« 歴代のアングラーズアイドル一覧から将来を予想してみる | メイン | お盆に釣りに行くのはやめたほうがいいのか? »

いつかは挑戦したい釣り、それはマグロ

日本全国229人のファンのみなさまこんにちは
今日はネタがないふなです。

毎日ネタがないのに無理矢理ログをあげております。
ネタがないときは過去の画像から無理矢理話題を振ります。
そもそもネタがないときにあげるログに意味があるのか?と
いう根本的な問題はおいといて、
毎日更新するには、ネタの温存をしておく必要があります。
なので、今更ながら、という話題が出たら、ああ、ネタ切れしたのね。
と思ってください。

昔はネタ切れしたら、話題は2通り作ってました。
1つ目は写真フォルダーの中で、写真は取ったけど記事にするほどのことじゃないもの。
  いわゆるネタのストック。
2つ目は時事問題。

1つ目はいつでもやりやすいですね。
2つ目は時事問題なので、旬を逃したら、今更何を言っているのだ?
ということになります。
今ならまんだらけとかエボラとかでしょうか。
なので、今日のブログは今日の時事問題、を書くと
ある程度新鮮さはあります。
が、それを多用すると時事問題しか書けなくなります。
すると企画して、実行して、というネタがなくなる。

1ヶ月前とか先週の釣行日記は書く側にとっても、読む側に
とっても何の意味もないんですよね。
情報が古すぎるし、時系列が無茶苦茶になります。
〜ということで、釣りに行きたいが、週末は台風なんだよなー
って書いてあったらいつ書いた?!ってことになります。

昔はネタをリクエストしてもらっていたりしました。
XXXについて書いてください、とかリクエスト来るわけです。
ところがこのリクエストには罠があって、
リクエストに答えられない場合が多い、のです。
知らないことは書けません。

その結果、リクエストには応えられないは、
ネタは増えないわ、募集しただけ、あとは無視、になってしまいます。
それじゃあなかなか難しいですね。

ということで、今日は、どっちかというと2つ目の時事問題の方で。

台風一過で相模湾でマグロの釣果が報告されるようになりました。
コマセマグロやライブベイトマグロでいいから、マグロを釣ってみたい
と思っています。その前に道具がありませんし、腕もないので
なかなか「よし!挑戦するか!」とはならないのですが。

釣果をググッていると、1.5匹とか 4.5匹という小数点の釣果を
目にします。よく読むと、マグロをヒットしたものの
途中でサメに食われて頭だけ上がってきた、という場合 0.5匹と
カウントするらしいです。
特に水深30m以内にマグロが来た場合、サメは船の真下で
マグロが来るのを待っているらしいのです。

それを防ぐ方法はないのかなぁ、、って思っていましたが
そういえば、丁度言いのがあるじゃないか、と。
それは開発中のアクティブエイガードです。

エイの嫌う電磁波を出す装置を開発中でした。
エイ絨毯に投げ込んで、蹴散らす様子はまだ時間がなくて確認出来ていませんが
もともとはシャークガードと同じ原理ですからね。
サメにもエイにも装備されている器官を刺激して
寄せ付けない仕組みですのでこれってマグロ釣りにも応用できるんじゃないの?
とひそかに思っています。
どうやって使うか、イマイチ利用シーンが思いつきませんが
ヤエンのごとく、残り30mになってから投入するのか
最初から投入しておくのか、その辺も不明ですね。
そもそもサメが逃げないかもしれないし
どうやって実験していこうかな。
有効性が確かめれば、当然市販するのですが、、、

マグロを狙う人はルアーが1個1万円でも買うので
5000円程度のサメ除けならば、必需品として売れるんじゃないか、と
勝手に思っています。これもまた取らぬ狸を数えていますが、、、

そのためにはまず、自分がマグロを釣らないとどういう風に
いつどんなタイミングで有効化すると効果的なのか、を
実験出来ない。うーん、道のりは長そうです。
最短で来年の夏発売とかですね。
コンセプトプロトタイプは完成しているので、あとは現場で
どうやるのか、だけですが。

そういえば、サメにルアーを食われた場合、ライン切るしか方法がない
わけですが、サメを動かなくしてルアーを助ける方法があるかもと
考察しております。
要するに安全にルアーを救出する方法がないわけですが
サメがピクリとも動かなければルアーを救出する方法はあると思います。
そのためにはサメをやっつける安全な道具があればいいのでは?と
考案している装置もあります。
だからといってモリでサメにとどめをさして、血の海にしてしまうのは
かなり無理があります。
人間には安全な毒物をサメに注入して海上でサメを動かなくして
ルアーを救う方法はどうかな?と思っていました。
逆にマグロをピクリとも動かなくすれば、確実にマグロはキャッチできます。

ちょうど、大間のマグロ釣り師がハッカーという高電圧装置でマグロを失神
させるように、ルアーに人間には安全でもマグロには良く効く毒物を仕込み
バイトしたらファーストラン以降はおとなしくキャッチできるような仕組みです。
無駄なファイトをしないので、魚はおいしくいただけます。
じゃあその毒物って何だ?って話ですが、そこは企業秘密にしておきたいと
思います。たいしたものではありません。市販のお菓子とかにもその技術は
使われています。あとはマグロ釣る人はみんな身に着けているものです。

とか、たぶんマグロを狙う人とは全然違うところを想像して
おなじマグロ釣りを脳内で楽しんでいます。
昔、カツオ釣りに行って160Lのクーラー満杯で帰ったことが
あるんですが、その時に外道でペンペンシイラとメジも釣りました。
なので、マグロは釣ったことあるといえばあるんですが、
1ー2kgのマグロはマグロを釣ったうちに入らないだろうな。

いつかは挑戦したい、マグロ釣りでした。

じゃあまた!マグロ!マグロ!

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1983

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)