« いつかは挑戦したい釣り、それはマグロ | メイン

お盆に釣りに行くのはやめたほうがいいのか?

日本全国230人のファンのみなさまこんにちは
明日から夏休みのふなです。

夏休みですが、お盆ですが、魚釣りには行きます(笑)
お盆に殺生とかどうなのよ?といういろんなことはありますが
諸説まとめて、科学的に否定していきたいと思います。
いや、まあ、自分の心の安心を得るためです。

・お盆には水の事故が多い
水に近づくな!ということを言われているかもしれません。
それはこの時期海水浴の季節だから、、というのもありますが
ひとつは高波です。
海では波が高くなりことがあるそうです。
これは土用波とも呼ばれ、土用の丑の日は有名ですが、おなじく土用波も
同じ時期に発生します。

ゆるやかな波だけではなく、急に大きい波が来るのですから
さらわれてしまう危険性があります。
離岸流も昔は解明されていませんでした。
今は、むしろショアジギングの良いポイントです。
それを理解したら土用波は怖くないですね。
今回はオフショアなので、船に乗っていたら高波で
転覆とかでもしないかぎり大丈夫だと思います。

・お盆に殺生をしてはいけない
難しいなぁ、キンチョールで蚊を退治したり、肉を食べたり
魚を食べたり、野菜だって生きているわけで
これを回避するのは難しいかも。
実際、お盆の時期に遊漁船も対応が分かれてて、
営業する船もあれば、休む船もあります。
お盆を外して休む船もあります。
浅八丸などは8/18-20休みとお盆のあと休みのようです。

・お盆には地獄の釜が開く
お盆には地獄の釜が開くので、地獄に引きずり込まれると、いう
話があります。
ただし、由来を調べると、お盆と正月には鬼にも休みが与えられる、という
意味のようです。
だからゆっくり休め、という風習のようです。

・あの世とこの世をつなぐのは海だから連れて行かれる
よくわかりません。
たとえば、人間が普段生活しているのは地上です。
霊魂が生活しているのが深海だとしましょう。
その扉が開いて地上に来る(迎え火とかで)とした場合。
海岸は通り道になるから、というのが理由だそうですが
であれば、港から出航する船のところには
通り道じゃないと思う。よってセーフ。

・サバはフィッシュイーターじゃないのだろうか
お盆に殺生をしてはいけないのだから
当然餌を食ってはいけない。
餌を食べるとどうなるか、それは人間に釣られて食べられてしまう。
そうか、フィッシュイーターもお盆に罰を受けるんだ、、、
と思ったけど、お盆じゃなくても釣られたら食われる運命なので
お盆に限らない。だからセーフ。

・風邪を治すとウイルスが大量に死ぬ
昔からの疑問なんだけど、
たとえば、お釈迦様に「無事、風邪が治りました」と
報告したら、「元気になって良かったですね」って言われるのか
「病原菌を大量に殺しましたね!」と怒られるのかどっちなんだろう、と。
昔からの疑問、誰かこの問答に答えて欲しい。

・お盆殺人事件は重罪になるのか
わざわざ、お盆を狙い殺人事件を冒した犯人は重罰を受けるのか?
8/6 エノラゲイは広島に 8/9 には長崎に原爆を投下。
数十万人が死亡した。お盆に大量殺人を行うという行為は地獄からしてみれば
休暇中にフル稼働要請がかかる工場のようなありさまであっただろう。
では搭乗員や大統領などは不幸な死だったか?
全乗組員12人は 2014/7/28 の最後の生存者が93歳で死去したので
たとえば、クフ王の呪いのように、次々になぞの死者が出た、というわけでもない。
お盆に大量殺人を行っても罰は受けないようだ。
食べたわけでもない。
アメリカはその後、急速に衰退し、滅亡した、とかではないので
特に罰があたるわけでもないのかも。

そういえば調べれば調べるほど、原爆投下はやや正しい判断だったと
思える、日本の被害者意識目線だけでの広島、長崎の教育はちょっと違うかも。
ややっていうのは、ターゲットを軍にしてしていない部分(一般人がターゲット)と
ウラン型、プルトニウム型のいわゆるデータ取得実験のためであったと思われる点。
結果論から導きがちだが、当時は原爆とは何か?が理解できていない状態。
どんな新型爆弾なのか、誰も知らなかったんだから結果論から導いては駄目である。

なんだけど、結果として原爆を使わなければ本土決戦で戦争は長期化し5000万人が
犠牲になった可能性があり、東京に原爆を落とせば、首脳陣がいなくなり
終戦をどうやって行うか難しい。
また、島国特有の食料攻めではすでに1日1000kカロリーで生活している
ので、内需でまかないきれてしまうためそれも難しいし長期化する。
ベストとは言い難いが、ある程度双方の被害を最小限に抑えたと言える。

広島、長崎は過去だが、現在でも沖縄の米軍基地や福島の原子力発電など
日本の首都機能を支えるのに地方が犠牲になる歴史は変わっていない感がある。
おっと大幅に話題がズレた。

と、考えるとお盆に殺生を行ってはいけないということが迷信ではないか、と
思われる。

これが世界だとどうだろうか、たとえば水上生活をしている人たちは
8/15だろうが1/1だろうが、魚を取り食べている。
エスキモーだってネイティブアメリカンでもアポロジニでもお盆に
殺生するだろう。
ますます迷信である。

そういえば最後にこんな諺があった。

・世渡りの殺生は釈迦も許す
生きてゆくためのことならば、多少の殺生や無慈悲は
やむおえないことだから、殺生を禁じたお釈迦様でさえゆるしてくれる
今回は、サバを釣って食べるので、まあ許してくれるはず。

ということで、私が夏休みの間はブログが更新されません。

次回更新は8/19になります。
※ツイッターは時々つぶやきます。

じゃあまた!お盆!こぼん!

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1984

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)