« 海を漂うプラスチック | メイン | ZENRINの地図 »

Gショックは衝撃に強いが腐食に弱い!

仕事では時計がないと不便なので、家にある時計を探していた。
どれも電池切れだ。

しかし、簡単に電池交換できる機種とできない機種がある。
会社からもらった時計とかは裏蓋とかはずせなさそう。
その中にGショックがあった。
10年以上前に、買ったやつだ。防水で釣りの時にはよく使っていた。
ベルトは交換したっけ。

昔、同じようにGショックの電池交換を普通の時計やに持ち込んだことがあるが断られた。
なんでも電池交換の際にシールゴムも交換して、防水性能を担保するのでカシオのサービス店じゃないと
やってくれないのだそうだ。
そんなのはどうでもいいやー、
防水性能はとりあえずいらないので、自分で電池交換してみた。


電池交換電池交換
電池はCR2016が1個

100円で2個100円で2個
100円ショップ万歳

95年1月1日って95年1月1日って
動作した様子。
時刻の初期値が95年って15年前なのねー


動いた動いた
時刻設定して、動作した。
で、よろこんで会社にしていって活躍したんですよ。その日だけは。

ところが、家に帰ってくると、なんか時計の雰囲気が違う。


あれ?外殻が、、、あれ?外殻が、、、
外殻のシェルが半分ない!

バラバラ!バラバラ!
なんと、指で簡単に取れるくらい腐っている!

その様子を動画でどうぞ。

こんな感じ。
ええー!

ウレタンかABSかシリコンか知らないけど、、ボロボロなんですが!!!
コレクターさん、自分のGショックをチェックしたほうがいいですよ。
価値がなくなっているかもしれません。
なお、ボロボロになっているので外郭の上の部分だけで、下やベルト部分は平気なのですが
横のボタンが飛んでいってしまうので実用には耐えられません。

Gショックはせっかく衝撃に強いモデルだったのに
腐食に弱いなんて、、、なんすかね?耐酸性性能が悪すぎるんですかね??
GショックはFショックに弱かったわけです。
カシオはAショックーZショックまですべての商標登録を持っているので
腐食に強いFショックの開発と販売をすればいいと思う。
耐酸性、耐アルカリ性、高温、低温とか、過酷な環境で使える時計がほしいな。

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1548

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメント

おぉぉぉ〜、自分で電池交換ですか♪
980円の腕時計ならトライ出来
そうですが、3諭吉の10気圧防
水クロノグラフはトライする勇気
がありません(^^;) 電池切れで止
まってから2年ぐらい放置してま
す・・・。電池交換、高いんですよねぇ。

え?!そなんなぁ〜。今年の正月にナケナシのお金でGショックの電波ソーラー買って「よし!この時計は一生ものだ!俺が死んでも動いているな、きっと!」と喜んでいたのにぃ〜。ガワがダメになるとは思いもよりませんでした・・。

私も大昔に買ったG-ショックがこんな感じでした。
ってかもっと酷く丸く残ってるだけになってます。
でも捨てられないんですが。

>omikeさま
高い腕時計は時計屋にまかせましょう。
3諭吉の時計ならば1000円とか2000円でも時計屋さんに任せたほうが良いみたいですね。

>ウルフガングさま
調べると、結構定番の故障のようですが、旧型のものに限られるということで
最新のGショックは腐食は大丈夫そうです。
同じ職場の人のGショックが電波補正の自動充電タイプは
バックライトも切れ、電池が弱ってきたとか。
昔の方が良かったとか言ってました(笑)

>まつさま
いやー、この型は
DW−002 でFOXFIRE、海外モデルだそうです。
なんとベゼルはもうないのでジャンクから移植しないとダメらしいです、、、とほほ。
ベゼルは新品で3000円弱する。
困ったなー中古買えちゃう値段だ。

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)