« 久しぶりの山中湖 | メイン | 納豆食べる? »

LED電球にしませんか?

白熱球から蛍光灯へ、そしてLEDへ、ということで
時代の最先端を行って見たいと思います。
あ、最先端というのは嘘ですね。そんなに先じゃない。

今までもLED電球はありましたが価格が高かったので試せませんでした。
でも、この価格なら試せる、というものがアキバで売っていたので試してみました。
LED電球LED電球
LED20個タイプが800円台、LED60個タイプが1800円台とまあまあ手が届きそうな価格。
どちらも消費電力は1W以下らしい。

LEDの数が違うLEDの数が違う
LEDの形も違うなー

買ったのは白色ではなく電球色に近いタイプ
蛍光灯の色蛍光灯の色
蛍光灯の代わりになるか実験です。

LEDの色と輝度LEDの色と輝度
20個タイプを試しました。

LEDの色と輝度LEDの色と輝度
60個タイプを試しました。

蛍光灯とLED蛍光灯とLED
うーん、一言でいうと光量不足です。
暗いんです。
デジカメの撮影は明るく撮影できるんですが、、
光の直進性かな?
もっと拡散しないと明るく感じません。
スポットライト的に使うにはいいかもです。
もともと60Wタイプで13W消費の蛍光灯と比べているのですが
やっぱり暗いなー
60W分の光を出せていません。
20W程度の明るさですね。

階段灯の白熱灯階段灯の白熱灯
室内で唯一、未だに白熱電球を使っているのはこのミニクリプトン球です。
サイズの問題で、蛍光灯タイプは収まらないのです。

でも!このLEDタイプなら入るはず。

階段灯のLED階段灯のLED
20個タイプを入れてみました。

階段灯のLED階段灯のLED
60個タイプを入れてみました。

やっぱり暗いんですよねー。
ということで、、、、
ボツ!!!

まだまだLED電球は実用ではないというか用途が限られていますね。

リーク電流?リーク電流?
電源を切ったはずなのに、、、
ぼーっと薄く電気がついています。
白熱電球では点灯しませんが、LEDだとうすく点灯しています。
どうも漏電までいかないけど、無駄に電気が流れているようです。
おそらく数Vでしょう。
LED電球の中身は
CRDだけで整流していると思うので、微妙な電気にも反応できるんでしょうね。
2.4Vx20個=48V、、、あれ?足りないな。きっと少し抵抗も入っているのでしょう。

とうことで、LEDが一般家庭の照明の主役になるには、もう少しかかるようですね。

[an error occurred while processing this directive]

トラックバック

にせトラックバックURL:
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-trackback.cgi/234

このエントリー本当のトラバ
http://ftvjapan.ddo.jp/mt3/mt-tb3.cgi/1010

 ←tb3 を tb4 に変更してください

コメント

LEDの消費電力は魅力的ですよね♪ 早く実用的になってほしいです!

ぼんやり点灯は車でもありますね
特にルームランプ 微電流を流して球切れを感知しているとか、、、

うちにはシェアーファイアーというちょっと車のライト並みの明るさを持つ知る人ぞ知る有名なハンドライトがあります。LED仕様なんですが、LEDの種類が違うのですかね。しかも能力に応じて消費電力も多く、長時間点灯できません。ライト自体の耐久力はあるようですが…。
こういったLEDのノウハウが、一般家電に下りてこないかなーと期待しております。

>omikeさま
実用化はまだまだ先なんですかね??
早く家庭の明かりがLEDになって欲しいな

>甲殻モンスターさま
他の電灯装置では光らなかったのでこの配線だけ漏れている気がします。
怪しいなー

>へーじさま
パワーLEDですね
1Wとか5WとかとんでもないパワーのLEDですね
あれはすごいですね。
放熱もすごいですが、
熱対策済んだらいい技術になると思います

ボツッたLEDはどのように活用するんでしょう!?
水槽に設置すると水面の揺らぎが良い感じに映りませんか(^O^)

>黄Tさま
そうですね、水槽用に転化しましょうか。
E17という小さめのソケットなのでちょっと大変かも。

こんばんは。ベンチマークお疲れ様です。デジカメ画像はおそらくコンデジが各被写体にあわせて露出(絞り,シャッター速度,ISO感度)を勝手に調整してしまっているのではないかと。設定をマニュアルで固定できれば,もっと差のある写真になると思います。蛍光灯,我が家では冬はヒーター代わりに水を暖めてくれています。

>シゲルさま
そうですね、自動で調整するのでしょう。
もっとわかりやすい比較にできたらよかったなー

コメントを投稿

(いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。)