« 魚は痛みを感じるか?のニュースより | メイン | 突っ込みどころ満載の「つり球」 »

魚は痛みを感じるか?のニュースより

魚は痛みを感じるか?

という記事がニュースになっておりました。

確かにそのことを考えたこともなかった。
生物学者の間ですら事情はほとんど同じだったという。
魚はヒトと形態も棲息方法も全く異なり、表情も変化せず、声も出さないように思える。
だから「魚は痛みを感じるか」と問われた時、意表を突かれた思いがするのだ。

イギリスの魚類学者が書いた本書によれば、
痛みを与える事象に神経系が反射する無意識的な段階と、
脳が痛みに気づき、苦しむ意識的な段階の2つがあって初めて「痛みを感じる」と言えるのだという。

結論を言えば、マスを使った観察、実験、検証によって
〈魚には痛みや苦しみを感じる能力が備わっていることを示す数多くの証拠〉
が見つかり、
〈その能力は、ヒトの新生児や早産児以上〉
であることが判明したというのだ。

この事実は驚くべき事であると同時に、厄介な問題を孕んでいる。
〈ある動物に痛みのために苦しむ能力があると認めれば、
その動物に対する私たちの接し方や扱い方、あるいは世話の仕方を変える必要が生じる〉
からだ。

動物愛護ならぬ「魚愛護」が求められるのだ。
その漁獲方法、養殖方法、釣りの方法は無用な痛みや苦しみを魚に与えていないか。
与えているならば、改善すべきではないか。
著者は欧米人にありがちな狂信的「魚愛護主義者」ではなく、
科学者として客観的な事実を提示し、冷静な問題提起を行なっている。

種によっては数年間にも達する記憶力を持つ魚も存在することなど、
魚の意外な知性の高さについての記述も面白い。
本書の表紙には釣り針を口に引っ掛けられた魚の写真が使われているが、
本書を読み終えると、不思議なことに、魚には人格も感情もあり、
魚が悲鳴を上げているように思えてくる。
http://news.nifty.com/cs/item/detail/postseven-20120402-95925/1.htm

で、調べてみた。ちょっと面白いことが仮説として上がってきた。

もともと私は魚は痛みを感じないと思っている。
それは魚には痛みを感じる前頭葉がないからだ。
これは古い考えなのかもしれないが
骨だけになった魚が泳いだりすることを見ても、魚が痛みを感じているとは思えないのだ。

で、その本の書評を見てみた。

痛みを感じるにはいくつかのプロセスがあるようだ。
http://ameblo.jp/happyguppyaki/entry-10683436932.html より引用

>さて、「痛みを感じる」には7つの基準を全て見る必要がある、とされています。

>/害受容器(Nociceptors)
>脳の構造
>G召悗侶佻(神経経路的な)
>ぅピオイド受容体(Opioid recenptors)
>ニ秧譴砲茲訖害受容の低下
>侵害回避行動
>普通行動の強制・制限・変化

これらがすべて確認されて、「痛みを感じている」と判断されるようです。
なんだけど、、、、
たとえば、、

>普通のニジマスに酢酸を注射すると、注射した部分を砂などに頻繁にこすり付け「痛がる」動作をしたが、
>同じ個体でモルヒネを与えた後だと、注射した部分をこする回数が激減した。という報告がありまし。

うーん、普通の感覚だと、皮膚が切れて痛い所を岩にこすりつけはしないと思います。
おそらく、浸入検知の信号は痛みではなく「かゆみ」に似ているのではないかと思います。
そもそものレベルが新生児より多い程度なので、
そのレベルはそんなに高くないですね。具体的なレベルが書いてない。
たとえば出産の時に頭蓋骨は変形し、へその緒を切りますが、その時に成人レベルの痛みがあったら赤ちゃんショック死しちゃうんじゃないかな。
って考えると、かゆい!程度の信号ではないだろうか、と想像できます。
それを痛みである、と結論つける、のは少々横暴かな。
かゆいところにかゆみ止めを塗ると、かゆいところをぼりぼりかく回数が減るのは当たり前ですね。


なので、私的な結論としては、魚の侵害受容の仕組みは確かに存在するが、その信号レベルはとても低く「痛み」までいかない。
ましてや脳の更に上流工程である「苦しみ」もない。
かゆみや違和感程度であろうと思われる。

これで終わったらふなじゃないぞー。

かなり興味あることが書かれていました。

それは学習能力の部分。

>ある実験では、鮭の入った水槽の一部分だけ、微弱な電流が流れるようにした水槽を用意して、鮭の行動を観察。
>すると、鮭が電流の流れる場所にうっかり入ってしまうとすぐに飛び出す、といった行動を見られるようになり、
>数日後には全ての鮭が電流が流れる部分を避けて生活するようになったらしいです。
>電流の流れる部分に雌を入れても、雄は近づかなかったというからすごいw

どの論文かわかりませんけど。探してもわからなかった。
http://ir.library.tohoku.ac.jp/re/bitstream/10097/23285/1/S2S410127.pdf  かな??

違和感を感じたものには近づかなくなるというものです。
同じことがルアーにも言えます。
釣られてしまったルアーを学習するわけです。
これがいわゆる「スレる」ということだと思います。

>ドイツやアメリカなどの熱帯魚先進国では熱帯魚飼育者に対して
>飼育魚の処分方法として麻酔効果のあるClove oilの使用を推奨してまし。

ふんふん、clove oil って何だ??
で、探しました。
http://ejje.weblio.jp/content/clove+oil
>clove oil
>丁香油; 丁子油; チョウジ油; ちょうじ油; チョウコウ油

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AD%E3%83%BC%E3%83%96
http://www.yomeishu.co.jp/encyclopedia/traditional_medicine/caryophylli_flos.html

またクローブの精油(丁子油)は日本刀のさび止めにも用いられた。
歯痛の局部麻酔薬や、いろいろな場面で防腐薬としても

この組み合わせは!!

気がつきましたね!

もしも、釣り針に塗れば魚は痛みを感じることなく、違和感を持たず、ルアーにスレることは低減される。
キャッチアンドリリース率が高くなる。
フックはさび止めになる。

実は最強の組み合わせじゃないか??鉄とコンクリートの組み合わせのように。
今後、クローブフックとか開発されるかもしれない。
でも特許は取れないようにこうして公開してしまう。
公開されたアイデアでは特許取れないのだ。

バーブレスフック以上に釣果を上げることが出来るフックが出来るわけなのだ。
バーブレスフックは魚に対するダメージを軽減すること「も」出来るフックだが、
クローブフックは魚がルアーにスレることを軽減させることが出来る。ついでにフックもさびにくくなる。
ちょうどアレですね。映画で言うところのMIB(メインインブラック)ですね。
はーい、みなさんこちらを見てください、ピカ!、で記憶が無くなるアレです。
その魚版。魚は釣られた記憶がなく、後日同じルアーに再び食いつくことになる。
管理釣り場も同じですね。

このフックを装備したルアーは魚に対してスレにくくなる。
ST-46以上にルアー標準となる日も近いかも。
どんどんスレると、釣りの魚資源は少なくなるが、スレなければ魚資源は減らない、ってことになる。
バーブレス以上にね。バーブレスでは魚はスレることになる。

こうやって釣り技術の研究をするのは楽しいなぁ。予算と時間が許せば
どんどんプロダクトを出すんだけどね(笑)
予算も時間もないからなぁ。
基本的に革命的なことしかしないと決めているふなでした!

じゃあまた!

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1667

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメント

おひさです。
興味深く読ませていただきました、オチがまさにふなさんですね(笑)
それにしても呆れるほど勉強されておられるのがすごい!
でも、魚をキャッチ&リリースする時、人間の体温でやけどしないように手を塗らせてから触りますよね・・・痛い痛くないに関係なく生き物に対するいたわりの気持ちはあった方がいいですね♪

>マッキーさん
なかなか時間が取れません。
デジカメから画像を出すのも面倒で(笑)
携帯だけで更新できるようにがんばろう!(スマホだし)

ヤケドも気をつけないとね!

ふなブランド、待ち遠しいです。フライフックも出して下さいね!!(^0^)

>omikeさん
はい、頑張って出します。
まだまだ先の話でしょうけどね

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)