« 赤鼻のトナカイの真実 | メイン | 2011年ありがとう! »

ストローとベアリングのいい関係

子供のお守りで、全然やりたいことができないよー!!

さて、重心移動のエンジンのためのストローとベアリングボールの
関係を確かめておりました。

どれがどこに使えるかな、、、


ストローとベアリング球ストローとベアリング球
ストローは4種類、ベアリングボールは6種類です。

ボール中心に考えるか、ストロー中心に考えるかですが、
ストロー中心に考えてみました。
単純にストローに入るか、入らないか?
ちなみにギリギリ入ると中で動かなくなるので
やや隙間が必要です。クリアランスは実際ボールをストローに入れて
試してみることにします。

3mm前後3mm前後
直径4mmのストロー
2種類のボールが最適ということになりました。

最適というか、同じように入るならボールは大きいほうがいいですね。
1/8インチにピッタリのストローがないとあえて1/8インチのボールを
使う理由がなくなってしまうのかもしれません。
あるいは重量調整で、やや軽くしたいとか、、、そういうときに使うのかも。

4mm前後4mm前後
次のストロー
ギリギリというよりか、隙間は多い感じ。
このボールはこのストローが一番ですね。
組み合わせが1個しかないので、これは不動な感じがします。


6mm前後6mm前後
伸びるスプーンストロー
2本の太さの違うストローがあります。
先のほうは細いのですが、こっちには狭いので、
太い方はまさにピッタリですね
正し、長い移動は出来ませんね。

7mm前後7mm前後
タピオカストロー。
いい感じで2種類のボールが移動できました。
これも2種類の太さがありますが
どちらも移動できます。
なので、伸ばした状態で使うことも可能です。
長さ自由自在(笑)

やはり大きさが選べるというのはいいですね。
重量の微妙な調整が出来るということです。

これで、ボールとストローの相性は判明しました。
6種類の重心移動エンジンが、最低でも4種類の重心移動エンジンが
出来ることになります。
あとは、ルアーに応じてどの組み合わせを使うかを検討していけば
いいということになりました。

次回は治具作成になります。
お楽しみに!

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1654

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメント

お守り、ご苦労様です(^^;)
何のことかサッパリわかりません
でしたが、ルアーの自作ですね♪

>omikeさん
はい、ルアーの自作ネタです。
来年にまたがって続きます。
来年もよろしく!

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)