

2004年04月27日

タモはかりその2

View image

これがアップ図。
この木の股の部分が非常にいい。ということでここをメインに使う。
昨日はラッカーニスや紙やすりも購入。
ちゃくちゃく進むぞ。

このハカリ入れも作りたい。雨に濡れるとこまるので
ビニール製の布でできたらいいなー。
じつはちょうどいいのが、、、、「水着入れ」。
昨日、JUSCOをうろうろしてて気がついた。
しかし、アンパンマンの水着入れはちょっとひく。
いっそのことセーラームーンの水着入れにしてやろうかな?

2004年04月26日

タモ受けハカリ製作開始!


NHCではタモにのせたままへらぶなの重量を測ることができる。
そのタモ受けハカリを作製することにした。
材料はハカリに木の股をつけたかんたんなものだが、ちょうどいい木がなかったので
しばらく放っておいた。が、ある日、近所の人が庭木の手入れをしたのか、いい枝が
ごみ捨てばに捨ててあったので、これをゲット。

まだ生木だったので細かい枝をむしり、ベランダに干した。
今日あたり、皮を剥いで、切って、穴を開けてニスを塗って完成だな。
いや、ニスは何回か塗らないといけないと思うので1日では無理か。
ついでに割れ防止のスレッド、、、なんていうのかな?竹竿でも継ぎ目が割れないように
糸を巻いていある、、黒弾幕とかいうあれ。をつける。
スレッドって木綿糸じゃダメだろうな、、あれはなんの糸だろう??
木の色とあわせて黒とか、オレンジとか、金とか、、、
いろいろ調べよう!
これでかなりいい道具になると思う。でもまだかさばるハカリだ。
将来はもっとコンパクトになるだろうな。コンセプトプロトタイプとしては十分である。
今日はハンズでベースになるハカリを買って帰る。
もう機種はめぼしがついている。
適当に買えばいいってもんじゃないこともわかったし。

ずっと欲しかった竿ケースはノーブランドを3500円でGET!
3層でパラソル挿しも横にあるのでしばらくはこれで、、、。
でも肝心の竿は2本しかないけど(笑)

2004年04月16日

NHC参加

ということで、同じゲームフィッシュのへらぶなの大会に出てみようと思ってます。
NHC2004ここに会員名簿があります。

すごい面々ですねぇ。
全員で111名ですので100名と換算して、40位までポイントが付くので上位40位に入ることが
必須条件になります。40位微妙。TNKはたぶん大丈夫だろうが、俺は40位以内は厳しいかも。
半分以上になるかどうかが分かれ目!

ちなみにGWの大会ですので相当皆さんプラ=試釣していると思います。
俺もやりたい!!

特に新しいリグや釣法にバンバン挑戦したいと思っています。
で、どれか当たればOK!!
さてとハカリを買って帰るかぁ。

どこ???

某メールより。。
【Q.】まずは転職のきっかけを教えてください。
【A.】前職は釣具製造をやっているメーカーで営業及び商品企画をしていま
    した。転職のきっかけは、忘れもしない昨年のクリスマス直前。。。
        社長:「今日で会社終わるから・・・。」
        私 :「えっ!?」
        社長:「解散します!!」
        私 :「えぇ〜!?」
   突然の解散宣言!?応募からたった9日で転職できた秘訣とは――
30歳男性。福岡県在住。前職は釣具メーカーで営業及び商品企画を担当していたが、突然の倒産により転職を余儀なくされる。

ん?どこの釣具メーカですか?DAIKOかなぁ??
しかし、こういう形で解散するのも悲しいなぁ。
もっと前から言って欲しいよなぁ。でも転職は大変だな。この業界も大変だ。

釣りといえばGWにいけるみたいです。
5月3日は大会、5月9日も大会、それのプラもあわせて行ってしまうもんねん。
今年はまだ魚を1匹しか釣ってないので腕が鈍りまくりぶー。
GW前半は工作です。タモはかり装置を作ります。予算2千円。
でも大きくなるんで困る。ほんとうはもっとスマートなのを作りたい。
アルゴリズムも頭の中でシミュレーション中。
あとは、リグとエサの作り方だけー
ってへらメインかよ!さおケース欲しいなー
ということでGWは釣りにいけます。
そのためにはせっせと子守貯金しないと、、、、

2004年04月12日

釣れない、、

予定通り、ノーフィッシュでフィニッシュです(泣)
そんなもんだよなー。
4月は釣れないって、俺には。
GWあたりならまだ可能性もあるが、、
息栖大橋から江川まで行ってダメんちょ!
ガソリンも30リッターくらい食ったか。

天気も良かったですがぜんぜん釣れる気がしませんでした。
1箇所ベイトっ気モリモリのいいポイントがあったのですが
まるで無反応。もうハードベイトの釣りはやめようかと思ったくらいで(笑)
それでもバイブレーション4割、シャロークランク1割、ミノー1割、トップ1割、スピナーベイト1割、ラバジ1割、ワーム1割
くらいでしたね。2貝でした。からす貝2本。がっくりくりくり。

10月から半年ぶりにエンジンかけました。一発でかかりました。やったね。
でも電気系統がおかしい。バチコンバチコンブレーカーが落ちました。
しばらくすると直ったのですが、、、なんだったんでしょう??
リミットメイクはゼロで4本で優勝だったような。すいません寝てました。
もう寒いし眠いし、3時間睡眠はきついです。

朝とか本当は30分前についていたのですが、ガソリン買うのを忘れて51号に再び戻ってたりしていました。
あー意味ねー。本当につらいなー。
ちなみに今年はまだバス触っていません。むーん。さわったのはへら1枚。
ことしは目いっぱい釣れない年でしょう。じゃんじゃん。

2004年04月09日

充電中

バッテリー充電中。
なぜか、ボイジャーの充電器が部屋の中で行方不明なのでシャウアーの充電器で充電中。
っていうか、部屋の中で行方不明ってどういうことよ?
リールの糸も巻き替え中。とりあえずスピニング4lb、ベイト10lbで全部フロロであります。
スカパー見ていたら、山中湖でミノーで爆発していた。
いいなー。ああいう釣りをしてみたい。
ということで、北浦は水温が微妙に上がっています。
15度を超えたのでワームに分があるのでは?と思う反面。
巻物で通せば1匹は取れるかもと甘い考えがあります。
なのでベイト3本スピニング3本というヨワヨワ作戦で行きます。
本当は2本2本で考えたんですが、やっぱりもう1本づつという弱腰。
ちょうどJBCCからマイグレーションが届いたんで見てみると、、春は釣れてない、、
やばいくらい釣れてない。

一応6尺のスピニングと、6.6尺のベイト、、、いかんいかんフィートだっつーに。
バイブマッハに簡単ワームをヤワネバで、、、そんな釣りがあるか!!!

でもへらでいうセットの釣りをバスに応用することは可能じゃないか?と思ってます。
ワームを撒いて、というものではないですが。
要するに集魚効果と食わせの組み合わせのリグになればいいのです。
あと、ウキをつけるのはいいんじゃないか?と思ってます。
竿や手元にダイレクトに来るアタリより、ウキのほうが感度がいい場合があるんじゃないかと。
そのうちウキをつけたリグを投げていいたら、ああバスのウキ釣りで餌はワームなんだなぁと
おもってくだせー。

あ、カウンター付きました。あとはちょっとしたバナーでも作ります。
時々更新しまーす。。

2004年04月05日

こぉーーーーじま!

近所の釣具屋さんに行く。
へらの餌を10袋以上買う。6700円くらいか?
QUICKSLIVERの2ストオイル3200円くらい。合計1万円弱。
つーことで1万円でいいよ>TNK
肝心のバス関係はなし。
10人プラに出て釣ったのが1人という激渋らしいので
俺には釣れんだろう。マジで。みんなの顔と船の調子を見るだけで終わりだな。
##やばいので2行削除(笑)

新たにバスを見つける方法を思いついた。
以前のアンテナをバスボートの上で振り回すスタイルとは別に
もっとほかの方法である。動と静の方法でいえば静。
昨日TVでやっていたが血液型を思考パターンは分類できるそうだ。
B型の俺は自己中であるらしい。
発想と行動の脳の分野がよく反応しているそうだ。
なので、急に思い立ったリグとか実験とかWEBとかをやってみたりする。
でもあきっぽい。自己中!
それはこの日記を見てもわかるように話題が整理されていない。
机を見てもやりかけの書類や作りかけのWEBぺーじでいっぱい。
WEBの方はINDEXESを禁しているから、ごちゃごちゃのファイルが見えないだけで
じつはひどい状態。
発想と行動が伴うのでやっぱり発明家とか実業家とか社長が向いているのじゃないか?(笑)

そうやって発明したリグをどんどん試していこうと思う。
で、いいリグはダウンショットがしばらくシークレットだったように
シークレットリグとしてしばらく秘密にしておこう。
へら用のリグも思いついたし、どんどんためして、どんどんNG出していこう。
そうするといいものだけが必然的に残る。

2004年04月02日

嘘よねーん

ということで、昨日のロングホーン本は存在しません。
適当にオライリーっぽく作ってみました。
ありそうでない本でございます。え?バレバレか?

なんにしろ、来週からはJBCCでございます。
今週はへらのえさを買いにいきます。いみわかんねーーーーーー!!!
面倒なので北浦でへら釣るか!つーか、8尺以上のさおが使えねー
餌の代わりにルアーか、、それって何釣りになるんだ??

そういえば、グーグルで「江角まきこ」で検索するとトップに来ます(笑)
みんな下の名前を漢字で覚えてないのねー
俺を筆頭にみんなアホだ!(笑)

うちのサーバで一番ページランクが高いのは写メールdeウエブで4だっけ?
なかなか難しいもんだなー。効率的に上げる方法を教えてほしいなぁ。

2004年03月31日

圧力成功

(旧日記は右の下のリンクからどうぞ)

ということで旧日記のほうで
圧力をかけるということを書いたが、
いいのか悪いのかは置いといて
ヤフーの記事からブラックバスの絵を削除することに成功しました。みなさんありがとうございます。
左の下の「生態系保護」のところにブラックバスの写真はなくなりました。
これで、ヤフーは圧力に弱い体質だとわかったわけで、今後、どんどん抗議していきます。

悲しいかな、こんな活動しか、俺に出来ることはないが、こうやって着実に
一歩一歩ではありますがバスを悪者扱いするメディアに対しては
頑固戦っていくつもりです。ほかの俺より有名な、そして偉いバスプロもこのくらいはしてほしいぞ。
って、これは滋賀県の県議といろいろやり取りした時にも言ったな。

バス釣るだけがバスプロじゃないんだよっと。これが俺流の活動さ。スポンサーもついてないけど
確実に次世代のバス釣り環境をよくしていこうと思う気持ちは吉田幸二さんと同じ。
俺は育児で湖畔のごみは拾えないが、メディアの出すごみはこうやって掃除しています。
やっていることは同じで、結果も出しているけど理解してくれる人は少ないか。

ヤフーの記事だって「ああ、そういえば消えたなぁ」「そんな写真あったっけ?」、でおわりだ。
別に俺の活躍とか、誰が消したか、なんて興味ないだろう。

俺の仕事はネットワーク管理の仕事だ。
やっていることは地球防衛隊みたいなことで、「だれも気が付かないが、じつは大変なことが
起きようとしていてそれを苦労して未然に防いだ」という感じのことだ。
だから利用者は毎日平穏なネットワーク生活をおくれている。
ほかにたとえると消防署のような職業だとも言える。
たとえば、同じような町Aと町Bがあって。
A町では年間出火件数は100件、全焼50、半焼50、死者30人
B町では年間出火件数は10件、全焼1、半焼9、死者0人
で、次の年のボーナス査定と予算の申請が来た。
A町の消防署では出火件数に対応するため新型の消防車を1台申請、予算1000万円
B町の消防署では退職する人がいるので2人増員を申請、予算1000万円
あなたは1000万円の予算をどっちの予算を通し、どっちの消防署に高いボーナスをつけるだろうか?
おそらくあなたはA町の働きに目を奪われたはずだ。
これだけの火事に対応したのですばらしい働きだ、と思ったはずだ。

ところが、、、A町もB町も同じような町であるのに出火件数は大きく差がある。
これは出火後の対応にメインを置くか、出火以前の対応にメインを置くかにある。
市民の平和を守るには出火後、いかに早く消すか、よりもいかに出火させないかが
重要になってくる。同じことがネットワーク管理にも言える。
障害が起こってから活躍する人より、障害を起こさせない人を評価するべきなのだ。

で、同じことがバスプロにも言えるんじゃないか?と思っている。
派手なリリ禁反対運動する人よりもそうさせないようにしている水面下でがんばっている
人がいるに違いないのである。白鳥は優雅に見えていて足は必死で水をかいている。

2004年03月30日

今年も始動!

いよいよ4月から始動です。
え?遅い?
まだ船の状態も見ていません。火を入れにいかないと、、、

この前やっと車からへらバックを取り出しました。
今週からリールに糸巻いたりします。
今年は何匹釣れるのでしょうか?
目標は3匹です!(笑)

がんばっていきましょう!
へらもね!
というか、今週末はへらの餌を10袋くらい買います。
人のえさです。近所にへらぶな屋がないらしい。
それをJBCCの第1回大会の時に持ってきてーだって。
なめてるのかぁーーコラー!!ま、いいか。
今年はバスもへらもがんばりましょう!

2004年03月22日

画像を追加するテスト

10seisitu_barake_kakudai.JPG
こんなもので、、、いいっすか?

へら

へらぶな釣りしてー
その前にバスか、、、