« fimoでAPIを作る(その1) | メイン | 未来の景色 »

さわれる図鑑シリーズ発売!、、、するの?

日本全国126人のファンのみなさまこんにちは
デジカメのリチウムイオン電池が過放電して
死んだので互換バッテリー2個買って780円!のふなです。
#純正品は1個4500円。

fimoショップのポテンシャルを試すらしい商品が発売される。
それは
「さわれる図鑑シリーズ」

仕入先は
http://www.ishioroshiya.com/shop/products/detail.php?product_id=800015612
ここかな。

競合は
アマゾン
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%83%96%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%BF%E3%83%BC%E3%83%97%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BA-ZH-ZUK-0201-%E8%A7%A6%E3%82%8C%E3%82%8B%E5%9B%B3%E9%91%91%E3%82%B7%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%BAvol-02-%E5%8E%9F%E7%9F%B3%E7%A3%A8%E3%81%8D/dp/B007E68O4C

1344円で送料込み(!)

楽天でも扱っている。

勝てるのかね?
fimoショップは 5000円以上送料無料だった気がする。

消臭剤のノールと画期的に違うのは
自社製品か、仕入れ商品か、の違い。

同じ製品なら価格が安いほうが勝つ。
それはYAMADA電機で証明されている。

ノールが売れたのは自社製品だからであって
fimoショップにポテンシャルがあるわけではない。

見た限りドロップショッピングではなさそうだ。
勝ち目はないと思う。

男には負けるとわかっていても戦わねばならないときがある。
そのときが来たのかな?

まあいい。勉強代だと思っておもいっきり10000セットくらい仕入れて
みると面白いかも。

マーケティングの勉強の割にはちょっとお粗末すぎる結果が待っている
と思う。

また釣りショップとなんら親和性のない商品であるところも面白い。
#ノールは自社製品だから別よ。

俺だったらハルシオンさんに協力してもらって
自作ルアーキット(組み立てと塗装を自分でやる)にするかな。
1秒で思いついた適当な案だけど。

少なくても触れる図鑑シリーズより売れると思う。

さて、どんな結果になるか楽しみだ。いろんな意味で。
[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1719

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)