« へらぶな釣りの数学的アプローチ | メイン | フィッシングショー2010、横浜 »

NHCウインターシリーズ第3戦、清遊湖

2010年2月11日に清遊湖で行われました。

中央桟橋の渡りから奥、なので、段底です。16尺。
が、全然釣れん!1枚で終了。
葉っぱがいっぱいひっかかりました。
この底ではウドンはつらいかも。
両グルの方が良かったかな、、、

が、5枚釣れている人も少なく、下のほうでした。
10尺前後のセットがいい感じ。
ハリスは長めでやらないと難しい感じでした。
70cmまで伸ばした。
さらにバラケが残っていないと反応しなかったので
長くバラケが持つようにしないといけないようでした。
抜いちゃだめっぽいかった。

午後は12尺のセットで通すと決めて、セット、ハリス70cmでも反応ない、
隣の方も80cmでポチポチというので、
思い切って100cmまで伸ばした。
なんとかそれで3枚。
はぁーハリス100cmですかー

段底2、セット専用2、BB1,ペレ道1、粘力スリキリ1、水1
バラケはこんな感じ。軽くて持つバラケを作った。
まあ下のほうですわ!活性が低いとどうしようもないなー。
つーか、待てばいいのか、バンバン打つといいのかもわからん。
結局、この日は、バラケを持たせてパラパラさせて反応したへらを釣る方法が正解だったみたい。
相変わらず、餌が作れない。思い道理に餌が作れないんだなー。
もっと軽く!とかもっと持つ!とか、親指負傷中でちゃんと餌も付けられないんだけど。

上位5名上位5名
偉い人
大量の参加賞大量の参加賞
最終だったので参加賞がすごい。
このオカキ類は私のお昼ご飯に!

ということで、なんとかウインタークラシックの権利は取ったので3月にクラシックには出られます。
場所は羽生!今度は5枚5枚でミニマムは狙いたい。ミニマムかよ!上位狙います!
あれ、7尺某氏はクラシックの権利が、、、

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1385

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)